2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 梅雨入り | トップページ | 十二国記新刊 »

2019年6月 8日 (土)

印象派への旅

 
 Bubkamura ザ・ミュージアムで開催中の「印象派への旅 海運王の夢ーバレル・コレクションー」を鑑賞しました。
 カニの横這いで歩くこともなく予想外にゆっくりと見学できました。ちょっとびっくり。でも、ストレスなく見学できたてよかったです。日本人が好きな印象派なのに、何とか美術館展みたいな有名美術館の冠がないからなのかなぁ。
 
 バレル・コレクションをメインにケルヴィングローヴ美術博物館の所蔵作品も何点か展示されていました。
 
 油彩画のほかに水彩、ペン、鉛筆、チョークで描かれた作品もあり、面白かったです。
 バレルさんが日常生活の風景を収集したので、見やすかったのもあります。バレルさんと同じグラスゴー出身の画商さんが、パリでゴッホ兄弟と2年くらい同居していたことがあるそうで、そのご縁で印象派の作品をいろいろ収集できたとか。ご縁って大事ですね。
 バレルさんが収集したコレクションをグラスゴー市に寄贈したときの条件が、グラスゴーの郊外でコレクションを公開すること、イギリスの外へ持ち出さないこと、だったそうです。今回、日本に来ているのは、グラスゴー郊外の美術館が修築中だからだとか。2020年に再OPENだそうですが、グラスゴーの更に郊外だと個人的に見学に訪れるのは、私的にはかなりハードルが高い場所です。ですから、今回のこの企画展はラッキーでした。
 
 ドガの「リハーサル」はドガにしては珍しくパステルではなく油彩なのですね~。帰宅してから出品作品リストを見て気づきました。見学中は夢中でそこまで気が回りませんでした~(笑) さすがに、水彩、ペンetcと明らかに油彩ではないのは、すぐ分かりましたが…。
 
 最後の展示室の展示作品に限って写真撮影可でした。日本で開催される企画展で写真撮影可なのはものすご~く珍しいというか、私が見学したのでは初めてでした。嬉しく、ありがたく写真撮影させていただきました。webにアップするにはイロイロ注意書きがあったので、個人的に楽しむということで…。
 
 久しぶりの美術展見学が、と~っても楽しくて思わず他の企画展の早割チケットを購入してしまいました(笑)
 
 
 見学後は、渋谷の紅茶の美味しい喫茶店でランチ♪おいしいアイスミルクティを堪能しました(^^)v
 

« 梅雨入り | トップページ | 十二国記新刊 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨入り | トップページ | 十二国記新刊 »