2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「糸車の聖母」発見 | トップページ | 蛙の子は蛙 »

2007年10月 5日 (金)

代理妻殺人事件

 “2時間ドラマの女王さま”片平なぎささん主演の金曜プレステージ赤い霊柩車第22作「代理妻殺人事件」が今日放送されました。久しぶりの赤い霊柩車シリーズだな~っと調べてみたら、前作は、2006年10月6日放送の「灰色の容疑者」ですから、ちょうど1年ぶりですか。

 や~、このシリーズ、ヒロイン明子と明子の婚約者の春彦さん(神田正輝さん)のコンビがいい味出しているのはもちろんのこと、明子が社長を勤める石原葬儀社の社員である秋山さん(大村崑さん)と良恵さん(山村紅葉さん/2時間ドラマの裏の女王さま?)のナイスつっこみ&ボケのコンビが大好きで、いつもこのお2人の漫才には大笑いさせていただいています。1級葬祭ディレクター(この資格本当にあるのでしょうか?)の秋山さんには、いつまでも元気で良恵さんと丁々発止のやりとりを続けて欲しいです。って、逆にだからボケないのかな?

 ブルドッグのはなこさん~、ご懐妊おめでとうございますぅ。(笑)

  明子さんが“おねえちゃん”って……それはちょっと、それはちょっと無理が……。(ボソッ)

 今回は番組開始1時間過ぎても犯人が判らない。おっとぉ。

 やはり最も怪しげで医学的知識のあるあの方が犯人でしたか。でも、父親だと名乗ったら、よういちくんが岡田家の子供であることが否定されて相続権もなくなるのだから、動機の整合性があわないような……。つじつまが……。

 そう言いながら楽しんで見ていたのでした。(笑)

« 「糸車の聖母」発見 | トップページ | 蛙の子は蛙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「糸車の聖母」発見 | トップページ | 蛙の子は蛙 »