2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 栗ジャム三度 | トップページ | 愛読書チェック 2016年11月号 »

2016年9月23日 (金)

20%の壁、崩壊

 

 今日、私のブルーレイレコーダーの残り空き容量が全体のHDDの容量の20%を切りました。

 あまりにも簡単に20%の壁が崩壊してしまい、恐怖を感じています。

 今、これを書いている時点で、KNTVで放送中の「帝王の娘スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)は第92話まで放送されました。あと16話で完結です。
 計算上は、あと16話(と、チャンネル銀河で放送中の「スベクヒャン」)を全て録画したままで、ディスクに落とさなくても、空き容量はなくならないはず…です。

 でも、残り容量の表示が20%を切って、19%…10%台の表示になると心理的に圧迫されるというか狼狽えるというか、どきどきして怖くなってしまいます。
 だったら、ディスクに録れよ~!なのですけれど、第53話が降雨のためきちんと録画できていなくて、9月29日放送のチャンネル銀河での第53話の放送&録画待ちの状況ですので、それをきちんと録画&編集してから…と考えていてディスクに落とすのに踏み切れません。

 怖いな~怖いな~、でも、計算上は保つはずだからと自分に言い聞かせて、あと16話の放送を待ちます。

 第86話過ぎたあたりで放送を待つのが耐えられず、ついつい昨年チャンネル銀河で放送したときに録画・編集したミョンノン登場シーン集の第92話以降を見てしまいました(^_^;)
 そして、またまたまた第104話で涙する私。どうしてもここでミョンノンに感情移入して泣いてしまうのですよね~。だから、「スベクヒャン」を見るのを(録るのを)やめられないとも言います…。


 

« 栗ジャム三度 | トップページ | 愛読書チェック 2016年11月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗ジャム三度 | トップページ | 愛読書チェック 2016年11月号 »