2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2020年9月29日 (火)

一気に秋

 
 諺の「暑さ寒さも彼岸まで」のとおり、4連休のころから一気に秋風が吹き始め、涼しくなりました。
 
 あまりにきっぱりと涼しくなったせいか、少しノドが痛いかも…。完全な風邪の初期症状で、風邪薬を一服服用したら、風邪の諸症状がピタッと治まりました。風邪薬偉大。ノドが気になる~とノドのせいにして、蜂蜜&ホットレモン入りの激アマな紅茶を毎日飲んでいます。これを飲むとノドの調子がいいのです~(爆) でも、太るだろうなぁ(^_^;)
 
 
 チバテレビで放送中の「スベクヒャン」はクチョンアボジが亡くなって、佳境に入っているようです。毎日がクライマックスで、毎日がツライ展開。
 

2020年9月27日 (日)

彼女の私生活

 
 「彼女の私生活」全16話完走しました。
 
 盛大にネタバレしている感想です。未見の方はご注意ください。特に、未視聴でネタバレしたくない方は回避してください。
 
 
--------------------
 
 
 チェウム美術館の学芸員ソン・ドクミは、アイドルグループ ゛ホワイト・オーシャン”のメンバーのチャ・シアンの熱烈ファンで、熱心にファン活動をしている。これを世間一般の言葉で一言で表すなら、オタク。
 ドクミのオタ活を知っているのは、長年のオタ友のイ・ソンジュ(カフェ・オーナー)と、ドクミの両親を父さん・母さんと呼び家族同様に育ったナム・ウンギのみ。
 ドクミは幼いころから、ウンギとあと2人の男の子と遊ぶ夢を見ていた。
 
 ニューヨークでアーティストとして活動していたライアン・ゴールドは、イ・ソル作家のシャボン玉が描かれた絵を見てから絵が描けなくなり引退。チェウム美術館のオム前館長に乞われてチェウム美術館の館長としてソウルに。
 ライアンは養子として渡米しており、施設の前に女性に置き去りにされる前の記憶を失っていた。覚えているのは、シャボン玉が描かれた絵を描いている女性の後ろ姿。
 
 シアンは、イ・ソル作家のシャボン玉の絵を複数所有し、全て集めてある人に見せたいと思っていた。
 
 チェウム美術館の開館5周年記念展で、シアンの所蔵するイ・ソル作家の絵を展示したいライアンとドクミはシアンを自宅に訪ねる。
 シアンの自宅で妄想爆裂させたドクミはシャワーの水を誤って被り濡れネズミとなる。ライアンは自分が着ていたジャケットをドクミに貸すが、それはシアンも持っている彼の国に1枚しかないジャケットだったため、ドクミがシアンの彼女だとファンに誤解される。ファンからの嫌がらせに直面するドクミ。それを回避するためにドクミとライアンは偽装恋人となる。
 
 偽装恋人、偽装恋愛はいつしか本当の恋となり…。
 
 
 私がこの作品を見る前に知っていたのは、ヒロインがアイドルオタクだということだけ。
 
 第1話はオタ活全開。ドクミ素敵!最高!!入り待ちして写真を激写。空港にお出迎えして激写。そして自分のホームページにアップ。絵に描いたようなオタク生活。
 
 それが実物のシアンに会い、ライアンと偽装恋愛するようになるとオタ活がほとんど描かれなくなり、普通の恋愛ドラマに…。
 
 自宅で好きな俳優さんのドラマを見たり、録画した作品をディスクに落としたりして、ひっそりと静かに応援している私と違い、ドクミはアクティブ♪ なので、ドクミのオタ活を見るのが楽しくて仕方がないのに、オタ活描写が少なくなっていくのが寂しくて、中盤からは「もっとオタ活しようよ~」と語りかけてしまいました。
 
 中盤でドクミとライアンは、お互いの気持ちを確かめ合ってラブラブの恋人同士に。あと、ラストまではライアンの出自を解いていくのかなぁと思ったら、そのとおりでした。
 
 そのライアンの出自も、前半のドクミの夢とライアンの回想シーンを結び合わせて考えると、ドクミが一緒に遊んでいるのはウンギともう1人はライアン(同じ子役だと気づきました)と、あともう1人が誰なのか?
 あちらのドラマあるあるで、イ・ソル作家がライアンの実母で、シアンがシャボン玉の連作を全部集めて見せたいのもこのイ・ソル作家だと推測。当然、シアンはイ・ソル作家の子供。ライアンとシアンがイ・ソル作家の実子かどうかは不明ながら、ドクミがライアンに初めて会ったときにシアンに似ていると言って見入るシーンがあったので、異父兄弟か?と、ここまではすぐに想像しました。
 
 でも、これだけでは、あまりにストレートで何の捻りもなさすぎ。3回転半とは言わないけれど、1回転くらいの捻りを入れてほしいなぁと思っていたら…。1回転、捻りが入りました。
 
 シアンの母登場。シアン母がイ・ソル作家でした。シアンに紹介されてライアンとドクミもイ・ソル作家に会いました。
 ライアンが施設の前で女性に置き去りにされる回想シーンが再度登場。「私は、母親じゃない」の声。ここで、イ・ソル作家の声とこの「私は、母親じゃない」と言っている声が違うと感じました。イ・ソル作家の声というよりは、どちらかというとドクミの母の声…。
 ドクミの夢に登場していて誰だか分からない子…ここまでに登場していない子がどうしたのかどうしているのかがキーポイントでした。
 
 ドクミのオタ活の物語なのだから…勝手にそう思い込んでいただけでしょう>自分…、もっともっとドクミにオタ活して欲しかったです。普通に恋愛ドラマになって、終盤は、出自の秘密を解き明かすあるあるのドラマになって、ちょっと違う方向に行ってしまったようで…オタ活の物語と思い込んでいたからでしょう>自分…寂しかったです。
 
 恋愛もオタ活と結論付けていたけれど、私としては世間一般的なところのオタ活シーンをたくさん見たかったです。オタ活のシーンがあると燃えますから~(爆)
 

2020年9月25日 (金)

愛読書チェック 2020年11月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2020年10月の番組表をチェックしました。

 
 10月スタート!は何と言ってもこれ!!
 
 熱血司祭  2020年10月19日(月)~  LaLa TV  月~金 20時~
 
 リーズナブルなチャンネルで放送されるのを首を長~くして待っていた作品です。ウワサによると男女主人公のクレッキレな演技と、ぶっ飛び方が半端ないそうで、ワクワクしています(*^^*)
 
 
 帝王の娘スベクヒャン 2020年10月9日(金) チャンネル銀河 月~金 21時30分~ 2話連続放送
 病院船 2020年10月16日(金)~ テレ朝チャンネル1 毎週金曜日 14時10分~ 2話連続放送
 
 ということで、さりげなく再放送があります。
 

2020年9月23日 (水)

海上通過

 
 台風12号は、千葉県沖の海上を通過するとの進路予報が出て、取り敢えず関東直撃が回避されるようで少しホッとしています。
 
 台風に温かく湿った空気が流れ込み、秋雨前線を刺激するそうで、大雨になるようですが、当初のもの凄い土砂降りにはならないようで、これもそうなってくれたらいいのですが。
 

2020年9月22日 (火)

秋晴れ

 
 4連休最終日の今日は、午前中は気持ちの良い秋晴れとなりました。
 
 久しぶりに心地よく涼しい風の中を散歩できて、リフレッシュできました♪
 
 台風が関東に向かって進路をとっているのが心配です。台風が上陸せずに逸れてくれることを祈るのみです。
 

2020年9月21日 (月)

ドクター探偵

 
 「ドクター探偵」(原題)全16話完走しました。
 
 ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 UDC(未確認疾患センター)のセンター員たちが、大企業が隠蔽している問題を医学的観点から捜査し、白日の下にさらしていく物語。
 
 研究チーム(?)のチーム長ト・ジョンウンが主人公ながら、同じチームの研究員のホ・ミンギがジョンウン以上に熱くなって事件の捜査に走りまわったり、ミンギの冗談とも本気ともつかぬ雑談からジョンウンが真相にたどり着く閃きを得たりすることも。
 
 ジョンウンの元夫チェ・テヨンは、この物語の敵方の財閥TLグループの会長の長男で社長(後半で副会長に就任)。何考えているのか、この人が言っていることを額面どおりに受け取っていいのか、考えながら視聴しました。
 
 テヨンの父でTLグループの会長は、「自分は法の上にいる」と豪語する典型的な傲慢ワンマン財閥会長。
 
 テヨンの妹チェ・ミンは病理学を専攻する医者で、前半は離婚して娘との面会権のないジョンウンに娘と会わせたりといい人キャラだったが、後半では父である会長とTLグループを守ろうとして本性がむき出しになりました。
 
 実際に起こった労働災害や製品問題をベースにした作品。その分、重くやりきれない展開も多かったです。
 
 TLグループ内の権力争い主導権争いも描かれているけれど、それは必要?それなら労災だったり、製品問題に比重を置いたり、もっと様々な事件を描いたりしても…。
 
 ジョンウンとテヨンは元夫婦の設定ながら、2人が一緒にいるシーンでもどうもしっくりこない。ジョンウンのほうがかなり年上に見えてしまい、検索したら3つ違い(ジョンウンが年上)で逆に3つしか違わないのかと驚いたりして。
 
 製品の問題点の公表回収よりもTLグループを守るチェ・ミンに、元指導教授が「真実を追求する病理学を学んだのに残念だ」と言うシーンは、教授に医者の信念と良心を感じられて救われた気持ちになりました。
 
 汚れ仕事の解決専門のTLオシェムの本部長を演じていた俳優さんは、あちこちで強面の役を演じられている方でした。
 会長の秘書室長さんもあちこちで長いものに巻かれている感じの刑事役を演じられているイメージがある方で、この方が後半になったら活躍するのでは?と思っていたら、本当に会長の側に控えているだけで終わってしまいました。この役をなぜこの俳優さんにしたのか謎(?_?)
 
 ホンギのキャラが印象に強く残った作品でした。
 

2020年9月19日 (土)

リンゴジャム

 
 ここ1か月ほど、ずっと念願だったリンゴジャムを本日作成しました♪
 
 いつものお店の産直コーナーにリンゴが出ていたので、喜び勇んで1袋4個入りのリンゴを3袋購入。午後、リンゴジャム作りに邁進しました(^^)v
 12個を作ると、思っていた以上にリンゴジャムが出来上がりました。これで、明日からは心置きなくリンゴジャムが食べられます~💛
 
 500mlのビンに5個出来上がり。これは1年分としては、少々少なめ。あと1回、もう2ビンくらい作る必要があるかなぁ。
 

2020年9月17日 (木)

9月から10月にかけ

 

0917_01

 
Kstyleさん : チャン・ヒョク主演、アクション映画「剣客」公開日を変更…新型コロナウイルス感染拡大の影響
 
 

0917_02

 
Kstyleさん : ソン・ドンイル&ハ・ジウォン&キム・ヒウォン主演、映画「担保」韓国で9月29日に公開
 
 

0917_03

 
エンタメコリアさん : ヒューストン国際映画祭で主演賞に輝いたアン・ソンギの『紙の花』、10月公開


 
 
 
 
 
 「剣客」が9月23日、「担保」が9月29日、「紙の花」が10月に、あちらで封切りされるそうです。
 
 それぞれの作品にヒョンジェさんと共演された方がご出演されています。
 たまたまなのでしょうが、ヒョンジェさんと共演された方々の出演された映画がこの時期に3つも封切り。偶然とはいえ重なることがあるのですね。
 
 こちらで、これらの作品が公開、DVD発売やレンタル、テレビ放送などで、拝見できる日がくるのでしょうか。
 

2020年9月15日 (火)

秋めく

 
 ようやくここ何日か涼しくなってきました。
 
 半月遅れで秋らしい日になり、ホッと一息ついています。 
 涼しくて、過ごし易くて、快適♪
 
 秋の日を楽しみます。
 

2020年9月14日 (月)

栗ジャム

 
 昨日、秋の味覚の栗を2kg購入して、栗ジャムを作りました。
 ジャム作成の第1候補だったリンゴは、購入したい銘柄のリンゴがなかったため、第2候補の栗になりました。
 
 栗2kgをゆでて鬼皮と渋皮をむく、この作業が栗ジャム作りで最も時間がかかり、力も必要な工程です。もう少し簡単に栗の皮がむける方法があるといいのになぁ。
 
 皮をむき終えた=ジャムになる栗の実は、1.27kg。皮の重量が多いです( ノД`)シクシク…
 
 久々の栗ジャム完成。
 
 週一ペースで食べれば、これで1年もつかなぁ。
 

«ホテルデルーナ