2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

旅行・地域

2014年2月19日 (水)

雪だるマーク消える

 今日の天気予報からまず雪だるまのマークが消え、更に明日の天気予報からも雪だるまのマークがなくなっているのを見たときには、正直ホッとしました。

 さすがに3週連続で週末に雪かきかぁと考えると、それだけでも気持ちが重かったので、よかったなぁ…と。

2013年9月16日 (月)

旅博2013見学記

 東京ビッグサイトで開催された2013年の旅博に行ってきました。

 写真を交えた旅博の見学の模様は、こちらをご覧ください。

 旅博、行きたいと思いつつ、これまで行く機会に恵まれず、今回、初めてお邪魔しました。初めてなので、どこをどう行動したらいいのか判らずに計画性のない行き当たりばったりの見学になってしまったような気がします。何回も通っていらっしゃる方は、“これぞ通!”な見学順&見学手法を編み出されていらっしゃるのでしょう。

 全日空(ANA)のブースでは、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーのシートが用意してあって、お試しで座れました。悲しいかな私の足は短すぎるのかプレミアムエコノミーのフットレストに足が届きません!ビジネスの方もフラットにしても足先が本来足を納めるべき場所まで届かなくて…(号泣)。私の空のシートはエコノミーで十分ということでしょうか。

 今までの旅行でいったことのあるところや、これから行きたいと思っているところのブースへ行って、資料をいただいたり、あちこち歩き回って各ブースでやっているショーを見たり、ステージでやっているショーを見たりしました。手当たり次第にいただいてどんどん重くなる資料を抱えつつ目茶苦茶に歩きまわって、疲れたけれど心地よい疲れで、また行きたいな~っと。ただし、次に行く機会があったら、もう少し事前に予習して、効率の良い資料の得方と歩き方を考えたいと思います。

Day03_08

 昼食のデザートに食べたマンゴーカキ氷が超おいしかったですhappy01 日本で食べるマンゴーカキ氷がこれだけおいしいなら、本場の台湾でいただくカキ氷は更にパワーアップしておいしいのではないかな~などと、つい考えてしまいます。台湾に行かれてスイーツの食べ歩きをされていらっしゃる方が多いのがうなずけるおいしさでしたheart04いいな~、本場の台湾でマンゴーをい~っぱい食べたくなってしまいました(笑)。

2013年6月30日 (日)

JAL機体整備工場見学&しろたんな1日

 今年(2013年3月)に、羽田空港新国際線ターミナル4階のしろたんタウンへ鶴丸しろたんを買いに行ったら、在庫なしで次の納入予定は4月と言われて、哀しく整備士のしろたんを買って帰宅したリベンジを図るべく、羽田空港へ行って、鶴丸しろたん(愛称を勝手に“つるたん”と命名)を買い、国内線の第2ターミナルで航空機の離発着を店内の窓から見られるカフェで昼食を摂りつつ、離発着する航空機を見てから、JAL機体整備工場の見学をしました。

Day02_13

 今回は、無事につるたんを家に連れて帰れましたhappy01

 昼食のときも、航空機の離発着がたくさん見られて、落ち着いて食事するというよりも、航空機を見ながら、カメラを構えつつ、その合間に食べている…という感じでしょうか(笑)。楽しくて楽しくて。
 特に、ピカチュウジャンボが着陸してきて、思わず「ピカチュウheart04」と声を漏らしてしまいました。ピカチュウジャンボは乗ったことがあるので、愛着もあるのですairplane
 ANAのジャンボ機は今年度中に全機退役だそうで、ピカチュウジャンボもジャンボ機ですので、乗れるのも見られるのも、あと僅かのようです。ちょっと前までは、海外旅行のお友達はジャンボだったのに、時代の流れとはいえ少し寂しいですね。

 JALの機体整備工場は、写真・ビデオ撮影可ですが、WEB・出版物等での外部への公開は一切禁止ですので、機体整備工場内、および、機体整備工場前から撮影した着陸機は、私の楽しみとして保存するだけですので、ご了承ください。
 今回の機体整備工場見学は、これまでの機体整備工場見学の中でも、個人的に最も面白かったですlovely

 そんなJAL機体整備工場見学&しろたんな1日の写真を交えた見学の模様は、こちらからご覧ください。

2013年3月30日 (土)

わ~るど掲示板

 みや’s World の掲示板です。

 みや’s World のご感想etc を、お気軽に ↓ のコメントにお書き込みください。↓

 どの記事をご覧になったか(例:ポルトガル旅行記、山歩記の木曽駒ヶ岳など)を、お書きいただけますよう、お願いいたします。

2013年3月24日 (日)

ANA機体整備工場&しろたんな1日

 2013年1月期のTBSの連続ドラマ「あぽやん」を見て、すっかり飛行機と空港と鶴丸しろたんがマイブームな私。

 飛行機を見に空港へ行きたい!

 鶴丸しろたんを買いたい!

 いろいろ考えた末、ANAの機体整備工場見学に行き、その帰りに羽田空港の国際線ターミナルのしろたんタウンで鶴丸しろたんを買う計画をたてました。

 「あぽやん」の舞台は成田空港。あぽやん=遠藤くんたちの勤務する旅行会社JALPAKはJALのグループ会社。
 それなのに、今回見学するのはANAの機体整備工場、空港気分を味わいに行くのは羽田空港。全てが逆(笑)。

 「あぽやん」、1月スタートの連ドラで唯一見ていた連ドラです。なんだか妙にツボで。空港を舞台にした人間ドラマ…人情ドラマなのかな。ですので、何だか“空港”に無性に行きたくなってしまいました。

 遠藤くんが最初は仕事をなめ切っていたのが、どんどん回を重ねるごとに成長して、今泉さんがいい味出してました。今泉さんみたいな会社員、ああいう上司、いないかもしれないけれど、いたらいいなっと。
 そして藤崎さん。このドラマでイチオシのキャラは藤崎さんです。仕事中は頼れるお姐さま、酔っぱらうと桜子ちゃん。好きですhappy01

 ドラマを見ていると、至る所に登場して、いいところを持っていく鶴丸しろたん!

 しろたんタウンに行ったら見当たらないので、店員さんに聞いたら、「あぽやん」に登場したら人気で、売り切れてしまって4月に入荷予定なのだそうです。GWにはあるはずみたいです。

 ショック~!!ガ~ン!!!頭、真っ白になりました。

 鶴丸しろたんを買いたくて羽田に行ったのに~!!(極論)

 手ぶらで帰るのも寂しいので、JALの整備士さんに扮したしろたんのぬいぐるもを買いました。鶴丸しろたんが我が家にやってくる日。それは、いつの日になるでしょうか。

 そんなドタバタな1日の模様は、こちらをご覧ください。

2011年9月 4日 (日)

立山黒部アルペンルート

 立山黒部アルペンルートの旅の2日目。

 メインの乗り物に乗っての立山黒部アルペンルートの通り抜けです。ロープウェイ、高原バス、トロリーバス、ケーブルカーなど、たくさんの種類の乗り物にのって富山県から長野県へ通り抜けしました。

 写真を交えた旅行記をホームページにアップしましたので、こちらをご覧ください。

 山の天気は変わり易く、晴れ間がのぞいたり、雨が降ったり、曇ったり。
 大観峰までは曇りが多かったです。室堂では雨のち曇り。大観峰を過ぎてからは天気は回復傾向。

 室堂では雨中に、みくりが池周遊コースの散策。1時間の散策タイム。散策を始めた最初のうちは、雨で立山の山頂が見られませんでしたが、それも次第に雲が取れて、雨が降っていても立山山頂fujiが望めるようになり、散策終盤には雨も上がり、なんと!雷鳥さんにお逢いできましたhappy01heart04それも4羽もheart01大きいの2羽、小さいの2羽でしたので、多分、親子ではないかな~っと勝手に思い込んでいますheart02テンション最高潮lovely

 これまで風景だった山々でしたが、鈴木ともこさん著「山登りはじめました」を読んだ影響か、立山を仰ぎ見しながら、あそこを登ってる方がいる、稜線を歩いてる方がいると、今までとは違う感慨を覚えました。

 天気に恵まれたとは言い難い旅行でしたが、雷鳥さんが見られて天気のことは吹き飛んでしまいました。本当に雷鳥さんに逢えて嬉しかった~happy01

 今度また立山を訪れる機会があったら、立山に1泊できたらいいな~と思っています。

2011年8月30日 (火)

とろっことろっこ

 夏のお休みに立山黒部アルペンルート旅行。アルペンルートは随分前から行きたかったところなので、と~っても楽しみにしていた旅行。

 1日目は、宇奈月~鐘釣間の黒部峡谷鉄道のトロッコ電車に乗車しました。天候がイマイチなことを除けば…う~、まだ悟りを開けない俗人の私にとって、天気は重要なファクターでした。

 そして富山に1泊。こてこてのビジネスホテルに宿泊。普通に普通のビジネスホテル。あ、でも遮音性は結構よかったような気がします。これ、重要ですよね。

 そんな立山黒部アルペンルートの写真を交えた1日目の旅行記は、こちらからご覧ください。

2011年8月14日 (日)

山登りはじめました

 山登りはじめました。(笑)

 今回は、“山歩きはじめました”のほうがいいのかな。

 鈴木ともこさんが描かれた「山登りはじめました」、「山登りはじめました2」を読んで、なんだかすっかりその気になって、夏休みに山に行きました。

 今回の目的地は、草津白根山。昨年9月に訪れている場所で、そのときは弓池周辺の散策と白根山の湯釜まで登りました。それがどうして今年もかというと、「山登りはじめました2」に草津白根山編がありまして、そちらで紹介されている本白根山を歩きたかったからです。そこで、本では1泊2日だった行程を参考にさせていただいて日帰りにアレンジして決行しました。

 本白根山と逢ノ峰、横手山が目的地で、結論から言うと時間が足りなくて…本白根山を歩くのに時間を掛けすぎたとも言う…横手山への渋峠ロマンスリフトの営業時間の関係もあり、横手山へは行けませんでした。残念!

 そんな行程は、↓こちら。

 白根山レストハウス(有料駐車場410円) → 本白根山コマクサリフト → 本白根山 から釜 → 本白根山遊歩道最高地点 → 本白根山展望場所 → 鏡池 → 白根火山ロープウェイ山頂駅 → 逢ノ峰 → 白根山レストハウス

 以上のコースを、無料シャトルバス、リフトなどを利用しつつ約5時間少々で歩きました。

 持参したのは、昼食用弁当、行動食のバナナと飴、500mlペットボトル2本、雨具、タオルなど。

 白根火山ロープウェイ山頂駅に飲み物の自動販売機があったので(平地の価格と同じ)、そこで缶ジュース1本購入。

 天候にも恵まれ、疲れがたまらないようにゆっくり歩くことに気をつけて、本白根山コマクサリフト → 白根火山ロープウェイ山頂駅までのコースタイム2時間+αのはずなのを、ものすご~く超過して歩きました。

 とても楽しくて山の空気を満喫できました。また「山登りはじめました」を参考に、どこかの山に行きたいと思っています。

 今回の山登り(山歩き)のそれぞれの地点間のもう少しきちんとした時間と写真の入った旅行記は、こちらをご覧ください。

2011年5月15日 (日)

機体整備工場&羽田新国際線ターミナル見学記

 羽田の機体整備工場と新国際線ターミナルへ遊びに行った見学記をアップしました。

 見学記は、こちらからご覧ください。

 羽田に遊びに行ったのは、今年、2011年の3月です。それも、お判りのこととは思いますが、3月11日以前です。羽田へ行ってから何日も経たないうちに、それまでの日常が引っくり返ってしまうとは、思いもせずにただ嬉々として見学していました。3月11日以前の見学記ですから、できるだけ震災のことは表に出さないようにして作成ましたので、ご理解いただけると幸いです。

 羽田の見学が終わり、帰途につく京急線に乗車してすぐに、一緒に行った旅友さん2人と偶然に地震の話題になりました。
 “今、大地震がきたらどうする”だったと思います。そのときのみんなの一致した考えは、“とりあえず羽田空港に引き返す”でした。地震で電車が運転中止になるのはこれまで目にしていたので、電車から出された後にどうするか問題で、羽田空港に歩いて引き返し、電車の運転再開を羽田空港内で待つのが、トイレ、水、食料等、様々な面から考えて最も安全だと思われたからでした。
 まさか、その何日か後にあの大震災が起こるとは…。

 羽田の見学後、旅友さんたちと会う間もなく東日本大震災発生。大震災後、一緒に羽田に行った旅友さんたちと連絡をとったときは、どちらからともなく「地震が…」。

 恐ろしいほどの偶然。言葉もありません。

 まだまだ予断の許されない事態が続いています。それでも前を向いて、一歩一歩進めるように心がけながら生活しています。

 

2011年4月24日 (日)

伊豆半島紅葉巡り旅行記

 2010年11月に伊豆半島で紅葉狩りをしたときの旅行記をアップしました。

 伊豆半島に旅行する前のクロアチア・スロヴェニア旅行記を延々と作成していたため、春爛漫なこの季節に紅葉狩りした旅行記のアップとあいなりました。(爆)
 いや~、一応、GW前までにはアップしようと、これでも努力したつもりだったりします。言い訳にもなっていない言い訳…。自覚してます。m(_ _)m
 秋の紅葉が春の新緑や花に置き換われば、それはそれで、その土地の風情が楽しめるのでは…いかがでしょうか?

 1日目は、修禅寺、虹の郷(テーマパークかな)、煌めきの丘、恋人岬

 2日目は、河津七滝のうち4つの滝巡り、旧天城トンネル、浄蓮の滝、道の駅「天城越え」

 3日目は、熱海梅林もみじまつり、千本浜公園

 晴天に恵まれたのは1日目だけで、2日目は曇りのち雨、3日目は曇天と、天気はイマイチだったため、2日目に予定していた伊豆半島のドライブは思いっきりカットしてファミレスでお茶して過ごしてしまいました。(苦笑)

 修禅寺の庭園の特別公開時期でしたので、入場料\200をお支払して見学したり、修善寺散策を楽しんだり、1日目が最も歩いて観光したので、印象に残っているのもこの日だったりします。

 そんな伊豆半島紅葉狩り旅行記は、こちらからご覧下さい。

より以前の記事一覧