2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« よれよれ | トップページ | 「スベクヒャン」 スタンバイOK »

2016年11月29日 (火)

「まことの華姫」 読了

 

 畠中恵さん著「まことの華姫」を読みました。

 

 姫様人形の華姫を使って話芸を披露する月草=今でいう腹話術師と、両国の月草が芸をする小屋の小屋主にして両国の顔役の山越親分の娘のお夏が、「まことを語る」と言われる華姫に持ちかけられた、華姫に降りかかった、あれやこれやを謎解きするお話。

 ボケとつっこみのいいコンビ?13歳のお夏が真剣に華姫と話混んだりがいい感じ。

 男の月草がしゃべると何だかな~なシーンでも、華姫がしゃべると相手にも聞いてもらえるし、その状況にもマッチすろしで、こういうときに女の子しゃべりの方が、角が立たないのだろうなと思いつつ読んだりしていました。

 西国生まれの西国育ちの月草。最終話で、西国を離れざるをえなくなった一件にも片がつき、このまま両国に留まるのかなというところでラストとなりました。

 

« よれよれ | トップページ | 「スベクヒャン」 スタンバイOK »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よれよれ | トップページ | 「スベクヒャン」 スタンバイOK »