2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

雨の一日

 
 平成最後の日は雨の一日でした。
 
 今日は平成最後の日で、明日は令和の最初の日令和元年5月1日。
 
 世界的には、今日は2019年4月30日で明日は2019年5月1日。普通に月変わりの日。
 
 新しい令和の時代は、どんな時代になるのでしょうか。
 
 災害のない、穏やかな、平和な時代でありますように。
 

2019年4月29日 (月)

ぷるぷる

 
 今日の午前中はガーデニングとい名の草むしり。
 
 無事にミッションクリア。足がダルダル。ふくらはぎがプルプル。
 
 平成最後の草むしりでした。
 
 
 午後はまったりとドラマ視聴三昧。
 
 
 明日は平成最後の日。どんな1日になるのでしょうか。
 

2019年4月28日 (日)

30だけど17です

 
 「30だけど17です」全16話を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 17歳のときに交通事故に遭い、13年間意識不明だったバイオリニスト志望のウ・ソリ。ある日、突然、目覚めて…。
 
 片思いだった少女が交通事故で死んだのは自分のせいだと思い込んで、自分の殻に閉じこもって事故から13年間自分の殻に閉じこもって生きてきた舞台美術デザイナーのコン・ウジン。
 
 交通事故前までソリが住んでいた家に、今現在住んでいるのがウジンとその甥のチャンとハウスキーパーのジェニファー。目覚めたソリが、自分の家に帰ってきて=ウジンの家に来て4人は出会う。
 
 前半、第8話、第9話くらいまでは、話の展開はゆっくり。物語があまりにもゆっくりに進む…いろいろエピソードがあって、ソリ、ウジン、チャン、ジェニファー、チャンの友達たちとの関係・絆が築かれていき、ウジンの殻も次第にひび割れ、いつしか割れて、心を開き始める。
 
 前半のあまりのテンポのゆっくりさに少々焦れたりもしつつ、ソリが13年間眠っていて、目覚めたばかりなのだから、少しずつ、今を受け入れるには、このくらいのスピードでないと無理なのかもしれないと思い直して見ていました。
 ソリのあまりに子供っぽい猪突猛進な言動も、外見は大人だけれど、ソリにしてみれば17歳で意識を失って目覚めてみたら、年月だけが過ぎ去っていて30歳の外見になっているだけで、心は17歳の続きなのだから、それが当然なのかもと考えたりしました。子供は一気に大人になるわけではなく、毎日の積み重ねが人の年齢相応の思慮を作るのだと…。
 
 自分のせいでというウジンの後悔の念はウジンが知らなかったことがあっただけで、ウジンのせいではありませんでした。そして、ソリに片思いも実はウジンが知らなかった事実があり…。このあたりは韓ドラあるあるかな。
 
 学生時代にソリと競演会?で競い合ったリン・キムが、嫉妬からソリに意地悪じみたことをするけれど、結局、それは、フェスティバル委員長の隠している悪巧みをソリに教えただけで、意地悪にはあたらないような気もします。あの場合、委員長の悪巧みを知っていてソリに教えないよりも、教えるほうが私的にはベターだと思うので…。
 
 物語の中で、何だコイツ!的な悪役、敵役がいないので、精神衛生的にも良好に視聴できました。
 
 この作品での私のお気に入りのキャラは、ウジンの甥のチャンくん(高3/決して名前で気に入ったわけではありません)と、ハウスキーパーのジェニファー。2人ともいい味を出しています。チャンのウジンを呼ぶときの「ミスター・コン」と、ジェニファーが自分の呼び方を言うときの「Please call me, Jennifer」が私のツボでした。チャンみたいな弟や甥がいたら、グリグリ可愛がってしまうだろうなぁ(笑)
 韓ドラですから、当然ジェニファーもただのハウスキーパーではなく13年前の交通事故の関係者でした。
 
 全16話ではなく全12話でもいいのでは?と思いつつ視聴したりもしましたが、精神衛生的に気楽に視聴できる作品でした。
 

2019年4月27日 (土)

鈴木ともこさんトークショー in 御茶ノ水

 

01_5

 
 
 マンガ家・コミックエッセイストの鈴木ともこさんのトークショーへ行ってきました。
 
 テーマは「山登りに行こう」。ご自身の経験とともにお話ししていただきました。スライドでは、燕岳登山のときにご自身で撮影された写真と共に登山のときの様子を話してくださいました。リアルな体験のもとでのお話ですので、イメージしやすかったです。
 山行記録の一部を見せてくださいました。ここから、「山登り始めました」が誕生したのかと思うと感激でした。
 また、1泊2日の屋久島登山のときは、写真を3000枚以上も撮影されたそうです。有名なところ、ものの他に、その周囲を撮影しておくと、そのときのことが、リアルに思い出せるとのことで、大きく頷きながらお聞きしました。
 
 トークショーでは、現在執筆中の新刊の一部を公開してくださいました。続きがどうなるのか絶妙なところでの「続きは新刊で」が素晴らしいです。(笑)
 
 

02_3

 
 
 トークショー中は、写真・動画撮影禁止。トークショー自体が終わってから、鈴木さんと山道具屋さんのコロンビアさんのコラボ商品の説明。ここは、写真・動画撮影OKですので、写真を撮らせていただきました。
 
 鈴木さんはセールスレディもかくやというごとく、グッズを熱く語っていました。本当に山への愛情があふれ出ていました。
 
 
 トークショーの後のサイン会で、しっかりと持参品にサインをいただき、一緒に写真も撮っていただいて大感激。1人1人に丁寧に接してくださり、質問にも答えてくださって嬉しかったです。
 
 楽しいトークショーとサイン会でした。どうもありがとうございます。
 
 また機会がありましたら、参加させていただきます。

 

2019年4月26日 (金)

なるほど

 
 「彼女はといえば」の第11話、第12話視聴。
 
 あのシーンのあの会話はあんなことを話していたのか~
 
 が、たくさんありました。何度でも言います!日本語字幕付きの放送は会話の内容が分かっていいです!!
 
 ジャヨンお母さんのセリフの一つ一つがやるせないです💧 あんなに一生懸命に何とかしようとしているのに…。
 
 スジンの野心が、より強く押し出されて感じてしまいます。
 
 結局、チャンギが探し回っていた携帯は農園のおじさんの携帯だったのですが、それをどうしてウンハンが?謎です。
 


2019年4月25日 (木)

ねむい

 
 波乱怒涛の1日だった昨日の疲れが出たのか、今日は日中から眠くて眠くて仕方がありませんでした(^_^;)
 
 
 最近は、平成最後の寒の戻りetcなど、何かにつけて平成最後の○○です。 
 それを言うなら、昨日から“平成最後の○曜日”に入っています。平成も残りわずか。普通に普通の月末、月初を過ごすつもりです。
 
 
 BSテレ東で放送中の「帝王の娘スベクヒャン」。昨日までの放送分では、字幕テロもなく、あと10話の放送終了まで、字幕テロは発生しないかも…と安心し始めた矢先、今日放送分の第63話に字幕テロが発生しました(;_;) それも、ニュース速報と気象情報の2つも!(号泣) 油断大敵というか、ちょっと安心するのが早かったというか。BSテレ東は、ドラマの再放送ってありましたっけ?再放送、あるといいなぁ。やってほしいなぁ。BSテレ東さま、「スベクヒャン」の再放送を何卒、何卒、何卒よろしくお願いしますm(_ _)m
 

2019年4月24日 (水)

愛読書チェック 2019年6月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2019年5月の番組表をチェックしました。
 
 5月のGWの特番は、まあまあ例年通りな感じでしょうか。5月1日は、いつもはない特番がそれなりにありましたが、思っていたよりも多くはなかったです。
 
 5月の新番組で私の目を引いたのは、
 
 「大富豪同心」 BSプレミアム 2019年5月10日(金) 20時~20時43分 全10回
 
 です。「富豪刑事」の時代劇版?とか思いましたが、原作者さんは違う方でした。どんな時代劇、どんな同心、どう事件解決していくのか、第1回くらいは見てしまうかも…。
 
 CSは、GWの一挙放送てんこ盛り。今回も作品の一挙放送は残念ながらありませんでした。
 
 CSのドラマチャンネルでプロ野球放送をするのは、何だかなぁ。スポーツチャンネルでやればいいのに。それともスポーツチャンネルからはみ出して?ドラマチャンネルはドラマ好きが主に契約して、プロ野球は…じゃないのかな?
  

2019年4月22日 (月)

夏日

 
 今日は、暖かいを通り越して暑いくらいの陽気だと思っていたら、夏日を記録したところもあったようです。
 各地で軒並み今年の最高気温を記録したとか。急に暑くなるとバテます~。
 
 
 「帝王の娘スベクヒャン」の第60話。
 何だか最近見たばかりのシーンだなぁと思ってから、一昨日、BS11版で第60話を見たばかりだと、自分で自分に突っ込みを入れました(^_^;)
 我慢できなくなって先を見てしまうと、こういうオマヌケな現象を自分で引き起こしてしまうのですよね。
 
 KNTVとスカパー!のガイド誌、今日こそは!とドキドキ&楽しみにポストを開けたのに、今日も我が家にやってきませんでした。WOWOWはGW進行でもKNTVやスカパー!は通常進行なのかな?
 

2019年4月20日 (土)

待ちモノ来たらず

 
 昨日、WOWOWのガイド誌が来たので、今日あたり、スカパー!かKNTVのガイド誌が来ないかな~と期待して何度もポストを確認してしまいました。残念ながら、今日はスカパー!のガイド誌もKNTVのガイド誌も来ませんでした。こうして待っているときに限って、来なかったりしますよね。
 
 
 昨日のBSテレ東の「帝王の娘スベクヒャン」は第59話の放送。 
 クチョンお父さんが逝きました。
 
 何だか続きが無性に見たくなり、サクッと見られるBS11版の「スベクヒャン」の第60話、第61話を視聴。
 BSテレ東版は正味45分の放送。BS11版は正味44分の放送で、1分ほどBS11版はBSテレ東版より短かったりします。微妙な尺の違い(^_^;)
 久々にBS11版で「スベクヒャン」を見ていたら、「あのシーンカットされてる~」という箇所をいくつか気づいてしまいました。BSテレ東版では、そのシーンがどうなるのかなぁ。
 

2019年4月19日 (金)

GW進行

 
 いつもの月だと24日前後に送付されてくるWOWOWの機関紙が、今月は今日ポストインしていました。例月よりも5日くらい早い~。GW進行ですね。
 
 パラパラと見ていると、朝8時15分からの韓ドラの月~金放送枠で、
 
 「秘密の女たち」 全16話 2019年5月7日(火)~
 
 「復讐の女神」 全16話 2019年5月29日(水)~
 
 放送開始と掲載されています。
 
 
 「秘密の女たち」(原題:シークレットマザー)と「復讐の女神」(原題」ミス・マ、復讐の女神)は、あちらでの放送はSBSの土曜日の夜、つまり、「彼女はといえば」と同じ放送枠での放送でした。
 あちらでの放送順で記述すると、「秘密の女たち」 → 「彼女はといえば」 → 「復讐の女神」 です。
 
 日本初放送が「彼女はといえば」がKNTV、「秘密の女たち」と「復讐の女神」がWOWOW。
 
 5月になってから、あちらで「彼女はといえば」の放送の前の作品と後の作品がWOWOWで相次いで放送。「彼女はといえば」はKNTVで放送。そうですかぁ。
 WOWOWで「復讐の女神」の後に朝8時15分から放送されるのは、どういう作品になるのかなぁ。
 

2019年4月18日 (木)

暖かい

 
 今日は気温がぐんぐん上がり、暑いくらいの陽気になりました。
 
 数日前の気温からするとウソのような暖かさです。このまま暖かさが続くのかなぁ。
 
 
 今日は、「彼女はといえば」の第9話、第10話の放送日。全20話のちょうど中間地点です。
 KNTVさんのHPを見たら、「彼女はといえば」の後に6月から木曜日の20時50分から放送する作品が載っていました。2019年1月から、あちらで放送されていた作品のようです。放送が決まるのが早いですね。どんな作品なのかは全くチェックしていない作品でしたので、内容は全然分かりません。タイトルからだけで想像すると、「彼女はといえば」とは、かなりタイプの違う作品ではないかと私的に思えるタイトルでした。さて、どういう作品なのでしょうか。
 CSでは、6月以降放送開始の作品がちらほら情報が出始めているので、気になる作品の放送があるのかどうか楽しみにチェックしています。
 

2019年4月17日 (水)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_4

  

02_2

 
 

#봄날 #벚꽃 #❤️

#春#桜#❤️


 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 桜の花の下でポーズをとるヒョンジェさん。絵になります。
 
 あちらでは、桜が満開なのでしょうか。すっかりお散歩によい季節になったようです。
 
 ヒョンジェさんの服装も春めいてきました。春を満喫しているようでなによりです。
 

2019年4月16日 (火)

気がつくと

 
 今日も今日とて録画したKNTVの番組終了後のCMを早送りしていると、ふと感じた違和感。
 
 慌てて早戻しして確認したら、「彼女はといえば」の30秒の番宣が、3月からずっと見慣れていたものから変わっていました!
 
 これまでのバージョンは「彼女はといえば」の作品の序盤の映像から構成されていて、OSTとナレーションから成っていて出演者の音声はありませんでした。今日初めて見たバージョンは、「彼女はといえば」の中盤から後半にかけての映像から成り、出演者の声もそのままでした。ウンハンとガンウ、ウンハンとチャンギ、ガンウとチャンギの中盤から後半にかけての見せ場のシーンをコンパクトに30秒にまとめてあり、見ていて「オオオッ!」でした。
 
 さすがに後半からラストにかけての映像はネタバレになってしまうから使わなかったのかな。
 
 「彼女はといえば」の新しい30秒バージョンの番宣。楽しく視聴しています♪
 
 ところで、いつから新しいバージョンになったのかなぁ。いつもドラマ本編終了後も録画エンドまで早送りでチェックしていたのに、今日まで気付きませんでした。
 

2019年4月14日 (日)

ラブリー・ホラブリー

 
 「ラブリー・ホラブリー」全16話を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 最高にツイテいる俳優ユ・フィリップ。
 才能があるのに運に恵まれない脚本家のオ・ウルスン。
 真逆な運を持つ2人が出会ったことから物語は始まる。
 
 いつ盛り上がるのか、これから盛り上がるのか、そろそろ盛り上がるのかと、私的に待っているうちに最終話になって幕を閉じた作品。
 
 これカットされているの?と思わず思ってしまうくらいに展開が変わった…と、少なくとも私には思えた…り、したことも何度か。
 
 あの伏線はどうなったの?あの伏線の回収がこれ?と、疑問が湧いたり…。
 
 リタイアするほど私的にイヤんな登場人物がおらず、リタイアするほど私の苦手な展開でもなかったので、最終話まで視聴。
 
 主役、脇、とわず、私的な好みなキャラの登場人物がいなかったのも、残念ポイントでした。こればかりは、個人的な好み、感性の問題ですので如何ともし難く…。
 
 幽霊が起こした事件と人間が起こした事件の区別も私にはよく分からない事件があったりもしました。
 
 この作品で訴えたかったのは何だったのでしょうか?
 

2019年4月13日 (土)

名残の桜

 
 今日、かろうじて枝に残っていた桜の花びらが風に舞い散りました。
 
 今年の桜もこれが見納め。いよいよ春本番。
 
 
 「彼女はといえば」第7話、第8話を視聴。ウンハンが心臓マッサージなどの蘇生術を会得していたのは、ウンハン弟が心臓が悪くて倒れていて、蘇生術を施して助けた経験があったからなのですね。日本語字幕で初めて知った事実です。
 チャンギとウンハンは結婚式を挙げずに婚姻届けだけ出してチャンギのアメリカ転勤にウンハンが同行して2年で帰国。その1年後にチャンギのお父さんが亡くなってから、ジェヨンが夫婦に干渉しだしたようです。ふむふむ。チャンギのお父さんてチャンギたちの結婚前に亡くなっていたと勝手に思い込んでいました。なぜ、そう思い込んでいたのかな?自分でも不思議です。
 シン・ヒョンソがチ・ウンハン=チャンギの妻と分かり、物語の主舞台がジェヨン邸に移り、チャンギの登場シーンもこれまでよりも増えました。そして、これから、どうしてウンハンが整形したか、ウンハンの記憶が戻って行き…。苦しい展開への幕開け。
 

2019年4月11日 (木)

強風

 
 またまた昨日と打って変わって晴天になりました。ただし、強風。
 
 昨日、寒さと雨にかろうじて踏みとどまっていた桜も今日の強風で舞い散っていました。今年の桜も今日が見納めかなぁ。
 
 
 ただいま今年の旅行のガイドブックを読みながら勉強中です。
 
 

2019年4月10日 (水)

ラッキー&…

 
 天気予報通りの真冬に戻ったかのような寒い1日でした。
 天気予報を信じて、予めそれなりの服装で寒さに備えられたのが幸いと言えば言えるのでしょうか。
 
 
 KNTVの公式HPに5月の番組表がアップされました。
 
 アップされた5月の番組表を早速チェックすると、
 
 「ボイス2」 2019年5月14日~5月25日 26時45分~ 毎日放送
 
 の記載がありました♪
 
 「彼女はといえば」を視聴するために契約したときから、「ボイス2」を視聴するのが楽しみでしたが、3月2日にラスト2話の放送があったきり、4月に再放送がなくてどうしたのかと気をもんでいました。5月後半に集中放送。視聴できるタイミングで本当に嬉しい再放送です。
 
 更に、5月の番組表によると、5月第1週はGWの特集で通常放送はお休み。つまり、5月2日は「彼女はといえば」の放送はお休みです。
 ということで、5月中に本放送、再放送ともラストまで視聴できると目論んでいた「彼女はといえば」は、本放送のラスト2話の放送が5月30日となっていました。そうなるとラスト2話の再放送は6月の第1水曜日になるはずで、5月30日が荒天にならずに平穏無事に録画&視聴できることを祈るのみです。
 5月30日の夜の天気が、今から気になるところです。5月30日の夜が、晴天&無風でありますように(お祈り)
 

2019年4月 9日 (火)

桜吹雪

 
 青い空を背景にして、舞う桜吹雪。
 
 絵になります。
 
 気持ちの良い春の光景。
 
 
 この桜の花びら舞い散る桜吹雪から一転して、明日は関東地方は霙や雪⛄の天気予報です😵
 
 思わず「マジですか?」と天気予報に向かって突っ込んでしまいました。
 はてさて、明日はどうなることでしょうか。
 


2019年4月 8日 (月)

一転

 
 土日の麗らかなお花見日和から一転した曇天ときどき雨。
 
 だいぶ桜の花びらも散りました。
 
 また肌寒い日になりました。風邪がぶり返しそうです……(^_^;)
 

2019年4月 7日 (日)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 

01_3

 
 

매일 이렇게 날씨가 좋았으면 좋겠다^^

毎日このように天気が良かったらいいな^^

 
 
 
 
 
--------------------
 
 
 ヒョンジェさんの今日の更新は青空。高いところから眺めているようですから、登山をされたのでしょうか?
 
 青空を眺めて、リフレッシュして、お仕事に気持ちを向けてくださったらいいですね。
 

2019年4月 6日 (土)

お花見

 
 桜が見頃の今日、近くの公園へお花見に行きました。
 
 それも夕食後に夜桜見物(^^)v
 
 近くの公園は、この桜の季節のときだけライトアップしています。暖かいし、桜は見頃だし、風邪は快方に向かっているしで、よろこんでお花見散歩。
 同じことを考える方は多いようで、もの凄い人出で自分のペースでは歩けないほどでした。
 なかにはバズーカのような望遠レンズの一眼レフで桜を狙っている方がちらほら。
 
 今年は、開花が早くてどうなるかと思った桜も、肌寒い日が何日か続いたおかげで、結構長く花がもちました。
 
 見頃の桜を見上げての夜桜散歩ができて、楽しかったぁ(*^^*)
 

2019年4月 5日 (金)

世界に一つだけの part8

 
 KNTVで3月から放送中の「彼女はといえば」全20話をBDに落とすにあたり、ラベルとジャケット作りにまた挑戦しました!
 
 

01_202_1
 
03_1

 
 
 今回は、作成したジャケットを初披露します。こんな感じ ↑ で作成しました。
 
 ラベルもジャケットもパズルのイメージから逃れられませんでした(^_^;)
 
 

 外枠はkomomoさんのお部屋からお借りいたしました。ありがとうございますm(__)m

 

 絵心もセンスも技術もない私が作ったものですから、超シンプルでアラがいっぱい、突っ込みどころ満載なものですけれど、世界で一つだけの自分だけの作品ですので、自分では超満足しています(*^^*)
 自作できた嬉しさから、つい公開してしまいました。拙いところは笑ってスルーしてくださいm(__)m

 

 私が作るものですから、どうしてもカン・チャンギメインのラベルです~(笑)

 

 万が一にもないとは思いますけれども、万が一がおこると怖いので、あらかじめ書いておきますが、これらは私が私だけが使うために作成したもので、他の方が使うことは想定しておりません。
 したがいまして、「使いたい」とおっしゃる奇特な方がいらっしゃったとしても

 

 見ていただくだけです

 

 ので、ご了承ください。
 
 
 不測の事態に備えての予防線ということで、ご理解をよろしくお願いいたします。

 

2019年4月 3日 (水)

進行

 
 昨日までの風邪の進行状況は、
 
 ノドが痛い → 鼻水が出る → 咳が出る
 
 でしたが、今日はここに“背中が痛い”が加わり、
 
 ノドが痛い → 鼻水が出る → 咳が出る
                        ↘
                                               背中が痛い
 
 になりました。咳が激しくなったうえに、背中の筋肉痛。これは、一般的には、きっと悪化というのでしょう(^_^;)
 
 咳をすると体力を消耗してしまうのですよね~(;_;)
 
 風邪薬を服用して、おとなしく、温かくしているのに…
 

2019年4月 2日 (火)

年度初めから

 
 年度初めだというのに、風邪を引き込みました。
 
 引いたのは年度末(^_^;)
 
 ノドが痛い → 鼻水が出る → 咳が出る
 
 と推移して、今は咳が出ています。
 
 ノドが痛いのは、外見からでは風邪を引いているのが分からないですけれど、かなりツラかったです。何せノドが痛くて声がほとんど出せなくて小声でボソボソ話すのが精いっぱいですから、会話が成立しづらくて…。
 
 せっかく桜が満開なのに、お花見にも出かけられず…出かける気力、体力がなく…寂しく過ごしています。
 

2019年4月 1日 (月)

あなたのハウスキーパー

 
 「あなたのハウスキーパー」全16話を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
--------------------
 
 
 イケメンカリスマハウスキーパーのジウンは、5年前に突然いなくなった恋人を忘れられずに過ごしていた。
 同じ女性を好きだったコ社長が経営するカフェの2階で寝起きし、ハウスキーパーの仕事はコ社長が応対していた。
 
 建築士だった亡き父が設計した家で一人暮らしをするダヨンは、大切な父の遺品に手を付けられないきないでいた。
 インターンとして働くダヨンには、家を管理する時間もなく、家は荒れていく。見かねたお向かいに住む老人が、老人宅に来るハウスキーパーのジウンを紹介。
 時期が来たら整理するとの約束で、置く場所と置き方を整理した父の遺品以外は、綺麗に整理された家に、ジウンの高校時代の親友のサンアとソミが間借りすることになり、3人の女子と1匹の犬の同居と、通いで家の手入れをするジウンの生活が始まる。
 
 じょじょに魅かれあるジウンとダヨン。ダヨンに魅かれることで、じょじょに変わっていく、立ち直っていくジウン。
 
 いなくなった女性の事情が分かり、再会し、けじめをつけたジウン。
 
 コ社長はジウンと会ったときからガンを患っていたが、ジウンには何も知らせずに闘病し、傷ついたジウンの良き兄貴分になっていた。
 倒れたことで、コ社長の病気を知るジウンとダヨンたち。
 
 家の中を整理したことで、前向きな気持ちになり、懸命に生きようとする人たち。
 
 インターンのダヨンに子供の幼稚園の入園のための整理券を徹夜で取りに行かせるなんだかな~なチーム長が、「スベクヒャン」のホン・リム内官だったのが…お顔が見られて嬉しいのとキャラがイマイチで残念なのとがないまぜになった複雑な心境だったりします(^_^;)
 
 この作品で、私的にイチバンの男前は、何と言ってもコ社長です!(この場合の男前は、外見の意味の男前ではありません。念のため)
 自分がガンで大変なときに、ただ同じ女性を好きなだけのジウンの面倒を見るって……。
 
 
 優しい気持ちでサクサク視聴できました。
 
 
 それにしても、邦題が「私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~」とは、またしても、どうして~?!な邦題です。
 
 原題の「あなたのハウスキーパー」は、ジウンの視点からなのに対して、邦題の「私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~」は、ダヨンの視点からのタイトル。この作品、ジウンが主人公のはずなのに…。この作品に関しては、原題のままでいいと思うのですが…。
 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »