2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 週刊ごーやニュース 2011年7月9日号 | トップページ | 古都に息づく伝統文化 »

2011年7月10日 (日)

ワシントン ナショナル・ギャラリー展

 国立新美術館で開催中のワシントン ナショナル・ギャラリー展を見学しました。

 見学記は、こちらをご覧ください。

 東日本大震災と福島第一原発事故の影響による特別展の中止・延期が相次ぐ中、予定通り開催されたワシントン ナショナル・ギャラリー展。
 “予定通り開催”の告知を見ても、実際に開催されるまでは、本当に開催されるのかどうか半信半疑でした。予定通りに開催されることが、こんなにありがたいとは初めて思いしりました。予定通りの開催に尽力された関係者の皆さまに心からの御礼を申し上げます。

 マネ、モネ、ルノワール、ゴッホetcの印象派前、印象派、ポスト印象派の綺羅星の如き画家さんの作品が複数出展。これだけで目玉になるであろう作品がごく普通にさり気なく展示されている豪華絢爛さ。

 サブタイトルで

 「印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」
 「これを見ずに、印象派は語れない」

 と、豪語するだけのことはあります。納得です。粒揃いの出展作です。

 これだけの内容ですから、それなりに混雑していましたが、作品と作品の間隔が普通の企画展などのそれよりも、かなり余裕を持って開けられているので、ストレスを感じずに見学できました。

« 週刊ごーやニュース 2011年7月9日号 | トップページ | 古都に息づく伝統文化 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 週刊ごーやニュース 2011年7月9日号 | トップページ | 古都に息づく伝統文化 »