2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« インスブルックを路面電車は走る(後編) | トップページ | 印象派を超えて - 点描の画家たち »

2013年9月30日 (月)

赤城山(黒檜山)

 山歩記に赤城山(黒檜山)の山歩きの模様をアップしました。

 写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

Mt04_07

 赤城山ビジターセンターから出発。大沼の赤城神社にお参りしてから黒檜山に登りました。

 4月に登った弘法山は235m。黒檜山は1828m。標高差約1600m。標高差が大きかったせいか、前半の登りはかなり息切れがしました。

 登山道に入ってからほぼ全体的に岩がちの登山道で、夏の山小屋デビューを目指す山のいい練習になりました。でも、きつかったです…。まだまだです。

 登山道途中の猫岩の前後から大沼を見下ろせたり、猫岩を過ぎた頃に富士山が頭をのぞかせているのに気づいたりしました。赤城山から富士山が見えると思っていなかったので、すっごい嬉しくてテンションがあがりました。

 黒檜山の山頂表示のあるちょっと広い山頂でお弁当を食べましたが、その先に絶景ポイントがありました。すっごい雄大な山々。うっとりです。

 黒檜山から駒ヶ岳までは私の大好きな尾根道で、うきうきしながら歩いていました。

 駒ヶ岳からの下山路はですね~、鉄製の階段がいくつかと、木段もいくつかの、かなり急坂。こちらを下山のコースどりにしてよかったぁ。登りだったら、ヒーヒーしてめげていたかもしれません。

 駒ヶ岳から下山して覚満淵を一周散策。覚満淵は芽吹きもまだで冬の様相のように感じられました。

 黒檜山への登りが厳しかったけれど、富士山も見られましたし、黒檜山から駒ヶ岳の尾根道もステキだったし、充実した山歩きでした。

« インスブルックを路面電車は走る(後編) | トップページ | 印象派を超えて - 点描の画家たち »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インスブルックを路面電車は走る(後編) | トップページ | 印象派を超えて - 点描の画家たち »