2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 鳴かぬ蛍が身を焦がす | トップページ | 吉村作治ミイラ新発見 »

2007年12月22日 (土)

大奥

 フジテレビで放送された映画「大奥」 映画館へ見に行くほどではなかったけれど、興味があったのでテレビの前で2時間20分見ました。

 大奥総取締役の絵島に扮する仲間由紀恵さん主演のこのドラマというか映画、個人的には天英院役の高島礼子さん、蓮浄院役の松下由樹さん、滝川役の浅野ゆう子さんのヘビとナメクジと蛙の三つ巴の燃え上がる丁々発止の闘いを期待しておりました。しかし、期待していたようなバチバチと飛びまくる火花で背筋がゾクゾクするようなシーンはなくて何だか消化不良です。残念!
 や、木村多江さんも好きなのですけど、このお重量級のお三方からするとまだまだ儚げでこのお三方のうちのどなたかお一方からでも睨まれたら、ひょろ~と飛んで行ってしまいそうなご側室でした。これからの経験ですかな。

 仲間由紀恵さんの絵島は楚々として清楚な美しさで罠にはめられる悲劇のヒロインにはピッタリでした。清楚な中にも切れ者なところは表現してましたしね。
 同じ大奥総取締役といっても松下由樹さんの春日局さまや浅野ゆう子さんの瀧山のようなド迫力の押し出しの強いお局さまとは一味も二味も違う総取締役さまです。

 杉田かおるさんの宮路がさり気なく怪しげな重要な役どころだったのには驚きました。

 ん~、でも想像してたのとは全く違って、ものすご~っくサラッとした「大奥」でした。テレビ版の方がよほど重苦しいのってどういうこと?!

« 鳴かぬ蛍が身を焦がす | トップページ | 吉村作治ミイラ新発見 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳴かぬ蛍が身を焦がす | トップページ | 吉村作治ミイラ新発見 »