2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 愛読書チェック 2018年12月号 | トップページ | マカオ旅行記 1日目~羽田、香港、マカオ~ »

2018年10月28日 (日)

華麗なる2人-ミセス・コップ2-

 
 「華麗なる2人-ミセス・コップ2-」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 6年前に女子大生殺しの犯人をスピード逮捕したコ・ユンジョンの元に、真犯人から自分が真犯人の証拠の写真が送られる。ユンジョンの夫の部長検事は、ユンジョンと自分の立場から、これを伏せ、冤罪と知りつつ事件を終結させる。
 
 6年後、ニューヨークから帰国したユンジョンは、ソウル地方警察庁の強力1チーム長に就任。
 チーム員募集の張り紙を見て応募してきた一見冴えないおじさん刑事のペ刑事を採用後、猪突猛進のオ大官(通称)、紅一点のシン女史、頭より体が先に動く新人くんとメンバーを揃え、6年前の女子大生殺しの真犯人にして、連続殺人犯を追い、逮捕する。
 その過程で、知り合ったELキャピタルのイ・ロジュン代表とユンジョンは悪縁となり、追いつ追われつのストーリーを展開することになる。
 
 ユンジョンと部長検事は6年の別居を経て離婚協議中。
 
 真犯人が逮捕されたことにより、6年前の女子大生殺しで犯人とされ、服役していたミン・ジョンボムは釈放される。ユンジョンはジョンボムに謝罪するが、ジョンボムは怒り心頭。
 
 ロジュンはジョンボムを利用して、ユンジョンに冤罪のわなを仕掛けたり、ちょっと自分の陰口をたたいた店員を刺殺したり、その目撃者も殺そうとしたり、もう、仕事の邪魔ものも、プライベートで気に食わないものもお構いなしで抹殺するサイコパス。
 ペ刑事が外見のもっさりしたおじさんぶりからは想像つかないくらいに腕利きの刑事。
 ユンジョンの上司の課長と係長も仕事のできる人たちのようです。何人も警官が登場すると、そのうちの1人くらいはロジュンに内通していたりするのが、ドラマとしてはありがちですが、今回はそれもなく、気持ちよく作品を見ていられました。
 ユンジョン以下、熱血正義感の強力1チームと、腕利きの課長と係長がいるのに、甘ちゃんな坊やな風貌のロジュンの罪を暴くのに時間がかかるのか、ふしぎ不思議(?_?)
 
 原題が「ミセスコップ2」。邦題が「華麗なる2人-ミセスコップ2-」のこの作品。
 “ミセスコップ”はユンジョンのことで、それは分かりやすくていいのです。
 でも、「華麗なる2人」の2人って?1人はユンジョンとして、もう1人は、ロジュン?課長?夫の部長検事?いや、もしかしたら大穴でロジュンとロジュンの腹心の部下のペク理事か?などと、いろいろ考えてしまいました(爆)
 画像などで見るとユンジョンとロジュンの2人のようですが、刑事と犯人で華麗なる2人って、私的に違和感ありありなんですけど…。
 原題のミセスコップ2が一番すっきりしているし、物語にもあっていると思えるのに、どうしてこの邦題?よく分かりません。
 
 そんな刑事ドラマでした。
 

« 愛読書チェック 2018年12月号 | トップページ | マカオ旅行記 1日目~羽田、香港、マカオ~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛読書チェック 2018年12月号 | トップページ | マカオ旅行記 1日目~羽田、香港、マカオ~ »