2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ドイツ旅行記

2015年8月30日 (日)

ドイツ旅行記 6日目、7日目~ローテンブルク、デュッセルドルフ、成田~

 

 2014年12月のドイツ旅行記に、6日目、7日目のローテンブルクからデュッセルドルフへの移動、デュッセルドルフ、デュッセルドルフから成田への帰国の模様をアップしました。




Day06_02




 ローテンブルクからデュッセルドルフへは、2回目の休憩場所での各自での昼食を挟んでのバスで約6時間の大移動でした。
 5日目をローテンブルク泊にしないで、もう少しデュッセルドルフに近い街まで移動して、6日目のバス移動の時間を少し減らし、午前中に例え30分でもいいからクリスマスマーケットをぶらぶらできる行程を考えて欲しかったなぁ~とバスに乗りながら思っていたりしました。

 デュッセルドルフは旧市街の複数個所でクリスマスマーケットが開催されていて、そのうち広場の3か所といくつかの通りを1時間45分のフリー見学で歩いて、食べて、お店をのぞいて楽しみました。複数個所が、徒歩圏内に点在してそれをつなぐストリートにも屋台が出ていたりして、こじんまりと見学しやすくなっていました。ソーセージを食べたり、キンダープンシュを飲んだりしたかったので、さすがに、広場3か所が歩き回る限界でしたけれど(笑)。

 現地の日本人女性アテンダントさんによると、デュッセルドルフのクリスマスマーケットを見学するツアーは初めてでは?くらいに珍しいそうです。楽しいクリスマスマーケットなのに不思議不思議。日本との直行便の多いフランクフルトやミュンヘンから離れていて、デュッセルドルフと日本を結ぶ直行便は、今回、私たちが利用した日系の会社1社に限られてしまうからでしょうか。

 デュッセルドルフ空港から成田へは日系航空機会社の直行便で帰国。便利です。
 機内食も日系の飛行機ということもあってか、ドイツ積み込みの機内食でも、普通に食べられました。帰国便では、ほとんど機内食に手を付けられない私としてはこれは画期的なことです。

 そんな2014年12月のドイツの6日目、7日目のローテンブルクからデュッセルドルフへの移動、デュッセルドルフ、デュッセルドルフから成田への帰国の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

 2014年12月のドイツ旅行記は、これで完結です。ここまで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2015年8月22日 (土)

ドイツ旅行記 ~デュッセルドルフのクリスマスマーケット~

 
 

 2014年12月のドイツ旅行記に、6日目のデュッセルドルフのクリスマスマーケットを散策した模様をアップしました。




Day06_19





 このデュッセルドルフのクリスマスマーケットが2014年12月のクリスマスマーケットの最後のクリスマスマーケット散策です。

 デュッセルドルフの市内では、あちこちの広場や通りでクリスマスマーケットが開催されていて、それを持ち時間1時間45分で、何か所か見て回り、昼食替わりのソーセージを食べ、キンダープンシュを飲み、他の人が飲んでいておいしそうだったホットココアも飲み、クリスマスマーケット巡りを満喫しました。

 広場広場に特色もあり、それも面白かったです。

 人気のあるところ、そうでもないところの明暗の差もくっきりでした。

 デュッセルドルフは、日本からの企業戦士が多いところのイメージでしたけれど、今回、クリスマスマーケット巡りをして、経済都市だけではない面も垣間見えて印象が変わりました。

 そんな2014年ドイツ旅行の最後を飾るデュッセルドルフのクリスマスマーケットの写真を交えた散策の模様は、こちらからご覧ください。

 

2015年7月26日 (日)

ドイツ旅行記 5日目~ニュルンベルク、ローテンブルク~

 

 2014年12月のドイツ旅行記に、5日目のニュルンベルクとローテンブルクの模様をアップしました。




Day05_49




 5日目は、ニュルンベルク郊外の宿泊ホテルからニュルンベルク旧市街へバスで移動し、日本人現地ガイドさん(女性)と合流して、カイザーブルクから、聖セルバドゥス教会、美しの泉、マルクト広場、聖ローレンツ教会と、旧市街を徒歩で観光しました。時間は約1時間30分。いずれも外観のみで入場観光はなし。カイザーブルクも城の庭からお城を眺めるだけで、城内の部屋には入りませんでした。

 このカイザーブルクから聖ローレンツ教会までの間に、通り沿いにある観光名所の案内とともに、というか、その合間に、ニュルンベルクの名物、ガイドさんお勧めのハッシュドポテトのアップルソース掛けの美味しい屋台、などなど、クリスマスマーケット巡りとニュルンベルクで昼食を摂るのに必要な(ツアーの行程では、この日の昼食は含まれていなくて、各自でフリーに昼食を摂ります)現地情報を教えていただきました。私的には、こちらのガイドさんお勧めの美味しいモノ情報が一番役に立ったかも(笑)。

 今回のツアーはクリスマスマーケット巡りのツアーなので、現地ガイドさん付の市内観光は、このニュルンベルクだけでした。

 ニュルンベルクの市内観光とクリスマスマーケットのフリー見学後、ローテンブルクへ移動し、ローテンブルクの城壁内(城壁のすぐ近く)のホテルにチャックイン。
 それから、添乗員さんがツアーメンバー全員を率いてローテンブルクのクリスマスマーケットのメイン会場である市庁舎前まで、散策をしながらホテルと市庁舎間の道を覚えるように道案内してくれました。この日は、ツアーの行程で夕食が含まれていなくて、この後、旧市街で解散したら、クリスマスマーケットの見学、夕食、ホテルへ戻るの、全てが各自の自由になっていました。ですから、ホテルから市庁舎の間の道を覚えておくのは超重要事項です。

 ローテンブルクでは、市庁舎の塔に上り、クリスマスマーケットでソーセージを食べ、キンダープンシュを飲み、大満足で一旦ホテルに戻って休憩。

 20時から市庁舎前に集合出発する現地の夜警ツアー(英語ガイド)に参加しました。夜警ツアーのガイドさんは中世の夜警さんのコスチュームを纏っていて趣満点。夜警さんになりきって、街の見どころを案内してくれて、とても楽しかったです。今回のドイツ旅行では、フュッセンの宿泊ホテル主催のナイトツアーの次に面白かった観光がこの夜警ツアーでした。あれ?ツアーの観光の立場は…(^_^;)

 夜警ツアーが終わり、21時の仕掛け時計を見てホテルに戻ろうとしたら、2人組の日本人女性に声をかけられました。お名前は存じ上げないのですがツアーメンバーさんのうちのお2人でした。ホテルに戻ろうとして道が分からずに市庁舎前まで戻っていたそうです。一緒にホテルに戻りましたが、途中のマルクス塔を城壁と勘違いしていて、ホテルまで戻れなかったようです。

 そんなニュルンベルクとローテンブルクを歩き回った写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

2015年7月19日 (日)

ドイツ旅行記 ~ローテンブルクのクリスマスマーケット~

 
 

 2014年12月のドイツ旅行記に、5日目のローテンブルクのクリスマスマーケットを散策した模様を更新しました。




Day05_38




 ローテンブルクのクリスマスマーケットの散策は、市庁舎の塔からマルクト広場で開催されているクリスマスマーケットを見ることからスタート。
 市庁舎の塔の上は大人が10人くらいで満員状態になるくらい狭かったので、あまり長居はできませんでした。

 ローテンブルクのクリスマスマーケットは市庁舎前のマルクト広場を中心に、コンパクトにまとまっているので、比較的短時間で、くるっと一回りできて、ソーセージ屋さんや、グリューワイン屋さんを物色して決めやすいのが、利点でしょうか。

 名物のローテンブルクソーセージが50cmと長くて、ちょっと塩味で、パンも焼いてあって香ばしくておいしかったです。この日のツアーの行程に夕食が含まれていないので、このローテンブルクソーセージとキンダープンシュで夕食にしました。

 城壁内にホテルがあって、16時からフリーでクリスマスマーケット散策ができたので、好きなように歩き回って、食べて、飲んで、好きな時にホテルに戻れたので、とっても楽でした。

 そんなローテンブルクのクリスマスマーケットの写真を交えての散策の様子は、こちらからご覧ください。

 
 

2015年7月12日 (日)

ドイツ旅行記 ~ニュルンベルクのクリスマスマーケット~

 
 

 クリスマスマーケットに、ドイツ旅行の5日目のニュルンベルクのクリスマスマーケットを散策した模様をアップしました。

 
 
 
 

Day05_18

 
 
 
 

 ニュルンベルク郊外のホテルに1泊し、日本人女性ガイドさんに率いられてのニュルンベルク市内観光終了後、10時55分から13時まで2時間5分のニュルンベルクのクリスマスマーケットのフリー散策になりました。
 12時を挟んでのクリスマスマーケットでのフリータイムは、ツアーの行程に昼食は含まれていないので、昼食はこの時間の間に好きな場所で好きなものをどうぞ~という時間でもあります。

 2008年にかなりしっかりとニュルンベルクのクリスマスマーケットの見学をしたので、今回は、そのときにできなかったデューラーの家の見学をしてから、クリスマスマーケットをぶらぶら散策しました。

 ガイドさんお勧めのハッシュドポテトのアップルソース添えを食べ、ニュルンベルクソーセージを食べ、食後の飲み物のキンダープンシュで〆ての、食べて、食べて、飲んでの散策でした。ハッシュドポテトのアップルソース添えは日本人にはあまり思いつかない発想で、でもこれはこれでありかもな摩訶不思議な味でした。おやつにいいかもな感じかな。

 ニュルンベルクソーセージは普通においしく、昼食としては、これで大満足なボリュームでした。

 そんなニュルンベルクのクリスマスマーケットの写真を交えた散策の模様は、こちらからご覧ください。

 
 

2015年7月 5日 (日)

ドイツ旅行記 4日目~フュッセン、ノイシュバンシュタイン城、ミュンヘン、ニュルンベルク~

 
 

 ドイツ旅行記に、4日目のフュッセン、ノイシュバンシュタイン城、ミュンヘン、ニュルンベルクを追加しました。

 

Day04_20

 

 朝食後に、ホテルとフュッセン旧市街を往復30分少々のフリー散策。旧市街まで歩いて往復できる距離にあるホテルはいいなぁ。

 4日目は、ノイシュバンシュタイン城見学、ノイシュバンシュタイン城が見えるレストランでの昼食、ミュンヘンのクリスマスマーケット見学、そして見学後、ニュルンベルクまでバスで移動して、ニュルンベルクで宿泊の行程です。
 ↑のノイシュバンシュタイン城の写真は、昼食中の食事と食事のサービスの合間にレストランのお庭に出て撮影したものです。(もちろん、望遠)

 ミュンヘンのクリスマスマーケットは2008年のドイツ旅行のときに見学しているので、今回は、市庁舎の塔に上って、塔の上からマリエン広場で開催されているクリスマスマーケットを眺めたりしました。市庁舎の塔には、エレベーターで上れるので楽です☆塔の上から見下ろすクリスマスマーケットのイルミネーションが綺麗でした♪

 クリスマスマーケット巡りのツアーなのに、この日のメインはノイシュバンシュタイン城観光でした。クリスマスマーケット巡りのツアーなのですから、ノイシュバンシュタイン城へ不要で、他のクリスマスマーケットの訪問に時間を取ったほうがいいのではないかと私は思ってしまったのですけれど、ツアーメンバーさんの中には、「ノイシュバンシュタイン城へ行くからこのツアーを選んだ」とおっしゃる方もいるので、やはりドイツ旅行でノイシュバンシュタイン城は必要不可欠なアイテムなのかなとも思ってしまいました。

 そんなドイツのクリスマスマーケット巡りの4日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

2015年5月31日 (日)

ドイツ旅行記 ~ミュンヘンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行4日目のミュンヘンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。



Day04_24



 2014年12月のクリスマスマーケット巡りの4日目の行程は、午前中がノイシュバンシュタイン城観光でしたので、クリスマスマーケット巡りは宵闇が舞い降り始めた16時から17時までのミュンヘンのクリスマスマーケット1か所だけでした。

 ミュンヘンのクリスマスマーケットは2008年12月にも訪れていたので、そのときは昇っていない新市庁舎の塔へ昇るのを今回の第1ミッションに据えました。塔から眺めるクリスマスマーケットはイルミネーションの灯る時間でもあり、とてもロマンチックで素敵で、大満足です。

 ただ、1時間しかないのに塔に昇ったために、ミュンヘンのクリスマスマーケットでソーセージが食べられなかったのが残念かなぁ。

 そんなミュンヘンのクリスマスマーケットの写真を交えた見学の模様は、こちらからごらんください。

 

2015年5月24日 (日)

ドイツ旅行記 3日目~シュトゥットガルト、エスリンゲン、ビシンゲン、フュッセン~

 

 ドイツ旅行記に3日目のシュトゥットガルト、エスリンゲン、ビシンゲン、フュッセンを追加しました。

 
 
 
 

Day03_12

 
 
 
 

 シュトゥットガルトのホテルを出発し、午前中はクリスマスマーケットがOPENする時間までエスリンゲンの散策、OPENしてからクリスマスマーケットの自由散策、エスリンゲンで昼食と、エスリンゲンですごしました。

 その後、私的に今回のクリスマスマーケット巡りのツアーで最も楽しみにしていたホーエンツォレルン城のクリスマスマーケットに向かいましたが、ホーエンツォレルン城へ向かう道が交通事故のため封鎖され、クリスマスマーケットも中止という不測の事態発生。急遽、近郊のビシンゲンという小さな街(村?)で開催中のクリスマスマーケットに振り替えられました。ちょっと、代替観光する場所としてはどうかと思いましたが、ここが、本当にローカルで地元の人に親しまれているクリスマスマーケットで逆に観光地化されていなくて面白かったという、ある意味、逆転の発想?楽しかったです。

 ビシンゲンのクリスマスマーケットのあとは、ひたすら南下してノイシュバンシュタイン城近郊のフュッセンのホテルへ向かいました。
 フュッセンのホテルチャックイン後、ホテルが主催するノイシュバンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城、フュッセンを巡るナイトツアー40分日本語ガイド付で5EUR(約700円)に参加しました。このナイトツアーが夜景が綺麗でミニバスのドライバーさんの日本語も流暢でわかりやすく、今回のドイツ旅行で最も充実した観光で、とってもお買い得だと思いました。

 そんなドイツ旅行の3日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

 

2015年5月17日 (日)

ドイツ旅行記 ~ビシンゲンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行3日目のビシンゲンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。



Day03_35

 

 

 ツアーの本来の行程では、フォーレンツォレルン城の城内で開催されているクリスマスマーケットを訪れるはずでした。実際、エスリンゲンを後にしたバスはフォーレンツォレルン城に向かっていました。ところが、交通整理員さん(警官さん?)にまさかのバスSTOP。フォーレンツォレルン城へ向かう道は、交通事故のため封鎖され、フォーレンツォレルン城で開催されているはずのクリスマスマーケットも中止になったそうです。あうぅ!!まさかの展開~!!!
 フォーレンツォレルン城のクリスマスマーケットを今回訪れるクリスマスマーケットの中で最も楽しみにしていたのにぃ!!!

 2014年12月のドイツのクリスマスマーケット巡りの旅は、初日からまさかのシップチェンジで4時間以上の遅延の末の旅立ちで始まり、行程3日目は見学場所へ辿り着けない事態が発生してしまいました。アクシデント続きのこの旅行…weep

 フォーレンツォレルン城のクリスマスマーケットの代替に、バスを止められた近くの街(村?)のビシンゲンのクリスマスマーケットに訪れました。

 ビシンゲンのクリスマスマーケット…地元の方々が楽しむローカルなクリスマスマーケット。おそらく、ビシンゲンのクリスマスマーケットを訪れた最初で最後の日本人ツアーグループになるのではないのかなぁ…などと、思いつつ散策しました。

 散策してみると、ローカルな雰囲気といい、手作りのクリスマスグッズを売る店といい、思いがけず楽しかったりしましたhappy01 意外、意外xmas

 そんなビシンゲンのクリスマスマーケットの写真を交えた模様は、こちらをご覧ください。

 
 

2015年5月10日 (日)

ドイツ旅行記 ~エスリンゲンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行3日目のエスリンゲンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。

 

Day03_18



 某ガイドブックにも紹介されていない街エスリンゲン。シュトゥットガルトの近郊の街です。

 ツアー3日目の午前中のクリスマスマーケット巡りはエスリンゲンのクリスマスマーケットでした。

 大聖堂付近に2つのクリスマスマーケットが隣接している感じで開催されていました。

 1つは普通のクリスマスマーケット。

 もう1つは、お店の方々が中世の扮装をしているクラシカルなムード漂うクリスマスマーケット。

 どちらのクリスマスマーケットも中世の趣きがそのまま残る街並みにとても栄え、落ち着いた雰囲気のクリスマスマーケットでした。

 エスリンゲンに到着したときは、クリスマスマーケットの開場前の時間でしたので、添乗員さんに案内されて、街の散策を約45分ほどしました。そのときも、旧市街の中を歩いていて、古い街並みにとてもわくわくして楽しかったのを覚えています。

 今回、2014年12月に訪れたクリスマスマーケットでは、ザッツファイ城のクリスマスマーケットに次いで気に入ったクリスマスマーケットでした。

 そんなクリスマスマーケットの写真を交えた模様は、こちらからご覧ください。