2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 客主 | トップページ | 「おちくぼ」4巻 »

2017年6月19日 (月)

紅霞後宮物語 第六幕

 

 雪村花菜さん著「紅霞後宮物語 第六幕」を読みました。

 「紅霞後宮物語」の続編です(タイトル見れば分かります?(笑))。

 ネタバレありの感想ですので、未読の方はご注意ください。

 

-----------------------------------------

 

 戦争が今にも起こりそうな隣国の寛へ交渉の使節を派遣。随行の武官は班将軍。

 交渉は決裂。寛軍が宸の国境を越える。国境地帯で寛軍を防戦。押し戻しに成功しつつある班将軍は、もう1つの隣国の康の奇襲を受けて戦死。

 寛と康の連合軍を征討するために派遣される軍の指揮官として小玉が出陣する。

 
 

 以上、超簡単なあらすじでした(^_^;)

 
 
 

 本筋の他に進行していたのが、

  • 梅花の体調不良の進行
  • 文林の長男の鳳が、抱きしめてくれる存在だった孫修儀を失った恨みを小玉に向ける
  • 小玉の甥の丙が初登場

 

 でしょうか。

 

 梅花さんは、これから徐々に弱っていっちゃうのかなぁ。寂しいけど。

 鳳の想いについては恨む気持ちも向ける方向も分かるけど、やっぱりまだまだ子供で孫修儀が小玉に何をしたのかまでは理解していないから、鳳の小玉への恨みは客観的に見ると“逆恨み”なのが自身では分かっていないのが残念。そしてその言動ゆえに、皇太子への道を自ら閉ざしてしまったのは、分かっているところが哀しい。

 小玉と丙のやりとりは面白いなぁ。「恩を返しに来い」と言われて速攻、上京するくらいに恩を受けていると思っているのですね。

 私的には、この先、丙と紅燕(王太妃の娘)が、何がどうなって結婚することになるのかが興味津々です。紅燕は、やはり小玉に良く似ている丙の顔に一目惚れしたのかな?(笑)
 そして丙はどこでピカピカの皇族である紅燕との結婚に踏み切ることにしたのかな。

 小玉と文林の心の溝。それは、これまでの相手への想いとまか違う想いに気づいてしまったゆえ。それがこの先どうなっていくのか。

 小玉の出陣については心配していないのです~。なぜって小玉はヒロイン!ですし~、将来的に文林や王太妃よりも長生きしたと前のお話で出てきていますから、ここで戦死はないなっと。ケガとかはありかもしれませんが…。

 

 この先の展開が気になる第六幕でした。

 

« 客主 | トップページ | 「おちくぼ」4巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 客主 | トップページ | 「おちくぼ」4巻 »