2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 芸術の秋(予定) | トップページ | 芸術の秋(予定)・その2 »

2007年8月25日 (土)

ドラマの中の

 

宮廷女官チャングムの誓い~完全版~ を見ていたら、今回はチャングムの住む済州島が倭寇に襲われる回でした。その倭寇が妙。倭寇というからには日本人の海賊を連想してしまうのに、どうやっても日本人には見えないのです。服装とか髪型とかは個人的なイメージ的には中国人の方が近いような気がしてなりません。刀も日本刀とは違う感じがしましたし。

 

 それで、一番笑えたのが、倭寇さんたちのセリフ。一応、倭寇さんのお仲間同士だと日本語を使ってるように見せてるのですが、その日本語のセリフが非常に怪しい。このチャングム完全版は吹き替えではなく字幕を使ってるのですが、倭寇さんたちの日本語のセリフが、字幕を見ないと何を言ってるか聞き取れないことが数回あったのですよ。そう、日本語のセリフに日本語の字幕が付いている。これも変。そして笑えるのが、ときたまセリフの日本語と字幕が微妙に違っていること。別に長ゼリフだから字幕で短く省略してるわけじゃないのに単語が違ってたりするんですね。

 

 韓国の方々が作る時代劇の日本人のイメージはああなのかなぁ~と思いながら見てました。そうすると日本の時代劇で中国や朝鮮半島の方々が登場すると、中国や朝鮮半島出身の方々も、ちょっと変だぞ光線を出しながらテレビを見ているのでしょうか。

 

 ドラマの内容とは全く違うことでいろいろ考えた回でした。

« 芸術の秋(予定) | トップページ | 芸術の秋(予定)・その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術の秋(予定) | トップページ | 芸術の秋(予定)・その2 »