2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ミッションクリア | トップページ | 今年1年ありがとうございました »

2019年12月30日 (月)

赤い月青い太陽

 
 「赤い月青い太陽」全16話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 児童センターの相談員チャ・ウギョンは自動車専用道路で緑色のワンピースを着た女の子を轢いてしまう。警察で自分が轢いたのが男の子であり、緑色のワンピースを着た女の子は監視カメラで確認できないと言われてパニックになる。この男の子は病院で死亡。交通事故と死亡した子供の違いで夫と不仲になり、夫は部下と不倫していたこともあり離婚。
 ウギョンにしか見えない緑色のワンピースを着た女の子。ウギョンの娘ウンソの面倒はウギョンの継母がみている。ウギョンには交通事故で2年間植物状態の妹のセギョンがいる。
 
 事件発生。クルマが燃え、自分の子供の遺体を燃やしたとして服役し、出所したばかりの女性が遺体となって発見される。捜査を開始するカン・ジヒョン刑事。このカン刑事はウギョンの元夫の彼女の元カレ。カン刑事の相棒はチョン・スヨン刑事。
 
 児童虐待と児童虐待をしていた親が殺害される事件が続く。連続殺人と推理したカン刑事、チョン刑事と、IT関連の刑事の3人がチームとして捜査に当たる。
 
 連続殺人犯のハンドルネームは“赤い涙”。
 
 追う刑事たち。
 
 
 初回で、ウギョンの勤務する児童センターの施設管理係イ・ウンホが登場したときに、「あ!この人、犯人だ!」と第一印象で犯人認定してしまいました。全く根拠のないただ単なる勘。
 
 ウギョンにしか見えない緑のワンピースの女の子は、登場2回目でウギョンの子供のころだと思い込みました。ウギョンは覚えていないだけで、子供のころに実の両親か継母に虐待されて、そのころの自分の姿を見ているのだと。
 ウギョンの継母は、この女優さんが演じているのに単にヒロインの継母だけとは思えず、後半、きっと何か重大に絡んでくるに違いないと勝手に思いつつ見ていたら案の定…。このウギョンの継母に関しては、キャストで犯人が分かるこちらの2時間サスペンスと同じ感じでした。
 
 ウンホの件と女の子の件は、当たらずとはいえ遠からず……半分当たって、半分外れて…って感じでした。
 
 作品を見て私が考えた斜め45度上を実際の展開がいく…そんな感じ。こういう感じ、好きです。
 
 作品のテーマがテーマなので重たい雰囲気。それにマッチするように画面も暗~い。
 
 児童虐待がテーマのこの作品。視聴理由はチョン・スヨン刑事を演じている女優さんです。このチョン・スヨン刑事を演じたのは、「私の期限は49日」でシン・ジヒョンを演じた女優さん。久しぶりにお姿を拝見しました。「49日」のジヒョンのイメージが強かったので、今回のようなクールで仕事のできる刑事役を見るのが新鮮なようでもあり、こういう役も演るんだぁと思ったり。ただ、刑事を演るにしては線が細いような気が。
 
 ドラマ作品として続きがどうなるのか気になって仕方がない作品でした。次はどうなるのか気になって、どんどん視聴が進みました。
 

« ミッションクリア | トップページ | 今年1年ありがとうございました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミッションクリア | トップページ | 今年1年ありがとうございました »