2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »

2016年7月10日 (日)

私の人生の春の日

 

 「私の人生の春の日」完走しました。

 「ヨンパリ」を見るためにホームドラマチャンネルと契約して、「ヨンパリ」の他に見たいと思っていた(見たいと思う)作品が放送している(放送する)かなぁと調べたら、「輝くか、狂うか」とこの「私の人生の春の日」があったので見始めました。

 以下、ネタバレな感想ですので、未見の方はご注意ください。

 

--------------------------------------------------------------------

 私の感想を一言で表すなら、「タイトルどおりの物語だったな」です。

 訳の分からない論理でキーキーわめくおばさんも、思い込みの権化でヒロインの恋人につきまとってヒロインにいやがらせする女性も、酒とギャンブルと借金で子供に苦労をかける親も、復讐に執念を燃やす人もでてこずに、心穏やかにストーリーが展開しました。
 
 双方の親が2人の中に最初は反対しました。
 それも、ヒロインが結婚話まで進んでいた男性と別れて、恋人があらわれ、しかもその恋人が結婚話のあった男性の実の兄でヒロインより18歳も年上な上に2人の子持ちのヤモメだったら、反対しても仕方がないかなぁ~と(^_^;) この状況設定では、反対するのが一般的ではないかと思えるので、このヒロインの母親の態度は分かる気がしますし、物語が進んでからは、態度を軟化させてもいました。
 
 ヒロインの恋人の母親は、ヒロインの健康上の理由で反対しました。健康上の理由…。恋人の前妻が事故死しているので、健康な女性がいいというのは…ちょっと何となく…。でも、このヒロインの恋人の母親もすぐにヒロインの人柄を認めたので、それほど物語の障害にはならず、私的にもいい人な印象ないかにも“THEおかあさん”な感じのキャラで好きでした。
 
 ヒロインにフラれた形になった男性も、その男性の元カノも、ヒロインとその恋人の邪魔をせず、それどころか協力的ですらあり、ほっこりといい人たちだなぁと思える登場人物たちでした。
 
 基本、主な登場人物はいい人ばかりで、変にイラつかずに見られました。

 あちらのドラマですので、それなりの因縁話はありましたけれど、それはストーリーを展開させるためのエピソード、物語の起伏を与えるためのエピソードとして、淡々と見ていられました。

 その分、ドロドロが好きな向きには、物語の起伏が足りないとか、ドロドロが足りない(ない?)と思われるかもしれません。

 優しい気持ちで見られた作品でした。

 ヒロインは手術は拒否していたけれど、ラストは心臓の手術を受けに行ったのでしょうか?

 ラストシーンは、ヒロインは臓器の提供者になって他の誰かに生命のリレー…というイメージを受けました。

 ヒロインの親友が、ヒロインの恋人の秘書さんとラブラブになって、このヒロインの恋人の秘書さんは、自称いいとこのボンボンなので、それが本当かどうか、本当ならそれを知ったときのヒロインの親友がどう反応するかが、オチでぜひ見たかったなぁ。そこ、ある意味、すっごく楽しみにしていたのに、華麗にスルーされてしまって、物足りないです。
 

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« hyunjaeさんインスタ | トップページ | hyunjaeさんインスタ »