2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 何度目の中国鉄道大紀行? | トップページ | 「箱庭」 読了 »

2008年7月 5日 (土)

225万人

 ニュースを見ていたら、「今年の夏休み時期の海外旅行者は燃料費高騰により、昨年比7%減の225万人」だそうです。

 7%減が意外でした。これだけの燃油サーチャージの高騰ですから、2桁減くらいになっているのかと思ってました。それが7%減で225万人もの人々が夏休みを海外で過ごすのですから、海外旅行好きはちょっとやそっとではへこたれないということでしょうか。(笑)

 もしかしたら、ヨーロッパや北中米などの遠距離(=燃油サーチャージが高い)から、安・近・短の場所に目的地が移行している可能性はかなりあるかもしれませんが…。

« 何度目の中国鉄道大紀行? | トップページ | 「箱庭」 読了 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

海外好きはへこたれません(笑)。
でもイタリアでガイドさんが「日本人観光客が減った」と言っていました。
燃油サーチャージとユーロの高騰が関係しているのかもしれません。
最も日本人を見かけないことはなかったので、ピーク時はどれだけの観光客がいただろうかとも思ってしまいます。

 茶柱さん、こんにちは。
 海外好きはへこたれませんね。(笑)
イタリアでも日本人観光客が減ってるのですか。
燃油サーチャージ高騰とユーロ高のダブルパンチは効きますね。

 日本人はイタリア人気高いですから、多いときは相当だったのでしょうね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何度目の中国鉄道大紀行? | トップページ | 「箱庭」 読了 »