2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 「春の旅 決定版 第4回 吉安~西安」 | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »

2007年9月30日 (日)

関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「承徳」

 日曜日の昼食はまったりBS-hiの「関口知宏の中国鉄道大紀行」秋編の承徳からのライブ放送を交えた番組です。

 原平~大同への列車の車窓からは石炭を運ぶトラックが数珠つなぎになっているのが見える。「貨車は?貨車を使っても足りないの?」列車からすれちがった石炭用の貨車は100両編成だった。貨車を使っても全然足りないのでトラック輸送してるのですね。

 大同近く、世界遺産の雲崗石窟へ。岩を掘りぬいて作られた石仏・石窟群。彩色してあり、更に細密・精緻な彫刻もあって「すごい!」の一言。
 ただ、この石窟群は近くにある炭鉱とそこから輸送される石炭の影響で、うっすらと黒くなっている。政争・戦争・紛争を通りぬけ、それらの破壊を免れてなお経済活動によって姿を変えてゆく石窟群に関口さんは諸行無常を感じていた。

 大同付近で採掘された石炭の一部は日本に輸出され、発電に利用されているということで、石炭の恩恵を享受しているので、何とも言うことができません。

 列車内で童謡の「うさぎ」を歌う関口さん。「うさぎ」をこぶしをまわして歌ってどうする。(笑) 列車内で出合った女性たちに中国語に翻訳してもらうとふしがピッタリ。そういうこともあるんですね。

 160万円也の骨董(?)の冑よく似合ってる。

 列車の中で手相観相。へ~、関口さん90歳まで生きられる手相なんですか。ストレスがなかったら大丈夫かな。

 午前4時、新立屯駅、関口さん、目がほとんど開いていません。錦州から三十家は1日1便8時間のローカル線乗車。1日1便てそれで用をなすの?信号場で停車。駅ではないのに人が乗り降りしてる。駅以外での乗降もありなんですね。

 とうもろこしスープにお砂糖入れるの?しかもあんなに大量に。甘そ~う。犬、猫、鶏がいていいですね。犬は繋がれてるけど、猫と鶏は放し飼い。猫は当たり前ですか。猫は関口さんの膝の上でのんびりくつろいでいる。仕込んでないの?仕込み辛いとは思うけど。

 来週の生放送はないそうです。何故なのでしょうか。ああ、なるほど国慶節だからですか。

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 「春の旅 決定版 第4回 吉安~西安」 | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 「春の旅 決定版 第4回 吉安~西安」 | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »