2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「韓チャン!#82」で「彼女はといえば」を紹介 | トップページ | 彼女はといえば EP.17-20 記事 »

2018年8月12日 (日)

彼女はといえば EP.17-20

 
 SBSの「彼女はといえば」のEP.17~20のごく簡単な話の流れです。
 エピソードを羅列しているだけともいいます。
 
 ネタバレ満載ですので、ご注意ください。
 
 言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追ってい ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしています。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、その点をお含みおきの上、ご覧ください。
 
 
 
-----------------------------------------
 
 
 
 
EP.17 21時08分~21時35分
 
 左手首の傷跡を気にしてチャンギに尋ねるウンハン。怒る?チャンギ。ガンウからウンハンへのTELに「シン・ヨンソではなくチ・ウンハンだ。」とチャンギ。
 ウンハンとチャンギ帰宅。ジェヨンとチェヨンが仕事の話し中。
 ガンウの病院の看護師から手術後のチェックに明日来院するようにウンハンにTELあり。ウンハンがチャンギに病院へ行くと言うと、チャンギから大学病院へ行くように言われる。
 ジェヨン邸の中を探索するウンハンは、地下室のドアを開け、中を一瞬見てすぐにドアを閉め、そのばに座り込む。そのドアからチャンギが出てきて、嫌がるウンハンの手首をつかんで強引に部屋の中へ連れ込む。地下室内部はホームシアターでチャンギは映画を見ている途中だった。その部屋に入り、幼い女の子がソファに座る姿が脳裏に浮かんだウンハンは、「私たちに娘がいるの?」とチャンギに尋ねる。チャンギははぐらかした?
 更に邸の中を歩き回るウンハンは鍵のかかった部屋を見つける。
 寝室で寝ようとするチャンギ。ウンハンは、どんどんチャンギから離れてベッドの端へ寄って行く。
 
 
EP.16 21時36分~22時05分
 
 ウンハンはファン夫人から、いろいろ聞き出そうとするが視線で何かを告げようとするファン夫人は言葉では話そうとはしない。
 ガンウの病院へスジンが行き、帰りにキムに待ち伏せ?される。
 ライトの落とされたSBCのスタジオを見下ろしているチャンギに、チャンギの先輩(男性)が話しかけてくる。よからぬ内容の話らしい。
 報道局?に戻り、イ記者と話す途中に話の内容に対して声を荒げるチャンギ。先程の先輩が通りかかり、何かイヤミ?
 ガンウ父に自分の息子はガンウの子だと告げるチェヨン。
 ファン夫人の視線の先をヒントに鍵の束を見つけたウンハンは、鍵のかかった部屋に行き、その鍵の束の鍵を片っ端から使ってドアを開けようとする。ドアが開き、部屋に入ると、たくさんの段ボール箱がそこにはあった。カッターで開けようとしてカッターを持ったウンハンの脳裏に記憶がフラッシュバック。手首から血を流しながら邸内を歩き回るウンハン(整形前)。ウンハン(整形前)が倒れたときに目の前にチャンギ。次のシーンではウンハン(整形前)がバスタブに身を横たえ、血が流れる左手首はバスタブの外。回想シーンから現実に戻り、部屋から逃げ出そうとするが、スジンが部屋の外からドアのノブを押さえていてドアを開けられない。恐慌状態になり救けを求め倒れるウンハン。ヘルパーが部屋の中へ入り、ウンハンを救け起こすと、スジンが何事もなかったかのように部屋に入ってきて、「病院へ」と言う。
 1人で病院へ行くウンハン。クルマのドライバーに大学病院へ行くよう申し付けるスジン。病院のエントランスロビーで、運ばれいてるケガ人の流す血を見て倒れるウンハン。ガンウがいて、抱き起す。
 
 
EP.19 22時05分~22時30分
 
 病室へ運ばれるウンハン。ガンウと話をして主治医が整形前のウンハンを助けていたと言われる。
 チャンギが病院へ来てウンハンの病室へ。主治医からチャンギに語られた診断はストレス?
 帰宅時に病院の駐車場でたまたま顔を合わせたガンウとチャンギが話をする。ウンハンを挟んで火花。チャンギが「弁護士から連絡する」とガンウへ。
 主治医へ記憶を失くした女性を何故放置したのかを問い詰めるガンウ。
 ウンハン、チャンギ帰宅。チャンギはウンハンを1人で病院へ行かせたスジンを叱責。ガンウを訴えるので弁護士に連絡するようにスジンに言うチャンギ。
 ウンハンから「手首から血を流している人を見て云々」を聞いたチャンギは表情を硬くする。
 チェヨン息子に、チェヨンの息子と知らずになぐさめられるガンウ。
 鍵のかかっていた部屋に置き忘れたスマホを取りに行き、偶然、ぶつかって倒れた段ボール箱1つを開けるウンハン。中には絵本?そこへスジンがやって来て口論になる。どうやらウンハンがスジンを言い負かしたようだ。開けた段ボール箱を抱えて部屋を出て行くウンハン。
 ジェヨンとチャンギ口論。目に涙を浮かべるジェヨン。ジェヨンに辞表を出すスジン。ジェヨンはそれを破り辞職を認めない。ジェヨンに背を向けてからほくそ笑むスジン。
 
 
EP.20 22時31分~23時03分
 
 部屋で段ボール箱の中身を確認するウンハン。中に入っていたカッター(先程のスジンとの口論のときにスジンがそっと段ボール箱の中にカッターを入れていた)をウンハンがじっと見つめているとチャンギが現れ、乱暴にウンハンからカッターを取り上げる。
 防犯カメラのモニタールームへ行くチャンギ。スジンがお茶を持ってきて「ストレスですよ」とチャンギの耳元でささやいて、チャンギの首筋を揉む。
 ウンハンはチャンギの書斎に行き、クルマのキーを探してチャンギのクルマの中から女の子の動画の入ったスマホを見つけ出す。そこへ通りかかったファン夫人に女の子を見せて、その女の子が誰だか知っているかを尋ねる。「知りません」とあからさまに知っているのに知らないふりな態度をとるファン夫人。
 ウンハン、地下室へ。そこではスジンとチャンギ情事中。ドアをノックしてからウンハンが入るとチャンギが1人で、ウンハンと一言二言話してすぐに部屋を出て行く。ウンハンも部屋から去る。スジンは開けられたドアの影に隠れていた。
 食事の席で、スジンが辞表を出したことでジェヨンがウンハンを叱責。それを怒ってウンハンをかばうチャンギ。
 ガンウ、ネットでチャンギの検索。チャンギの代理人の弁護士からガンウにTELが入る。ガンウ、チャンギとやりあう気満々。
 チャンギの自宅にチャンギを訪ねるイ記者。帰り道、ウンハン弟の店でメイクモデルをする。
 スジンの乗っていたクルマを探すキム。クルマを見つけて乗っていた女性を引きずり出すとそれはスジンではなくジェヨンで、キムは警備員に取り押さえられる。それを建物内に身をひそめて見つめるスジン。
 ウンハン外出。カフェにいるウンハンに主治医の妻?が、グラスを割って、その破片の片手にウンハンに「主治医が患者とオフィステルへ行くのか?」と詰め寄る。
 ウンハン(整形前)が使っていたオフィステルへ、ガンウに案内されて行ったウンハン。何か押印されている書類を見つけ、それを握りしめる。思い詰めてオフィステルを飛び出したウンハンはタクシーに乗ってその場を去る。
 ガンウ自宅前にキムが待っていて「本物の奥さまを殺そうとした偽物の奥さまを捕まえようとしたら、会長のクルマだった」とガンウに告げる。
 病院から、ウンハンが病院へ行っていないと、スジンへTELがきて、それをチャンギが耳にし、チャンギからウンハン母へTEL。その場にいたウンハン弟がガンウにTELして、ガンウがウンハンを探して、ガンウとウンハンが2人で行った北岳展望台でウンハンを見つける。
 飛び降りようとするウンハンを止めるガンウ。
 
 
 
 
 
 
 EP.17とEP.18が、こちらでの第9話、EP.19とEP.20がこちらでの第10話にあたるようです。
 
 EP.XXの右横の時間は、そのエピソードの開始と終了の大体の時間で、私の個人的メモですφ(..)メモメモ 多少の誤差があると思いますが、大体の時間が分かればいいかなと思いましてメモしています。
 
 
 
 
 
----------------------------------------
 
 
 
 ウンハンは自分の記憶探しで邸内を歩き回り、記憶の欠片が断片的に脳裏に浮かびました。
 
 左手首から血を流しながら邸内を彷徨う…救けを求めている?…ウンハン(整形前)。その目の前に現れたチャンギ。次のシーンでは、ウンハン(整形前)はバスタブに身を横たえていて、その間に何があったのか、誰がウンハンをバスタブに連れて行ったのか、謎です。
 そもそも、どうして左手首から血を流しながら、ウンハンが邸内を彷徨っていたかから謎です。これもウンハン自ら手首を切ったのか、それとも誰か他の人に切られて逃げ出したのか、一体、何があってそういう状況になっているのか、まだその前のシーンが明らかになっていないので、謎が深まるばかりです。
 
 ガンウとチャンギはウンハンを挟んで、火花をバチバチと飛ばしています。見ていて嬉しくて楽しくて、つい顔がほころんでしまいます。
 
 チェヨンが自分の子供のことをガンウの子だとガンウ父に言いました。これが、私的には、この子がガンウの子だとは全く信じられないのです。かつてチェヨンがガンウを捨てて外国へ行った設定ですよね。だったら、戻ってきて、ガンウ自身がもう迷惑がっているのですから、ガンウにまとわりつかなければいいのにと、つい思ってしまいます。たとえ本当にガンウの子だとしても、そこは黙っているのがプライドでは?>チェヨン
 
 あちらのドラマを見ていると、服を着たままベッドで横になって寝るシーンが多く、あちらでは、パジャマを着て寝ないのかなぁと常々疑問に思っていました。
 今回の「彼女はといえば」の放送分では、夜、チャンギはしっかりパジャマを着てベッドに入っていました。パジャマを着て寝るのだと納得。いえ、パジャマを着て寝るチャンギが、少数派な可能性もありますが…。その点、どうなのでしょうか?
 
 女の子の存在が、少しずつクローズアップ。
 今回放送分でEP.20(第10話)。ちょうど全エピソードの半分が終わりました。来週放送分で、女の子=娘のことが詳しく語られ新たな謎が提示され、再来週放送分くらいから、これまでの謎が一気にパズルに当てはめられていくのでしょうか。
 
 甘さだと言われるかもしれません。ヒョンジェさんが好きだからそう思いたいだけではないかと言われたら返す言葉もありません。制作側にミスリードされている可能性があることも自分自身で分かっています。ただ、それでも、今回のウンハンを見るチャンギの眼差しの穏やかさ、優しさ、瞳の奥にある愛情、そんなものが感じられる気がして、チャンギは本当に本気でウンハンのことを愛しているのだと思いました。
 だったら、スジンとの不倫?を含めて、この状態は、一体どうしてこうなったのかということになってしまいます。そこがミステリーであり、それが分かったときに「謎は全て解けた」になるのでしょう。
 そのときに、ウンハンが、ガンウが、チャンギがどうなるのか。どうなっているのか。どうするのか。
 
 

« 「韓チャン!#82」で「彼女はといえば」を紹介 | トップページ | 彼女はといえば EP.17-20 記事 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「韓チャン!#82」で「彼女はといえば」を紹介 | トップページ | 彼女はといえば EP.17-20 記事 »