2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 獅子身中の虫 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「瀋陽」 »

2007年10月14日 (日)

フランス秋色散歩8

 10月13日(土) 23時~23時44分 BS-hiの『生中継 フランス秋色散歩 ブルゴーニュ 小さな村の豊かな実り シャスラ村 「盛況!クリ祭り」』

 今日のテーマはクリ。クリ祭の会場から生中継で発酵途中の今年醸造したワインを飲んだりしている。岸惠子さん曰く「ニゴリ酒」焼き栗とあうらしい。他にクリのリキュールもある。
 この村では村おこしがクリ祭。

 シャスラ、ブルゴーニュの南の端。ブドウ畑に囲まれた農村。石で作られた家が立ち並ぶ村。素敵だ。自家製ワインを作る家庭も多いとかで1階はワインカーブとして使用されている家もあるらしい。

 シャスラ城ではワインを作っており、城内でワインの試飲ができるようで観光客の人影も見えた。いいなぁ、ここで試飲してみたい。シャスラ城は一部を観光客用の宿屋にしているとも言っていた。
 シャスラ城では樹齢45年、70年、75年とそれぞれ樹齢別のブドウの木で作った3種類のワインを作ってるんだ。へ~面白い。味も違うらしい。45年はフルーティ。75年が最も甘みがしっかりしているらしい。
 城内のワインカーブで9月に収穫したブドウで発酵途中の白ワインの試飲。岸さんは「ジューシィで白ワインよりこっちが好き」だそうだ。口当たりがいいのかな?今年は天候に恵まれたので味が期待できるらしい。

 タイトルはクリ祭で番組冒頭がクリ祭で始まったけど、そのあとはずっとワインがメインだった。紅葉するブドウ畑の眺めがよく村の風景としてマッチしてるからいいんだけど、もう少しクリ祭でどういう催しものがあるのか具体的に紹介してほしかったかな。(笑)

« 獅子身中の虫 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「瀋陽」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 獅子身中の虫 | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「瀋陽」 »