2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« しゃばけ漫画 仁吉の巻 | トップページ | 逆戻り »

2017年4月10日 (月)

ついつい

 

 チャンネル銀河で放送中の「広開土太王」を見ていたら、登場人物(キャラクター)の名前に聞き覚えがあるキャラが若干2名。検索したら、「百済の王 クンチョゴワン」に登場していたキャラで、「クンチョゴワン」のときの働き盛りから「広開土太王」になるとグッとおじいさんになっていました(^_^;)

 ということは…と更に検索したら、「広開土太王」のタムドク(広開土太王)は、「クンチョゴワン」の高句麗王のサユ王の孫でした。ん~、サユ王とタムドクは祖父と孫で、(別の作品ですから当然のことながら)全然、顔が似ていないから、すぐには分からなかった~!と訳の分からないことをつぶやいたりしていました。別の作品なのですから、別の作品にそれぞれ登場する祖父と孫が似ていなくて当たり前なのですが…(爆)

 

 そして、この作品、高句麗が舞台で、高句麗と後燕が対立していて、高句麗と対抗するために後燕と百済が手を組んで、北と南から高句麗に戦線を構えるみたいな感じの展開になったところで、あれれ?になってしまいました。
 高句麗と後燕が対立して刃を交えているときは、高句麗目線で作品が展開しているのを普通に見ていたのに、そこに百済が入ってきたら、途端に、「でも、百済にがんばってほしいな」とつい思ってしまうのですよ~。私の視聴はベースが百済(「薯童謠」、「スベクヒャン」)なので、どうしても百済目線になってしまうのです(笑)

 

 これから先、どういう展開になるのか…。

 

 「広開土太王」全92話、先が長いです。

 

« しゃばけ漫画 仁吉の巻 | トップページ | 逆戻り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しゃばけ漫画 仁吉の巻 | トップページ | 逆戻り »