2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第3回 | トップページ | 鳴かぬ蛍が身を焦がす »

2007年12月20日 (木)

関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第4回

 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第4回 フフホト~カシュガル 12月20日(木) BShi 20時~21時50分

 今日は何とか番組が始まった直後にテレビを見られる態勢になりました。ぎりぎりセーフ☆強い意思でがんばれば何とかなるものです。(^^;)

 ウイグル族の赤ちゃんは黒目がちで男の子なのに可愛い顔立ち。プリティ。

 そして列車の中での歌合戦の締めの関口さんの「与作」は番組にかかせませんね♪ギター弾きながらこぶしまわすのってほのぼの微笑ましいな。

 張掖のラクダ城跡、夕陽に映えたその姿がもの悲しい。俯瞰から全体の形を見て見たいと思える場所。

 そして嘉峪関で望んだ万里の長城の西の端。万里の長城を横切る鉄道。そうして鉄道は人と物を運ぶ。

 敦煌の砂漠でラクダに乗って夕陽を背負ってる関口さんを見るとそのままシルクロードをラクダに乗って旅しても自然な雰囲気に見えるから不思議。この中国鉄道大紀行の春の旅や秋の旅の総集編がNHKで放送されるので今でも関口さんが旅してるような錯覚に陥ってしまいます。でも実際の関口さんはもう日本に戻ってるのですよね~。

 袋を3つ持ってたってことは何気に関口さん、ラクダと砂漠の木彫りを3枚も買ったのかな。

 羊さんに引かれて行く関口さんは、犬に引かれて行く我が身とダブって見えます。「どこ行くんだよ~」ホントその気持ち分かります。はい。

 秋の旅、カシュガルでゴール。様々な出会いと別れと人々とのふれあいをありがとうございました。

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第3回 | トップページ | 鳴かぬ蛍が身を焦がす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅・決定版 第3回 | トップページ | 鳴かぬ蛍が身を焦がす »