2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 愛読書チェック 2019年8月号 »

2019年6月18日 (火)

紅霞後宮物語 第十幕

 
 雪村花菜さん著「紅霞後宮物語 第十幕」を読みました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 琮尚書引退の関係で、皇族から新たに妃嬪が後宮に入宮することになった。この茄王の長女が後宮入りの直前に死亡してしまったため、次女の仙蛾が後宮入り。
 
 ここから、またまた後宮で波乱が始まった。
 
 当初は小玉に協力的に見えた仙蛾だが、文林を巡って小玉らと対立。
 
 すると小玉の宮である紅霞宮に仕える女官たちが、続々と原因不明の病に伏せることになる。
 伝染病を疑った小玉に、侍医は毒ではないかとの見方を示す。
 
 
 お化粧の研究に励んだという仙蛾なので、その関係から私は勝手に皮膚吸収型の毒を用いたのかなぁ~と思っていたら、尚宮の麗丹は紅霞宮の水を疑っていた。小玉に離宮への保養を勧めて、その間に自分と罪人を使って人体実験。麗丹もおよそ分かりにくい性格だなぁ~。私はこういうキャラ、結構好きだけど(笑)
 
 小玉に毒を盛るくらいなので、仙蛾の姉が病弱だったり、後宮に入る直前に死んだりも実は仙蛾が姉に一服盛ったのではないかとまで思ってしまったり(^_^;)
 
 小玉も戦がないときは、後宮の妃嬪に頻繁に毒を盛られていて、たいへんな日常。
 
 
 この巻では、康の女王が第一子(女子)出産後に死亡したり、寛では康女王の叔母が寛の皇帝の長男を出産して、邪魔な寛の皇太后と皇后を暗殺したりと周辺国でも穏やかではないこと続き。
 
 寛の皇后は実は密かに逃げて、凰の潜伏先で凰と出会ってしまったり…。凰は前巻のラストで生き延びて、フェードアウトしてこのままひっそりと静かに暮らして欲しかったのになぁ。寛の皇后と会ってしまったら、そうもいかない予感がプンプン。小説なのだから仕方がないのかなぁ。
 
 この巻の唯一の朗報は、雅媛が無事に男子を出産したことかなぁ。雅媛もいろいろ今後について考えを巡らせているようで、これはこれでどうなっていくのか、どうしていくのかが楽しみな展開。
 
 さて、次巻でどう展開してオチがつくのか楽しみです。
 

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 愛読書チェック 2019年8月号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | 愛読書チェック 2019年8月号 »