2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2018年12月 9日 (日)

秘密の森

 
 「秘密の森 ~深い闇の向こうに~」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 検察内部に深く入り込み、闇の世界で生きているパク・ムソクが殺されたところから物語は始まる。
 
 捜査の過程で、キム・ガヨンの遺体がパク・ムソクの殺害現場で発見される。この亡くなっていると思われたガヨンは虫の息ながら生きていた。
 
 この1件の殺人事件と1件の殺人未遂事件は、検察内部の闇に深くかかわっていた。さらに、また1件の殺人事件も発生し…。
 
 
 パク・ムソク殺人事件の殺害現状に来合わせた検事のファン・シモクが、この2つの事件の真相に迫っていく。
 
 正義一直線のファン・シモクと彼の下で見習い検事だったヨン・ウンス。おいしいところを見逃さずにコウモリのように自在に敵味方になるシモクの先輩検事のソ・ドンジェ。ドンジェを右腕にしている次長検事のイ・チャンジュン。
 
 最初の事件は、登場人物、設定の紹介であっさり事件解決するのかと思いきや、この事件は最後の最後まで引っ張られました。
 
 次長は、シモクの敵か味方か、見極めがかなり微妙な人物でした。終盤になってきて、財閥会長の娘と結婚したことから、悪の沼に引きづりこまれた次長が、それを断ち切るために密かにいろいろなことを講じていて、それを活かすために選んだ検事がシモクだと分かりました。
 
 この作品では、人間の善と悪の境界はあいまいで、その都度どちらにもなる。選択し続けた結果、どこに流れ着くのか、という話が出てきました。
 
 次長は善でありたかったのに、ふと気づくと悪の側にいて…。それを断ち切るための手段が…。
 
 シモクは徹頭徹尾、善の側で揺らがず屈せず、堂々と立っていました。
 
 ドンジェは、シモクには調子のいいことを言って態度保留いしてもらっても結局、性根は変わらなかったのかな。
 
 ウンス役の女優さんは、「黄金色の私の人生」のソ・ジアン役で見たばかり。この「秘密の森」のときはまだ脇だったのですね。
 
 悪徳警察署長役で、「ヨンパリ」の秘書室長役の俳優さんが出演していました。最終話の裁判シーンで、悔い改めた反省の弁を語っていましたが、それを見ながらも信じられずに、寛大な判決を引き出すための芝居で、寛大な判決を受けたら、裁判長に顔が見えないところでほくそ笑むのではないかと、ずっと疑いながら見ていました。そういうシーンはなかったので、本当に反省した設定だったのかも。反省を素直に信じられないなんて、前に見た作品のイメージって怖いですね(^_^;)
 
 この作品、脚本家さんなのか、こちらの翻訳家さん、日本語字幕作成者さんなのか分かりませんが、私とかなりセンスが違うようで、字幕を読んでいて、「どういうこと?」なときがいくつかありました。日本語字幕を読んでいるのに「???」となってしまうって(^_^;) 文章の読解で書き手のイメージと違うときに、こうなるのかなぁ。
 

2018年12月 2日 (日)

カネの花

 
 「カネの花」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 一言でまとめるなら“弟を死に追いやった父親の正妻への復讐物語”。
 
 主人公の祖父の会長と父親の正妻の理事のキャラが濃すぎるほど濃い作品でした。主題は、↑ですが、本当の物語は、主人公の祖父と父親の正妻の数十年にわたる確執の物語では?と思えるほどでした。
 
 主人公カン・ピルジュ役の俳優さんは、私がここ最近見た「輝くか、狂うか」や「客主」では、
 
 「○○(人の名前)~!ドゥハハハハハハハ!!!!!!」
 
 なキャラを演じていたので、今回のこの「カネの花」での何を考えているのか全く分からない終始ポーカーフェイスなキャラには、正直、戸惑いました。どんなシーンでも無表情なキャラ。それはそれで難しいのでしょう。でも、表情が動かない分、視聴する側として、感情移入ができませんでした。
 
 ん~、感情移入という点では、この作品に登場するメインキャラの誰についても感情移入はできませんでした。
 
 理事の息子(ピルジュの異母兄弟ではない!)のブチョンの愛人さんは、ブチョンの心がとっくに愛人さん離れているのに、ブチョンとの間に生まれた子供がいることで、ブチョンにまとわりつき、ブチョンもそれを無下にできない。お互いに、それはないでしょうと思える展開でした。
 
 会長も理事も自分の心、欲望を満たすためなら何でもする、他人の気持ちとかは一切考えない人たちで。(ため息)
 
 面白いです。面白いですが、続きを早く見たい!という気持ちには、何故だかなれない作品でした。時間の区切りがいいから、今日はここまでと、気持ち的に区切りを入れられました。
 
 大きな要因として復讐される対象の理事を演じた女優さんが、私がつい最近まで追いかけていた「彼女はといえば」で、カン・チャンギの母親のミン・ジェヨン役を演じていたからではないかと自分では思っています。チャンギの母親のジェヨンは、もちろん一人息子のチャンギが一番大切だけど、公私はきちんと区別して、嫁や孫娘にもきちんと配慮できる、いわゆるいいお母さんと言えるような人だっただけに、そのギャップが…。
 
 私的にいい味出しているなぁ~と思って見ていたのは、ウ社長と理事の家の家政婦さんの2人でした。
 

2018年11月27日 (火)

リターン

 
 「リターン -真相-」を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
----------------------------------------
 
 
 TV出演する人気弁護士チェ・ジャヘ。
 
 財閥御曹司のカン・イノ、会社社長のオ・テソク、医師のソ・ジュニ、大学教授のキム・ハクボムは幼馴染の仲良し4人組。いいところのお坊ちゃまたちで好き放題をして生きてきた。
 
 ヨム・ミジョン殺人事件の犯人として逮捕・起訴されたカン・イノの弁護を妻であり、ジャヘの後輩弁護士である(弁護士は結婚して休業中)クム・ナラから依頼される。ジャヘはナラが弁護士復帰して手伝うことを条件に承諾。
 
 ミジョンの遺体は、当初、テソクの車のトランクにあったが、発見して驚いたテソクは、ジュニ、ハクボムを呼び出して、他の場所に埋める。それが何故か、路上に置かれたトランクの中から遺体が発見され、トランクの所有者であるイノが逮捕された。
 
 警察に死体遺棄を告白しようとしたジュニは、ハクボムに石で頭部を殴られて倒れる。死んだと思ったハクボムとテソクは、交通事故に見せかけるため、崖からジュニを乗せた車を落とそうとする直前に、ジュニが生きていることを知るが、そのまま車を崖から転落させる。燃えた車内から男性の遺体が発見され、ジュニとして埋葬される直前にDNA検査から別人と判明。ジュニは生還。記憶を失っていたが、それはテソクとハクボムから身を守るためのウソだった。
 
 イノは無罪となるが、事件の過程でミジョンがイノの愛人だと知ったナラとは冷たい関係に。
 
 さらに、19年前に当時少年だった4人組が起こした交通事故の担当刑事、被害者を解剖した解剖医が殺害される。
 交通事故の被害者は、事故では亡くならず、事故を起こしたことを恐れた4人組によって、海に投棄されたための溺死が死因だった。
 
 
 19年前の交通事故の被害者がジャヘの娘。
 
 一言で、まるっと丸めると、ジャヘの4人組への復讐劇。
 
 そこに4人組が起こした他の事件の被害者家族がジャヘに協力して可能になった事件。
 4人は自ら悔い改めようとしたジュニとそれに同調気味のイノ、徹底的に事件を隠し通そうとするテソクとハクボムに二分され、内部崩壊。
 ジュニはハクボムを殺害してしまい、テソクはミジョンの遺体遺棄で強請ってきた男性を殺害した罪で逮捕され、親から見放されたイノは親の会社の海外支社に飛ばされる(ナラとも別れる)。
 
 19年前の4人組の所業を白日の下に晒したジャヘは娘が亡くなった場所で海に身を沈める。
 
 ラストシーンからエンディングになったときに、「はぁ?!」と思わず呟いてしまいました。これで終わりですか?何だかあっけない。せめてジュニやテソクがどういう罪に問われ、どういう判決がくだされるのか見たかったです。
 
 第8話の途中から、ジャヘ役の女優さんが交代したこの作品。
 
 それを知っていて見ていた私でも、最初に交代した女優さんがアップで(セリフなし)画面に映し出されたときには、「この人、誰?」と思ってしまいました。これまで登場していなかった人がいきなりのアップ。「もしかして、ジャヘ?」と思っても、本編上、当たり前かもしれませんが、何の説明もなし。
 ヒロイン交代を知っていても???だったのですから、それを知らずに見ていた視聴者の方はもっと?????だったかもしれません。
 
 ヒロイン役の女優さんが「善徳女王」のミシルと違ってずいぶんジャヘでは、生気も覇気もない演技をしているなぁと見ていたら、中盤からジャヘという人物が生気も覇気もない理由が分かって納得しました。理由が分かったときには、ヒロイン役の女優さんが交代した後でしたので、「あぁ、そうだったのか」と思い返して納得しました。
 

2018年11月13日 (火)

操作~隠された真実

 
 「操作~隠された真実」を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 兄を交通事故を装って殺されたハン・ムヨンが兄の死の真実を5年がかりで追いかけ、解明する物語。
 
 5年前、ある事件で手を組んだものの、その事件解明を失敗して左遷された、大手新聞社の精鋭集団スプラッシュチームの班長(当時/以下、班長)と検事。彼らは5年間雌伏のときを過ごし、第一線に戻って、事件を解明する機会を伺っていた。
 
 5年の歳月が経ち、ムヨンと班長、検事は、手を組んで真実に迫っていく。
 
 作品の前半は、何だか物語の核心部分の外周をグルグルグルグル回っているだけなように感じてしまいました。ムヨン、班長、検事と3者がそれぞれの視点で事件を追いかけているので、何だか話の展開が分散されているようで…。
 第8話くらいになって、ようやく彼らがお互いに協力して物語の中心に向かって話が動いていくように思えてきたところから、展開が早く、スリリングになりました。
 
 この手の作品で、悪の組織が児童施設を運営している云々だったら、子供を暗殺者に育てる計画でしょうと思ってしまった私はミステリー小説、ミステリードラマの見すぎです(^_^;)
 
 終盤になってから、ムヨンと検事がいい雰囲気のときもありました、特にラブまではいかず…。ラブがなくても作品として成り立つのですから、ラブ抜きの作品があってもいいですよね。
 
 前半を乗り切ったら、一気に勢いづいて視聴した作品です。
 

2018年11月 4日 (日)

猟奇的な彼女

 
 「猟奇的な彼女」(テレビ版)を完走しました。
 
 ネタバレしている感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 キョン・ウがふとした偶然から出会った女性が王女だったことから始まる物語。
 
 キョン・ウに恋して王女をライバル視する左議政の娘がいたり、左議政が王を蔑にして政治を取り仕切っていたり、キョン・ウと王女の過去に因縁があったりします。
 
 王女役の女優さんと、左議政の娘役の女優さんや左議政の娘の取り巻きの令嬢方を演じている女優さん方の実年齢でけっこう差があるように見えるのは私だけ?見ていて、非常に気になりました。
 
 途中で脳裏に浮かんで、最後まで消えなかった疑問が、「この作品は何を描きたいのか?」でした。私には、よく分かりませんでした。
 
 王女の弟の元子役の子役くんが、「帝王の娘スベクヒャン」のクチョンが面倒を見ていた男の子役の子で、「大きくなったなぁ」と、彼の成長を生温かく見守っていました。これ、絶対に製作者の意図ではないと断言できます(爆)
 

2018年10月28日 (日)

華麗なる2人-ミセス・コップ2-

 
 「華麗なる2人-ミセス・コップ2-」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 6年前に女子大生殺しの犯人をスピード逮捕したコ・ユンジョンの元に、真犯人から自分が真犯人の証拠の写真が送られる。ユンジョンの夫の部長検事は、ユンジョンと自分の立場から、これを伏せ、冤罪と知りつつ事件を終結させる。
 
 6年後、ニューヨークから帰国したユンジョンは、ソウル地方警察庁の強力1チーム長に就任。
 チーム員募集の張り紙を見て応募してきた一見冴えないおじさん刑事のペ刑事を採用後、猪突猛進のオ大官(通称)、紅一点のシン女史、頭より体が先に動く新人くんとメンバーを揃え、6年前の女子大生殺しの真犯人にして、連続殺人犯を追い、逮捕する。
 その過程で、知り合ったELキャピタルのイ・ロジュン代表とユンジョンは悪縁となり、追いつ追われつのストーリーを展開することになる。
 
 ユンジョンと部長検事は6年の別居を経て離婚協議中。
 
 真犯人が逮捕されたことにより、6年前の女子大生殺しで犯人とされ、服役していたミン・ジョンボムは釈放される。ユンジョンはジョンボムに謝罪するが、ジョンボムは怒り心頭。
 
 ロジュンはジョンボムを利用して、ユンジョンに冤罪のわなを仕掛けたり、ちょっと自分の陰口をたたいた店員を刺殺したり、その目撃者も殺そうとしたり、もう、仕事の邪魔ものも、プライベートで気に食わないものもお構いなしで抹殺するサイコパス。
 ペ刑事が外見のもっさりしたおじさんぶりからは想像つかないくらいに腕利きの刑事。
 ユンジョンの上司の課長と係長も仕事のできる人たちのようです。何人も警官が登場すると、そのうちの1人くらいはロジュンに内通していたりするのが、ドラマとしてはありがちですが、今回はそれもなく、気持ちよく作品を見ていられました。
 ユンジョン以下、熱血正義感の強力1チームと、腕利きの課長と係長がいるのに、甘ちゃんな坊やな風貌のロジュンの罪を暴くのに時間がかかるのか、ふしぎ不思議(?_?)
 
 原題が「ミセスコップ2」。邦題が「華麗なる2人-ミセスコップ2-」のこの作品。
 “ミセスコップ”はユンジョンのことで、それは分かりやすくていいのです。
 でも、「華麗なる2人」の2人って?1人はユンジョンとして、もう1人は、ロジュン?課長?夫の部長検事?いや、もしかしたら大穴でロジュンとロジュンの腹心の部下のペク理事か?などと、いろいろ考えてしまいました(爆)
 画像などで見るとユンジョンとロジュンの2人のようですが、刑事と犯人で華麗なる2人って、私的に違和感ありありなんですけど…。
 原題のミセスコップ2が一番すっきりしているし、物語にもあっていると思えるのに、どうしてこの邦題?よく分かりません。
 
 そんな刑事ドラマでした。
 

2018年10月10日 (水)

推理の女王

 
 「推理の女王」をBS-TBS版で完走しました。BS放送ですので、カット版での視聴です。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 両親の自殺事件を”他殺”と固く信じている主婦のユ・ソロクと、恋人の失踪事件を追い続けている刑事のハ・ワンスンが麻薬事件をきっかけに巡り合い、協力して事件を捜査・解決しながら、それぞれの事件の真相に迫る物語。
 
 普通の主婦が事件に係るのはともかく、捜査の過程で取調室に入って被疑者に質問したりする時点で、「ありえない~」と思ってしまいました。いくらドラマでも、これは無理がありすぎではないのかと思えてなりません。
 
 ソロクが推理力抜群なのを示すためか、ソロクはいきなり結論だけ叫ぶので、なかなか周囲の協力を得られません。そこもどうしてそういう結論に至ったのか説明をしたら、周囲も納得するのに、周囲への説明に時間をかけていたら、ドラマとして成り立たないからなのかなぁ。でも、あんなに周囲の人に、「こいつ、何言ってるの?」と疑問の目を向けられて動いてもらえないなら、一から説明したほうが早いのではないのかとマジで思いながら見ていました。
 
 ソロクの両親の事件は、私が見落としていなければ、最後まで解決していませんよね?
 解決したかに見えたワンスンの恋人の事件もラストにワンスンの恋人の名前を名乗る女性が登場して、何も解決していないかのようなラストでした。
 
 これは、制作途中でシーズン2制作が決定したのかな?
 「推理の女王2」が、某CS局で放送されているので、いつか「推理の女王2」を見る機会があったら、これらの疑問・事件の全てが解決するのでしょうか。
 

2018年10月 4日 (木)

愛の温度

 
 「愛の温度」を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 脚本家のイ・ヒョンスとシェフのオン・ジョンソンのラブストーリーに、ドラマ制作会社社長のパク・ジョンウを加えての3人の関係を追ったラブロマンス。
 
 5年前にマラソン同好会の仲間として出会った脚本家修行中のヒョンスとシェフ修行中のジョンソン。愛が芽生えるもヒョンスが、そのことに気づかないうちにジョンソンは修行のためにパリへ。ジョンソンが去って初めてジョンソンを愛していることに気づくヒョンス。
 それから5年。ふとしたことから再会した2人。ヒョンスは脚本家に、ジョンソンはオーナーシェフになっていた。
 
 全20話を2人のラブストーリーを縦糸に、ヒョンスを愛してジョンソンのいない5年間、ヒョンスを見守り続けたジョンウは、ヒョンスが契約しているドラマ制作会社の社長でもあります。さらに、ジョンウはジョンソンのレストランの投資者であり、かつ、ジョンソンとは親しい兄貴分だったりもします。
 そんな幾重にも絡まりあった3人の関係。
 
 ヒョンスとジョンソンは、基本的に恋愛に関する考え方、ポリシー、立ち位置が異なります。ですから、2人の恋は、2人の方向性が同じときはラブラブのイチャイチャになりますが、ひとたび少しでも心がずれると、愛しあっているのに想いがすれ違って、悲しんだり傷ついたりしてしまいます。
 ヒョンスはミンPDと組んでのドラマ「反則刑事」で、ミンPDが現場でシナリオを勝手に変えるのを、その現場でスタッフ、ギャラリーのいる前で怒ります。シナリオを勝手に変えられたら怒るのは当然。でも、あの場所のあのタイミングでそれを表すのはどうかと…。ジョンウ社長やユCP(チーフプロデューサー)を交えて、もっと徹底的にミンPDと話し合えなかったのかなぁ。結局、とことんまで話し合った風には見えないうちに、ヒョンスは「反則刑事」のシナリオから降りてしまいました。
 最も、そんな交渉をドラマで延々とされても、視聴者がうんざりするのは目に見えていますから、そこはカットなのでしょうね(^_^;)
 人と人のことなので、相性もあるでしょうし。実際、作品後半でミンPDはヒョンス後輩の脚本家と組んで、こちらとは上手くいっていますから。
 
 ジョンソンが仕事で香港へ半年滞在するために旅立つ日、ヒョンスは改めてジョンソンを愛していることに気づきます。ジョンソンも空港へ行かずにヒョンスのもとへ。ヒョンスはジョンソンに香港へ行かないでほしいと願い、ジョンソンはそれを承諾します。
 この展開が私にはと~っても腑に落ちません。ドラマの展開的に必要だからと言えばそうなのでしょう。でも、普通、仕事で香港へ行く契約をしたら、急用や家族の病気などで何日か香港へ行くのが遅れることまでは許されるかもしれませんが、いきなり香港行きをキャンセルはないでしょう。社会人のすることではないのではないかと思います。ドラマとはいえなんだかな~っと。
 
 ヒョンスの脚本家としての後輩(ミンPDと上手くいく脚本家)と、ジョンソンの両親、特に母親は、私の最も苦手なキャラで、お近づきにはなりたくないタイプです。
 ヒョンスの後輩はわがまま女王様キャラ、母親は金銭問題を起こしては息子(ジョンソン)に尻拭いをさせる人。
 ジョンソン母を苦手だな~と思いつつ、このジョンソン母役の女優さんは、「彼女はといえば」では、カン・チャンギの仕事のできる母親ジェヨン会長役演っていたりするので、俳優さんの演技はすごいなぁ~と別の意味で感心して見ていたりしました。
 
 ちらっと ↑ の中で名前だけ登場したユCPを演じているのはリュ・ジンさん。久々、ドラマでお目にかかりました。「頑張れチャンミ!」以来かな。お元気そうで何よりです。
 
 そんなこんなで、さらっと鑑賞した全20話でした。
 

2018年9月27日 (木)

祝☆衛星劇場HD化

 
 これまでSD放送だったスカパー!の衛星劇場が9月26日からHD放送になりました(v^ー゜)
 
 そして、おりよく9月26日が「別れが去った」の第1話の無料放送でした。
 
 スカパー!プレミアムサービス(以下、プレミアムサービス)とスカパー!で同じ番組(今回は「別れが去った」)を録画して、スカパー!とプレミアムサービスを比較しました。(どちらもDRモードで録画)
 
 どちらが綺麗に見えるかな~と、こだわって見たところ………………
 
 あくまで私の個人的な感覚として
 
 プレミアムサービスのほうが綺麗に思えました。(フェードイン、フェードアウトのところや動きのある画のときの一時停止時など)
 
 ということで、衛星劇場の場合は、見て消すだけだったら手軽なスカパー!で、ディスクに保存する作品と決めているものはプレミアムサービスが良いかなぁと感じました。いや、衛星劇場の場合、見て消すだけの番組のために契約することはないでしょうから、契約するとしたら、絶対にディスクへの保存が前提なはずなので、プレミアムサービスになるでしょう。
 

2018年9月17日 (月)

スカパー! 2018年10月1日 KBS World Mnet 開局

 
01  
 
 
開局記念無料放送 2018年10月1日~10月9日
 
※一部の番組をのぞき無料放送
 
※無料放送は、「スカパー!サービス」のみ
 
詳細は、↑から、スカパー!さんの公式サイトをご覧ください。
 
 
 
 スカパー!サービスでのKBS WorldとMnetのチャンネルは、
 
KBS World(CS317)
Mnet(CS318)
 
 になるのですね。φ(..)メモメモ
 
 
 KBS WorldとMnetは、すかぱー!では、これまで専用アンテナと専用チューナーが必要な「スカパー!プレミアムサービス」のみでの放送でしたので、スカパー!でのサービス開始はスカパー!ユーザーには大きく選択肢が広がりますね(*^^*)
 
 スカパー!サービスでの開局を記念して「スカパー!サービス」でのみ2018年10月1日~10月9日の9日日間、KBS WorldとMnetが無料で視聴できるそうです。
 スカパー!の視聴環境さえあれば、契約に関係なく視聴できるので、番組表とにらめっこして、いくつか番組を視聴しようと思います。9日間ですと、連続ドラマの全話視聴は無理そうですが、第1話とか視聴できたら嬉しいかも(笑) あとは、バラエティをちょこっと、でしょうか。
 
 せっかくのKBS WorldとMnetの9日間無料視聴の機会ですので、出来うる限り有効に活用させていただきます♪
 

より以前の記事一覧