2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 追いつき追い越し | トップページ | スイス・イタリア旅行記 7日目~サメーダン、コモ湖、ミラノ~ »

2016年6月11日 (土)

グッド・ドクター

 

 「グッド・ドクター」、約1か月かけて完走しました(^^)v

 このところ、「ヨンパリ」、「ドクター異邦人」、「グッド・ドクター」と立て続けに医療ものドラマを見て、その中では最もスタンダードな医療もの=新人医師の成長を扱った作品でした。

 ひねったところは主人公の新人医師が自閉症なところかな。
 その医師が赴任してきて、最初から好意を持って受け入れる同僚、反発しまくる同僚、どっちつかずな同僚、次第に惹かれあっていく女性の先輩、理由ありで厳しく接するけれど実は懐が深いできる教授、とことんダメ医師だったのが新人医師に尊敬の念を持って接せられて次第に医師の本分を取り戻す科長と、こう書くと周囲の人物はいかにもな設定です。

 基本が新人医師の成長と恋の物語で、そこに病院の乗っ取りが加わった感じとでもいいましょうか。

 乗っ取り目的で病院に潜り込んでいた曲者の副院長は、これも比較的あっさりといい人になって、結局、この人が病院を乗っ取りから救いました。もう少しひねって欲しかった気もしないでもありません。全20話で収集をつけるとこんなところなのかなぁ。

 そう!理事長の義理の娘!理事長を恨んで、騙されて乗っ取り側に手を貸していたのに、恋人である教授に乗っ取り側の真実を告げられたら、それを簡単に信じて意外でした。普通、この手のドラマだと、もっと違う!違う!とか現実を受け入れられずにバカを繰り返すパターンもありそうなのに、告げられた途端、手のひら返しで理事長に協力って…。

 新人医師の成長物語なので、パターン的でありつつも安心して見ていられました。恋も先輩にドキドキで、小児外科の入院患者の女の子に相談に乗ってもらう可愛さ(*^^*)

 主人公を演じていたのは「ヨンパリ」の主人公と同じ俳優さんなのですけれど、全然、イメージの違う役を自然に演じていました。私的には、「グッド・ドクター」のシオンの方が好きだなぁ。

 でも、どうして手術シーンはあんなにグロイのでしょうか。手術シーンのたびに、目を背けてしまいました。字幕だけで吹替えがなかったから、画面の上4分の3を手で隠して、下の字幕部分だけ見えるようにしてたりしましたけど、手術シーンに関しては字幕を読むために画面を見なくても済むので、吹替えに切り替えていたと断言できます!!

 そして、この作品の中で私が最も好きなキャラは、新人医師に尊敬され、誉められまくって、すっかりその気になって医者の本分を取り戻した科長さんです。あれだけ純粋に尊敬の念を向けられて、それでもなお自堕落な医者であり続けるほうが難しいとも思えますし、オレってそうかも?とその気になったとも思えますし(笑)。しかし、ここでもそこか?!>自分

 そんなことを思いつつも面白く視聴できました。

 

« 追いつき追い越し | トップページ | スイス・イタリア旅行記 7日目~サメーダン、コモ湖、ミラノ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 追いつき追い越し | トップページ | スイス・イタリア旅行記 7日目~サメーダン、コモ湖、ミラノ~ »