2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 西安旅行記 4日目~西安、上海、成田~ »

2018年12月25日 (火)

デュエル

 
 「デュエル~愛しき者たち~」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、ご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 幼女誘拐事件発生。チャン・ドゥクチョン刑事とチェ・ジョヘ検事が操作するも、誘拐された幼女は遺体となって発見される。幼女の父親の事情から、とある筋書きで公式発表されて幕引き。チャン刑事とチェ検事は幼女の父から5億ウォンずつ渡される。
 
 チャン刑事の白血病の娘スヨンが誘拐される。必死で誘拐犯を探すチャン刑事は、誘拐犯と売り2つのイ・ソンジュンを見つけて娘の居場所を白状させるという言って、ソンジュンが記憶がないと言うのにも係らず殴る蹴るの暴行。そこで、ソンジュンと瓜2つのソンフンを見かける。
 
 チャン刑事はソンジュンと共にスヨンを探す過程で、記者のリュ・ミレと知り合う。
 
 少しずつ記憶の断片が浮かぶソンジュン。
 ソンジュンとソンフンは、イ・ソンヨブ博士をオリジナルとするクローンだった。そして、ミレはイ博士の実子だった。
 
 製薬会社会長の飽くなき生への執着が全ての発端だった。
 
 
 チャン刑事は、最初の幼女誘拐事件のときは刑事として冷静に捜査していたのに、自分の娘が誘拐された途端、頭のネジが飛んだかのような暴走ぶり。そこには冷静さの欠片もなく、娘が誘拐されたときに見かけたソンフンにそっくりなソンジュンに会ったとたんに、ソンジュンの言い分には全く耳を貸さずに殴る蹴るの暴行。とにかく力づくで娘の行方を知るためにソンフンの口を割らせようとする態度。そんなことでは、見つかるものも見つからなくなるだろうと呆れるばかり。
 
 この暴走ぶりはドラマだから?
 
 少しは相手の言い分にも耳を傾けたら?と思ってしまう。
 
 そんなチャン刑事とタッグを組むソンジュンもソンジュンな気がしないでもないけれど、そこはドラマ、かな。
 
 チェ検事も一体どういう人間なのか計り知れないうちに回を重ねて行きました。
 ん~、お金と出世が大好きで功名心いっぱいな検事だったようです。製薬会社会長に取り入ろうとしたりしていても、チャン刑事から製薬会社会長の悪行を聞くと、チャン刑事と手を組んで、製薬会社を潰しにかかり…。いい意味でも悪い意味でも、世渡り上手。でも、自らは悪にならない人。
 
 チャン刑事の同期の刑事役で、あちこちの作品で小ズルイ人役を演っている俳優さんが出演していました。この作品でも調子よく小ズルイ刑事ではあるけれども、同期のチャン刑事との友情を大事にして、決してチャン刑事を裏切りませんでした。今回の役柄は珍しいと思うのと同時に、いい味を出しているキャラだなぁと(笑)

 

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 西安旅行記 4日目~西安、上海、成田~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 西安旅行記 4日目~西安、上海、成田~ »