2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« フランス秋色散歩6 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 日めくり版 10月17日ハルビン~図們 »

2007年10月24日 (水)

愛するあまり

 テレビ東京 水曜ミステリー9「信濃のコロンボ 事件ファイル⑮ 愛するあまり」 見始めてすぐ「これ原作読んだことあるよね…」と思いました。信濃のコロンボシリーズではないので竹村警部(中村梅雀さん)登場用にアレンジしたようです。

 中山エミリさんが長髪をおろしているのが気になってしかたなかったです。結ってたほうが似合ってると思います。

 岡部警部(松村雄基さん)も髪伸びましたね。オールバックですか。活躍の場が少なくて残念でした。次の作品では大活躍してください。

 大鶴義丹さん、怪しすぎです~。う、いかにも犯人な登場の仕方。(笑) いや、でも、こういういかにも犯人に見える人が実は犯人ではないほうがいろいろバリエーションがあってよいですね。原作読んでるのでいかにも犯人役って感じには惑わされなかったです。
 伏線が見え見えだったから、原作読んでない方でも、かなり早い段階でピンときた方も多いでしょう。

 でも、ラストシーンは原作では義兄のもとを訪れて姉が生きていることに気づいた妹が姉夫婦にも会わずに、警察に義兄と一緒にいるのは姉ではないと言って去っていくシーンで終わったように記憶しています。多分…。あいまいな記憶なのであまり当てにはなりません。
 テレビでは姉との断絶を宣言してるので大分というか正反対に違いますね。原作はすごく物語りに余韻があったように感じました。

 さすがに2時間ドラマではトリックは解明され犯人は逮捕されないといけませんものね。しっかり竹村警部が謎解きをしてくださいました。謎解きの場所が、断崖絶壁ではなくて、牛さんがたくさんのんびり牧草を食んでいる牧場の中だったのがある意味新鮮でした。ってホント?(笑)

« フランス秋色散歩6 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 日めくり版 10月17日ハルビン~図們 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス秋色散歩6 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 日めくり版 10月17日ハルビン~図們 »