2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 愛読書チェック 2016年6月号 | トップページ | YongPal »

2016年4月27日 (水)

ドクター異邦人

 

 テレビ東京で放送されていた「ドクター異邦人」を見終わりました(^^)v 無事、完走です。

 録画して、時間があるときに見ていて、尚且つ、見終わったら、すぐに削除していたのと、地上波放送でカットがあるのとで、ときどき、この展開は一体何?!なところもありつつの視聴でした。

 フンが、ブダペストで亡命しようとして失敗し、くさり橋をジェヒと逃げるシーンは、昨年(2015年)、ブダペストに行ってくさり橋を歩いていたので、懐かしさと共に突っ込みどころ満載でした(^_^;) くさり橋、観光名所ですから、観光客がひっきりなしに歩いていて、そこで、あ~んな物騒なことをしていたら、はっきりいって、観光客の悲鳴の坩堝で、速攻、地元警察が大挙して押し寄せますって。そこは~、ドラマのロケなのですね~などと思いながら見ていました。

 そして、いきなりフンが韓国で医者をしていて、どういう経緯でそうなったのか謎のまま??

 ジェヒがコロコロ態度を変えるのもよく分かりませんでした。

 お母さんが病院に20年も閉じ込められて、あれ、フンがいなくなったショックで精神的に病んでしまったのか、病院側が何か怪しげな薬を投与して廃人にしてしまったのかもよく分からなくて???

 最もよく分からなかったのは、理事長がジェジュン(ソンフン)と話しているときに、倒れて死にかけたときに、スヒョンがジェジュンに「理解できない!」と言い放ったのが理解できませんでした。スヒョン、ジェジュンの父親が昔、ミョンウ病院の医療事故で亡くなり、そのショックで母も後を追うように亡くなったのを知っていて、ジェジュンが理事長に心からの謝罪を求めているのを知っているのではありませんでしたっけ??知っていたと思っていたので、ジェジュンと同じ立場に立ったときに、ジェジュンに向かって「理解できない!」と言うのがどういうことか全く理解できずに???になってしまいました。あっれ~?知らなかったのでしたっけ??

 フン役の俳優さんは、少し前に見た「君の声が聞こえる」で、高校生から大学入試までの役を演じていて、こちらでは、1人前のお医者さんになっていて、ちょっと戸惑ったりしました。いきなり大人になっちゃって…な感じとでもいいましょうか…。

 フンに渡された飴1つで、ずっとフンによくしてくれたいかつい顔のガードの人が、お気に入りのキャラでした。

 ラスト、ジェジュンはスヒョンと、フンはジェヒとハッピーエンド。ハッピーエンド大好きな私としては、よかったよかったのラストでした。

« 愛読書チェック 2016年6月号 | トップページ | YongPal »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛読書チェック 2016年6月号 | トップページ | YongPal »