2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 情けは人のためならず | トップページ | 祝☆初相互リンク! »

2007年10月28日 (日)

関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「ジャラントン」

 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「ジャラントン」 10月21日(日) 12時~13時 BS-hi 

 わお!雪原の中からの生中継ですか。2週間くらい前は万里の長城の東端にモーターボートで行ったのから、すごい時間が経ったような景色の変化です。それだけ中国は広いのですね。

 地元の少数民族の方が雪原の上で牛のスープを作ってくださったのを関口さんが飲んで通訳の女性に勧めてたのが、あれ、どうして?通訳の女性は中に入った羊の肉が苦手なようです。どうも中国の方は何でも食べられるイメージがあったので驚きがありました。

 あとはエベンキ族の方とのふれあいでしょうか。トナカイが人懐っこくて可愛い♪プリティ☆みんな角が切ってある~と見てたら、字幕でトナカイの角は売ってるとありました。トナカイhエベンキ族にとって神聖な動物で角を売ってもお肉は食べないのですか。ほ~。
 口タバコを勧められて一口口に含んだ関口さんの顔は!ナマハゲもかくやの形相で、イヤ~、そんなに辛い?ものすごい口当たりなのですか。関口さんは表情が豊かな方ですね。
 翌日、エベンキ族の野外博物館のようなところを見学して、案内の女性に「温まって行きませんか。」と誘われて喜び勇んで一緒に行こうとしたら、「列車の時間です。」とスタッフさんに言われての残念がりようは心底時間が欲しかったのが伝わってきました。温まりたかったのか案内の女性を口説きたかったのか本心は定かではありませんが…。

« 情けは人のためならず | トップページ | 祝☆初相互リンク! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情けは人のためならず | トップページ | 祝☆初相互リンク! »