2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

山歩記

2015年11月22日 (日)

赤城山(鈴ヶ岳)

 山歩記に、2013年7月に赤城山の外輪山の鈴ヶ岳を歩いた模様をアップしました。

 
 
 

Mt08_12  

 
 

 ↑の写真は、鋤柄山山頂付近から、前回歩いた地蔵岳を見たものです。地蔵岳は山頂付近にアンテナが林立しているので、すぐに分かります(*^^*)

 2年以上前の山歩きの模様なので、今更感が半端ありませんけれど、今後、この後の山歩きの記録も更新する予定です。

 赤城山の外輪山の鈴ヶ岳を歩いた写真を交えた山歩記の模様は、こちらからご覧ください。

 

2015年11月15日 (日)

赤城山(長七郎山~地蔵岳)

 

 山歩記に、2013年7月に赤城山の外輪山の長七郎岳、地蔵岳を歩いた模様をアップしました。

 
 
 

Mt07_14  

 
 

 2年以上前の山歩きの模様なので、今更感が半端ありませんけれど、今後、この後の山歩きの記録も更新する予定です。

 赤城山の外輪山の長七郎岳、地蔵岳を歩いた写真を交えた山歩記の模様は、こちらからご覧ください。

 

2013年10月20日 (日)

榛名山(榛名富士、烏帽子ヶ岳)

 2013年6月に榛名山を構成する山々のひとつである榛名富士、烏帽子ヶ岳、鬢櫛山を歩いた模様をHPにアップしました。

 写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

 2012年に榛名山の相馬山を歩いたときに、榛名湖畔からすっきりと美しくそびえる榛名富士に、いつかお邪魔したいと思っていたその思いが実現しました。

 榛名富士だけですと、ちょっと時間的に歩き足りないかな~という感じでしたので、それに烏帽子ヶ岳と鬢櫛山の縦走をプラスした行程です。

 整備されるぎるほどにきっちり整備されていた相馬山の登山道とは驚くほど異なり、同じ榛名山の山域ながら、こちらは必要最低限な整備状況でしたので、少々、歩きづらいところもあると感じたのは否めませんでした。

2013年10月13日 (日)

西沢渓谷

 2013年6月の西沢渓谷の山歩きの模様をHPにアップしました。

 写真を交えた西沢渓谷の山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

Mt05_18

 某山歩き番組の西沢渓谷を歩く回を見て、「よし!ここへ行くゾ!!」と、いきなり行ってしまいました(笑)。

 前半は水の音を聞きながら、水の流れを見ながら&感じながらの渓谷歩き。
 後半は軌道跡を歩いて少しだけ鉄な気分を味わいました。

 テレビを見て一目惚れした七つ釜五段の滝の実物は、水が美しく煌めき輝いていて、行ってよかった~happy01

 本格的に山歩きを始めてから初めての山頂を目指さない山歩きを楽しみました。

2013年9月30日 (月)

赤城山(黒檜山)

 山歩記に赤城山(黒檜山)の山歩きの模様をアップしました。

 写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

Mt04_07

 赤城山ビジターセンターから出発。大沼の赤城神社にお参りしてから黒檜山に登りました。

 4月に登った弘法山は235m。黒檜山は1828m。標高差約1600m。標高差が大きかったせいか、前半の登りはかなり息切れがしました。

 登山道に入ってからほぼ全体的に岩がちの登山道で、夏の山小屋デビューを目指す山のいい練習になりました。でも、きつかったです…。まだまだです。

 登山道途中の猫岩の前後から大沼を見下ろせたり、猫岩を過ぎた頃に富士山が頭をのぞかせているのに気づいたりしました。赤城山から富士山が見えると思っていなかったので、すっごい嬉しくてテンションがあがりました。

 黒檜山の山頂表示のあるちょっと広い山頂でお弁当を食べましたが、その先に絶景ポイントがありました。すっごい雄大な山々。うっとりです。

 黒檜山から駒ヶ岳までは私の大好きな尾根道で、うきうきしながら歩いていました。

 駒ヶ岳からの下山路はですね~、鉄製の階段がいくつかと、木段もいくつかの、かなり急坂。こちらを下山のコースどりにしてよかったぁ。登りだったら、ヒーヒーしてめげていたかもしれません。

 駒ヶ岳から下山して覚満淵を一周散策。覚満淵は芽吹きもまだで冬の様相のように感じられました。

 黒檜山への登りが厳しかったけれど、富士山も見られましたし、黒檜山から駒ヶ岳の尾根道もステキだったし、充実した山歩きでした。

2013年8月25日 (日)

弘法山

 2013年4月の弘法山の山歩きの模様をHPにアップしました。

 桜の季節を狙ったのですけれど、今年は桜の花が咲くのが早くて、残念ながら散ってしまった後でした。山桜がほんの少しだけ残っていた程度です。

 桜は残念でしたけれど、桜以外の花がたくさん咲いているのに驚きました。秦野駅から鶴巻温泉駅への弘法山縦走コースは春の花がてんこ盛りで楽しく歩けました。

 それから、期待していなかった富士山も見られたのでラッキー♪

 そんな弘法山の写真を交えた山歩きの模様は、こちらをご覧ください。

2013年8月19日 (月)

四阿屋山

 2013年2月に途中の福寿草園地で福寿草を見るのを目当てに埼玉県の四阿屋山(あずまやさん)へ行きました。
 2012年8月に訪れた群馬県と長野県の県境に位置する四阿山(あずまやさん)とは読みが同じで漢字が1字違いですが、全く別の山です。

 中腹にある両神神社奥社から先は、残雪が岩の上や隙間などでアイスバーン状態になっていて、かなり登るのも下るのも注意が必要でした。

 福寿草が見たい!と思わなければ、残雪の時期は避けるか、山頂への登頂を回避するかを選択肢として考えてもいいのではないかと、行ってみて個人的に思ったりしました。

 肝心の福寿草ですが、タイミングを見計らったつもりだったのに、ちらほらしか咲いていませんでした。早かったのか、遅かったのか…。

 そんな四阿屋山での写真を交えての山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

2013年8月 4日 (日)

高川山

 2013年1月、2013年の登り初め=あけおめことよろ登山は、富士山が綺麗に見える山ということで、高川山に行きました。

 写真を交えた高川山の山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

 青天に恵まれ、高川山山頂からは、

Mt01_20

 こ~んな富士山が見えましたhappy01

Mt01_23

 アップ↑

 これまでに見た富士山の姿の中で、最も美しい姿です。
ありがとう富士山!fuji

 高川山、無雪期に富士山を見に登るのには、絶好の山です。

2013年7月28日 (日)

荒船山

 2012年10月に訪れた荒船山の山歩きの模様をアップしました。

Mt20_37

 写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

 紅葉狩りを目論んでの荒船山の山歩きは期待通りの紅葉を見られました。
 紅葉の最盛期の終盤な感じでしょうか。

 穏やかな尾根道、平坦な道がある一方で、縦の鎖場、ハシゴ、横の鎖場もあり、変化に富んだ登山道でした。多くは普通な登山道ですが、一部に少々緊張して歩く・登る場所がありました。

2013年7月23日 (火)

三頭山

 2012年10月に三頭山を山歩きした模様をHPにアップしました。

 写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

 紅葉と富士山の眺望を期待した10月中旬の三頭山での山歩き。紅葉は2週間くらい早く、晴天でも雲がかかっていたので富士山もほとんど見られませんでした。見られたのは、富士山の山頂のラインのみ。これでは、見られたとは到底…。

 三頭山自体は、都民の森からスタートすることもあり、とてもよく整備されたコースでした。

 いい季節の休日の人気の山ということもあり、三頭山山頂での昼食タイムでは、次から次へと、ハイカー&登山者の皆さんが三頭山山頂に登っていらっしゃり、結構、数があるベンチもあっという間に埋まっていきました。私は、少しだけ早めに山頂に着いたので、どのベンチに座るかを選べましたけれど、20分後くらいに山頂に到着した方々は、もう選択の余地なく空いているベンチで昼食を広げる感じになっていました。

 紅葉と富士山はイマイチ見られませんでしたが、とても楽しい山行でした。

より以前の記事一覧