2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 帝王の娘スベクヒャン BS11で2016年12月6日より放送 | トップページ | 「とりかえ・ばや」 10巻 »

2016年11月 1日 (火)

彼女の神話

 

 少し時間の余裕があったので、「彼女の神話」をレンタルして完走しました。
 

 う~ん、私的には何だか釈然としないラストでした。

 父不明の少女が母を亡くして、叔父夫婦に引き取られ、叔母と同じ年のイトコ(女の子)にいびられまくり、偶然知り合った子供が欲しくて手を尽くしているけれど子供に恵まれない裕福な夫婦に養女にのぞまれたら、その夫婦の妻が交通事故で植物状態になり渡米。10年近くして、目覚めたので養女にしようとしていた少女を呼び寄せるときに、叔母とイトコが結託して、イトコが養女になるはずだった少女になりすまして、裕福な夫婦の養女に。

 ヒロインが社会人になったところで、養親になるはずだった夫婦とヒロインになりすまして養女になったイトコが帰国。
 韓ドラあるあるで、当然、この2人のイトコ同士はであって、なりすましたイトコがヒロインをいじめて、陥れて、散々いやがらせ。でも、真実が明らかになるわけで。

 養親が何年も娘として暮らしていた本来なら養女になるはずのなかった娘のことを「情が移ったから放り出せない」のは、理解ができますし、そうだろうなとも思えます。
 でも、だからと言って、帰国してからのヒロインへのあれこれは、そんなに簡単に許していいのか?ある意味、犯罪では?なことまでしていて、それなのにペナルティなしなのは…どうなのでしょう。
 ヒロインの実父も明らかになり、この実父も会社への背任罪のはずなのに、田舎に隠遁して悠々自適の農業生活が許されているらしいのが、どういうことなのか謎(?_?)

 ヒロイン自身も最終話に、全て片付いて会社の開発チームのチーム長になって、「がんばって開発するぞ!おー!!」と、やる気を見せていたのに、それから舌の根も乾かないうちに、何とか門の商店街で起業した会社でがんばるとか言って退職してしまうし。

 いろいろとオチの付け方に首を傾げる作品でした。

« 帝王の娘スベクヒャン BS11で2016年12月6日より放送 | トップページ | 「とりかえ・ばや」 10巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帝王の娘スベクヒャン BS11で2016年12月6日より放送 | トップページ | 「とりかえ・ばや」 10巻 »