2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

STAY HOME な GW

 
 今日から自粛のGWがスタート。
 
 家にいるGW。(。´・ω・)ん? GWはいつも自宅で過ごしているような…。いつものGWよりも更に外出が少ないGW。
 ひとつ難点があるとすれば、図書館が休館なので図書館で本が借りられないことでしょうか。家にある本を再読するしかなさそうです。
 

2020年4月27日 (月)

STAY HOME

 
 家で過ごす作業として、5月末から6月初めにかけて必要になるはずの「帝王の娘スベクヒャン」をディスクに落とす準備をしました。まだまだ1か月以上先なのですが~、必要になるものなので、今、家で過ごす時間を活用して作業しました(^^)v
 

0427_01

 
 
 緊急事態宣言が予定通りの期日で終了すると、それまでの期間の分の仕事もあり、時間的に厳しくなるのではないかと思いまして。そのときになってみないと分からない部分もありつつ、予想で前倒しで作業をしています。
 
 印刷してケースに入れて、1人でにんまりと悦に入っています(*^^*)
 

2020年4月25日 (土)

愛読書チェック 2020年6月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2020年5月の番組表をチェックしました。
 
 5月放送開始のドラマでチェックしたのは、LaLa TVで5月13日から放送開始の「ブラックドッグ」。
 リーズナブルなCSチャンネルに落ちてきたら視聴しよう~と思っていたら、何と!日本初放送がリーズナブルなLaLaさんです♪これは、私に視聴しろということでしょう(^^)vと、かなりテンション高くなっています(笑)
 
 「ブラックドッグ」のヒロインを演じているのが、「帝王の娘スベクヒャン」でソルナン役を演じた女優さんですので、この現代劇でどんな新人教師役を演じられるのか楽しみです(*^^*) フツーの教師役がよく似合って、でも、とっても魅力的な女性になっているといいなぁ。
 

2020年4月23日 (木)

絶対彼氏。

 
 「絶対彼氏。」<完全版>全20話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 クロノスセブンで開発製造された恋人用ロボットのゼロナインは、社員のナム・ボウォンから人間としての全般を学習中。
 ふとしたことから、ゼロナインの購入者が、かつて友達用?ロボットのゼロセブンを修復不可能なまでに壊した財閥令嬢のダイアナと知り、ゼロナインをダイアナに渡さないためにゼロナインを伴って(持ち出して)クロノスセブンを逃げ出す。追ってから逃げるために窮余の策として、宅配の中身とゼロナインをすり替える。
 
 配達されたゼロナインを注文したダミーだと思って受け取った特殊メイクアップアーティストのオム・ダダは、ふとしたことからゼロナインの恋人モードを起動してしまい、目覚めたゼロナインはダダを「彼女(ヨジャチング)」と連呼し、愛を捧げ、ダダから”ヨング”と名付けられる。
 7年間付き合った恋人である俳優のマ・ワンジュンから別れを告げられたダダは、次第にヨングと心をかよわせていく。
 
 ヨングをダダに横取りされたダイアナはヨングを取り返そうとして…。
 
 ワンジュンがダダに別れを切り出したのにも訳があり…。
 
 
 兄とも慕うボウォンに愛を捧げるだけではなく愛されてほしいと告げられたヨングは、ストーリー序盤に「愛を捧げるだけではなく愛されたい。愛している」とダダに愛を告白する。
 少し前まで、恋人用ロボットだから彼女に愛を捧げると言っていたのに、いきなり「愛している」には、えぇぇぇ?!
 
 ストーリーの展開上、そうなるのだろうとは思っていたものの、いったい、いつの間にそういう感情になったのか私にはわかりませんでした。そのためか、終始一貫、ヨングとダダの恋愛には、感情移入できませんでした。
 
 ヨングはロボットでダダは人間。愛し合った当初は舞い上がっていて幸せいっぱい何も目に入らないのかもしれませんが、ロボットであるヨングは何年経ってもそのままの姿。人間のダダは年を重ねていくわけで。ダダは特殊メイクアップアーティストなので、その腕を生かせば、ヨングの外見は誤魔化せるのかもしれません。でも、不自然に感じる周囲の人はきっと出るはず。それらを何年も何十年も偽って生きられるのか?つらくならないのか?愛があれば乗り切れるのか?などと、ドラマで描かれていない、ドラマでは描かれない遠い未来を心配してしまいました。
 
 人気俳優のダダの元カレのマ・ワンジュンが、好感を持てる人だったこともあり、そう思ってしまったのかもしれません。
 
 私的に、心情が最も分かる気がしたのがボウォン。それは自分が手塩にかけたロボットをあんな風に壊されたらダイアナの手に渡せない、渡したくない!と思うでしょうし、ゼロナインを連れて逃げてしまうのも頷けました。
 
 タイトルが<完全版>と銘打っていました。オリジナルを知らないので、何がどう<完全版>なのか謎(?_?)です。
 エピソードを整理して全16話にして、中盤から後半の展開をスピードアップしてもよかったかも…。
 

2020年4月21日 (火)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

0421_01

 
 

0421_02

 
 

#햇살 #🤗 #👋 #nowa

#日差し#🤗#👋#nowa

 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 今日のヒョンジェさんのIGの更新は、nowaさんの広告撮影風景でしょうか?
 
 nowaさんといえば、2018年の暮れ頃に広告撮影があったので、第2弾なのかな?
 
 どんな広告になるのか楽しみです♪
 

2020年4月19日 (日)

オーストリア旅行記 ~2日目 ウィーン、デュルンシュタイン、メルク、ザルツブルク~

 
 2018年5月に、オーストリア各地を巡った旅行の2日目の旅行記です。ウィーンからデュルンシュタイン、メルクを経てザルツブルクに移動しました。
 
 この日は、あいにくの天気でした。2018年のオーストリア旅行で天候が最もぐずついていた日となりました。それでも、かろうじて観光中に傘を差さないですむ程度の雨だったのが幸いです。
 
 

Day02_05

 
 
 デュルンシュタインはこの旅行に行くまでは全く聞いたことのない地名でした。ガイドブックによるとアプリコットが名産品。実際に行くと、こじんまりとしてフリーで散策を楽しむのには適した雰囲気と規模の街(村?)でした。これで天気が良かったら、もっとテンションが高くなっただろうなぁ~。
 
 

Day02_14

 

 
 メルクは修道院で有名。修道院の見学。想像以上に大きな修道院でした。ただ”豪華な”修道院とのことですが、私的な感想としては”質実剛健”な印象です。豪華というとポルトのサン・フランシスコ修道院などがパッと思い浮かぶので~(^_^;)
 メルクの修道院は、内部の写真・ビデオ撮影が不可でしたので、あまり内部の具体的な記憶がなく、唯一といっていい記憶が”質実剛健”と思ったことです。
 
 その2日目。ウィーンからデュルンシュタインの散策、メルクの修道院の見学を経てザルツブルクへ移動した、写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。
 

2020年4月17日 (金)

方向

 
 毎日の生活で明るい方向に心を向けようとしています。
 
 楽しいこと、好きなこと。読書や旅行記の作成、ドラマ視聴。前を向いていたいです。
 

2020年4月15日 (水)

はざま

 
 某CSチャンネルで放送されていた某ドラマ作品を録画していて、それも昨日、最終話を迎えました。
 同じチャンネルで明日から放送開始のドラマを録画予定。ということで、今日は、そのチャンネルで録画をる番組はなし。CSのチャンネルを契約しているのに、何だかもったいないような気がしてしまう貧乏性な私。
 
 CSを契約したら、1つのチャンネルで1日に2~3番組のドラマ作品を常に録画しているのが理想ではありますが、そういうタイミングはないほうが多く…。難しいです。
 

2020年4月13日 (月)

ペース

 
 緊急事態宣言を受けての不要不急の外出自粛生活も1週間弱。
 生活のパターンというかペースというかも段々と確立してきました。ストレスを最小限に抑えて、日々の生活を乗り切りたいです。
  
 
 LaLa TVで放送されていた「仮面の秘密」も4月10日に最終話が放送されました。早速、ディスクに落としてBDRの空き容量を確保(^^)v
  
 4月下旬か5月に入ったらくらいのタイミングで、BSテレ東で放送の「帝王の娘スベクヒャン」をディスクに落とす用意をしようかと計画しています。それまで半月。ふむ~。
 

2020年4月12日 (日)

悪魔が君の名前を呼ぶ時

 
 「悪魔が君の名前を呼ぶ時」全16話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 かつて一時期売れた時期もあったフォークデュオの片割れソ・ドンチョル。10年前はすっかり売れないシンガーソングライター。悪魔リュに魂を売る契約をして、富、名声、若さ、もう一つの望みを叶える。そして10年後の2019年、悪魔に魂を回収される10日前から物語は始まる。
 
 ドンチョルは、2019年ではヒットメーカーのハ・リプとして活躍していた。悪魔リュは俳優のモ・テガンに取り付いているが音痴なことを気にしていた。そこに付け込んでリプは新たな条件を結び、魂の回収を逃れようとする。悪魔がリプの音痴を治すことへ出した交換条件は1級の魂を差し出すこと。リプは自分の魂の回収を逃れるために、1級の魂を持つ他人を悪魔に捧げようとする。
 
 リプが探し出した1級の魂の持ち主はキム・イギョン。これまで苦労を重ねてきた女性だった。
 
 リプはイギョンの魂を悪魔に差し出して自分の魂の回収を逃れるのか。
 
 イギョンは10年前のドンチョルと出会っており、そこには因縁があるのは、あちらのドラマあるある。
 
 前半は、リプの成功、イギョンを見出してイギョンをデビューさせることが描かれ、悪魔がCGでおどろおどろしい姿で描かれている。
 この「悪魔が君の名前を呼ぶ時」の直前に視聴した作品が、天使が登場した「ただひとつの愛」だったので、天使の次は悪魔かぁ~とお気楽に視聴していた。悪魔が音痴を気にしていたりして、悪魔なのに可愛げがあるなと思ったりして(^_^;)
 
 悪魔と人間が契約を結ぶエピソードで、人間の願いが”判事になること”はまぁいいとして”弁護士の兄と姉に判事の両親を殺させること”だったのには、「悪魔みたいなヤツ」とか「人非人」とか思ってしまいました。姿かたちの恐ろしさではなく悪魔よりも人間のほうが内面的に恐ろしいこともあると思わせるエピソードでした。
 
 中盤からは天使が登場したり、姿は現さないものの”神”という言葉がたくさん出たりで、内容的に重くなりました。
 
 大切なものを守る。そのために誰かの何かが犠牲になったり傷ついたり。
 
 後半にかけて、すっごい物語が広がって、ラストは思いっきり普通にありきたりな予想の範囲内で、逆にビックリ。
 
 日本初放送を視聴したので原題の「悪魔が君の名前を呼ぶ時」でした。これ、邦題はどうなるのかなぁ。原題のままな気もしますし、反対に思いっきり変えられる可能性もあるような気もしますし。
 

2020年4月10日 (金)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

0410_01

 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 特にコメントはありませんでした。
 
 
 3月のIGの更新から3週間以上音沙汰なしで、どうしているのかなぁとさすがに気になりだしたところでの更新です。
 
 お元気なようでよかったです。何をなさっているのでしょうか。
 久ぶりの更新なのですから、何か一言ほしかったなぁ。
 

2020年4月 8日 (水)

4月8日

 
 緊急事態宣言発令後1日目の4月8日。
 
 できる限り日常の生活パターンを崩さないように心がけています。
 
 スーパーには人出を避けて早めに買い物に出かけましたが、考えることは皆同じようで、思ったよりも多くの買い物客で賑わっていました。売り場では、いつもよりも少なめになっている商品などもあったりしました。それでも、私が当初予定していた買い物は予定どおりゲット。これで、2、3日は買い物に行かずに過ごせそうです。
 運動のために散歩したほうがいいのかなぁ~と思いつつ、まだまだ花粉が飛んでいるので散歩は見送っています。
 

2020年4月 7日 (火)

家にいよう

 
 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に7都府県に緊急事態宣言が発令されました。
 
 
 この緊急事態宣言を受けて、勤務する会社では5月6日まで出社しなくてもよいこととなりました。
 
 最前線で頑張る医療現場の方々への感謝とともに、感染を抑止するために家にいましょう。
 
 大切な人を守るために家にいましょう。
 
 自分を守るために家にいましょう。
  
 少しでも早く収束するように家にいましょう。
 

2020年4月 5日 (日)

オーストリア旅行記 ~1日目 成田、ウィーン~

 
 2018年5月に、オーストリア各地を巡った旅行の1日目の旅行記です。成田からウィーンへ移動しました。
 
 
 今回のツアーは飛行機のフライト時間が2015年のときとは変わり、帰国日(7日目)の14時までフリータイムがありました。6日目の午後に半日フリータイム、7日目の午前中に半日フリータイムとウィーンで2回の半日フリータイム。かなりたくさんの見学ができるはず。
 2015年の中欧旅行でもウィーンに立ち寄っているので、ウィーンでのフリータイムでの観光は悩みました。
 2015年に訪れた美術史美術館とオーストリア・ギャラリーはパスして、今回は行ったことのない美術館に行こうかな。前回はカフェは美術史美術館内のカフェに行っただけど、ザッハトルテを食べていないので今回はザッハかデーメルに行ってザッハトルテを食べようかな。前回のツアーにはコンサート鑑賞が付いていたけど、今回のツアーには着いていないので、コンサートはどうしようetc
 
 同行者と相談。同行者は「ザッハとデーメルの両方に行きたい。教会コンサート行きたい。オペラ座のガイドツアーに日本語があったらオペラ座見学したい。」のリクエストがありました。
 
 ザッハとデーメルは6日目と7日目にそれぞれ振り分ければ行けるはずなのでOK。オペラ座の日本語ガイドツアーは催行する日としない日があるので、6日目のガイドツアーがあれば行けるし、なければ違う案も考えておかなくては。
 教会コンサートは探したら何か所かの教会で開催していて、観光途中にチケットを買ったり、実際にコンサートに行ったり、教会コンサートは夜21時ころ終演なので、ホテルへの帰りの公共交通機関の便のいいところと考えて決めました。
 ここで同行者と再び相談。
 「オペラ座のガイドツアーは英語だったらフリータイムの日も催行するから、日本語がなかったら英語のツアーに参加する?」には、「NO!」
 「教会コンサートは、予めこちらから予約しておく?」には、「飛行機が飛ばないことがあるから予約しない!」
 でした。2014年の中欧旅行が成田で出国後、飛行機に搭乗して2時間缶詰になったあげくフライトキャンセルとなって、ツアーが中止になったのが、同行者のトラウマになっているようです。
 
 オペラ座の日本語ガイドツアーはネットで調べたものの、掲載しているサイトを見つけられず、ウィーンについてから現地係員さんに尋ねることとなりました。
 
 ガイドブックを読むと何と2018年はクリムト没後100周年で、美術史美術館ではクリムトの壁画を見るための臨時階段が設置されているので、いつもよりも近くからクリムトの絵を近くから見られるとのことで、ラッキーにも今回の旅行期間は、臨時階段が設置されている期間中でした。
 こんな機会にはもう巡り合えないだろう!と同行者と意見が一致して美術史美術館の再訪が決定しました。
 
 

Day01_01


 
 
 準備期間を楽しみつつも、あれこれあったオーストリア旅行。
 
 その1日目。成田からウィーンへの移動の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。
 

2020年4月 3日 (金)

桜舞い

 
 満開の桜の花びらが風に舞い、花吹雪を目にする時期です。
 
 そんな光景を見るとホッと束の間、安堵します。
 
 
 今日はLaLa TVで放送中の「仮面の秘密」は第18話が放送されました。来週の金曜日が最終回。BDRのHDDの残り容量が30%といよいよ逼迫してきています。来週末で、「仮面の秘密」をディスクに落とさないと。
 

2020年4月 1日 (水)

免疫力

 
 感染予防には免疫力アップ。
 
 免疫力アップには、睡眠時間の確保、規則正しく栄養バランスの摂れた食生活、適度な運動、そして心が前向きになれるような楽しい生活。
 
 楽しい生活…気に入ったドラマを視聴して、う~んと考え、2018年、2019年の海外旅行の旅行記を作成することにしました(^^)v
 
 楽しかった旅行の想い出。きっと心の免疫力をアップしてくれるはず。
 
 いつか、また、旅行を楽しめる日がくることを願いながら、過去の旅行を思い出して旅行記を作成します。
 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »