2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »

2018年9月16日 (日)

彼女はといえば EP.33-36

 
 SBSの「彼女はといえば」のEP.33~36のごく簡単な話の流れです。
 エピソードを羅列しているだけともいいます。
 
 ネタバレ満載ですので、ご注意ください。
 
 言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追ってい ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしています。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、その点をお含みおきの上、ご覧ください。
 
 
 
-----------------------------------------
 
 

01_2

 
 
EP.33 21時05分~21時34分
 
 「だましていて気分がよかったか?」チャンギににじり寄られて、後ずさり、泣きながらうずくまるウンハンを何回も殴るチャンギ。ドアが閉まる。
 ガンウ、ジェヨン邸を訪ねてくる。チャンギ、ダラも同席して食事の席へ。
 ひどい状況のままオーディオルームで呆然としているウンハン。スジンがやってきて脅迫?受けて立つウンハン。
 ウンハン、着替えて食事の席に着く。
 食後、ジェヨンとチャンギが先に行ったすきに、ウンハンはガンウに、記憶が戻ったことをチャンギに知られたと告げる。オフィステルの部屋のカードをガンウから受け取るウンハン。
 ウォークインクローゼットでスジンとチャンギの密談を聞いてしまうウンハン。スジンはウンハンを精神病院へ送りたいようだが、チャンギはそれを拒んでいる?
 ガンウはウンハン弟を訪ね、ウンハンがジェヨン邸を出てオフィステルへ行く?と言う。
 ダラの部屋。眠るダラを涙を流しながら見つめるウンハン。その姿をドアの影から見ているチャンギ。
 ウンハンがチャンギの部屋に戻ると、チャンギからスマホを渡されロックを解除してチャンギに渡す。スマホのは初期化されている。
 チャンギはベッド、ウンハンはソファで寝ようとするが、チャンギに促されてウンハンはベッドに横になりチャンギに背を向ける。ダラが「ママとパパと一緒に寝る」と部屋に入ってくる。チャンギ、ダラを自分とウンハン真ん中に入れる。ダラ、ウンハンとチャンギの手と自分の手を重ねる。ダラの一言(何といったかは???)にフリーズするチャンギ。
 ガンウ父宅。チェヨンとガンウ父話している。庭でガンウとチェヨン息子が仲良く話す。それを見るチェヨン。
 
 
EP.34 21時34分~22時00分
 
 ジェヨン邸。ジェヨンとチャンギが話をしている。ダラ同席。
 ウンハンが家を出られない状況になり、焦ったウンハンはガンウに連絡。
 そこへチャンギが来て、精神病院へ患者を迎えにくるように連絡するようにとスジンへ言う。
 スジン、ジェヨン邸の庭で精神病院へTEL後、キムの姿を見て「死んだのに」と、おびえる。
 スジン、ダラを物置に閉じ込めたところにジェヨンが来て、慌てて鍵を開ける。ダラを物置に閉じ込めたことをジェヨンに咎められたスジンは苦しい言い訳を並べる。
 ジェヨンがダラを連れて居間に行くと、ウンハン母と弟、チャンギが待っていた。
 ウォークインクローゼットでダラがウンハンにジェヨンがスジンを叱ってくれたから大丈夫?と話す。ダラを涙しながら抱きしめるウンハン。ソファの上にあったクルマのKEY?をポケットに入れるウンハン。
 ウンハン弟がガンウにTEL。それをうけてガンウがチャンギにTEL。一旦、TELを切った後、再びガンウがチャンギにTELするとチャンギはスマホの電源を切っていた。
 ジェヨン、ウンハン、チャンギ、ウンハン母と弟が食卓を囲む。ファン夫人に食事について何か?指示するウンハン。
 ウンハンは治療が必要。ウンハンの記憶は戻った。チャンギは言い放って平然と食事。
 ダラの言葉からウンハンの行動を察して席を立つ。止めようとするウンハン弟を殴るチャンギ。ウンハンを追おうとするところ、息苦しくなり倒れこむ。ジェヨン、慌ててチャンギに投薬。
 ウンハン、チャンギのクルマ?を運転して逃げようとするが、門の前の警備員たちを見てクルマを停止させる。殴られた過去を思いおこしていると門の外にガンウのクルマを見つける。アクセルを踏み込み門へクルマを走らせるウンハン。
 
 
 
EP.35 22時01分~22時28分
 
 ウンハンは門を突破し、ガンウのクルマに乗換えて逃げる。
 ~回想シーン~誰か(ウンハンの父?)の葬儀で???を話すウンハンとウンハン母。それを物陰から見ているジェヨン。
 ジェヨン邸居間。ジェヨンに食ってかかるウンハン母。
 逃げたウンハンは、チャンギ関連?で男性と会う。
 ウンハンとガンウはオフィステルの部屋へ。
 ~回想シーン~武術を習うウンハン(手術前)。
 チャンギ、スノーボールを壊してガンウにTEL。ガンウからスマホを渡されたウンハンが出て「私はストレスを発散するサンドバッグだった」と言い放つ。TELが終わったチャンギの部屋にスジンが来て言い争う。そこへ主治医のチャン医師が入ってくる。
 ファン夫人に解雇を言い渡すスジン。スジンに言いたいことを言ってエプロンをはずすチャン夫人。
 ジェヨンに呼び出されるウンハン。ウンハンは精神病院へ入れられそうになったので逃げたと説明。ジェヨンはウンハンがガンウのところで手術を受けていたことを最初にガンウの病院でウンハンに会った時から気づいていた。チャンギの家庭内暴力も知っていた。そのまま縁が切れればと思っていた。ウンハンに自分の会社(ファインコスメ)に入社するように進める。動画が広がれば「私の息子は死ぬ」ので、それは避けたい?ウンハンは、スジンがダラにしたことを話し、スジンを追うはらうように求める。
 オフィステルに戻り、ウンハン、ガンウ、チャン医師で話す。チャン医師にウンハンを助けるようにお願いしていたのはジェヨンだった。
 ジェヨン邸を逃げた直後にウンハンが会った男性からチャンギにTELがあり、怒るチャンギ。
 
 
 
EP.36 22時29分~23時00分
 
 ジェヨン、スジンに邸を出るように言う。
 ダラの寝顔を見てから、インタビュー記事を見て考え込むチャンギ。
 チャンギ、放送局で本番前のメイクにウンハン弟が来る。
 本番中のチャンギのスマホにウンハンからメール。「これから始まり」スジンとの浮気現場の動画が添付。
 荷物をまとめているスジンにもウンハンから「これから始まり」のメール。
 放送局にチャンギを訪ねたウンハンは、チャンギに言いたいことを言って、弟と一緒に去る。
 チャンギはイ記者にウンハンの手術のいきさつを記事にするよう依頼する。
 ジェヨンの会社でジェヨンと会うウンハン。ジェヨンがダラにTELし、ダラとウンハンが話をする。会長を信じると言うウンハン。そこへチェヨンが入ってくる。
 ジェヨンはチャヨンにウンハンが会社で働くと紹介。チャヨンはジェヨンのいないところでウンハンにケンカ腰。
 ウンハンが帰った後、ジェヨンの会社にチャンギが訪ねて来る。ジェヨンはチャンギにウンハンとの離婚を進め、アメリカに行けと言う。受け入れられず声を荒げるチャンギ。
 チェヨン息子からガンウにTELがあり、ウンハン、ガンウとチェヨン息子の3人でお寺へ行って本堂でお参り。
 チェヨン、スジンにTELしてウンハンが会社でインターンになったことを知らせる。
 ジェヨン帰宅するとスジンがいるので叱責すると、スジンはウンハンから贈られた動画をジェヨンに見せ、開き直って居座る。
 ガンウの病院。キムは生きていた。キムはガンウにスジンの悪行の証拠の入ったUSBメモリを渡して去る。
 チャンギにイ記者から出来上がった記事が送信される。満足気なチャンギ。
 ガンウ宅。ウンハンとガンウは2人で夕焼けの街並みを眺めている。そこへイ記者からの記事を持ったチャンギが訪れるが、笑顔のウンハンを見て、声をかけずに引き返す。チャンギは階段を下りる途中でジョーロを蹴る。その音に気付いたガンウが階段を下りてきてチャンギに気づく。イ記者の記事をガンウに見せるチャンギ。2人が言い合うところにウンハンがやってくる。
 
 
 
02    
 
 
 
 
 
 
 EP.33とEP.34が、こちらでの第17話、EP.35とEP.36がこちらでの第18話にあたるようです。
 
 EP.XXの右横の時間は、そのエピソードの開始と終了の大体の時間で、私の個人的メモですφ(..)メモメモ 多少の誤差があると思いますが、大体の時間が分かればいいかなと思いましてメモしています。
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 
 
 ウンハンを殴るのは思いとどまってほしいと天に祈りつつ見ていた冒頭シーン。祈りむなしくチャンギがウンハンを殴ったところで、終わったな、と、天を仰いでしまいました。ここで殴らなければ2人の関係はもしかしたら修復できるのではないかと甘い期待を込めて考えていたのですが、そんなものはこの瞬間で吹き飛ばされました。あ~、ため息。
 
 ジェヨンはチャンギの家庭内暴力を知っていて何とかウンハンを助けようとしていたのですね。ここは、想像していた範囲内。欲を言えば、ジェヨンにはチャンギを止めて欲しかったですけれども、息子の恥部を外に漏らしたくない母としては、これが精一杯なのかなぁとも思えたりします。少なくとも、他のドラマでよくある訳の分からない理由でありとあらゆる悪行に手を染める息子や娘を止めるどころか、それに加担するありえない親よりは、ずっと普通の、一般的な親の姿なのかなとも思えます。甘い?
 
 チャンギは、どうしてウンハンへの家庭内暴力に及んだのか、その理由がイマイチ判然としません。家庭内暴力を引き起こすのに確たる理由はないと言われたら、それに対して何も言い返せないですが…。
 ガンウと2人でいるときのウンハンの笑顔を見て、何も言わず…言えず?…引き返したり、ウンハンへの想いは、まだチャンギの心の中にあると思えるのに何故家庭内暴力(?_?)
 このままチャンギの心が壊れてしまうのだけは避けて欲しいです。
 
 ダラも、ウンハンとチャンギの間に入って、2人の手と自分の手を重ねて寝たり。彼女としても優しい母と優しい父と3人で過ごしたい希望の現れのようにも見えてしまいます。このときのダラの言葉の意味が分からないのが残念。きっと何か意味のある言葉に違いないと思われるのに。
 
 ウンハンがジェヨン邸を脱出するとき、その直前にキッチンでウンハンがファン夫人に何か指示しているのは、暗にチャンギに食物由来の発作が起きる食材を出すように言っているのでしょうね。
 
 スマホに保存されていた動画の1つはチャンギとスジンの不倫現場の動画でした。スマホには確か2つのファイルが保存されていました。そうするとまだ公開されていない動画が1つあります。常識的に考えると残りの1つはチャンギのウンハンへの家庭内暴力のはず。
 ウンハンは、この動画を武器にして離婚とダラの親権を得たいようです。この動画、確かに公開されたらチャンギは身の破滅でしょう。そして、これまでチャンギがウンハンにしたことを考えたら、それも致し方なしだと思います。ただ、公開されるとダラが可哀相かなと思ったりしてしまいます。ダラのことを考えると公開しないで済むものなら、公開しないでほしいというのが正直なところです。
 
 重要なシーンの会話の意味が分からないのはいつものことながら、今回放送分は、いつも以上に回線の状態が良くないようで、何回も、それも、かなりの秒数、画面が固まるのが頻発。画面が固まって動き出したら、次のシーンになっていたりして、今のシーン、今の会話はどうなったのぁ!!が、何回もありました(;_;)
 早く日本語字幕付きのテレビ放送で見たいです。
 
 
 9月12日にヒョンジェさんがご自身のインスタに、「ガンウとウンハンに会いに行く途中~^^」というコメントと共に
 
 
01  
 
 ↑の写真をアップされています。今回放送分のEP.32のラストシーン。ガンウ宅にいるウンハンとガンウをチャンギが訪れるシーンでは、↑とシャツが同じですから(放送分ではシャツの上にジェケットを着ていますが)、文字通りガンウ宅のロケ先に向かう車内で撮った写真と思われます。衣装を着て移動なのですね~。当たり前?
 
 
 あと2話。どういう結末が待っているのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
← 彼女はといえば EP.29-32     彼女はといえば EP.37-40 →
 
 
 
 
画像出典 : tvreport

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »