2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2016年4月 2日 (土)

僕だけがいない街

 

 映画「僕だけがいない街」を見ました。

 以下、ネタバレがありますので、未見の方はご注意ください。

 
 
 
 

-----------------------------------------

 

 「僕だけがいない街」。自分の意図せず時間を遡り、事件事故を解決しない限り未来へ進めない主人公、悟。
 母が何者かに殺され、悟が容疑者として警察に追われているときに、小学生まで遡る。
 そこでは、女児連続殺人事件が起こっていて、被害者のうち1人は悟の同級生、加害者とされたのは、悟が親しくしていた男性だった。この同級生を救うことが母を救うことと察した悟は全力を尽くす。
 そして、未来は変わった。母が生きている未来。悟はこの連続殺人事件の犯人が誰だか悟り、その犯人と対峙する。

 

 真犯人は、その人が登場した時点で分かり、関心はオチに至る過程となりました。
 キャストで真犯人が分かるパターンは、テレビの2時間サスペンスならともかく、映画では避けてほしいと強く思います。

 最初、大人時代の悟と母親役が、普通に見るとちょっと年の離れた姉弟に思えてしまい、あれ~?親子?だったのですが、悟の子供時代が出てきて納得。子供時代の悟となら母子でちょうどよい感じです。

 悟の子役の子が目がくりくりしていて可愛くて、割と大人になったときの悟と似たようなイメージの子をよく探してきたなぁと思いました。
 子悟は同級生を救うのに1度失敗し、大人に戻っても1日分しか未来が変わらず、また子供自体に遡ります。私は、これ、大人に戻らずに、同級生を救えるまで子供時代がループすると思っていたので、ちょっと驚きでした。

 オチは、そうだよね、そこに行きつくよね、なオチでした。

2016年3月 3日 (木)

君声完走

 

 Dlifeで放送された「君の声が聞こえる」が本日最終話でした。

 無事、完走です。

 ものすごい勘違いをしていたのを見ている途中で気づきました。wowowで「君の声が聞こえる」が放送されていたとき、ラストの数話を見たと思っていたのですが、今回、Dlifeで見ていて、私はwowowで第11話から第18話までの8話を見ていたことに気づきました。wowowの放送は、2話連続放送でしたので、2話連続で放送された2話を1話と勘違いして×数日(?日でいいのかな?)分=8話見ていたのを数話と勘違いしていたようです。

 物語はサスペンスとラブと法廷ドラマと家族愛とがほどよくミックスされていて、終わりの着地点も、自然な感じで終わりました。ときどき、「はぁ?」なラストを迎えるドラマもありますが、この作品は私的には、納得なラスでした。あくまで、物語としてト…スハとヘソンがラブラブになるのは納得できない…。ヘソンにはチャ弁のほうが私的にはしっくりくると思います。

 wowowのノーカット版で第11話から第18話を先に見ていたせいか、ことこの第11話から第18話に関しては、やけにあっさりと話が片付いてしまったような気がします。もっと、いろいろあったはずなのに~がきっとカットされたのでしょうね。でも、wowowで1回見ただけですので、どういうシーンがカットされたのかは全く分かりません(^_^;)

 1番印象的なのは、ヘソンの母親が殺される前にヘソンに遺した言葉「恨むな」です。な~んかあちらのドラマは復讐とか言う言葉が頻繁に出てきて、多くのドラマで恨みを晴らすとか復讐するとか言っているのに、このドラマは恨むな、そんなことに時間を無駄にするなでした。いいお母さんです。私には、親だったら最後にこう望むのが自然なのではないかなぁと感じました。

 ファン・ダルチョンさん(役名)は妻の罠にはまり、殺してもいない(実際、生きている)妻殺しの犯人として26年服役して、不治の病で余命わずかになり、刑の執行停止で出所して、病院でそこで働いている生きていた妻に出会ってしまって、そこで妻に「借金取りに追われるより、刑務所にいた方がマシ」という言葉に逆上して、思わず妻を切りつけてしまい裁判に。これ、難しい問題ですよね。26年無実の罪で服役して、刑の執行停止中に死んだはずの妻への傷害(殺人未遂?)で起訴される。う~ん。考えさせられますけど、ドラマなので、そこは今回は置いといて、このファン・ダルチョンさんを演じたのが、「スベクヒャン」のヨン達率を演じていた俳優さんでした。
 「スベクヒャン」でのあのクサイほど大袈裟な演技は史劇だから許容されていると勝手に思っていましたが、現代劇でもこの手の役だと、ところどころに微妙なクサさがありつつも、それもありだと思えました。最初はスハとヘソンを付け狙うミン・ジュングクの同房の服役囚な感じだったのに、ドラマが進むうちにどんどん重要人物になってびっくり。いやぁ、ビックリ。
 あ、そうそうファン・ダルチョンさんをはめて殺人犯にした妻役を演じたのは、「ヨンパリ」の看護師長さん(ヨジンにヨジン父の最期を語ったテヒョンの味方の看護師さん)を演じていた女優さんでした。この女優さん、好きなのですけれど、今回のこの役は役柄的にどうしても好きになれません。旦那と縁を切りたいから、自分を殺したことにして殺人犯として服役させるように仕向けるって…。そこまで追い詰められて切羽詰っていたとも言えますが…。

 そして、このドラマで私の一番のお気に入りはチャ弁。ヘソンのことが大好きで、とってもとってもヘソンに尽くして、ヘソンがスハが好きなのを知っていても2人の力になる本当に良い人な弁護士さんで、あ~、こういう役を演ってくれたらいいのになぁ(誰に、とは言わないけれど…)、こういう役、似合うと思うのだけどなぁ(誰に、とは言わないけれど…)、こういう役だったら笑顔で見ていられるになぁ(誰とは言わないけれど…)と、しみじみ思いました。つい、そう思ってしまう自分が…。

 
 「君の声が聞こえる」の視聴をお勧めくださった皆さん、どうもありがとうございましたm(__)m

 

 

 「君の声が聞こえる」が終わり、これから何を楽しみに毎日を過ごそうかと考え中です。

 

2015年12月27日 (日)

海難1890

 

 映画「海難1890」を見ました。

 

 1890年、和歌山県串本町沖でのトルコのエルトゥールル号の海難事故。
 1985年、イラン・イラク戦争時のの在イラン日本人の救出。

 100年のときをまたぐ歴史的事実を描いています。

 どこまでが事実で、どこからがフィクションなのかは、私には分かりません。

 ただ、普通の人の普通の心に胸を打たれます。

 涙を流し過ぎたので、目が痛いです。

 
 
 

 つっこみどころも、あるにはありますけれど、そこは目をつぶって…(^_^;)

2015年9月13日 (日)

2015年 スカパー!10日間無料放送

 

 衛星放送のスカパー!の2015年の無料放送日が決定しました。(スカパー!が見られる環境にあるなら←ここ、重要!です。)

 
 

 スカパー!10日間無料放送     2015年9月19日(土)~9月28日(月)

 
 
 

 参加チャンネルや参加日、一部時間帯のみ無料、全日無料、無料放送なしなどの詳細は、↑のスカパー!10日間無料放送をご確認してください。

 
 
 
 

 私としては、とってもラッキー♪この期間、見たい番組があって、そのために加入するかどうか考えていたチャンネルが一部時間帯のみですが、参加しているのです。

 

 その番組とは、

 

 「韓チャン!」 

韓国トップスターの話題を中心に、ドラマ、映画、音楽、ステージ、芸能ニュースなど、最新のエンタメ情報を隔週更新でお届けします!
※「チャン」は韓国語で「最高」の意味。


 

 この「韓チャン!」の #12 です。

 

 番組の回数まで限定なのは、「韓チャン!」の #12 では、ドラマ「ヨンパリ」が取り上げられるからです。

 この「韓チャン!」の放送日時と詳しい内容は、↓で、ご確認ください。

 

 衛星劇場              「韓チャン!」 #12

 

 ホームドラマチャンネル     「韓チャン!」 #12
 

 

 衛星劇場とホームドラマチャンネルで放送するものの内容が同じなのか違うのかは、そもそも「韓チャン!」を見たことがないので、分からなかったりしています。

 早速、確認したところ、今のところ少なくとも1回は無料放送で見られるようですので、ラッキー♪です。

 この期間のEPG(電子番組表)と、↑の無料放送の参加詳細を見ながら、番組のチェックをします☆

 

 

2015年4月21日 (火)

夜警がんばる

 

 先週末の4月17日の金曜日から、wowowで「夜警日誌」が始まりました。
 楽しみにしていた作品の第1話を土曜日の午後に見て…史劇なのにCGがてんこ盛り、龍神族とかいう龍神を奉る一族が敵役…フィクションの史劇にありがちな○○族とかいう神格化されたものを奉る一族の設定が苦手…で、その上、主人公の子供時代からの開始と、私の苦手なパターンのオンパレードで、第1話の途中でメゲそうになってしまいましたwobbly

 ここでめげたらダメ、大人時代になるまで頑張ろう!と自分に言い聞かせて、土曜日に第1話の途中まで、日曜日に第1話の途中からと第2話を視聴しました。
  心の支えは、何かの秘密の倉庫?みたいなところの守備隊長さんみたいな感じの武人さん役が、「帝王の娘 スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)のク チョンお父さんだったことです。ヘアスタイルとかがスベクヒャンのときから変わっていたせいか、お顔では分からずに、お声を聞いて、クチョンさんだ!と気づきました(笑)。話せない設定のクチョンさんを声で判別する私。クチョンさんの心のセリフをついこの間、聞いたばかりでしたので、声を覚えていました。クチョンさんのアクションに癒されて、第1話、第2話を乗り越えられました。次は、ちゃんとクチョンさんの「夜警日誌」での役名を覚えます。早く主人公たちが大人になってくれるといいな。

 目標!「夜警日誌」完走!

 週一の放送ですし、4月いっぱいでBS朝日の「スベクヒャン」の放送が終わるので、何とか完走できるのではないかと思っていますが…。

2015年4月20日 (月)

後番組

 

  「帝王の娘 スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)の後番組は、「善徳女王」なのですね。BS朝日の公式サイトに5月4日から放送開始と掲載されていましたので、詳細は、そちらをご覧ください。

 自らの出自を知らずに平民として育った百済の王の娘の物語「スベクヒャン」の後番組は、自らの出自を知らずに平民として育った新羅の王女の物語「善徳女王」ですか。私としては、自らの出自を知らずに平民として育った百済の王女の物語「薯童謠」を放送していただきたかったのですが…。

 “百済”つながりではなく、“同じ設定のヒロイン”つながりでしたか。「薯童謠」は以前、BS朝日で既に放送されていますから、やはり叶わぬ夢でした。

 やはりこの編成は、
 


 good job!!!
 
 


 です。BS朝日さん、ありがとうございます。m(__)m
 
 こういう関連のありそうな編成は好きですhappy01

 

2014年5月29日 (木)

2014年夏の私的お祭り

 2014年6月下旬から、ごくごく私的なお祭りが始まります。

 「私の期限は49日」でハン・ガン役を演じたチョ・ヒョンジェさんに嵌った私にとって、ファンになってから最大規模のテレビ視聴的なお祭りです。
 そのお祭りの備忘録を兼ねて、番組名、放送局、放送開始日時etcをメモします。

 ※これらは、2014年5月29日時点での情報ですので、変更される場合があります。その点をお含みおきください。最新情報は各放送局のHPでご確認ください。

 

 私の期限は49日 フジテレビTWO

  2014年6月23日~7月18日 月~金 20時20分~21時30分
  2014年6月24日~7月21日 月~金 13時50分~15時(再放送)
  2014年6月28日~7月26日 土 12時30分~18時30分(6/28 13時40分~/7/26 9時40分~10時50分)(再放送)

 

 花を咲かせろ!イ・テベク KBS World 
  2014年6月30日~ 月・火 18時45分~20時
  2014年7月2日~    水・木 14時30分~15時45分(再放送)

 

 薯童謠(ソドンヨ) チャンネル銀河
  2014年7月1日~  月~金 19時45分~21時

 

 帝王の娘 スベクヒャン KNTV
  2014年7月4日~ 月~金 12時~12時45分


 私の家の視聴環境として、KBS WorldとフジテレビTWOは残念ながら見られません。しくしくweep。スベクヒャン、見たかったのになぁ…。でも、視聴環境を整えるとき、スカパー!プレミアムは費用対効果を考えて諦めたので仕方ありません。見られる環境にある方はぜひ~。昼、スベクヒャンを見て、夜、薯童謠を見るのは、ある意味面白いかもしれません(笑)。←判る人には判る文章(笑)。
 「私の期限は49日」と「薯童謠」は、それぞれの放送局と契約さえすれば見られるので、時期を見計らって契約して視聴する予定です。それにしても、私の期限は49日と薯童謠の放送時間が微妙に重なっているのですが…。

 6月23日から薯童謠の終了する9月中旬まで、毎日、平日はうきうきワクワクしながらテレビの前で楽しめそうですhappy01

 それにしても全てCS…。BSで放送があったら…などと個人的に思わないでもないですけれど、BSだと、1時間枠でカットが山ほどになるのでしょうし…。

2014年5月12日 (月)

憧れのスイスアルプス

 BS-TBS「世界一周魅惑の鉄道紀行」で、“インターラーケン~ユングフラウヨッホ アルプストレッキング 憧れのユングフラウ鉄道に乗って”が再放送されたので見ました。スイスの紀行物が放送され始めると、そろそろ初夏に向かう季節なのだなぁ~と季節を先取りした気分になります(笑)。

 番組冒頭、ケーブルカーに乗って着いたのはルトホルン…は、ガスの中。シルトホルン展望台の天空のレストラン、ピッツ・グロリアは客席がゆっくりと回転して座りながら360度の絶景を楽しめるのだそうです。ほうほう。シルトホルン・バーガー フレンチフライ添え23.1CHF(約2,500円)は、場所代かなぁ…ビミョー…。まぁ、1度はいいかも。

 この放送でのルートは、インターラーケン~ミューレン~アルメントフーベル~グリンデルワルト~ユングフラウヨッホ、のようです。
 このうち私が行ってないのはミューレンとアルメントフーベルですな。ふむ。どんなところなのでしょうか。

 インターラーケンではレンタサイクルで街を散策。

 インターラーケン・オスト駅からラウターブルンネンまで登山鉄道。ラウターブルンネンかららシュッテルヘルベルクへの移動手段は?シュテッヘルベルクからロープウェイを乗り継いでミューレンへ。ラウターブルンネンからミューレンへはシュテッヘルベルク経由でロープウェイを乗り継いで約30分ですか。頭の中にメモメモ。覚えられるかな…。

 ミューレンは標高1650mの崖の上に佇む小さくて可愛い村。村中が花でいっぱいhappy01 うっわ~。ステキ素敵!
 ミューレンからケーブルカーに乗って1907mのアルメントフーベルへ。アルメントフーベルもパノラマの中を野生の可愛いお花たちを眺めつつ散策できるですね。絵になるところですね~。
 ミューレンとアルメントフーベル、いつかハイキングに行きたい場所リストに入りました♪
 ミューレン近郊の村のミッシュマッシュ(Gehren 3826 GIMMELWALD)というお店の自家製のハーブティー、アルペンハーブといって愛好家には知られた存在だそうで、すっごい興味あるけど、さすがにここには行けないだろうなぁ。

 インターラーケンに戻ってウィリアム・テル野外劇場へ。

 インターラーケンから再び登山鉄道に乗り、グリンデルワルトへ。
 グリンデルワルトからクライネ・シャイデックを経てユングフラウヨッホへ。クライネ・シャイデックからアイガーグレッチャーへハイキング。私は2006年のスイス旅行のときに、この逆のコースのハイキングをしましたっけ。わ~、あれからもう8年近く経ってしまったのですかぁ。このハイキングコース、とても楽しかった記憶があります。またいつか歩きたいなぁ。

 今回の本放送は2013年11月4日で、そのときも見ていて感想を書いていたりします。どうりでウィリアム・テル野外劇場とかグリンデルワルトのご一家とか、見たことのあるエピソードがあったはずです。でも、今回の方が、ず~っと真剣に見たような気がします。どうしてでしょう(笑)。

2014年4月30日 (水)

テルマエ・ロマエⅡ

 阿部寛さん主演の映画「テルマエ・ロマエⅡ」を見ました。

 以下、ネタバレな感想があったりしますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。


 出だしから、ローマに新たなテルマエを建設するためにさまざまなアイディアを求められて、現代日本にタイムスリップを繰り返すルシウス。ネタをもの凄い勢いで投入しています。
 あ、でも、冒頭のコロッセオでの剣闘士のシーンは私的にはちょっと…で目を背けたりしてやり過ごしました。

 ネタ満載で、肩に力を入れずに観られて、ところどころでクスッと笑ったり、思わず吹き出してしまったり…同じタイミングで一緒にご覧になっていた観客も笑っているので、その点、周りの迷惑にはなっていないと思われます…。GWに気楽に見られて、でも、ちょっと心が温まる作品でした。

 そしてそして、前作のパート1では、とっても敵役だったケイオニウスさんが、今回、と~ってもいい人でカッチョな役回りでした。女癖は悪いけど…。何だか~見ていて、白皙の美青年?女癖は悪いけど~。とか、思ったり。
 それに引き替え、前作ではいい人だったアントニヌスさんの影がイマイチ薄めでした。顔は相変わらず濃かったですけど…。

 我ら平たい顔族も、もちろん健在で、ルシウスを支えました(^^)v

2014年1月29日 (水)

ソースとしょうゆ

 映画「トリック」を観ました。

 シリーズ最終作とされている今回の作品、事前情報はそれだけしか知らずに観ていると、お母さんのお習字教室の生徒さんたちが書いているお習字の文字でクスッと笑わせていただきました。これらの文字から察するに、取りあえずシリーズ最終作ということになってはいるものの、スタッフの皆さんはこれからも作りたいお気持ちを持っていらっしゃるような…。

 東山紀之さんが出ていて、おっとビックリ。何故に東山さん?と思いつつ観ていると、オネエ系お医者さまで北村一輝さんが登場して、なるほど~!と、多いにうなずいてしまいました(笑)。
 阿部寛さんと北村一輝さんは、「テルマエ・ロマエ」でも共演されてらっしゃる顔の濃い星人。このお2人の顔の濃さに対抗するには、しょうゆの代表選手の東山さんってことですか。うむうむ。
 「テルマエ・ロマエ2」も今年の春に公開予定みたいですから、阿部さんと北村さんは、昨年は映画の撮影でずいぶんご一緒の期間があったのですね。

 今回はキャストで犯人が判るパターンでした。まぁ、「トリック」は犯人当てよりも、小ネタでどれだけギャグがかませられるかが重要なのでしょうから(勝手な私の推測です)、いいのですよね、うん。

 大爆笑はなかったですけれど、いたるところに散りばめられた小ネタでクスッとさせていただいた楽しい作品でした。

 えっと、どうでもいい感想。仲間さんや野際さん、特に野際さんは、「トリック」のシリーズ開始から全然、お変わりないように見受けられました。これってスゴイ!の一言。それに対して、阿部さんは、お顔がほっそりしたような…感じで最も面変わりされていらっしゃるような気がしました。

より以前の記事一覧