2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

マカオ旅行記 1日目~羽田、香港、マカオ~

 
 2016年4月のマカオ旅行記を開始します。まずは、1日目の羽田から香港を経由してマカオまで。
 
 
26  
 
 羽田と香港往復は、特典航空券を使用。香港~マカオの往復のフェリー、マカオのホテル、マカオでのオプショナルツアーの手配を旅行代理店に依頼しました。
 
 羽田での出国の際、出国スタンプにまさかの日付間違い押印があり、その対応に少し時間がかかりました。それ以外には、何事もなく香港へ。
 
 香港ではマカオ行きのフェリーの時間までに余裕があったので、制限区域内で軽く香港で皮蛋粥と焼きそばの昼食。焼きそばがベタッとした外観で、失敗したかと思いきや、まさかの美味しさにびビックリ。
 
 マカオでは、セナド広場に面したこてこての観光客相手のレストランで海老雲呑麺で夕食。こちらも海老雲呑がプリプリしていて美味しかったです。台湾で麺類を食べたときは、スープがちょっと苦手でしたが、マカオの魚出汁のスープは口にあい、おいしくいただけました。
 そして、食後のスイーツは、牛乳プリン。ホットとコールドを1つずつとり、2人でシェアして食べました。
 
 そんな感じで、台湾に続き、B級グルメを満喫したマカオ旅行記の写真を交えた1日目の模様は、こちらからご覧ください。
 

2018年10月28日 (日)

華麗なる2人-ミセス・コップ2-

 
 「華麗なる2人-ミセス・コップ2-」完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 6年前に女子大生殺しの犯人をスピード逮捕したコ・ユンジョンの元に、真犯人から自分が真犯人の証拠の写真が送られる。ユンジョンの夫の部長検事は、ユンジョンと自分の立場から、これを伏せ、冤罪と知りつつ事件を終結させる。
 
 6年後、ニューヨークから帰国したユンジョンは、ソウル地方警察庁の強力1チーム長に就任。
 チーム員募集の張り紙を見て応募してきた一見冴えないおじさん刑事のペ刑事を採用後、猪突猛進のオ大官(通称)、紅一点のシン女史、頭より体が先に動く新人くんとメンバーを揃え、6年前の女子大生殺しの真犯人にして、連続殺人犯を追い、逮捕する。
 その過程で、知り合ったELキャピタルのイ・ロジュン代表とユンジョンは悪縁となり、追いつ追われつのストーリーを展開することになる。
 
 ユンジョンと部長検事は6年の別居を経て離婚協議中。
 
 真犯人が逮捕されたことにより、6年前の女子大生殺しで犯人とされ、服役していたミン・ジョンボムは釈放される。ユンジョンはジョンボムに謝罪するが、ジョンボムは怒り心頭。
 
 ロジュンはジョンボムを利用して、ユンジョンに冤罪のわなを仕掛けたり、ちょっと自分の陰口をたたいた店員を刺殺したり、その目撃者も殺そうとしたり、もう、仕事の邪魔ものも、プライベートで気に食わないものもお構いなしで抹殺するサイコパス。
 ペ刑事が外見のもっさりしたおじさんぶりからは想像つかないくらいに腕利きの刑事。
 ユンジョンの上司の課長と係長も仕事のできる人たちのようです。何人も警官が登場すると、そのうちの1人くらいはロジュンに内通していたりするのが、ドラマとしてはありがちですが、今回はそれもなく、気持ちよく作品を見ていられました。
 ユンジョン以下、熱血正義感の強力1チームと、腕利きの課長と係長がいるのに、甘ちゃんな坊やな風貌のロジュンの罪を暴くのに時間がかかるのか、ふしぎ不思議(?_?)
 
 原題が「ミセスコップ2」。邦題が「華麗なる2人-ミセスコップ2-」のこの作品。
 “ミセスコップ”はユンジョンのことで、それは分かりやすくていいのです。
 でも、「華麗なる2人」の2人って?1人はユンジョンとして、もう1人は、ロジュン?課長?夫の部長検事?いや、もしかしたら大穴でロジュンとロジュンの腹心の部下のペク理事か?などと、いろいろ考えてしまいました(爆)
 画像などで見るとユンジョンとロジュンの2人のようですが、刑事と犯人で華麗なる2人って、私的に違和感ありありなんですけど…。
 原題のミセスコップ2が一番すっきりしているし、物語にもあっていると思えるのに、どうしてこの邦題?よく分かりません。
 
 そんな刑事ドラマでした。
 

2018年10月27日 (土)

愛読書チェック 2018年12月号

 
 月刊の某テレビガイド雑誌で2018年11月の番組表をチェックしました。
 
 11月の私的イチオシドラマはなんといっても!
 
 
 「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」 フジテレビTWO 2018年11月8日(木) 12時10分~ 月~金 2話連続放送
 
 
 です。CSを視聴できる環境を整えたときから、ぞっと見たかった番組がようやく見られます!(^^)!
 
 
 もちろん!
 
 
 「人生酒場」#84 Mnet 2018年11月7日(水) 17時30分~18時45分(再放送あり)
 
 
 ものすご~く楽しみにしています。
 

2018年10月26日 (金)

hyunjaeさんインスタ

 
 日付が変わって間もない時間にヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 
01  
 
02  
 
03  
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 特にコメントはありませんでした。
 
 
 前日のIGでは、全部済州島の自然の写真で、ヒョンジェさんご本人の姿がなく、ヒョンジェさんの姿が見たいな~と思っていたら、夜中にお姿を見せてくださいました。
 
 済州の自然を満喫している様子が、写真から伝わってくるようです。
 
 綺麗なところですね。
 
 お元気な姿を見せてくれると、今度はサングラスをはずしたお顔を見せてほしいな~と、つい思ってしまったり…。どんどん贅沢になってしまいます(笑)
 
 リフレッシュして、新たな気持ちでお仕事に向かっていただけたらいいですね。
 

2018年10月25日 (木)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんがIGを更新されました。
 
 
01  
 
02  
 
03  
 
04  
 
05  
 
06  
 
07  
 
아름다웠던 제주여행~
#풍경 #제주
 
美しい済州旅行~
#風景#済州
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 ヒョンジェさんが旅行先の写真をIGにアップなさいました。
 
 旅行先は済州島だったのですね。
 海の風景に癒やされているのかなぁ。
 
 済州島の素晴らしい景色とおいしいお料理に癒やされている、ヒョンジェさんのお姿を見たいです。
 

2018年10月24日 (水)

ヒョンジェさんお仕事?

 
01  
 
02  
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 ヒョンジェさんのお仕事でしょうか。
 
 爽やかなヒョンジェさんのお姿です。
 
 何かのグラビア?インタビュー?
 それとも2枚とも手にカップを持ってらっしゃいますし、1枚目の写真では、ティーポットがさりげなく存在感がありますので、その関連の広告とか???
 
 「彼女はといえば」の撮影、放送終了後は、放送終了後のメディアインタビュー以外は、ゆっくり休養なさっているものだとばかり、勝手に思い込んでいました。
 今回のこの写真がお仕事のものだとしたら、「彼女はといえば」の後、休養するだけではなく、きっちりとお仕事されていたのかも…。
 
 グラビアなのかインタビューなのか、何のお仕事なのか。気になります。どこかで公表されるのでしょうか。
 

2018年10月23日 (火)

hyunjaeさんインスタ

 
 ヒョンジェさんが、明け方というか早朝にIGに動画をアップされました。
 
 
01
(動画の貼り付け方が分かりませんので、ヒョンジェさんのIGをご覧になってください)
 
 
 
 
 
-----------------------------------------
 
 
 特にコメントはありませんでした。
 
 
 久しぶりのIGの更新。というか、今月に入って最初のIG更新。海に行かれたようですね。
 
 海に現在進行形で行かれているのか、お出かけから帰ってからIGにアップされているのかは???
 
 潮騒や海の香りに癒やされているのかな。お元気で癒やしの時間を持たれているようなので、よかったです。
 
 心身ともにリフレッシュされたら、次のお仕事の検討をぜひお願いします。
 
 気が早いですか(笑) でも、つい、そう考えてしまうので~(爆)
 

2018年10月22日 (月)

2018年11月 スカパー!2日間無料放送

 
01  
 
 
 
参加チャンネル、無料放送される番組は、
上記 ↑ のスカパー!の公式ページ、または、EPGでご確認ください。
 
 
 通常月は第1日曜日がスカパー!無料の日。今月は、11月3日・4日の2日間が無料の日。

 
 土日の2日間が無料。11月3日・4日に何が放送されるのか定期購読している月刊のテレビガイド誌で、じっくり検討して視聴する番組を決めるつもりです。
 

2018年10月21日 (日)

こくわジャム

 
 ご近所さんから、その方のお宅で採れた”こくわ(さるなし)”をいただきました。
 
 初めて見る果実です。長さは2cmくらいで実を縦に切るとキウィに似ていました。調べてみるとツル植物とのことでした。
 
 熟した実は、とても甘かったです。
 
 この珍しいこくわをジャムにしました。
 
 
  1. 実をよく洗う
  2. 実の頭とお尻の固い部分を取り除く
  3. フードプロセッサーで滑らかにする
  4. 砂糖は実の重さの25%、レモン汁は実の重さ250gにつき大さじ1
  5. こくわに砂糖、レモン汁を加え、中火~弱火で15分ほど、かき混ぜながら煮る
  6. 適当な固さになったらできあがり
  7. 煮沸消毒したビンに詰める
 
 
 今回はこの手順で、こくわジャムの作りました。
 
 レモン汁が多かったのか、えぐみは感じませんでしたが、酸っぱくなりました。もしまた作る機会があるとしたら、レモン汁はもう少し少なめにしようと思います。
 
 珍しいジャムが出来てご機嫌です(^^)v
 

2018年10月20日 (土)

アジアMAGAZINE2018年11月号

 
 TSUTAYAさんで2018年10月19日から配布しているフリーペーパーの月刊TSUTAYAアジアMAGAZINE2018年11月号(Vol.122)をゲットしました(^^)v
 
 11月号では、11月2日からレンタル&セルDVDがリリースされる「病院船」が特集されています。P1~P2で「病院船」のSTORY紹介。P3でヒョン役の俳優さんのインタビューが掲載されています。
 P1~P2のSTORY紹介では簡単な人物相関図(人物紹介)があります。チャン・ソンホさんの紹介はなし。ウンジェのお母さんや叔母さんも割愛されていましたから、まぁ、そうでしょう(^_^;)
 
 愛読書を24日に購入予定ですので、そのときにこのペーパーもいただこうかと思ったりもしましたが、たまになくなっているときがあり~、今回はゲットしたかったので、今日、伺いました。
 
 チャン・ソンホさんの出演シーンは全20話バージョンで第1話と第5話。レンタルは全27話に編集されているので、第1話に登場シーンはあるのはともかく、あとは、何話になっているのかが気になるところです。
 
 レンタルリリースされたら、パッケージを見て確認しようかなぁ。
 
 映像特典のNG集がレンタルに収録されていたら、そこは借りたいかもと思っています。
 借りるとしても、旧作になってからですから、1年以上先の話ではあります(^_^;)
 

2018年10月19日 (金)

鍋の季節

 
 今シーズンの鍋はじめは、キノコ鍋。
 
 野菜とキノコたっぷりのヘルシー熱々鍋を食べたら、ほっこり熱くなってアイスコーヒーを飲んでいます(笑)
 
 鍋の季節到来。これから春まで、毎週末ごとに鍋になりそうな予感です(^^)v
 
 
 TVQで放送中の「帝王の娘 スベクヒャン」は、そろそろ切ない展開になってきているようです。いえ、TVQは見られませんが、ときどきTVQの公式サイトを見ています。
 
 またCSかBSで、「スベクヒャン」の放送をしてくれないかなぁ。
 
 

2018年10月18日 (木)

繰り返し

 
 快適にテレビが見られる気温になり、逆にテレビを見ていて、ふと気づくと寝落ちしていることが多くなりました。寝落ちしたから、覚えているところまで戻して…の繰り返して、ラストまで見るのに4回くらい同じシーンを見ることになったりしています。BGMとかシーンとか、私を眠りに誘う何かがそこにあるのかもしれません。
 
 寝落ちしつつ、録画してあるドラマを見ています。
 

2018年10月17日 (水)

録画視聴の秋

 
 すっきり秋晴れとはいかない日々が続いています。
 
 そんな中、読書の秋、食欲の秋に励んでいます。あ~、食欲の秋に関しては、励んではいけないですね(^_^;) ついつい甘いものが食べたくなってしまって…>それは、秋に限らずオールシーズンでは?>自分
 ドラマを見ていると、つい手元に飲み物と甘いものを置きたくなってしまって。
 
 今、一番、力を入れているのは、BDRのHDに溜まりに溜まったドラマ録画の消化です。9月いっぱいは、あちらで現在進行形のドラマに注力していたので、大分HDに溜まりまくってしまいました。11月には、録りたいドラマとバラエティ番組がありますから、サクサクと消化してHDの空き容量を確保しなくては。
 

2018年10月16日 (火)

2人の過誤

 
 雪村花菜さん著「紅霞後宮物語 第零幕三、2人の過誤」を読みました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 物語の冒頭は、本編で何回か何行かでさらっと語られている小玉と文林の酒に酔った勢いでの一夜が明けたところです。なんだか、すでにここからもう2人はかみ合っていない。同じものに向き合っているのに視点が違う…的な?
 そこから、小玉は文林をかばった件で、帝姫付きの武官(昇格)に飛ばされたり、地方へ左遷(降格)されたりと波乱怒涛。
 
 いやがらせのはずの帝姫付きの武官になったために、小玉と帝姫(本編の王太妃)が出会い、小玉は帝姫に懐かれて、将来にものすごく役立つ…本人は望んでいないかも…プラスの人脈を手に入れました。
 
 地方への左遷も小玉のリセットになったので、ある意味プラスに働いていたりしました。
 
 1年経ずに小玉が帝都に呼び戻されたのは、事情を知った文林が暗躍したため。
 
 事情を知って、おそらく文林は小玉を地方に飛ばした輩の悪行の証拠を握って皇太子を動かしたのでしょう。皇太子は英明設定なので、いかに大叔父が動いたとしても証拠がなければ処断はしなさそうなので、きっと文林は証拠をつかんだはず。文林は、そういうことが得意そうだし…。
 
 そして、ラスト、小玉のお母さんが亡くなり、小玉は軍に入って以来初めて故郷へ旅立って行きました。
 
 この巻で、清喜が初登場。左遷されて赴任した地方で小玉付きの従卒として登場しました。本編よりも若いはずなのに、キャラがすっかり出来きっているのがスゴイ。
 
 「第零幕 二、運命の胎動」が発刊されたのが1年前で、そのときに読んだきりですので、か~な~り~前巻のお話しを忘れていて、はて?前はどんな展開だったっけ?と思いながら読みました(^_^;)
 
 小玉お悩み編?
 

2018年10月15日 (月)

鈴木ともこさんトークショー in 宇都宮

 
02  
 
 マンガ家・コミックエッセイストの鈴木ともこさんのトークショーへ行ってきました。
 
 テーマは「自分らしく、山へ行こう」。
 
 女性の登山ウェアの変遷のお話でした。
 
 和装とかロングスカートでの登山。それが服装の主流だったから、その当時の方にとっては当たり前の服装で、慣れた服装なのでしょうが、その服装で山へ行くのは、私だったら絶対に無理な服装です。普通の生活でも無理では?と思ってしまいます。
 服装は、本当に時代によって変遷するのですね。私は山へ行くときは、足元が見やすい服装を心掛けています。
 
 トークショーをほ~~~とうなずきながら拝聴しました。
 
 トークショー中は、写真・動画撮影禁止。トークショー自体が終わってから、鈴木さんと山道具屋さんのコロンビアさんのコラボ商品の説明を10分少々。ここは、写真・動画撮影OKですので、写真を撮らせていただきました(↑の写真もトークショーが終わってから撮影)
 
 
03_2  
 
 こちらの2体のマネキンが身に着けているものは、コロンビアさん製品を鈴木さんがコーディネイトしたもので、登山靴は鈴木さんがカラーコーディネイトを担当されたものです。
 
 もう、鈴木さんはセールスレディもかくやというごとく、山ウェアの利便性、街でも使える服装、グッズを熱く語っていました。本当に山への愛情があふれ出ていました。
 
 トークショーの後のサイン会で、しっかりと持参した「山歩きはじめました」にサインをいただき、一緒に写真も撮っていただいた上に、握手までしていただいて大感激。1人1人に丁寧に接してくださり、質問にも答えてくださって嬉しかったです。
 「前に会ったことがありますよね?」と鈴木さんに言われたときには、その記憶力に脱帽しました。
 
 楽しいトークショーとサイン会でした。どうもありがとうございます。
 
 また機会がありましたら、参加させていただきます。
 
 
 
 
 
 
01  
 
 そして、宇都宮へ行ったのに、食事は何故かシラス丼のセット(^_^;)
 
 トークショーが開催されたショッピングモールのレストランに餃子屋さんがあったら、当然、餃子屋さんに入っていましたが~、餃子屋さんがなかったので~。
 

2018年10月13日 (土)

2018APANStarAwards 長編ドラマ優秀演技賞候補紹介

 
01  
 
#2018APANStarAwards
#アジア太平洋スターアワード授賞式当日です!

#韓国芸能マネージメント協会が主催、主管して
#ケイスターグループと一緒に
国内唯一の大韓民国前局のドラマ授賞式!

韓流の中心を導く大韓民国
全チャンネルのK-ドラマの主人公たち
どんな俳優の方々が来る期待がなりますよ!

特に視聴者の感情の余韻を長く残す
作品は、まさに長編ドラマですが〜。
今年長編ドラマ部門で話題を集めた
#長編ドラマ優秀演技賞候補の方をご紹介します!
熱間圧延されたすべての俳優の方々に重要な
授賞式になってほしいですね!

#apanstarawards#国内最大のドラマ授賞式#ドラマ#韓流ドラマ#tvn10月13日放映#慶煕大学平和の殿堂#kentertainment#drama#キム・ガンウ#キム・ジフン#ソン・チャンウィ#木像兆#チョ・ヒョンジェ#ワン・ビンナ#唯#チョ・ボア#ナム・サンミ#パク・セヨン
 
 
02  
 
#2018APANStarAwards
#アジア太平洋スターアワード授賞式当日です!

#韓国芸能マネージメント協会が主催、主管して
#ケイスターグループと一緒に
国内唯一の大韓民国前局のドラマ授賞式!

今年長編ドラマ部門で話題を集めた
#長編ドラマ#優秀演技賞候補の方をご紹介します!

#チョ・ヒョンジェ#SBS#彼女はといえば

完璧さを追求する財閥家のエリートシステムの
副作用として誕生したモンスター見かけ暖かい知性
内面には暴力性を持った朝のニュースアンカーカンチャンギ役割
相反演技で話題を収集

写真出処_ドラマ彼女はといえば_公式ホームページ

#apanstarawards#国内最大のドラマ授賞式#ドラマ#韓流ドラマ#tvn10月13日放映#慶煕大学平和の殿堂#kentertainment#drama
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 今日は、2018APANStarAwardsの授賞式です。
 
 授賞式の当日になって、長編部門の優秀演技賞候補の俳優さん方の紹介が、2018APANStarAwardsのSNSに上がりました。
 他部門の候補者の皆さんの紹介は何日も前から上がっていたので、長編部門の優秀演技賞候補は、このまま上がらないのか~?とヤキモキしていたので、ちょっと一息つけました。
 
 ヒョンジェさんは出席なさるのでしょうか?
 

2018年10月12日 (金)

「お互い40代婚」 読了

 
 たかぎなおこさん著のコミックエッセイ「お互い40代婚」を読みました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 たかぎなおこさんの39歳から43歳のころまでの約4年間を描いた作品。
 
 この期間に、たかぎさんに出会いと結婚、出産と人生の大きなターニングポイントを迎えていました。
 
 たかぎさんのコミックエッセイを読みだしてから、5、6年くらいでしょうか。
 この作品を読みながら、気分は、遠い親戚か、ご近所さん(笑)
 
 20年近い”ひとりぐらし”から、”ふたりぐらし”、そして”さんにんぐらし”。
 今までの生活パターンが変わって、大変だったこと、楽しかったこと、そして、赤ちゃんが生まれるまでのあれこれと、産むときのエピソードと生まれからの生活。
 
 そんなこんなが、たかぎさん独特の温かい語りで描かれた、ほっこりな1冊です。
 
 それにしても、カニに速攻飛びつく加藤さん。いつもながらステキです( ´艸`)プププ
 

2018年10月11日 (木)

日常

 
 「彼女はといえば」の最終話が放送されて10日余り。いつもの普通の日常に戻りました。
 
 日常に戻って、のんびり~~~のはずが、今日は、何かイロイロと忙しかったです。1日で読み終えると思っていたコミックエッセイが半分くらいしか読めておらず…、ドラマ視聴もなかなか進まず…。
 
 今週は、こんな感じなのかなぁ。
 
 来週は、のんびり読書の秋とドラマ視聴の秋を楽しめたらなぁ。
 
 さて、どうなりますか。
 

2018年10月10日 (水)

推理の女王

 
 「推理の女王」をBS-TBS版で完走しました。BS放送ですので、カット版での視聴です。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 両親の自殺事件を”他殺”と固く信じている主婦のユ・ソロクと、恋人の失踪事件を追い続けている刑事のハ・ワンスンが麻薬事件をきっかけに巡り合い、協力して事件を捜査・解決しながら、それぞれの事件の真相に迫る物語。
 
 普通の主婦が事件に係るのはともかく、捜査の過程で取調室に入って被疑者に質問したりする時点で、「ありえない~」と思ってしまいました。いくらドラマでも、これは無理がありすぎではないのかと思えてなりません。
 
 ソロクが推理力抜群なのを示すためか、ソロクはいきなり結論だけ叫ぶので、なかなか周囲の協力を得られません。そこもどうしてそういう結論に至ったのか説明をしたら、周囲も納得するのに、周囲への説明に時間をかけていたら、ドラマとして成り立たないからなのかなぁ。でも、あんなに周囲の人に、「こいつ、何言ってるの?」と疑問の目を向けられて動いてもらえないなら、一から説明したほうが早いのではないのかとマジで思いながら見ていました。
 
 ソロクの両親の事件は、私が見落としていなければ、最後まで解決していませんよね?
 解決したかに見えたワンスンの恋人の事件もラストにワンスンの恋人の名前を名乗る女性が登場して、何も解決していないかのようなラストでした。
 
 これは、制作途中でシーズン2制作が決定したのかな?
 「推理の女王2」が、某CS局で放送されているので、いつか「推理の女王2」を見る機会があったら、これらの疑問・事件の全てが解決するのでしょうか。
 

2018年10月 9日 (火)

寝不足

 
 昨夜は何故か寝苦しく、眠ったような眠っていないような、でも、ある程度は眠ったような、妙な夜でした。何だったのかなぁ。
 
 その反動か、今日は昼間から、と~っても眠かったです。気を緩めると居眠りしそうで怖かったりしました(^_^;)
 
 今夜は、ぐっすりと眠れるといいなぁ~。
 

2018年10月 8日 (月)

5日間

 
 今日は天気もイマイチで気温も上がらず、過ごしやすいといえば過ごしやすい1日でした。
 
 昨日、スカパー!無料の日で、フジテレビTWOのドラマを録画したのを整理していたら、ドラマの後のCMタイムの中に「TOKYOエアポート」の予告がありました。
 
 これで、「TOKYOエアポート」の放送日時が判明してラッキー♪
 「TOKYOエアポート」全10話を月~金で2話連続放送って、5日間で全話放送ですかぁ!
 
 何かスゴイ。この5日間、強い雨が降りませんように。強風が吹きませんように。
 アンテナでのスカパー!視聴ですので、風雨が一番怖いです。
 
 「TOKYOエアポート」以外に、フジテレビONETWOで視聴したい番組があるといいなぁ。
 これから、じっくりと作戦を練ります。
 

2018年10月 7日 (日)

台風一過

 
 台風25号は、予報円の中でも北側を進んだためか、土日とも関東地方では風は吹いたものの、あまり台風を感じることもなく、気温が上昇しました。10月の30度超はツライです。
 
 
 今日は10月の第1日曜日ということで、スカパー!無料の日でした。そこで、イロイロとあちこちで録画して遊んでいました。
 

2018年10月 6日 (土)

2018年 2度目の栗ジャム作り

 
 ご近所さんから、その方のお宅で採れた秋の味覚の栗を、9月に引き続いてまたいただきました。
 しかも9月にいただいたときの2倍以上です(σ・∀・)σゲッツ
 
 きちんとしたというか100円ショップ品ではない栗剥きを購入。私は、今回購入した栗剥きのほうが剥きやすかったです。
 
 茹でて、皮をむいて、ジャム作り。それも鍋に1回では作りきれずに2回に分けての作成で、ほぼほぼ1日がかりのジャム作りでした。皮をむくのに力を入れ続けた右手が痛いです(^_^;)
 
 大量の栗ジャムができ、9月に作った栗ジャムと合わせて、来年の今頃まで、栗ジャムがもちそうです。
 
 冷蔵庫の中の大量の栗ジャムを見て幸せ♪
 

2018年10月 5日 (金)

2週続けて台風襲来

 
 台風25号が、近づいてきています。
 
 2週連続の台風襲来。我が家では、また物干しざおを下します。
 
 
 Mnetで放送された「人生酒場」#78をスカパー!で録画視聴しました。この番組、吹き出しというかテロップが多くて、ドラマだといつも日本語字幕が配置されている画面下が、あちらのテロップでいっぱいです。この番組の日本語字幕は、画面向かって右側の縦書きで配置されています。普段見慣れている、ドラマでの日本語字幕の位置にあちらのテロップが入っていて、日本語字幕は、右側に縦書きなので、違和感ありまくり。慣れません。何回か見たら慣れるのかなぁ。

2018年10月 4日 (木)

愛の温度

 
 「愛の温度」を完走しました。
 
 ネタバレ満載な感想ですので、未見の方はご注意ください。
 
 
-----------------------------------------
 
 
 脚本家のイ・ヒョンスとシェフのオン・ジョンソンのラブストーリーに、ドラマ制作会社社長のパク・ジョンウを加えての3人の関係を追ったラブロマンス。
 
 5年前にマラソン同好会の仲間として出会った脚本家修行中のヒョンスとシェフ修行中のジョンソン。愛が芽生えるもヒョンスが、そのことに気づかないうちにジョンソンは修行のためにパリへ。ジョンソンが去って初めてジョンソンを愛していることに気づくヒョンス。
 それから5年。ふとしたことから再会した2人。ヒョンスは脚本家に、ジョンソンはオーナーシェフになっていた。
 
 全20話を2人のラブストーリーを縦糸に、ヒョンスを愛してジョンソンのいない5年間、ヒョンスを見守り続けたジョンウは、ヒョンスが契約しているドラマ制作会社の社長でもあります。さらに、ジョンウはジョンソンのレストランの投資者であり、かつ、ジョンソンとは親しい兄貴分だったりもします。
 そんな幾重にも絡まりあった3人の関係。
 
 ヒョンスとジョンソンは、基本的に恋愛に関する考え方、ポリシー、立ち位置が異なります。ですから、2人の恋は、2人の方向性が同じときはラブラブのイチャイチャになりますが、ひとたび少しでも心がずれると、愛しあっているのに想いがすれ違って、悲しんだり傷ついたりしてしまいます。
 ヒョンスはミンPDと組んでのドラマ「反則刑事」で、ミンPDが現場でシナリオを勝手に変えるのを、その現場でスタッフ、ギャラリーのいる前で怒ります。シナリオを勝手に変えられたら怒るのは当然。でも、あの場所のあのタイミングでそれを表すのはどうかと…。ジョンウ社長やユCP(チーフプロデューサー)を交えて、もっと徹底的にミンPDと話し合えなかったのかなぁ。結局、とことんまで話し合った風には見えないうちに、ヒョンスは「反則刑事」のシナリオから降りてしまいました。
 最も、そんな交渉をドラマで延々とされても、視聴者がうんざりするのは目に見えていますから、そこはカットなのでしょうね(^_^;)
 人と人のことなので、相性もあるでしょうし。実際、作品後半でミンPDはヒョンス後輩の脚本家と組んで、こちらとは上手くいっていますから。
 
 ジョンソンが仕事で香港へ半年滞在するために旅立つ日、ヒョンスは改めてジョンソンを愛していることに気づきます。ジョンソンも空港へ行かずにヒョンスのもとへ。ヒョンスはジョンソンに香港へ行かないでほしいと願い、ジョンソンはそれを承諾します。
 この展開が私にはと~っても腑に落ちません。ドラマの展開的に必要だからと言えばそうなのでしょう。でも、普通、仕事で香港へ行く契約をしたら、急用や家族の病気などで何日か香港へ行くのが遅れることまでは許されるかもしれませんが、いきなり香港行きをキャンセルはないでしょう。社会人のすることではないのではないかと思います。ドラマとはいえなんだかな~っと。
 
 ヒョンスの脚本家としての後輩(ミンPDと上手くいく脚本家)と、ジョンソンの両親、特に母親は、私の最も苦手なキャラで、お近づきにはなりたくないタイプです。
 ヒョンスの後輩はわがまま女王様キャラ、母親は金銭問題を起こしては息子(ジョンソン)に尻拭いをさせる人。
 ジョンソン母を苦手だな~と思いつつ、このジョンソン母役の女優さんは、「彼女はといえば」では、カン・チャンギの仕事のできる母親ジェヨン会長役演っていたりするので、俳優さんの演技はすごいなぁ~と別の意味で感心して見ていたりしました。
 
 ちらっと ↑ の中で名前だけ登場したユCPを演じているのはリュ・ジンさん。久々、ドラマでお目にかかりました。「頑張れチャンミ!」以来かな。お元気そうで何よりです。
 
 そんなこんなで、さらっと鑑賞した全20話でした。
 

2018年10月 3日 (水)

4年ちょっと

 
 某CSチャンネルを見ていたら、フジテレビTWOの番宣CMが入りました。たまにCS他局の番宣CMが入るので、そういうときは面白がって見ていたりします。
 
 11月のフジテレビTWOのおすすめ番組ですかぁ、ふ~ん。と、見ていたら!「TOKYOエアポーチ」が11月から放送されるですと!!
 
 2014年にCSの視聴環境を整えたときから、国内ドラマでぜひ録画したいと思っていた作品が3つあります。そのうち1つは、昨年、日本映画専門チャンネルで録画できました。そして、残る2つのうちの1つが、「TOKYOエアポート」なのです♪
 4年ちょっと待って、ようやく見られ(録画でき)ます(v^ー゜)ヤッタネ!!
 
 11月からですか…11月は「人生酒場」を見たいからMnetを視聴予定。Mnetは何気に視聴料がお高くて…それにフジテレビONETWOが加わると基本料込みで4,000円くらいですか。ちょっと遠い目(^_^;) どちらも見たい番組であり、どちらも今回を逃すと次があるかどうかも不明なので、ここは契約する選択肢しかありません。
 フジテレビTWOは見たいけれど、フジテレビONEは契約しても見たことがないのですよね~。フジテレビONEとTWOはセット契約で、どちらか1つだけの契約ができないのがツライです。フジテレビTWOだけの契約を可能にしてください~o(;△;)o
 
 11月になったら、これまで以上にテレビを見る時間が増えそうです。
 

2018年10月 2日 (火)

彼女はといえば 放送終了後インタビュー6

 
08  
 
チョ・ヒョンジェ「20代にはうぬぼれに陥ることもした"[MDインタビュー③]
 
 
俳優チョ・ヒョンジェが40代を眺める俳優として、黙々とした所信を伝えた。
 
チョ・ヒョンジェは2日午後、ソウル中区バンヤンツリークラブ&スパソウルで最近放映終了したSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば「(脚本バクオンフイ演出バクギョンリョル/以下「彼女言葉」)放映終了記念ラウンドインタビューを開き、取材陣と会った。
 
「彼女に言うようであれば」は、生きるために人生をかけて対決級整形手術を敢行したが、手術の後遺症で記憶を失ってただけの女性(ナム・サンミ)が断片化され記憶のパズルを合わせて広げていく甘く殺伐ミステリーメロドラマで、破格的な展開と俳優たちの好演に力づけられて12.7%(ニールセンコリア全国世帯基準)という自己最高視聴率で放映終了した。
 
チョ・ヒョンジェが悔しいカンチャン機の両方に尊敬アナウンサーが、家庭では、不倫や暴力を日常行うサイコパス傾向を持った人物。チョ・ヒョンジェの演技のおかげで劇の緊張感はますますよりなり、善良な印象を覆す驚くべき悪役変身を通じて視聴者たちに好評を引き出した。
 
「ヨンパルイ '以後3年ぶりにブラウン管に復帰、空白期が無色に「人生食料」という絶賛を聞きながら、再び成長したチョ・ヒョンジェは「本意と違って煙復帰が遅れた」と告白した。
 
"実際には、前同様の役割だけ多くして、他の役割を継続幼年期延ばさました。今では悪役、良い役こんな区別が重要ではありません。ジャンル的に近づいて行くなりません。むしろ、空白期が私の考えを開かれたようです。これからもっと多様な役割をしたい欲ができました」
 
この日チョ・ヒョンジェは有毒」の制約」、「多様性」、「挑戦」などの単語を強調した。大きな瞳に、気さくな印象のおかげで「サウィトガムに良​​い俳優」などの善良画像を持っていたチョ・ヒョンジェにソシオパス性向の悪役演技はまさに機会であった。広くなった演技スペクトラムを証明し、より多くの可能性があることを知らせる瞬間だった。チョ・ヒョンジェもこれを如実に感じていると。
 
チョ・ヒョンジェは、「しばらく前にジムに行ったいくつかのおばさんが「良いと思った!どのような目でそんなことをするのか!」と言われた。気持ちが妙たよ。良いメロをまたやってみたい」と話して笑いを誘った。
 
「事実私自身も役割の選択に制約をおいた時が悪役自体がない含まれてきました。機会がなかったんです。そして、過去には時代的な流れが違っていた。悪役をすると、実際の俳優たちが悪口を言わ時代であり、一度悪役は最後まで悪役演技だけできたんですよ。だから、忌避する人も多かったです。しかし、今は変わりましたよ。よく消化する好評を受けます。悪役をしてロマンスもできる時代です。今回の作品のように縁になる新しい作品を待つ"
 
続いて彼は「20代の時は「私は本当にハンサム」という考えにうぬぼれに陥った時もあった。もちろん、今は非常に控えめである」と率直な心を打ち明けて冗談を言った。
 
「今は私も年齢が入る自然考えが変わると思います。30対面30代に合った役割、40代、40代に合った演技をしなければならないと思います。20代にはさわやかな感じをくれれば、30代では、内面に内在している痛みとか、その年齢が経験した感じを表現しなければするように難しいです。だから、「よくヌルジャ」は注意です。後輩たちがしなければなら若い役割を欲ことなく、新しいジャンル、新しい役割を担ってほしい。私の年齢に合った役割をしますよ。また、最近の20代の本当にハンサム友人多いでしょう。私は30代後半だけのよく生ずるの俳優がなりますよ(笑)」
 
「私には「演技上手」というコメントが最高です。」不気味なように怖い」のコメントも力が出。それ自体決定的いつも聞きたい言葉産む。最高の賞賛です。次回作は、以前のように空白期が長くないと思います。できるだけ早く視聴者を再会いたい。」
 
 
09  
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 
 ヒョンジェさんの俳優としての考えがまとめられている記事でしょうか。
 
 「よいメロをまたやってみたい」に反応してしまいました(爆)
 年齢に合ったよいメロをぜひぜひ見たいです~o(*^▽^*)o
 
 文末の「次回作は、以前のように空白期が長くないと思います」をあまり期待しすぎずに期待して待っています。
 

彼女はといえば 放送終了後インタビュー5

 
06  
 
「彼女言葉」チョ・ヒョンジェ "「ミスターサンシャイン」との競争、みんなの冒険こうだった" [MDインタビュー②]
    18-10-02 15:27

俳優チョ・ヒョンジェが「彼女に言うようであれば「への格別な切なさを伝えた。

チョ・ヒョンジェは2日午後、ソウル中区バンヤンツリークラブ&スパソウルで最近放映終了したSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば「(脚本バクオンフイ演出バクギョンリョル/以下「彼女言葉」)放映終了記念ラウンドインタビューを開き、取材陣と会った。

劇中より手エリート、人格障害を持った川チャンギ役を演じたチョ・ヒョンジェは、ドラマの堅固な信頼と満足感を表わした。 「川チャンギの余韻が残っている感じだ」と言ったチョ・ヒョンジェは、「事実、最初は妻とシノプシスを見て「何このキャラクターが多あるのか」と言った」と述べた。

「川チャンギの欠点が強すぎて理解できなかったが、ドラマで受け入れることでした。カンチャン機家庭ポクリョクボムだが、実際の現在の大韓民国では、デートの暴力などが大きな問題として浮上しているでしょう。」あまりにも愛してそうだった」は、人々がいます。それは病気であり、人格障害です。このドラマはそのような問題を考えてみるきっかけにもされていないかと思います。地上波で難治性の素材であったと思います。この話をミステリーに緩めも新鮮だったし、衝撃的でした。俳優として、このような性格を持った人物を煙になったという喜びもあります。」

破格的な素材と反転に反転を繰り返す展開、チョ・ヒョンジェをはじめとするナム・サンミ、キム・ジェウォン、イ・ミスク、ハン・ウンジョンなど俳優らの好演で「彼女言葉」は最高視聴率12.7%(ニールセンコリア全国世帯基準)を記録してSBS週末劇の自尊心を守った。多くの人が驚いた成功だった。 「彼女言葉」の競争作は最高のヒットメーカーキム・ウンスク作家の作品だったから。

俳優イ・ビョンホン、ギムテリ、変ジョン、ユ・ヨンソク、キム・ミンジョンなど有名な俳優たちと超豪華スケールを誇るケーブルチャンネルtvN「ミスターサンシャイン」は、地上波の視聴率まで締め出し独歩的な話題性を誇っていた。実際チョ・ヒョンジェもこれを言及して "「彼女言葉」は、みんなの冒険だと思った」と率直な気持ちを伝えた。

「事実の作品の起動時みんなの冒険だろうとしました。「ミスターサンシャイン」が競争作イオトゴドゥンヨので正直視聴率も大きな期待をしないでした。ところが、その結果、12.7%という高い視聴率が出てくるんですよ。それだけで私は、視聴者の方々にも感謝し致します。それなりの視聴率が沸くように出てきたので満足している。私も「ミスターサンシャイン」ちゃんと見ました。(笑)」

同時にチョ・ヒョンジェはドラマ放映終了日浮上した日本ドラマ盗作論議に関連心境まで暗に答えた。先月29日、ドラマ制作会社DK E&M側は " '彼女に言うようであれば」は、DK E&Mは現在準備中の「美しい人」の重要な部分を盗作と変更して、放映中だ」と主張して法的対応を予告した。 SBSは「とんでもない主張」と釈明し法的攻防を予告した。

これチョ・ヒョンジェは、「演技好評、ドラマ賞賛がたくさん出てきた最後に軽くそんな話が出てくるから惜しい。私は全くそのような内容を知らなかった。ただ残念だけである。そのような議論がなかったらもっと良かっただろうが。心がそうだ」と用心深く話した。

それでも「彼女言葉」はチョ・ヒョンジェに例外的に特別だった。

「私にはもう一つのスタートになることができる作品になると思います。この作品をしながら、他のことを会うことになるきっかけが作られたようなことですね。最高の悪質な役割であるが、このような役割をすることで、新たなキャラクターが開かれるようだという考えです。より残酷な役割もしてみたくて。「人生のキャラクター「うか?私がすることはできないと言っている。視聴者の方がそのように言ってくださるとね。(笑)」
 
 
07  
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 
 この記事では、「彼女はといえば」と同じ曜日で同時間帯に放送されていた「ミスターサンシャイン」について触れられています。「ミスターサンシャイン」はケーブルテレビにも係らず、「彼女はといえば」よりも高視聴率でした。「ミスターサンシャイン」は作品の内容が……なようなので、こちらでの放送があるかどうか……???
 
 ヒョンジェさんも「彼女はといえば」のカン・チャンギが、ご自身の1つのターニング・ポイントと考えていらっしゃるようです。この作品をきっかけに、より広い役柄、多種多様なキャラクターのオファーがあるのを切望しています。
 
 私は、この記事の写真のホワイトヒョンジェさんを見ると安心します(笑)
 

彼女はといえば 放送終了後インタビュー4

 
04  
 
チョ・ヒョンジェ「「彼女言っ川チャンギキャラクター、「死んでも安い」と考え、「[MDインタビューⓛ]
 
 
俳優チョ・ヒョンジェが人格障害を持った人物を演じながら感じた苦情を吐露した。
 
チョ・ヒョンジェは2日午後、ソウル中区バンヤンツリークラブ&スパソウルで最近放映終了したSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば「(脚本バクオンフイ演出バクギョンリョル/以下「彼女言葉」)放映終了記念ラウンドインタビューを開き、取材陣と会った。
 
劇中より手のエリート、川チャンギ役を演じたチョ・ヒョンジェはSBSドラマ「ヨンパルイ '以後再び悪役に完全変身、キャラクターの両面性を正常に描写し好評を博した。これと関連し、チョ・ヒョンジェは「負担感がなかったら、嘘だ」と打ち明けた。
 
「人格障害、ソシオパスの役割をするというのが負担になって大変でした。典型的な悪役ではないですからね。カンチャン期外は本当にモルチョンハンデ自分の過ちを知らない優越意識的に生きていく人です。幼年期の時から、すべてが最高でなければならないという強迫観念で出てきた性格です。一見見た時は、すべてが完璧に見える人が、そのような障害を延期するというのは負担でした。」
 
チョ・ヒョンジェは負担感を払いキャラクターに流麗に没頭するために、実際のバクオンフイ作家にカンチャン機についての質問を絶えずかというと、過酷な減量などに努力を加えた。
 
「序盤作家様続けるお尋ね見ソシオパス、サイコパスにもたくさん見つけみました。カンチャン基またひたすら悪役のような悪役ではないでしょう。ただの悪役であれば印象だけ書けばされるが、これは繊細な感情を表現して目つきが回らなければなら時があります。このような点をキャッチしようと多くの努力しました。」
 
具体的にカンチャンギラは人物の内面を分析し、行動当為性を説明していたチョ・ヒョンジェは、「もちろん、私は個人的に絶対カンチャン基理解されない」と冗談を言った。また「しかし、小説のように受け入れた。一つのジャンルムルだと考えて近づいていった。普段は腹を立てることも多くない。川のチャンギよう優越意識もない」と線を引いて笑いをかもし出した。
 
そうしたところチョ・ヒョンジェは一人考えた川チャンギの最後のロール率直に告白したり。彼は「チョ・ヒョンジェという人がカンチャン基眺めた。ただ死んでもいいんじゃないかたいよ。「死んでも安い」感じだ。これは個人的な意見だ。(笑)監督に「私は死ぬいかがでしょう」と尋ねていた。しかし、それは私の領域がではない」と冗談を投げた。
 
一方、「彼女に言うようであれば」は、生きるために人生をかけて対決級整形手術を敢行したが、手術の後遺症で記憶を失ってただけの女性(ナム・サンミ)が断片化され記憶のパズルを合わせて広げていく甘く殺伐ミステリーメロドラマで、12.7%(ニールセンコリア全国基準)という自己最高視聴率で放映終了した。
 
チョ・ヒョンジェが悔しいカンチャン機の両方に尊敬アナウンサーが、家庭では、不倫や暴力を日常行うサイコパス傾向を持った人物。チョ・ヒョンジェの演技のおかげで劇の緊張感はますますよりなり、善良な印象を覆す驚くべき悪役変身を通じて視聴者たちに好評を引き出した。
 
 
05
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 
 ヒョンジェさんのカン・チャンギを演じるにあたってのアプローチとか、カン・チャンギ観がまとめられたインタビュー記事です。
 
 作家さんや監督さんとも入念に意思疎通されて、1シーン、1シーンにヒョンジェさんのアプローチがあるのですね。
 

彼女はといえば 放送終了後インタビュー3

 
03  
 
「彼女言葉」チョ・ヒョンジェ "イ・ミスクと再呼吸、俳優としては光栄」[Oh!コーヒー③]
 
 
俳優チョ・ヒョンジェが「彼女に言うようであれば」で一緒に呼吸を合わせたキム・ジェウォン、ナム・サンミ、イ・ミスクなどを言及した。

2日午前、ソウル市中区バンヤンツリーホテルはSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば」に出演した俳優チョ・ヒョンジェの放映終了インタビューが行われた。
 
この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持つ悪役カンチャン基演じたことについて、「毎作品ごとに難しいこと同じだ。特にカンチャン機より難しい部分があった。監督様も要求するの典型的な悪役のようにはならないして欲しいとしている。私の人格を表現するににおいて、その前は、他の悪役ではないか。自分の方法でこれを表現するということが難しかった」と話した。
 
続いて彼は「暴行する場面では、個人的なチョ・ヒョンジェが出る大変だったよ。どうすればしていてしょうがなかった。だから、何も考えずしようと努力した。ミステリーな感じでカンチャン期没入したところなったよ。監督がとても楽しくするほど没頭をした。設定自体も受け入れる個人的には難しい設定だった」と川チャンギ役割の難しさを打ち明けた。
 
また、記憶に残るシーンで屋上に立っていた場面を挙げても。チョ・ヒョンジェは、「屋上の手すりに私そう立てる思わなかった。ワイヤーを付けたがアパートの20階以上の高さだったようだ。本当にソイトギガ難しかった。できないという考えもあった。引き続き、心の中で学ぶようなこともしなければならないという考えをしながらだた。事実大変難しかった。立っているのがめまいたよ。無理に我慢う心を引き締めた。そのシーンが記憶にたくさん残る。達成感が格別だった。これよりもしたことを、後にはやり遂げなければ邯鄲を考えながら我慢した」と回想した。
 
しかし、そのようなチョ・ヒョンジェを導いたのは同僚俳優たちだった。チョ・ヒョンジェは、特に映画「スキャンダル」で呼吸を合わせたイ・ミスクを述べた。彼は「イ・ミスク先輩が本当に合計が良かった。イ・ミスク先輩とするときは、煙が本当に薄くよ。今回のように呼吸を合わせることができて本当に光栄だった。前こんなに良い俳優との呼吸を合わせるのがありがたいことだと知らなかった。先輩にも「再び会うことになり、あまりにも光栄で幸せだ」と申し上げた。演技も呼吸があまりにもよく合ってアドバイスもたくさんして下さいます。チャンギがどのようになったらいいな、このような内面的な部分も言葉を分けてくれました。また会って欲しい。その程度あまりにも良かった」と話した。
 
また、チョ・ヒョンジェはキム・ジェウォンという良い仲間に会った。彼は "キム・ジェウォンさんがあまりにも楽だった。撮影まったりこういう時財源が型との対話を最も多くした。ようにすることができてとても良かった。デビューも出て似ていて、年齢帯も似ている。時代を一緒に行く感じではないか。だから、より良かったようだ」と述べ、「ナム・サンミさんは私を憎悪する役割だった。そのためか、会話が多くなかった。キム・ジェウォン、ナム・サンミ、ハン・ウンジョン、私四人だいかにそう善良と思うほどの俳優たちだった。人々が主演はい人も似ているとした。仕事をする本当に簡単だった」と主人公たちに感謝の気持ちを表わした。
 
今回の作品で、別の悪役をするようにされたチョ・ヒョンジェは、「何よりも、視聴者が私を別の方法で見てくれて、本当に感謝します。昔は「私瞳に悪役をどのようにするのか」とみんなそうだった。とても善良生じ問題とした。「もう少し毒気が必要て」という言葉をたくさん聞いた。そのような部分では、解消が多くなった。私には制約が多くなったので、よりこの役割を逃さないようにした」と述べた。
 
一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女に言うようであれば」は、生きるために人生をかけて対決級整形手術を敢行したが、手術の後遺症で記憶を失ってただけの女性が断片化され記憶のパズルを合わせて広げていく甘く殺伐ミステリーメロドラマである。
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 カン・チャンギについて、「彼女はといえば」での印象に残るシーン、共演者の方々についてお話しています。
 
 カン・チャンギは、難しい…ですよね。はい。
 
 ヒョンジェさん、高所恐怖症でしたか。初めて知りました。割と高いところが平気なイメージでした。ビルの屋上に立っているシーンでは、高所恐怖症だとは全然感じさせない熱演でした。
 
 共演者の方々と、いい雰囲気のようですね。特にイ・ミスクさんとは、いろいろとお話しをなさったようで。
 キム・ジェウォンさんとも、お互いの役柄とは違って親しく接していらっしゃったみたいですね。
 IGにアップされた打ち上げのときの写真のような感じなのでしょうか。
 

彼女はといえば 放送終了後インタビュー2

 
02  
 
チョ・ヒョンジェ「妻は、「彼女言葉」のすべてを監視...自信くれた」[Oh!コーヒー②]
 
 
'彼女に言うようであれば」のチョ・ヒョンジェが妻に感謝の気持ちを表わした。
 
2日午前、ソウル市中区バンヤンツリーホテルはSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば」に出演した俳優チョ・ヒョンジェの放映終了インタビューが行われた。
 
この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持つ川チャンギ役を消化したことについて、「新婚なのに、このようなキャラクターをしてもされるがしたかった。家族を損なう役割をしても呼ばれると思った。そのような考えはちょっとであり、学びの役割を表現しなければなら人だから受け入れた」と話した。
 
まだ「新婚」であるチョ・ヒョンジェはどの夫かという質問を受け、「私は思いやりだと思う。オーバーして用意するスタイルではないが、私は小さく配慮するほうだ。仕事がないときは、毎日のそばにいてくれて、必要なものをせようとするスタイルである。清掃を熱心にしてくれるとか。(笑)ネイプにこのような話に少しも恥ずかしい。妻がもれなく監視をしてくれます。自信をより引き立ててくれた。とても良いですが、面白いような言葉をたくさんしてくれた」とヨモギ感を表わした。
 
チョ・ヒョンジェは、「家にはほとんど入ることができなかった。妻たくさん見たかった。個人的には多くの研究をしたが、アナウンサーではないか。序盤には発声、発音の練習をたくさんした。個人的に知っているアナウンサーに会っても、練習をたくさんした。監督が紹介させてくれたキム・テウ副様も会ってすごく練習した。個人的に欲を多く出した」と話して妻を見なかったほどひっそりドラマにすべてを注いで出したと打ち明けた。
 
「人生のパブ」から「同床異夢」まで様々な芸能に出演したチョ・ヒョンジェは、「芸能にもたくさん開かれた。たとえば、ユ・ジェソク、ハハシよう芸能感に優れた人は、ないじゃないか。その方に比べると本当に芸能感がゼロである。しかし、それを受け入れることにした。私はナデロとされないかと思う。そう考えを変えた。SBS側でも、私のパワーを解き放つ見たよ。広報もされてだから使命感に出て行ったこともある。ドラマよくなれ心で(笑)これからも良い芸能があればしたい。選ばないだろう。今後は継続するようだ」と説明した。
 
チョ・ヒョンジェはしばらくの計画に「妻が4ヶ月の間にも寂しかったようだ。だから、取りまとめなければならないようだ。4ヶ月の間ご飯一食のように食べるが難しかった。だから、人間チョ・ヒョンジェとしてやすい姿で充電をしなければならないようだ」とし、愛妻家面貌を見せて拍手を受けた。
 
一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女に言うようであれば」は、生きるために人生をかけて対決級整形手術を敢行したが、手術の後遺症で記憶を失ってただけの女性が断片化され記憶のパズルを合わせて広げていく甘く殺伐ミステリーメロドラマである。
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 新婚のヒョンジェさんが家庭内暴力を振るう夫役を引き受けるのは葛藤、アナウンサー役を演じるうえでの練習、バラエティ番組への出演、家庭でのヒョンジェさんを語っています。
 
 家庭内暴力をふるう夫を引き受けるのは葛藤があったようです。それは、まぁ、そうでしょう。
 
 「彼女はといえば」の放送を奥様がチェックして、感想をヒョンジェさんに言ったりしていたのですか~。なるほど~。
 「彼女はといえば」が終了したので、しばらくは奥様孝行するみたいですね(笑)
 家庭生活をしつつ、次期作の検討もぜひお願いします(*^^*)
 

彼女はといえば 放送終了後インタビュー1

 
01  
 
「彼女言葉」チョ・ヒョンジェ「川チャンギ理解かと?」グクヒョム」です "[Oh!コーヒー①]
 
 
'彼女に言うようであれば」のチョ・ヒョンジェが劇中、自分が引き受けた川チャンギキャラクターに対して「グクヒョム」と話して笑いを誘った。

2日午前、ソウル市中区バンヤンツリーホテルはSBS週末ドラマ「彼女に言うようであれば」に出演した俳優チョ・ヒョンジェの放映終了インタビューが行われた。

この日チョ・ヒョンジェは放映終了後休んかという質問に「よく休んだ。ない食べかけのすぐ食べたら3kg程度蒸気を発したキャラクターからもあるが、動作時には食事の管理をしていた」と話してじっくり休んと答えた。

彼は放映終了所感では、「余韻が残っているような感じだ。まだ終わっ感じが出ない。思わずも没入をしたようだ。ちょっとぼんやりなるだろうか。もともとはすぐ出てくるスタイルなのに、今度は特にそうだった」と話して濃い余韻を表わした。

人格障害を持つアナウンサー川チャンギ役を演じたチョ・ヒョンジェは、「スポイラーが私の人格障害と欠点であった。最初はこれを言うことができなかった。その部分のために没入が大変悩みもした。これをしないかどうかというたかった。一方、俳優なら他の人々が忌避することに挑戦をしなければならないかという考えもあった。だから、ソシオパス的な姿を演じることが俳優として良い気がして決定をすることになった」と厳しいキャラを選んだ理由を明らかにした。

彼は "演技的には面白い面も多かった。前にみることができなかったキャラクターであった。そのような部分が私には、新たに近づいてきた。悩みな部分も多かったが、とても新しくたし、特別だった」と話し、川チャンギ役割のための特別な愛情を表わした。

チョ・ヒョンジェは、「現場ではいつも罪悪感があった。チョ・ヒョンジェという人としてカンチャン基非常グクヒョムキャラクターだ。社会的な問題ではないか。私もたくさん見つけた。恋人暴行、暴行夫が本当に事例が多くて1年に200人死ぬという記事も見た。社会的問題も含まれていますが、これドラマ的にミステリーに解くのが容易ではなかった。これ没入をするというのが個人的には大変だった。現場では私は多くの深刻になっていたよ。そのような部分では、終わるまでは大変だった」と率直に答えるもした。

過去の作品である「ヨンパルイ」でも悪役を消化したチョ・ヒョンジェは、「悪役に味をに撮ったというより制限を置きたいと思わないことだ。俳優として、私は辛く大変ほど、私は苦労をすればするほど、視聴者はもっと面白く見てくれるようだ。これからも独特のキャラクター開いておきたい。この作品を、より開かれたようだ」と説明した。

チョ・ヒョンジェは、「これまで、同様の役割をたくさんしたので、いつものどが渇いていた。20代とき反抗役割は私に絶対にない入った。反抗児の役割を多くしてみたかった。その時から逆的な役割を多くしてみたかったという気持ちがあった。最終的にこのように独特のキャラクターをしていなかったようだ」と話して演技の渇きを解消したと発表した。

川チャンギ役割についてチョ・ヒョンジェは、「もちろん、今でも理解はならない」と爆笑をしながらも、「しかし、たなをあまりにも愛した心は逃さないようにした。あまりにも愛した心を人格障害として誤っ表現すると考えた。作家様もたなを愛する川チャンギの心を確答受けそう延期した」とポイントを伝えて注目を集めた。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女に言うようであれば」は、生きるために人生をかけて対決級整形手術を敢行したが、手術の後遺症で記憶を失ってただけの女性が断片化され記憶のパズルを合わせて広げていく甘く殺伐ミステリーメロドラマである。
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 「彼女はといえば」放送終了後のインタビュー記事が大量に出ています。
 
 自動翻訳したものをそのまま使用しています。???な箇所が多々ある上に、長文のため、名前などの固有名詞や漢字の補正も手が回りませんでした。笑ってスルーしてください。
 
 
 マスコミとの合同インタビューで、どのメディアの記事も似たり寄ったりな感じです。
 かなり読みでがあります。
 
 ヒョンジェさんもカン・チャンギを演じるうえで、悩みや考えることが多くて演技するのは大変だったようです。どういう人間かを考えるていくと、それで演じ方、表現の仕方も変わるのでしょうし。
 
 それを踏まえて、字幕付きでしっかりとセリフの内容を理解して見たいです。
 

2018年10月 1日 (月)

10月1日

 
 非常に強い台風24号が日本列島を駆け抜けて行きました。
 
 夜中の暴風雨で睡眠不足気味です。
 更に、台風一過のフェーン現象で30度を超える暑さになりました。ここのところ、ずっと涼しく過ごしていたので、久しぶりに帰ってきたこの暑さにはまいりました。30度超えは、今年は今日が最後になってほしいです。明日からは気温も下がるようですので、このまま秋らしくなるといいですね。
 
 
 今日は10月1日。今年もあと3か月です。
 
 そして、今日から、スカパー!で、
 
 エンタメ~テレ : CS301
 KBS World   : CS317
 Mnet       : CS318
 
 開局です(v^ー゜)ヤッタネ!! 今まで、スカパー!プレミアムサービスでしか見られなかったこの3chが、今日からスカパー!でも視聴可能。選択が広がります。
 
 スカパー!での開局で、これら3chは、今日から9日まで、一部の番組を除いて無料放送です。
 EPGを見ていくと~、エンタメ~テレって…パチンコと麻雀の番組が非常に多く、しかもドラマは無料放送になっていませんでした┐(´-`)┌
 KBS WorldとMnetでいくつか録画予約。
 
 Mnetでは、「人生酒場」が無料放送ですので、予習を兼ねて録画予約しました(^^)v
 はい、Mnet。来月、ヒョンジェさん出演の#84が放送されます。今までは、プレミアムサービスでしか見られなかったMnetですが、Mnetで来月放送の「人生酒場」#84は、契約をすれば、スカパー!でも見られます(*^ー゚)bグッジョブ!! タイミングがいいです♪
 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »