2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

コンプリート

 
 KNTVで放送の昨夜の「彼女はといえば」の第19話と第20話が無事に録画でき、全20話コンプリートしました(^^)v
 
 日本初放送ラストの日、第19話と第20話をリアルタイム視聴できました。「彼女はといえば」で通しでリアタイ視聴できたのは、昨夜が最初で最後。差し迫った目的があると、がんばってリアタイできるようです。
 
 カン・チャンギの睡眠薬での自殺未遂をスジンが狂言自殺だと判断したのがどうしてか、あちらの放送のリアタイ視聴では高い言葉の壁で分からりませんでした。昨夜の放送で、胃洗浄したら睡眠薬が数錠しか胃の中になかったからだと分かりました。日本語字幕は偉大です。
 
 チャンギがウンハンを手放せない理由はなんとなくその説明で分からないでもないような気がしないでもありません(どっち?>自分)。が、DVに走ったきっかけというか、そういうものは結局描かれませんでした。結婚1年は普通に夫婦だったと語られているのですから、最初のDVのときに何か引き鉄みたいなことがあったのでは?と私的に勝手に思っているのですが…。
 
 ゆっくりとどこからどう間違ったか、そこを見つめるところから、チャンギはやり直します。チャンギは生きているから、反省もやり直しもできます。チャンギは生きている。
 
 あとは、いつ、どのタイミングで全20話をディスクに落とすか、です。
 

2019年5月30日 (木)

最終回

 
 今日5月30日は、KNTVで放送中の「彼女はといえば」の日本初放送の際19話・第20話(最終回)の放送日。
 
 今日までリアルタイムで見られなかったので、できたら第20話はリアタイしたいな~。今夜中に第19話・第20話を視聴して、上手く録画できているのを確認したら、明日は某所にTELしなくては(^_^;)
 GW特集で5月第1週の放送が休止にならなければ、今月中に本放送・再放送ともに録画できたはずで、そうしたら、こんなに焦らなくてもすんだのですが…。
 
 とりあえずいまのところ天候は荒れていないので、このまま何事もなく録画できることを祈るのみです。アンテナで受信しての視聴は、天候に左右されるところがネックです。
 
 ラスト2話を日本語字幕付きで会話のきちんとした内容を確認します。
 
 
 「彼女はといえば」が終了した後、何を楽しみにすればいいのか…。
 

2019年5月28日 (火)

くもり

 
 季節外れの猛暑のせいか、日曜日に山歩きした疲れが出たのか、昨夜は異様に眠くて22時前に就寝。
 
 暑さのピークを越えて、今日はようやく普通に過ごせました。暑くなるのは梅雨明けからであってほしいです。
 

2019年5月26日 (日)

猛暑日

 
 今日は日本各地50か所以上の観測地点で35℃以上の猛暑日だったそうです。
 なかでも最高気温の39.5℃を記録したのは、北海道の佐呂間町でした。北海道で39.5℃。そのほか、今日の高気温のトップテンは全て北海道だったそうで、北海道の方々は慣れない暑さで大変だったのではないでしょうか。
 
 日本中が猛暑で茹だった中、今日も足慣らしの低山ハイクをしました。
 ただ、いつもどおり昼食のお弁当を山頂で食べる計画ですと、熱中症のリスクがあるので、早朝出発して暑さが本格化する前の11時には下山する計画にしました。山頂の風が通る気持ちの良い場所で、おやつのアンパンとコーヒーで一息。いい汗を流せました。
 
 
 「私の期限は49日」の第20話をBSフジて放送された吹き替え・カット版で、ゴロゴロしながら視聴。とても久しぶりの最終話視聴。登場人物の他者を思いやる気持ち、優しさに涙が溢れました。
 

2019年5月25日 (土)

真夏日

 
 気温がグングン上昇し、今日は真夏日になりました。大分県では令和初の猛暑日を観測したそうです。5月下旬でこの暑さ。夏が怖いです。
 暑さ対策で、急遽、今日の午前中に家の南側にオーニングを設置しました。これで少しは直射日光を遮られて室温の上昇を和らげられたらいいのですが…。

 
 「彼女はといえば」の第17話と第18話を視聴。会長がウンハンの実家の家族を嫌う理由が分かりました。
 確かに、ウンハンとウンハン母のあの会話を聞いたら、会長がウンハン母はDVを知っていても見て見ぬふりをして自分たちの生活を守ろうとしていると思ってもやむを得ない気がしますし、親戚付き合いしたくないと考えるのも仕方ないと思えました。
 
 会長が嫁苛めの鬼姑を演じて離婚理由にしてあげようとしているのにウンハンは我慢し続けて、顔を変えたら今までの私ではないといきなり復讐に走るのは、それはそれで何だか極端というか…と、今回の放送分を視聴して初めて思ったりもしています。
 
 字幕があって会話の内容が分かると、いろいろと発見があります。
  
 第17話と第18話でも、いろいろなことの理由の説明がありました。そこだけ聞くとそうなのかと思うものの、やはり、それまでのエピソードで語られていたことと辻褄があっているのかいないのか、釈然としないこともありました。ふむぅ。細かく気にしてはいけないのかな。
 
 来週で最終話。第19話と第20話の放送です。5月30日から31日にかけてが無風・好天の天気に恵まれますように。(お祈り)
 

2019年5月24日 (金)

愛読書チェック 2019年7月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2019年6月の番組表をチェックしました。
 
 6月には、なんと!びっくり!!
 
 フジテレビTWOで、またまたまた「TOKYOエアポート」の放送があります!
 
 私がCSを見られる環境を整えてから、4年以上、放送を待ち焦がれていたのに、昨年の秋にやっと放送があってラッキー♪と歓喜したら、その後が、ほぼ2か月に1度くらいの割合で放送されるって、一体何がどうなってこうなっているのでしょうか(?_?)
 「TOKYOエアポート」をこれだけ放送するのですから、姉妹作品の「TOKYOコントロール」もぜひ放送してください~!!
 
 日テレプラスで「ゴーバック夫婦」の一挙放送があったり、6月もあちこちでいろいろな一挙放送あり。ただ、私が喜んで飛びつく一挙放送は、これまた来月もありませんでした。
 
 そんなに飛びつくのがいつもあるわけありませんよね~。1年に1、2回、飛びつければラッキーかなぁ。
 

2019年5月23日 (木)

暑い

 
 今日は気温が上昇し、暑くて少々バテ気味です。明日は、もっと気温が上がる予報のようです。さぁ、どうなるのでしょうか。
 
 昨日からの背中の痛みは、昨夜眠るときに湿布を貼ったおかげか大分痛みが和らぎました。この分なら、お医者さんには行かなくても大丈夫そうです。ホッ。
 
 スカパー!のガイド誌の6月号が届きました。
 どんな放送予定があるのか、これから、ゆっくりチェックします。
 

2019年5月22日 (水)

背中痛

 
 今朝、起きたら背中に激痛が走りました。背中の左右両方とも痛いのですが、どちらかといえば左側のほうが痛みが強かったです。
 
 朝起きたら背中痛。原因が自分でも全く思い当りません。昨日は、普段どおりのパターンで過ごしていて、特別なことはした記憶がありません。それなのに、いきなりのこの痛みは(?_?)
 
 とりあえず、背中全体に筋肉痛緩和の薬を塗りました。午後になると痛みはじょじょに引いてきて、背中左側の筋に痛みが残るのみまで回復。
 今晩、また薬を塗るか湿布をするかして、それでも痛みがひかないようだったら、お医者さんに行くことを考えないとかなぁ。
 

2019年5月21日 (火)

 
 今朝は明け方から大雨情報が鳴り響き、驚いて目が覚めたので少々睡眠不足です。
 
 私の行動範囲では、道路上に溜まった水が通過する自動車に跳ね上げられたくらいでした。
 
 長時間の雨で地盤が緩んでいる場所もありそうですので、今後の雨に十分注意してください。
 

2019年5月20日 (月)

100日の郎君様

 
 「100日の郎君様」全16話完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 幼いころ出会い、結婚の約束をしたイ・ユルとソン・イソ。
 
 しかし、イソの父は反逆の汚名を着せられキム・チャオンに殺される。
 この政変でユルの父が王座につき、ユルは世子となる。
 
 時が流れ、日照りが続いたことから、世子は国内の20歳以上で未婚の男女への結婚令を出す。
 
 チョヌ山への外出時に生命を狙われた世子は、ヨン・ホンシムの父(養父)に助けられたものの記憶を失い、世子の出した命令(つまり自分の出した命令(^_^;))により、ホンシムと婚姻することになる。このホンシムが生き延びたイソであることを世子は知らず、イソもユルが世子だとは知らなかった。
 
 第1話から第10話くらいまでが、2人の婚姻と村での新婚生活の始まりから、だんだんと世子が村人たちと馴染んでいく様が描かれる。
 世子だから当然といえば当然で世情に疎くて、村の暮らし、食事、家に馴染めず、住まいを快適にするために高利貸しとは知らずに騙されて多額の借金をしてしまう。この序盤は、何だかな~な展開で頭を抱えてしまいました。
 
 村での生活に慣れていくのに時間がかかるとはいえ、ず~っと記憶が戻らずに村での生活が中心に描かれていてジリジリ。
 少しずつ、状況が変わり、記憶が戻らないまま、今は左相になったキム・チャオンに世子は王宮に連れ戻される。
 
 てっきり、世子は自分で記憶を取り戻して自力で王宮に戻ると思っていたので、予想外の展開でした。
 
 「不快なのは自分だけか」が口癖の世子にはまれず…。
 
 村人のグドルとクンニョ夫婦と村の役所の助役?みたいなお役人さん役の3人はいい味出していて、作品を盛り上げていました。彼らのキャラは面白かったです。
 
 途中、村の役所のトップになり、世子が王宮に帰るのと同時に世子付きの役人になるチョン・ジェユンもなかなか煮ても焼いても食べられなさそうなキャラがgoodな方でした。
 
 左相が1強で、王も王妃も世子の弟の大君も、全く左相に歯が立たなくてやられっ放し。
 政敵同士は、互角くらいの実力がないと面白くなく~。
 
 左相が世子に倒されるのも、はぁ?何ですか?こんなに簡単にケリがつくなんて…と、唐突感がてんこ盛り。
 
 左相が倒れて1年後、村の役所の助役?みたいなお役人さんが、世子が政権を掌握して村の役所のトップになっていたのが目出度し♪でした。
 

2019年5月19日 (日)

足慣らし

 
 久しぶりに低山ハイクに行ってきました。
 
 今年は夏に行きたい山があり、その足慣らしです。お久しぶりでいきなり2000m以上の山を歩くのは、さすがに怖いのでまずは低山ハイク。
 
 親子連れさんや、グループ登山のための下見で歩いている方々、単独行の方など、歩かれている方々のバリエーションも豊かでした。
 足にマメが少しできてしまいましたが、それ以外はなんとか普通に歩きとおせたので、次回はもう少し時間のかかるコースで体力面を鍛えるつもりです。
 

2019年5月18日 (土)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_10

 
 
 
 
 
 特にコメントはありませんでした。
 
 
 一昨日に引き続いてのインスタの更新。お誕生日前日からのこの頻繁なインスタの更新は…。
 
 お暑いようで前髪は上げていらっしゃいます。
 
 これは、もしかしたら事務所のクルマでしょうか。だとするとお仕事でのお出かけ?
 
 頻繁なインスタの更新と事務所のクルマでのお出かけ。ついつい、お仕事か?!と期待してしまうのがファン心理。
 
 期待しすぎてしまうのはいけないと、自分に言い聞かせています。でも、そろそろいいお知らせを聞きたい~!と切望しています。
 

2019年5月17日 (金)

答えはそこに

 
 昨日、「彼女はといえば」の第15話と第16話が放送されました。
 
 そこでは、リアルタイム視聴していたときに抱いていた疑問についての答えがいくつか語られていました。
 リアタイしていたときに聞いてはいたのに、言葉が分からないため。そこで話されていたことに気づきもしませんでした(^_^;)
 
 
 一応、ネタバレにならない程度に、ちょこっと。あやふやな感じでもそういうのを目にしたくない方は、この先は自己責任でお願いします。
 
 
 私がスジンに対して持っていた疑問は、ウンハンも同じ疑問を持っていたようで、ウンハンからスジンに直接、質問がありました。そのスジンからの答えが、「私はうまくやれるから大丈夫」でした。聞いた瞬間、「いや、それって根拠のない自信」と思ってしまいました。
 
 ウンハンの手首の傷2本についての経緯の説明があり、なんとなく分かったような、整合性がとれてるのか?ちょっと首を傾げたりしたり。
 
 いつからか、どのくらいかについてはアメリカにいるとき以外の7年間ということでした。
 
 あと、私が疑問に思っていることで、今回、語られなかったのは、何故か?きっかけです。
 
 それはこれから語られるのか。
 
 「彼女はといえば」。ラストまであと4話。
 

2019年5月16日 (木)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_9

 
 

#🏋️‍♂️#😁


 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 ヒョンジェさんが、運動中の写真をインスタにアップされました。
 
 運動中の写真のアップは随分久しぶりのような気がします。
 鏡に映ったご自身の写真。う~ん、お顔がスマホに隠れて全く見えないのが残念です。
 
 子守りだけではなく、元気に運動して身体を作っているよ~とファンに教えてくださっているのかな。
 
 水筒を持っていらっしゃるようなので、熱中症には気をつけられているようです。
 
 熱中症に気をつけて、身体作りをがんばってください。
 
 それにしても、お誕生日前日から、ものすごく小まめなIG更新ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 このシャツって、もしかして……。
 

2019年5月15日 (水)

キャラメル

 
 キャラメルを食べていたら、奥歯の詰め物が……。
 
 慌てて歯医者さんに行って、診ていただいたところ、「詰め物が取れたのではなくて、詰め物の一部が欠けた」とのことでした。
 一部が欠けただけとはいえ、全部を取って型を取って詰め直しです。
 
 とりあえずは、型を取って仮づめしていただきました。
 
 時間の経過とともに口の中の仮づめしてある側全体が痛み、頭痛もしてきました。噛み合わせのせいでしょうか…。
 
 取りあえず様子見。もう少し、痛みが増したら市販の頭痛薬で痛みを抑えようかなぁ。仮づめの段階で歯医者さんに痛みを訴えても、痛み止めを処方されるだけのような気がして…。今まで、仮づめしてから痛みを感じた経験がないので、こういうときに歯医者さんがどういう処置をするのか、よく分からなかったりします。
 

2019年5月13日 (月)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_8

 
 
💤?


 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 ヒョンジェさんが日付が変わる少し前にインスタの更新をされました。
 
 ベッド?ソファ?床?
 
 お誕生日のときの柔らかなイメージの写真から一転して、精悍な顔つきの印象です。ほんの数日で体重を絞られたのかな?
 
 暑いのか、前髪を上げられています。この感じもいいかも(笑)
 

2019年5月12日 (日)

バッドパパ

 
 「バッドパパ」全16話を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 ボクサーだったユ・ジチョルは八百長疑惑で除名され、刑事になるもひょんなことから収賄してしまい停職に。家族の生活を支えるために新薬開発のための試験薬の治験のアルバイトに応募する。ジチョルは治験のアルバイトには選ばれなかったものの、選ばれた男性からこっそり試験薬を手渡される。その薬を服用すると怪力になるなど運動神経が異常によくなる。偶然から総合格闘技の世界に足を踏み入れ、その薬によって連戦連勝し、生活を向上させる。
 薬の効果が持続する時間は3分!M78星雲から来た人と同じ持ち時間ですか?!
 
 ジチョルの妻は生活のためにパートに追われながらも作家になることを夢見ているチェ・ソンジュ。
 ジチョルとソンジュの間には高校生の娘のユ・ヨンソンがいる。
 
 ジチョルの八百長を指摘された試合の対戦相手のイ・ミヌは、今は総合格闘技のチャンピオン。ジチョルの妻のソンジュとミヌは幼馴染。そんな関係から、ミヌの自叙伝の執筆をソンジュに依頼する。
 
 前半は、ソンジュとミヌに嫉妬しまくるジチョルが、執筆はやめろ!お金は自分が稼ぐ!と、ソンジュに言いたいことを言うことすら言わせずに吼えまくる。娘のヨンソンにもブランド品を買ったり、お小遣いをあげたりする。
 
 夫として、父親としてお金を稼いでいるからそれで責任を果たせていると考えているジチョル。
 
 ソンジュが夫に、ヨンソンが父親に求めているのは違うと思うのだけどな~。前半は、ジチョルに何だかな~の連続で、こんな態度だと、妻や娘に愛想をつかされることがあるとしても仕方がないと思えたりして。
 
 そもそも新薬の試験薬を服用して総合格闘技の試合に出るのが何だかな~。総合格闘技ってルール無用なのかと思っていたら、ドーピング検査があったから、禁止薬物はあるはずで。ジチョルはドーピング検査で陰性だったので、ジチョルが服用していた試験薬はドーピングには引っかからないもらしい。でも、薬で怪力や異常な運動神経を得ているなら、それって反則なわけで…。
 薬の使ってお金を得て、新しい自動車や家族で暮らす豪邸を購入するジチョルの行動に釈然としないものがありました。 
 
 ミヌの自叙伝出版後、ソンジュがミヌに作家デビューを断り、2人の長い友人関係は終止符を打つ。
 
 後半からは、ジチョルに治験薬を渡した男性が治験中に亡くなり、製薬会社が死体遺棄をしようとするが不始末から警察沙汰となる。
 薬の開発者の博士がジチョルが何回も薬を服用しても生きていることから、ジチョルに協力を依頼するがジチョルは拒絶。その際、博士から副作用の可能性を示唆される。そこで、初めて自分が服用している薬に副作用があることを認識するジチョル。
 
 治験中の薬で、しかもあんな怪力や異常な運動神経が発揮される薬に副作用の心配をしないほうがおかしいと思うのだけど、副作用を全く考えないジチョルが不思議。
 
 終盤で、まさかのジチョルの娘のヨンソンが筋萎縮症を発症。余命わずかを宣告され、娘を救うために博士に協力するジチョル。治験結果の分析から、新薬開発まで数年かかり、ヨンソンを救うには間に合わない。博士からヨンソンを救う手だてとして言われた方法は…。
 
 ソンジュ役の女優さんと製薬会社の社長役の俳優さん。お二方とも、どこかで見た覚えがあるのに思い出せなくて検索。
 
 ソンジュ役の女優さんは、つい最近視聴したばかりの「SUITS」に検事から法律事務所に弁護士として転職した方の役を演じていました。「SUITS」では、真っ赤なルージュを引いたお化粧バッチリで、こちらのソンジュはナチュラルメークで、あまりに印象が違って分かりませんでした。さすが女優さん。演じる役で化けます。
 
 製薬会社の社長役の俳優さんは、「善徳女王」でピダムの子供時代を演じていた子役くんが成長して大人になっていました。あの子供ピダムが成長するとこういう男性になるですかあ。そういえば面影がありました。「善徳女王」から10年ですから子供ピダムも大人の俳優さんになっていてもおかしくないですよね。時間の流れが~~!!
 
 

2019年5月11日 (土)

めぐる

 
 今日も昨日に引き続き、各地で真夏日になった暑い日でした。
 
 そんな中、日中は買い物で、あちこちを駆け回りました。暑い中、かなり歩き回ったので、足が棒です(^_^;)
 がんばって歩き回ったのにも係わらずミッションはクリアできなくて、一部は来週に持ち越しになってしまいました。来週こそ!
 
 今夜は、疲れから爆睡するか、足がだるくて眠れないか、どちらかになりそうです。眠れるといいなぁ。
 

2019年5月10日 (金)

真夏日

 
 今日は、真夏日になったところもあったようで暑かったです。
 暑くなったり、涼しくなったり、気温の上下動が忙しくて、身体がヘロヘロです。
 
 
 BSテレ東で放送していた「帝王の娘スベクヒャン」が本日、最終話(第72話)を迎えました。何度目だ!と言いつつ、放送されるとついつい見てしまう「スベクヒャン」。毎回、楽しませていただきました。当分の間は、ロスになるかも…。
 
 今朝、CSの録画状況を確認したら、「彼女はといえば」が3つも並んでいて、一瞬、ビックリ!
 初放送の第13話、第14話に加えて、毎週金曜と土曜の朝5時45分から7時まで放送のアンコール放送分が録画中で、合計3つ並んでいたのでした。
 「彼女はといえば」第14話のラストでウンハンが記憶を取り戻し、これからチャンギの裏の顔が明るみに出る展開で…。
 

2019年5月 9日 (木)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_7

 
 

02_5

 
 

03_3

 
 

04_1

 
 

항상 생일을 함께 해주셔서 감사드립니다!!~♡
#카르페디엠 #카르페디엠japan #현재니무추우 #only johyunjae #나의모든팬 #가족 #❤️ #감동 #thankyou

常に誕生日を一緒にいただきありがとうございます!〜♡
#カルペディエム#カルペディエムjapan#ヒョンジェに夢中#only johyunjae#私のすべてのファン#家族#❤️#感動#thankyou


 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 ヒョンジェさんからお誕生日のメッセージのIG更新です。
 
 ヒョンジェさん、お誕生日おめでとうございます。この1年がヒョンジェさんにとって公私ともに実りの多い1年になりますようにお祈りしています。
 
 日付が変わり、5月9日になって間もなくの更新。律儀でいらっしゃる。 
 この律義さで、もう少し頻繁にIGの更新をお願いしたいな~と思ったり(笑)
 
 少しずつポーズを変えてくださっているのが嬉しいです。
 
 写っているプレゼントの中のアンパンマンはウチャンくんへのプレゼントかな。
 
 4枚目の写真の後ろに写っている、機械のようなものが何なのかが気になります(爆)
  

2019年5月 8日 (水)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

04

 
 

05

 
 

#어버이날 #🌹

#母の日#🌹

 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 ヒョンジェさんが日付が変わる前にIGを更新されて、お顔を見せてくださいました。
 
 ご家族でお食事に行かれた席での写真のようです。家族で食事に行って、美味しいものをたくさん食べて楽しい時間を過ごされたのでしょう。母の日とヒョンジェさんのお誕生日の両方のお祝いでしょうか。
 
 髪の毛を切ったのですね。
 スマホを操作しているプライベートのヒョンジェさんはあまりお目にかからないかも。
 

あと2話

 
 BSテレ東で放送中の「帝王の娘スベクヒャン」。今日は第70話の放送でした。あと2話で終わり。
 相変わらず今日の第70話でもいつも涙がこぼれるシーンで涙するパブロフの犬状態。
 1月25日の放送スタートから3か月あまり、楽しい日々でした。
 
 5月中は、KNTVで週2で「彼女はといえば」の初放送があるので、それを心の支えにします。
 
 6月からは…。
 

2019年5月 6日 (月)

GW終了

 
 今日でGW終了。GW最終日は、もう少し行楽日和になるかと思いきや、期待したほどには好天になりませんでした。
 本をもっと読んだり、録画したドラマをもっと視聴したりできるかな~と思っていたのに、それほど進捗しませんでした。
 
 明日からは日常生活に戻ります。GW終わった直後の明日が正念場かな~(^_^;)
 

2019年5月 5日 (日)

GW終盤

 
 GWも終盤で、残すところあと明日のみ。
 
 今日は異様に眠くて眠くて(;_;)
 朝寝坊して、昼寝して、それでも夕食後にもう眠い。これって一体(?_?)
 
 ごろごろしながら、「帝王の娘スベクヒャン」第68話(明日、BSテレ東で放送される回)をディスクに落としておいたBS11版で視聴。またしてもミョンノンに感情移入して涙(;_;) ミョンノンは自分で答えを見つけてしまって、ただホン内官には確認のために問い質しているだけで、でも、心の奥底ではきっと、ホン内官に自分の出した答えを否定して欲しかったのだと思えてなりません。でも、正直者のホン内官は肯定して本当のことを告げてしまう…。うぅ、ツライ。そんなミョンノンの心の支え、心のよりどころはソラナで…。
 今日、予習(復習?)の視聴で涙したから、明日のBSテレ東の放送の視聴をリアタイしても涙を流さないですむかな。
 

2019年5月 4日 (土)

賢い監房生活

 
 「賢い監房生活」全16話完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 プロ野球のスター投手キム・ジェヒョクは、妹を暴漢から救ったものの過剰防衛で懲役1年の実刑判決を受ける。
 
 ジェヒョクの拘置所、刑務所での1年間を同房の服役囚との繋がり、野球復帰へのトレーニングを織り交ぜて描く。
 
 拘置所の刑務官のジュノはジェヒョクの小中高校の同級生で野球仲間の親友。ジュノは拘置所の刑務官だったのが、ジェヒョクが刑務所に移るとそこへも転勤。ジェヒョクの刑務所生活を物心ともに支える。
 
 刑務所のペン部長刑務官を演じる俳優さんは、「善徳女王」のミシルの弟のミセンを演じた俳優さん。その強面ぶりで、今回は、怖くて服役囚の上前を撥ねる刑務官なのか、それとも、いい人なのか、最初はどっちなのかじ~っと見ていたら、服役囚のあれこれを(いい意味で)便宜を図るありがたい刑務官さんでした。いい意味でとは、ジェヒョクが筋トレで必要な鉄アレイなどの刑務所では持ち込み禁止のものを(凶器になるので)使ってトレーニングをしていても、見て見ぬふりをしてくれたり、ジェヒョクに頼まれごとをすると、良からぬ企みではないので、聞き入れてくれたり。
 
 原則通りにお仕事をするナ課長刑務官が刑務官の中では敵役。
 刑務所の所長は、名声を得たい調子のいい俗物。何でもナ課長の言う通りにする軽い人だと思っていたら、ペン部長がミスを犯して、ナ課長が他の刑務所への転出を進言したときの反応が予想外で驚かされました。ナ課長が進言した途端、考える間もなく却下。「ペン部長のように服役囚に寄り添う刑務官も必要。君(ナ課長)も必要だが、ペン部長も必要」と言ったときには、見るところはちゃんと見てる、伊達に所長なわけではないのだと納得。
 
 刑務所の服役囚は、どんなにいい人そうに見えても何かしらの罪を犯して刑務所に来ているので、裏の顔を持っている人がいて、その裏の顔を見せたときが、いい人そうなの仮面からのギャップに驚かされます。
 
 ジェヒョクの拘置所の同房者は、いい人そうに見えて実は…な人が多かったような。刑務所の同房者は、殺人、詐欺、横領、ヤク中などなど。ただ、会社の上役の罪を被ったり、冤罪を着せられたりもあり、こいつは勘弁してくれな悪党はいませんでした。
 
 タイトルの「賢い監房生活」から、むさいおじさんが多い作品かと思い、KNTVでの契約期間中に全話録画できる作品でなければ、タイトルでパスしていたかもしれません。
 
 それが、見たら結構面白く視聴しました。刑務所が舞台なので、それぞれの服役囚のここへ収容されるに至った背景は、どっぷり暗いものがあったりもします。ただ、各キャラの背負うものを描くだけでなく、現時点での生活の中で笑えるシーン、コメディ要素も散りばめて、暗い、重いだけの作品ではなく、バランスのとれたドラマでした。
 
 ジェヒョクも朴訥として何も裏を考えていないような顔をして、しっかり周囲の人を使って敵対する側を懲らしめたり、排除したりするのは、なかなかどうして“いい性格をしている”と思えたりしました。
 
 ラストはジェヒョクがマウンドに復帰なのだろうな~と思いつつ、それ以外のキャラについては、全くどうなるか、ストーリーがどう展開していくのか、先の検討がつきませんでした。
 
 ヤク中のハニャンのキャラは好きだったのにな~。やはりヤクは…。彼以外は、同房者さんたちも未来に向かえるラストでした。
 
 原題が「賢い監房生活」。
 邦題は「刑務所のルールブック」。
 
 一文字も同じ字はないけれども、邦題を見た瞬間に、「賢い監房生活」のことだろうなと思えました。あちらでは刑務所を監房と言うようですが、こちらでは刑務所なので、邦題の方がすんなり入って来る感じでしょうか。
 

2019年5月 3日 (金)

GW後半

 
 GWも後半に入りました。
 
 今日も今日とて録画したドラマ鑑賞とBSテレ東の「帝王の娘スベクヒャン」はリアタイ。ミョンノンの戦場での居場所をソリが高句麗に知らせたことを怒ったソラナがソリに「一緒に地獄へ行こう」と剣を振り上げる=第1話の冒頭シーンで次回へ続く。いいところで土日が入るなぁ。
 「スベクヒャン」も来週いっぱいで最終話。ここ3か月がアッと言う間でした。
 
 KNTVは、GW特別編成とかで昨夜の「彼女はといえば」の放送は休止。第13話と第14話は来週までおあずけ。GWだからと特別編成にせず、通常放送にしていただきたかったですぅ(;_;)
 昨日、「彼女はといえば」の放送がなかった変わりというわけでもないですが、今日の早朝から毎週金・土で「彼女はといえば」のアンコール放送開始。きっちり編集をしたので…また録ったのか?!>自分…あとで見ましょう。アンコール放送は第9話までしか録画できないのですが…単に私の契約の問題…放送があるとついつい録画予約してしまいます。
 

2019年5月 1日 (水)

「大富豪同心」 読了

 
 幡大介さん著「大富豪同心」を読みました。「大富豪同心」は、大富豪同心シリーズとして続刊が何冊も出ています。ここでは、あくまでもシリーズ第1作目の「大富豪同心」を読んでの感想です。
 
 ネタバレありの感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 江戸でも有数の大店三国屋の主の孫息子(長男の末っ子)の卯之吉は、お金はあるけれどするべき仕事がないので、ありあまるお金で放蕩三昧。
 
 商才があるとも思えない卯之吉の将来を案じた三国屋が、金に物を言わせて町奉行所の同心株を買い、卯之吉は町方の同心になる。
 
 同心なので、事件が起これば現場に出動し、事件解決に乗り出すことになる。やる気もなにもない卯之吉だが、放蕩していたときの幅広い人脈と、放蕩時代に医術の修練をしていたときの知識と助けた人の感謝からの助力と、周囲の人の勘違いにより、なぜか大物と誤解されていく。
 
 「大富豪同心」は、自分で考えたり、大金を使ったりして情報を集めるよりも、周囲が卯之吉に頼まれなくても助力して(祖父の三国屋との金銭関係のある用心棒もいるけれど)情報収集した結果、卯之吉が事件解決したことになったり、江戸でもトップクラスの剣豪と言われたり。
 
 あまり堅苦しく考えずに、するっと読める作品でした。
 
 これがテレビドラマ化されて、どんな作品になるのかなぁ。
 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »