2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 世界の車窓から 20周年記念SP | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第1回 »

2007年12月16日 (日)

敵は本能寺にあり 信長の棺完結編

 テレビ朝日「敵は本能寺にあり~信長の棺完結編~」 見ました。

 玉木宏さんの織田信長、想像以上にイメージです。本能寺の変当時の年齢と玉木宏さんの実年齢からすると20歳くらい違うので、大分若い信長くんでした。でも、シャープで鋭く、古い社会を打破して新たなる世界を打ちたてようとする革命児・革新児の感じがよく表れていたように思えます。
 玉木さんの現在の年齢からすると桶狭間の戦いをクライマックスにするくらいの信長くんが一番しっくりくるのかな。
 私が玉木さんを初めて名前と顔が一致するようになったのは「のだめカンタービレ」の千秋真一の前、昨年の大河ドラマ「功名が辻」の山内康豊さま役でした。康豊さまより信長くんの方がずっとキャラクターにあっているのではないでしょうか。千秋先輩は「オレさま」キャラですけど、信長くんもそれに輪をかけた「King of オレさま」ですから。(笑)

 羽柴(豊臣)秀吉の竹中直人さん、久しぶりの竹中さんの秀吉です。懐かしいです。私の中で秀吉=竹中さんなので嬉しいキャストです。もっと出番が欲しかったです。でもそうすると話しの収拾がつかなくなってしまいますか。

 徳川家康の椎名桔平さんは私のイメージからすると少々細身ですな。逆に明智光秀は私的にはもっと細くて鋭角なタイプなんですよね。なので、このキャストは私のイメージでは逆です。中村梅雀さんは絶対狸親父の家康ですよ~。

 しかし、この信長、秀吉、家康、光秀の年齢関係が史実とかけ離れているような気がするのは気のせい?(笑)

 釈由美子さんは時代劇初出演にしては驚くほど随分としっとりと戦国の女性を演じられていました。

 えっと、主役の市川染五郎さんは、市川染五郎さんでした。明智左馬助がどういう方なのか残念ながら存じませんのでイメージは全く持っていないので、きっとこういう方なのだなぁ~と素直に受け入れました。

 通常は夜討ちの本能寺の変が日が差している時間の乱闘に違和感を覚えもしましたが、信長くんが本能寺で切腹して果てず、抜け道を通って逃れようとして果たせず、地下で自害し、異母兄に発見されて葬られるとは初めての解釈を見ました。

 これだと光秀はまんまと乗せられてしまった人ですね。裏で糸を引いていた人は家康でいいのかな。秀吉、前久、家康の3者の思惑が合致した結果のような気もしますが…。

« 世界の車窓から 20周年記念SP | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第1回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の車窓から 20周年記念SP | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第1回 »