2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

検法男女2

 
 「ジャスティス2ー検法男女-」全16話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-------------------
 
 
 シーズン1のラストで、クルマの事故で発見された焼死体を鑑定したペク・ボム。DNAの鑑定結果からオ・マンサンと確認しながらも自分の鑑定に納得できずにいる日々を過ごしている。
 
 シーズン1の部長検事は東部地検の次長になり、地方から新たにト首席検事の同期の検事が部長検事として赴任。新部長検事は次長が引っ張ったもの。
 
 新たな事件の数々をペク・ボムの鑑定と、事件に真摯に向き合うウン・ソル検事、ト・ジハン首席検事チームが解決する。
 
 麻薬絡みの事件で、“ドクターK”という人物が登場。このドクターKがシーズン2の重要キャラ。
 
 連続殺人事件と思われる事件が発生するも、ペク・ボムの鑑定により、最初の1件のみが殺人事件であり、残り3件…実は2件…は自然死と生存者と判明。ここで最初の殺人事件の犯人としてオ・マンサンが浮上。追跡するも逮捕の直前で逃亡される。
 
 前半でオ・マンサンの生存が確認され、この後は、オ・マンサンを追い詰めていくのかと思いきや、別件が続き、このままオ・マンサンはシーズン2では再登場しないのかと思い始めた第16話後半に、麻薬売買でいきなりオ・マンサンが登場してあっさり逮捕される。
 
 ト首席検事は、部長検事が放った刺客からドクターKを伴って逃げる途中で2人で崖から転落。ト首席検事は重症を負うものの発見されるが、ドクターKは行方不明のまま死亡が推定された。ト首席検事は退職。
 
 財閥(オ・マンサンの父親)と手を組んだ次長、部長検事がこのまま?
 
 ラストシーンは、ト・ジハン元首席検事が検事時代の片腕のヤン捜査官に「一緒にやらないか」と弁護士事務所の名刺を差し出し、ヤン捜査官はこれを快諾。「もう1人いるんだ」のト・ジハンの言葉に暗がりから現れたのはドクターK。仰天するヤン捜査官。
 
 ここで、シーズン2終了。
 
 「燃える!」とつぶやきながらサクサク視聴。視聴者の私が燃えてもドラマの事件解決には何の関係もないのですが~、久々の検察・鑑識・警察モノには、血沸き肉躍るものがありました。
 
 シーズン2のラストからして、絶対にシーズン3があるはず。あるに違いないのですが、今、2020年8月時点で、あちらでの放送も私の知る限りまだないはずで…どうなっているのでしょうか?
 
 科捜研の毒物の研究員が、シーズン1のステラ先生からシーズン2ではサリー先生に変わっていたのが残念。ステラ先生同様にサリー先生も興奮すると英語になるのですが、お顔がこてこてのアジア人なので、イマイチ私的にしっくりこなくて…。
 

2020年8月29日 (土)

オーストリア旅行記 ~6日目 ウィーン~

 
 2018年5月に、オーストリア各地を巡った旅行の6日目の旅行記です。終日ウィーンに滞在し、午前中はツアーでのウィーン半日市内観光。午後は半日フリータイムでした。
 

Day06_34


 
 ウィーン半日市内観光では、シェーンブルン宮殿の40室見学のグランドツアー。見学後、フリータイムで庭園を散策しました。花の咲く季節の庭園散策は楽しいです♪
 
 シェーンブルン宮殿見学後は、バスでリンクを約1周してオペラ座付近でバスを降り、徒歩で旧市街散策。途中で添乗員さんにことわって、ツアーから離脱OKだったので、シュテファン寺院でツアーから離脱してフリータイムに。
 
 シュテファン寺院をさくっと見学後、シュテファン寺院から徒歩数分に位置するペーター教会へ、夜にペーター教会で開かれる教会コンサートのチケットを購入しに行きました。カテゴリーⅢ(一番安いカテゴリー)を購入。19時30分までに教会に来るように案内されました。英語で対応していただけました。
 
 教会コンサートのチケットをゲットした後は、シュテファン寺院の前で、朝食後にホテルの最寄り地下鉄駅近くのスーパーで購入しておいたパンで簡単に昼食。インフォメーションへ行きウィーンシティカードの24時間券を購入。提携の観光場所のチケット代の割引と地下鉄、路面電車等の公共交通機関の乗り放題のカードです。今回はこのカードをフリータイムに利用して、普通にチケットを購入したのとトントンでした。あまり安くなるわけではないので、ウィーンシティカードの24時間券を使うかどうかは自己判断で。
 
 フリータイムでは、国立図書館プランクザール→カプツィーナー教会→オペラ座内部見学日本語ガイドツアー→美術史美術館→デーメルでザッハトルテとアインシュペナーのコーヒータイム→ペーター教会の教会コンサート
 
 と、大分欲張った見学をしました。
 
 美術史美術館では、クリムト没後100周年で、美術史美術館正面階段上部に描かれたクリムトの壁画を見るための臨時階段が、今回の旅行期間を含んで設置されていました。こんな好機に巡り合えた幸運を享受して、たっぷり堪能させていただきました☆楽しかったぁ~♪
 
 ペーター教会の教会コンサートは音響がとても素晴らしく、教会の荘厳な雰囲気と相まって、今回のオーストリア旅行で最も印象深いものになりました。

 
 そんなウィーンの休日を満喫した写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

2020年8月28日 (金)

残暑

 
 暑さも峠を越したと思っていたのに、まだまだまだ暑い日々が続き、ぐったりしています。
 いつまでこの暑さが続くのでしょうか。来週は、もう9月。9月になったらこの猛暑もおさまってほしいです。
 
 
 この週末もイチジクジャムを作る予定。ジャムを作って、録画してあるドラマを視聴して過ごすつもりです。
 

2020年8月26日 (水)

8月下旬

 
 8月下旬。
 
 日中の日差しがある時間、日差しが差し込む場所は、まだまだ猛烈な暑さです。でも、日差しが差し込まない物陰は、以前は空気が熱気を含んだまま澱んでいましたが、今はあまり暑くなくなりました。
 
 朝晩は過ごし易い気温になり、夜も、少し前まではセミの鳴き声でしたが、今は秋を感じさせる虫の声に変わりました。季節は少しずつ、確実に進んでいるようです。
 
 
 8月初めにスタートした月~金放送のドラマも、あと何話かで最終話という終盤になっていたり、既に最終話を迎えた作品もあったりします。
 
 BDRのHDDを整理しつつ、視聴に励んでいます。
 

2020年8月24日 (月)

愛読書チェック 2020年10月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2020年9月の番組表をチェックしました。
 
 9月は~、「これ、、見たかったんだ~♪」、「これ、見たい💛」と一瞬のうちに心を鷲掴みされるドラマのスタートはありませんでした。まぁ、こういうときもあるでしょう~。
 
 DATVで「大望」の再放送があるものの、これはさすがに見たばかりですので、9月の放送はパスです(^_^;)
 テレ朝チャンネル1で8月11日に放送スタートした「病院船」が9月21日、22日が放送休止で、最終回が10月に持ち越しなのは驚きました。
 10月の放送予定に期待です。
 


2020年8月23日 (日)

イチジクジャム

 
 イチジクジャムを作成しました!
 
 昨年の経験を活かさずに(笑)、いきなり一気に2.0kgを鍋に入れました。山盛りの鍋いっぱいでしたが、何度か1度で作れました。と、いうことで、イチジクジャムを1度に作れるMAXは1.5kgから2.0kgに修正です。
 
 昨年10月半ばに2.3kg作って、今、最後の1瓶を食べているので、今日2.0kg作成ですと来年の今頃まではもたない計算になります。あと、1kgか2kg、イチジクジャムを作らないとかなぁ。
 ジャムを煮ているときは暑いけど~、そろそろ気温も落ち着いてきた感じなので、大丈夫かな。
 

2020年8月22日 (土)

今月のミッション

 
 7月~8月にDNTVで放送された「大望(テマン)」の全話をディスクに落とし終わりました(^^)v
 


0812_020812_030812_04

 
 予定どおりにディスク3枚。3枚目が大分容量が残りましたので、おそらく同じころに撮影されたのではないかと思われる「スキャンダル」も収録。それでも、まだまだディスクにかなり空き容量があったりします。この先、何か入れるものが現れるかなぁ。
 
 みぃコレが増えてHAPPYな日です。
 


0812_01
 

2020年8月21日 (金)

「猫君」 読了

 
 畠中恵さん著「猫君」を読みました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 徳川家斉の時代、江戸の吉原で生まれ育った猫の“みかん”は、飼い主のお香さんに可愛がられ、齢19歳と11か月。あと1か月で20歳となり、猫又(ねこまた/猫の妖)となるところから、物語が始まる。
 
 20歳まであと数日というところでお香さんが亡くなり、みかんが取り殺したと騒ぐ近所の人たちから逃げる最中、猫又の兄貴分が迎えに来てくれたのと出会い、これからみかんが所属する猫又の里へ行くことができた。
 みかんが所属する猫又の里に滞在することわずかで、みかんは新米猫又の学び舎の猫宿に猫又として生きていくための勉強をするために入学する。
 
 この猫宿の長が、戦国時代は人に化けて人として暮らしていて、そのときの名が織田信長。同じく戦国時代に人の世に人に化けて暮らしていた猫宿の師の1人の当時の名は明智光秀。なんだかものすごい設定(^_^;)
 
 猫宿に入る前後、そして学びだしてからの騒動のあれこれ。
 
 タイトルの「猫君」は、数多の術を使う猫又の王のことで、この物語の時代に出現したのでは?と言われている。誰が猫君なのか?普通に考えて頭に浮かんだのは、
 
1.この物語の主人公のみかん
2.猫宿の長
3.猫君は伝説であって実在はしない
 
 の3パターン。
 
 で、物語の終盤での猫宿の長の言葉は「猫君は己で成り上がるもの。」だそうです。つまり、みかんや猫宿の長が齢を重ねていったら、もしかしたら猫君になるかもしれないし、ならないかもしれないし…。本人の研鑽次第で全ての猫又に猫君になる可能性があるということのようです。
 

2020年8月18日 (火)

話題

 
 この話題ばかりが続くのも何だかなぁとは思うものの、やはり、毎日、脳裏をよぎるのは、「今日も暑い!」の文字ばかりです。
 
 昨日は、浜松で最高気温の日本記録のタイ記録が記録されたそうですし、今日も西日本を中心に猛暑になっています。この猛暑がいつまで続くのか、天を仰ぎつつ、それでも夜になって少しでも涼しくなればまだしも、夜も暑いまま。ふぅ。早く、この猛暑が和らぐのを祈るのみです。
 

2020年8月16日 (日)

猛暑は続く

 
 今日で9連休も終わり。明日から、日常に戻ります。
 
 日常に戻りますが、猛暑はもうしばらく続きそうです。暑いです(^_^;)
 
 明日深夜に「大望」の再放送が終了します。これが終わと「大望」をディスクに落として、HDDの空き容量の逼迫もひと段落する…はず…です。ひと段落してほしい…しないと困る…そんな感じです。HDDの空き容量との格闘は常態化しているといえばいえるのですけれど~(笑) 多少の心のゆとりのあるところで推移してほしいな~っと(笑)
 

2020年8月14日 (金)

「飛行機ダイヤのしくみ」 読了

 
 杉江弘さん著「飛行機ダイヤのしくみ(改訂版)」を読みました。
 
 パイロットだった杉江さんがご自身の経験を交えて飛行機のダイヤを語られています。
 
 特に、現役パイロットとして9.11発生時、東日本大震災時に実際に乗務していたときのお話しは興味深く拝読しました。これら人災・天災が発生したときも飛行機は飛んでいたり、離着陸しようとしていたり、搭乗準備していたりしているので、そのときにパイロットさんが何を想い、どう行動したのか、知る機会は稀ですので、貴重な機会でした。
 

2020年8月13日 (木)

ハワイアン

 
 迎え盆の後、かねてからの懸案だった某ファストフード店のハワイアンなバーガー、ドリンク、パンケーキをTake outしました。
 
 最初は、ドライスルーしようと思っていたのですが、ドライブスルーの待ち行列が10台以上!お昼ちょうど前だったせいでしょうか~。そこで、急遽、予定を変更して店舗内に入ってレジで“持ち帰り”で注文&会計しました。
 
 店舗内で食事をしていたのは、覚えている限りでお2人。注文の品の受け取り待ちが1組(2人)に、注文中の方が1人、注文待ちの方が1人と、結構広めの店舗に客が私たち以外で6人。おそらくバックヤードでハンバーガーを作ったり、ポテトを上げたりしているスタッフの方のほうが人数的に多いのでは?と思われました。注文の待ち行列も、注文品を受け取る待ち行列も、間隔を開けて並ぶように位置指定されていました。密状態には全然なっていなかったので、ほっと一安心。店内にいたのも10分いないくらいの短時間。
 
 品物を受け取って外に出ると、ドライブスルーのクルマは出て行くクルマもあり、入って来るクルマもありで、待ち行列の列の長さは、ほとんど変わっていませんでした。
 
 ハワイアンなバーガーとパンケーキは想像以上にボリュームがあり、昼食として食べてお腹いっぱい。バーガーかパンケーキかどちらか一方で私には十分な量でした。ハワイアンなドリンクはブルーのほうを選んで、あまり甘すぎずに美味しくいただきました。
 
 15時ころにあまりに胃が重いままなので、胃薬を服用。
 
 夕食時になっても全く空腹にならなかったので、ご飯とみそ汁と卵で軽くすませました。
 
 ハワイアンなバーガーとパンケーキのボリューム、恐るべし(^_^;)
 

2020年8月12日 (水)

連日の猛暑

 
 一昨日は夜になってもなかなか気温が下がらずに、昨日の午前中に早々に35℃の猛暑日となり、そのまま昨日はこの夏一番の暑さになりました。
 関東地方では、40℃超の地点が3か所も!40℃。人間の体温が40℃を超えたら数日は確実に寝込む高熱です。
 
 今日も今日とて午前中から猛暑。ただ、今日は午後からは雨になったところもあり、昨日よりも暑さは和らいでいたような気がしないでもありません。
 
 
 そんな暑い夏休みは、冷房の効いた部屋で画像ソフトと戯れると時間経つのも忘れてしまいます。
 
 7月上旬から録りためていた作品が、一昨日、最終話を迎えましたので、そちらをディスクに落とすべく準備しました。
 

0812_020812_030812_04


0812_01

 
  
 今回の私のテーマは、基調はグリーンにしたい!でした。それもパステルグリーンとか淡いグリーンとか、そんな感じ。こういう時期でしたので、心が緑あふれる世界を求めたのかもしれません。
 そして、背景と人物の切り抜きのみのシンプルなものを心がけました。
 
 JKでは主要キャスト4人の紹介に、簡単なあらすじ、そして並べた写真にさりげなく世子さまに入っていただきました(笑)
 
 爽やかな感じのグリーンになったかなぁ~と自分では思ったりしています。
 

2020年8月11日 (火)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

0811_01

 
 

0811_02

 
 
#NOWA

 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 約3週間ぶりのヒョンジェさんのIG更新は、コメントにNOWAとあることから、NOWAの広告撮影の模様のようです。
 
 涼しげにお料理をされているような手つきですが、何を作っているのかなぁ。
 

2020年8月10日 (月)

「わが殿」 読了

 
 畠中恵さん著「わが殿」上下巻を読み終えました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 大野藩に、若殿土井利忠公は、戦国時代の英傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の誰に似ているか?そんな噂が流れた。それを耳にした大小姓として出仕したばかりの内山七郎右衛門は、利忠公は織田信長に似ていると口にし、それを当の利忠に聞かれてしまう。そこから、利忠と七郎右衛門の主従の長きに渡る物語が始まる。
 
 「わが殿」というタイトルを目にしたとき、主人公は、どこかのご家中の奥方様か奥女中だとばかり思い込んでいました。それが、いざ読み始めてみると、出仕したばかりの若侍の七郎右衛門が主人公で、あれれ…。
 
 利忠曰く「戦の日々が始まる」。
 太平の世が続く江戸時代。戦と言われても…でしたが、時代設定を見るとどうも利忠と七郎右衛門が若くして…ということがない限り明治維新を迎えそうな時代でしたので、確かに戦はあるなぁ~と思っていたら、実際の戦ではなく、藩の借金返済という人の命のやり取りはないけれども、藩の命運だったり、藩士の人生だったりには深く関わる戦でした。
 
 武士には珍しく商才のある七郎右衛門が、七郎右衛門よりも4つ年下の若き藩主に抜擢されて、藩の借金返済に奮闘していく物語
 藩の借金を完済した後は、藩主利忠の藩政改革に伴う必要経費捻出のために、知恵を絞る七郎右衛門。
 
 途中まではフィクションだと思っていました。でも、具体的な年号が出てきたり、歴史的事実が書かれたり、私でも知っている豪商の名前が出てきたりして、あれ?これはもしかして利忠や七郎右衛門は実在の人物で、これらのことは実際にあったことなのかと思って調べてみたら、はい、利忠も七郎右衛門も、ついでに七郎右衛門の弟も実在の人物でした。
 
 利忠の藩政改革と、七郎右衛門の事業は史実から、物語にしたようです。
 
 
 酷暑が続くの暑い暑い夏休み。
 冷房の効いた部屋で、サクサクと面白く読み進められ、3日で上下巻を読破しました。
 

2020年8月 7日 (金)

溶けてます

 
 今日も今日とて、あまりの暑さに溶けています。
 この先1週間の週間予報に並ぶ最高気温の数字を見て、正直ゲンナリしています。
 
 
 明日からの休みに、「大望」(テマン)をディスクに落とす準備をする予定にしています。
 そろそろイチジクジャムがなくなるので、作りたいのですが、イチジクの収穫はもう少し先かなぁ~。
 

2020年8月 5日 (水)

溶ける

 
 朝からグングン気温が上昇し…昨夜、気温が下がらなかったのもあり…、午前中から30度超え。
 
 溶けそうなほど暑かったです。こんな暑い日は、無理をしないで冷房の効いた部屋で読書or録画しておいたドラマ視聴。
 これから、お盆にかけてが激烈な暑さになりそうな天気予報に慄いています。
 

2020年8月 4日 (火)

猛暑日

 
 各地で真夏日、猛暑日となり、猛烈な暑さになっています。 
 この中で、マスクを着け続けているのは、正直キツイです。気を抜けない状態が続いているので、暑さ対策とマスク着用のバランスが非常に難しいです。
 
 暑さにまだ身体が慣れないのか、疲れて夜は早々に睡魔に襲われる日々です。
 
 
 今夜から、フジテレビTWOで「仮面の秘密」(原題:「彼女はといえば」)の放送開始。DATVで放送中の「大望」(テマン)が第22話で終盤になり、世子さまがドゥイおじさんと一緒にいるシーンを微笑ましく視聴しています。世子さまとドゥイおじさんは、「大望」から3年後の「薯童謠」では、チャンとメクトス技術工になるのだな~と思うと、ドゥイおじさんが世子さまにあれこれかまって2人が仲良くしているのをみると、ほっこり和んでしまいます。
 

2020年8月 2日 (日)

ダーリンは危機一髪!

 
 「ダーリンは危機一髪!」全18話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 詐欺師のヤン・ジョングクと刑事のキム・ミヨンが出会って恋をして結婚して…。ただし、恋愛時代はお互いの職業を隠し、新婚旅行へ行く途中でミヨンは自分が刑事だと告白。ジョングクが刑事だとミヨンに明かすのは、物語も終盤に入ってから。
 
 ジョングクの詐欺にあい、倒れた貸金業者の父に代わり貸金会社の会長になったパク・フジャ。貸付金利子法を廃止するために、ミヨンの安全をネタにジョングクを脅してジョングクを国会議員選挙に出馬させる。
 
 
 眉間にしわを寄せて、登場人物の一挙手一投足、一つのセリフに裏があるのでは?と考えるドラマの後、な~~~~~~~~んにも考えずにお気楽に見られるドラマが見たい!と選んだ作品がこれ。お気楽に視聴。
 
 貸付金利子法を廃止するために、ジョングクを国会議員にしようとするフジャの発想はかなりぶっ飛んでいる。一人を当選させても…ね。
 
 ミヨンの母親がわりの警察署署長さんが、「シグナル」の犯罪被害者役を演じたのを見たのが初めましての方で、そのときから妙に記憶に残る方でした。ここでは警察署署長。警察幹部であり、ミヨンが十代のころに出会い、実子ではないミヨンに母と慕われる、自身もミヨンを娘として接している人で、それが、すっごく似合っていて素敵で、カッコイイ女性の役でした。私のツボの役でした。
 
 ミヨン役の方は「愛の迷宮~トンネル~」の主人公の娘役が初めましてで、そのときの印象からか幸薄い感じがしていたのですが、今回、刑事ということで、アクションシーンバリバリ。それがまたサマになっているのが新鮮な驚きでした。
 
 ジョングクの妹のミジンも詐欺師で、15ヵ国語を操り、ハッキングもOKな仕事のできる役。そんなに仕事ができるなら、詐欺師ではなくスパイになれば如何なく力が発揮できるのでは?と、つい考えてしまったり(^_^;)
 
 原題が「国民の皆さん」、邦題が「ダーリンは危機一髪!」。一文字(“ん”)しか同じじゃない~!
 原題のままでよかったのでは?
 

2020年8月 1日 (土)

梅雨明け

 
 今日8月1日、関東地方の梅雨が明けました。例年よりも11日遅い梅雨明けだそうです。 
 朝から、夏の日差しが降り注いでいるので、梅雨明けになるだろうな~と思っていたら、やはり、梅雨明け宣言が出ました。今日から夏本番!暑くなりそうです。
 
 
 昨夜というか今日の未明、草木が眠るころに録画予約していたドラマは、梅雨の最後の強い雨で見事に録画できていませんでした( ノД`)シクシク…
 この深夜の放送枠はバックアップのために録画予約している再放送だったので、全体には影響はないものの…。
 
 今月から始まる「仮面の秘密」の初回放送と再放送をどう録画予約するか、考えなくては…。「大望」の深夜枠と「仮面の秘密」の初回放送枠が時間的に重なっている時間があるのですよね~。どちらを録画設定するのか、ここのところずっと頭を悩ませている問題です。冷静に録画設定しなくては。
 


« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »