2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

台湾旅行記

2014年4月27日 (日)

台湾旅行記 ~おまけのその他いろいろ~

 2013年11月の台湾旅行の服装、治安、宿泊ホテルetcをまとめたおまけのその他いろいろをHPにアップしました。

Day05_13_2

 台北の4日目、5日目のフリータイムでスイーツとB級グルメの爆食をして、帰国したら2kgも体重が増えていましたhappy02 自覚はありましたけど、5日間で2kg増はスゴイ。

 台北は爆食、高雄と花蓮は普通に観光にいそしんだ台湾旅行記は、こちらからご覧ください。

2014年4月26日 (土)

台湾旅行記 5日目~台北 半日フリータイム~

 2013年11月の台湾旅行の5日目の半日フリータイムの模様をHPにアップしました。

 5日目は帰国日。台北の松山空港を夕方に発って、夜に羽田空港に帰ってくる便でしたので、半日以上、台北市内をあちこち遊べました。

Day05_03

 行天宮 → 二二八和平公園 → 総統府 → 芒果皇帝でスイーツ → 永康牛肉麺で麺の昼食 → 中正紀念堂 → ホテル帰着 → 松山空港 → 松山空港内の春水堂でタピオカミルクティ^ー → 羽田空港

 4日目にB級グルメの爆食をしたので、5日目は少々控えめです。

 松山空港内にある春水堂の支店で3時のおやつにタピオカピルクティーをいただいて、夜には自宅で眠れるのですから、台湾って本当に近いのだとつくづく思いました。

 そんな台北食べ歩き&観光の写真を交えた5日目の旅行記は、こちらからご覧ください。

台湾旅行記掲示板

 台湾旅行記についての、ご感想etcがありましたら、こちら ↓ のコメントにお書きください。

 「読んだよ~♪」の一言でも、とっても嬉しいので、ぜひぜひよろしくお願いいたしますm(__)m

 スパムメール対策のため、メール・アドレスをご記入いただきましたときは、@マークを☆に変更させていただきます。あらかじめご了承ください。

2014年4月24日 (木)

台湾旅行記 4日目~台北 終日フリータイム~

 2013年11月の台湾旅行の4日目の台北での終日フリータイムの模様をHPにアップしました。

Day04_13

 お土産の佳徳糕餅で鳳梨酥を買って → 陳記百果園でスイーツを食べて → 台北101で遊んで → 芒果恰恰でスイーツを食べて → 度小月で担仔麺を食べて → ICE MONSTERでスイーツを食べて → スーパーでばら撒き土産を買って → 孔子廟と保安宮を参拝・見学して → 丸林魯肉飯で夕食を食べて → 士林夜市の辛發亭でスイーツを食べて

 と、スイーツとB級グルメを堪能する合間に観光しました。

 公共交通機関と徒歩のみで回ったので、少し効率がよくはないですけれど、位置関係はバッチリ覚えましたhappy01 この日の総歩数は約4万歩。同じ工程を徒歩と公共交通機関利用で、私たちと同じように歩くと約4万歩歩くことになりますので、念のため(笑)。

 これらのスイーツとB級グルメの写真を交えての旅行記は、こちらからご覧ください。

2014年4月20日 (日)

台湾旅行記 3日目~花蓮、台北市内観光、九份散策~

 台湾旅行記に3日目の花蓮から台北への移動、台北市内観光、九份散策の模様をHPにアップしました。

 花蓮から台北への移動は、特急列車を利用。1日目の台北→高雄の台湾新幹線、2日目の高雄→花蓮の国内線航空機、3日目の花蓮→台北の特急列車と、様々な乗り物を利用して、くるっと台湾を1周(?)しました。これらのいろいろな交通機関を利用するのも今回の台湾旅行の目的のひとつだったので、毎日毎日とても楽しく乗り物に乗れましたhappy01

Day03_21


 台北に着いてから、昼食前に龍山寺、鼎泰豊での昼食後、中正紀念堂、忠烈祠、故宮博物院の順で観光しました。
 龍山寺、中正紀念堂ともに弾丸に通り過ぎた~!な印象が強かったかな。忠烈祠は衛兵の交替の最初から最後までず~っと見られたので、これはじっくり落ち着いて見られたから満足してもう見なくてもいいかな。故宮博物院は、1時間30分の見学時間では、展示品の数からして全然、足りません!またいつか再訪してじっくり見学したい場所になりました。

Day03_42

 故宮博物院見学後、九份に移動し、九份で茶葉料理の夕食後、九份散策。雨模様だったのが残念でしたし、フリータイムの時間がわずかに20分だったのが、あまりに時間不足でした。ですので、九份も個人的にゆっくり訪れたい場所になりました。

 台北に戻り、ホテルに一旦入ったあと、ホテルから歩いて10分ちょっとの場所にあるスイーツのお店に突撃。B級グルメデビューにも成功しました。

 そんな台北市内観光と九份散策の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

2014年4月15日 (火)

故宮博物院

 2013年11月に台北市内観光で訪れた故宮博物院の見学の模様をHPに更新しました。

Day03_38

 故宮博物院の内部は、写真・ビデオ撮影禁止なので、館内の写真はありません。

 そうすると、私の記憶は全くのザルで、肉型石(私の勝手な略称:豚の角煮)、翆玉白菜(同:白菜)以外、何を見学したのか覚えていませんcrying
 ガイドさんが一生懸命説明してくださったのですけど、その大部分が紀元前とか紀元前後の青銅器で、私的にどれも似たり寄ったりの印象で、何を見たのか…。書画と陶器も少し見ましたけれど、こちらもこれらを見たな~な記憶だけです。

 故宮博物院の見学は初めてなので、いっぱいいっぱいでこんな印象なのでしょうか。いつか個人的にリベンジしたいなぁと思っています。そのときは、1日をこの中で過ごす覚悟が必要かもしれませんが(苦笑)。

 そんな私の故宮博物院の見学の模様は、こちらからご覧ください。

2014年4月13日 (日)

台湾旅行記 2日目~高雄、花蓮~

 2013年11月の台湾旅行記の2日目に、高雄の澄清湖、寿山公園と花蓮の太魯閣渓谷、アミ族伝統民族舞踏ショーの模様をアップしました。

Day02_06

 高雄観光後、高雄空港近くのレストランで客家料理の昼食を摂り、高雄空港から花蓮空港へ航空機で飛びました。高雄から花蓮まで55分は、日本だと羽田-大阪くらいの距離でしょうか。

Day02_27

 花蓮観光の最大の目玉は太魯閣渓谷観光でした。これが~、燕子口から錐麗大断崖まで40分かけてぶらぶら歩いたためか、と~っても楽しかったのです!やはり、自分の足で歩くのって偉大だなぁと改めて思ったりします。私的には超お勧めの観光地です。

 その後は、定番の大理石工場見学とアミ族伝統民族舞踏ショー。大理石工場は軽くスルーして、舞踏ショーは1度は見たら~な感じでしょうか。

 そんな台湾観光の2日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。1日の観光をまとめてアップしましたので、長文注意です。

 台湾旅行記の2日目の作成時のBGVは、「私の期限は49日」(吹替)の9話・10話と、「大望」の19話~21話でしたhappy01 だって、「私の期限は49日」のハン・ガン役(「大望」の世子さま役)の俳優さんに生でお目にかかったばかりなのもので~heart04

2014年4月 9日 (水)

台湾旅行記 1日目~高雄観光~

 大分、間が空きましたが、2013年11月の台湾旅行記に1日目の後半の高雄観光の模様をアップしました。

Day01_23

 高雄駅で高雄の女性現地ガイドさんと合流して、このガイドさんが運転するホンダのアコードで高雄観光しました。乗用車1台に運転手兼ガイドさん1人に客は私たち2人だけ。何だかドキドキしてしまうくらいなVIPな大名旅行でした。説明を聞き流せずにいちいち相槌をうたなくてはいけないことだけが難点でしょうか。

 蓮池潭では、龍虎塔とその他に2か所を見学。
 大定番の龍虎塔はカラフルな色合いの建物がいかにもな中華風で楽しかったです。
 蓮池潭を1時間強で見学後、団体旅行客御用達と思われるレストランで海鮮料理の夕食。日本人の口に合うようにできているのか、海鮮だからか、とってもおいしかったです。
 夕食後は、愛河クルーズ約20分。それから六合観光夜市で木瓜牛奶を飲んで1日目の高雄観光終了。大満足な観光でした。

 飛行機をマイルでとったので、ホテルのランクをいつもより気持ちだけいいところに手配してもらったら、私たちには広すぎるお部屋なホテルでわたわたしてしまいました。2ランクくらい下でもOKだったかも…。

 そんな高雄観光の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

2014年1月31日 (金)

台湾旅行記 1日目~羽田、台北、台湾新幹線~

 2013年11月の台湾旅行記に1日目の羽田から台北のフライト、台北駅から台湾新幹線に乗車して高雄へ移動するまでの模様をアップしました。

 写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

Day01_20

 羽田空港から海外旅行に飛び立つのは初めてで、実は、出発前に同じ時間帯に家を出て、羽田空港へ行く経路の確認をしたりしていました(笑)。
 そのときに出国する前にちょこっとモーニングを食べるお店も物色したりしていました。もちろん!それだけではなく、某航空会社の機体整備工場の見学もしっかりしていたりしましたが…。

 やはり羽田は成田へ行くより楽ですね~。

 今回は、出発フロアと同じフロアに到着するモノレールを利用しました。

 さくっと自動チェックイン機でチャックインしてスーツケースを預けて、両替して(レート自体は台北の空港に着いてから両替したほうがよかったと記憶しています。)、それから機内食前のちょっとしたお食事として上島珈琲のモーニングセットをいただきました。
 両替は、台北に着いてからの時間短縮のため羽田で両替しました。レートを取るか、次巻を取るか、それは、それぞれのチョイス…な感じでしょうか。

 羽田から台北へのフライトは、何かと話題のボーイング787。乗り心地自体は、機体は綺麗だし、足元広々だし(今まで利用した成田発着の国際線のどの飛行機よりも足元が広かったような気がします)、パーソナルディスプレイは大きい上に解像度も高くてすご~く映像が見やすかったし、よかったです。

 機内食は和食をチョイス。日系の航空会社の機内食なので、普通においしかったです。

 機内で「謎解きはディナーのあとで」を見たのですけれど、台北に着くまでに見終わりませんでした!!残り15分、肝心要の犯人を指摘するところで時間切れcrying フライト時間的には、映画1本分の時間はありました。ただ、台湾の入国カードを書いたり、機内食やドリンクのサービスを受けるときにCAさんとやりとりするときなどは、映画を一時停止したりしていたので、そこで時間を取ってしまったのかもしれません。

 羽田から飛び立った飛行機は台北の松山空港に着きました。空港内の案内表示は漢字なので(もちろん英語も併記)、個人でも全然迷わずに到着ゲートから入国審査、スーツケース受け取りと進めました。入国審査などは、オール日本語でOKでしたし~(笑)。

 制限エリアを出たら、手配をお願いした旅行会社さんから依頼された現地ガイドさん(日本語ガイドさん)が待っていてくれて、すぐにクルマに案内してくれて、台北駅に向かえました。
 同行者と私の2人に、8人乗りのワゴン車でドライバーさんとガイドさんがエスコートしてくださって、ちょっと恐縮。

 渋滞にもかからず台北駅に着けたので、台北駅の中も探検できて楽しかったです。

 台湾新幹線のホームまで現地ガイドさんが案内してくれて、そこでお別れ。この現地ガイドさんは、翌日、花蓮空港にお出迎えに来ていて、そこから太魯閣観光、台北観光とガイドしてくださいました。

 台湾新幹線は、日本製の車両なので、車内の様子も走る音も日本の新幹線に乗っているのと一緒。車窓の風景も、途中、かなり南下して南国の風景に変わるまでは、日本の田舎の風景と変わらなくて、思いっきり日本で新幹線に乗っている気分になってしまいました。
 1度、台湾新幹線も乗ってみると話のネタになって面白いかもしれません。

2013年12月 8日 (日)

台湾旅行記はじめました

 2013年11月の台湾旅行記をはじめました。

 まずは、台湾旅行の行程と、今年(2013年)の旅行を台湾に決めて出発するまでのあれこれを準備編としてまとめたものをアップしました。

 今回の旅行は某日系航空機会社のマイレージカードにマイルを貯めて海外特典航空券をゲットして実現しました。
 特典航空券の予約・座席指定・e-チケット控えのプリントアウトの一連の流れは、思っていたよりも簡単にあっさりできました。が、驚いたのは、特典航空券を利用なさる皆さんの出足の早さでした。
 春まだ浅い頃、予約したのですけれど、その時点でGW後の5月の特典航空券は軒並みキャンセル待ちで、全く手の打ちようがありませんでした。まぁ、当初から11月が第1候補で、5月はどんな感じかな~くらいの興味本位で見たので、キャンセル待ちで驚いたけれど、しまった!とかはありませんでした。
 本命の11月は、まだまだ選びたい放題で、もともと希望していた日時で羽田空港発着で予約できました。
 羽田空港国際線ターミナル開業以来、国際線ターミナルに遊びに行ったことはあっても、国際線ターミナルを利用したことはなかったので、いい機会なのでやる気満々に利用させていただきました♪

 台湾での旅行の内容は、台湾周遊か台北滞在か、いろいろ迷いに迷って、当初は台北滞在に決めました。ただ、それがホテルの手配の段階で早くも挫折してしまいまして、急遽、交通機関、現地ガイドさん、ホテルを含めて、日本の旅行会社に手配を依頼することになりました。はじめての台湾旅行でしたので、高雄や太魯閣渓谷観光はしてみたかったので、それはそれで、よかったかなぁ~と思っています。

 台湾に旅立つまでのあれこれを時系列にまとめた準備編は、こちらからご覧ください。

より以前の記事一覧