2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« コミックス版「彩雲国物語5」 | トップページ | 「鎌倉江ノ電殺人事件」 読了 »

2010年1月31日 (日)

イタリア旅行記 7日目、8日目~ミラノ、コモ、ミラノ、成田~

 イタリア旅行記の7日目、8日目を作成しました。

 7日目は、ミラノから一旦、コモへ行ってコモ湖クルーズをしてから、ミラノに戻ってサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会のレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」鑑賞、スフォルツァ城、エマヌエレ2世アーケード、ドゥオモなどの市内観光をした後、空港に向かって夜便で成田に帰国するという行程です。

 コモはですね、渋滞にはまりながら時間をかけて行った割りに…渋滞にはまったせいとも言う…、コモ湖クルーズは約30分ですし、旧市街でのフリータイムは10分で、コモに行ったことがなかったので行きましたが、もしまたミラノを再訪することがあっても、2度目のコモ観光はないなと思います。
 半日をコモにかけるなら、ミラノでドゥオモの塔上に上ったり、ブレラ絵画館やアンブロジアーナ絵画館に行くほうがいいなぁというのが、コモに行ってみての正直な感想です。このへん、あくまでも私個人の感想ですが…。

 私的な今回のイタリア旅行でのメインイベントである「最後の晩餐」鑑賞。ツアーメンバー28人を2つのグループに分けて、少し離れた時間での鑑賞で、その間の時間を使ってのミラノ市内観光になりました。
 「最後の晩餐」鑑賞の予約時間という制約があるので、どうしてもその中のミラノ市内観光は時間的にタイトになってしまいました。これはミラノでの行動の基準が「最後の晩餐」鑑賞ですから仕方がないのでしょう。

 「最後の晩餐」は、思っていた以上に、色彩が淡くて、その淡さが作品の傷みであるように感じられました。15分間、ひたすら「最後の晩餐」を見続けました。至福の時間です。
 大事な大事な人類の至宝。永く、よりよい状態で後世に伝えられますように…。

 そんなイタリア旅行記7日目、8日目の旅行記は、こちらからご覧ください。

 イタリア旅行記は、次回のおまけのその他いろいろで完結の予定です。おまけのその他いろいろでは、ホテルのことや、添乗員さん、ガイドさんなどから伺ったお話しで興味深いものをまとめるつもりです。

« コミックス版「彩雲国物語5」 | トップページ | 「鎌倉江ノ電殺人事件」 読了 »

イタリア旅行記」カテゴリの記事

コメント

イタリア旅行記、ほぼ完成ですね~。

「最後の晩餐」ちゃんと見れてよかったですね。見れない場合もあるみたいだし。私もむか~し、まだ修復中の頃に見たのを思い出しました。

それにしてもサンタマリア・デレ・グラツィエ教会の内部ってあんな感じなんですね。考えてみたら「最後の晩餐」だけ見て、教会内部は全然見ませんでした(^^;)。

私もまたイタリアに行くなら、今度は1都市とか2都市滞在で行きたいです。

 Aliceさん、こんにちは。

 おかげさまで、イタリア旅行記が完成しました。

 念願だった「最後の晩餐」も最後の最後で思わぬアクシデントがありましたけれど、
何とか無事に鑑賞することができました。
 サンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会の内部見学をする人は、「最後の晩餐」を
観る人数からすると、かなり少ないように見えました。「最後の晩餐」を鑑賞でき
ると、それで満足してしまうのかもしれません。
 私も、別の予約時間に見学しているツアーメンバーさんを待つ時間があったので
見学できました。

 私も次にイタリアに行く機会があったら、1都市か2都市の滞在型でゆっくりと
街歩きしたいです。お互いにそんな時間が持てたらいいですね。

 AliceさんのGWの旅行先がどちらになるのか、ワクワクしながら待っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コミックス版「彩雲国物語5」 | トップページ | 「鎌倉江ノ電殺人事件」 読了 »