2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

運・君・愛 完走

 

 Dlifeで放送された「運命のように君を愛してる」完走しました(^^)v

 以下、ネタバレありの感想ですので、未見の方はご注意ください。

 
 
 
 

-----------------------------------------

 
 
 
 

 名門の御曹司で会社社長のイ・ゴン。ご先祖さまは遺伝病のため、代々早死になため、祖母のワン会長に結婚を急がされている。マカオで恋人のカン・セラにプロポーズしようとするが、セラはプリマに抜擢されたため、アメリカへ。ゴンは、休暇でマカオを訪れていたカン・ミヨンとひょんなことから一夜を共にし、ミヨンはゴンの子供を妊娠。ゴンとミヨンは結婚することに。
 アメリカから帰国したセラはゴンがミヨンと結婚したことを知りショックを受ける。
 ゴンの亡き父の愛人とその子ヨン、社長の座を奪おうとする一族の長老が結託してあれこれするも失敗ばかり。ミヨンは、幼い時に生き別れた妹のカン・ミヨンを探そうとパリから帰国したばかりのアーティストのダニエル・ピットと知り合い、妹と同名ということもあり、あれこれ手助けされる。
 ゴンとミヨンは結婚後、心を寄せ合うが、遺伝病が発病した(発病したと思った?)ゴンは、心にもないことをミヨンに告げ、離婚することに。ゴンを追おうとしたミヨンは交通事故に遭い、子供を流産し、心の傷を癒すため、ダニエルとフランスに渡る。

 3年後、フランスで絵の勉強をし、アーティストのエリー・キムとして成功したミヨンは帰国。
 ダニエルはミヨンの良き理解者、パートナーとなっていた。セラもまたゴンのよき友達となっていた(セラは心ではゴンのことを想っていたが、それは表に出さない)。
 個展でミヨンの非売品の絵を手違いから入手したゴンはイ・ヨンジャという女性を名乗り、年上の女性のファン1号として、メールであれこれミヨンの相談に乗ることになる。
 ゴンの会社のCM企画をミヨンが引き受け、あれこれゴンはミヨンとまわりをうろちょろと…。コラボ企画は成功。2人の気持ちは揺れに揺れる。
 ダニエルがミヨンにプロポーズするのを見てしまうゴン。ゴンがヨンジャだとふとしたことから知ってしまうミヨン。
 ミヨンはダニエルとともにフランスに帰ろうとするが、ダニエルがミヨンをゴンのもとに。
 ミヨンはゴンが遺伝病を恐れ、3年前に別れを告げた事実を知る。
 そして、2人で遺伝病を乗り越えて幸せになろうと誓い合いハッピーエンド。
 ダニエルの妹は、セラだった。

 
 
 

 BSでの放送だったこともあり、カットされての放送です。あくまでもカットされたものを見ての感想です。ですから、ノーカット版を見たら、もしかしたら感じ方も変わるかもしれません。そこのところはあしからず。

 同様に、ときどき、あれれどうして突然のこの展開?なのも疑問をもちながらもスルーしました。

 

 あちらのドラマ特有のドロドロもほとんどなく、どの登場人物も、ほとんどはいい人でした。もちろん、社長の座を狙うゴンの父親の愛人さんやその息子のヨン、社長の座を狙う一族の長老は、陰でコソコソとゴンとミヨンの足を引っ張ろうとイロイロ仕掛けます。でも、その悪巧みもすぐにゴンやミヨンに蹴散らされてしまうような、よく言えば他愛もないものばかりで、そんなに嫌悪感を持たずに見られました。これは、カットされているから、そう思うのかなぁ?と、ときどき思ったりもしましたが。

 でも、ゴンの父親の愛人さん、ミヨンが別れて家を出ていくときは、「自分が追い出されたときを思い出す」と、本気でミヨンに同情しているように見えましたし、ゴンが遺伝病のことでミヨンに踏み出せないときも、ゴンの父の遺品の手帳を渡して(ゴンはその存在を知らなかったのに自分から自主的に…ノーカット版だとその理由が描かれているかも…)、ゴンの背中を押したりして、ゴンに「ありがとう」と言われると「初めてありがとうと言われた」と嬉しそうにしていたりと、根は悪い人ではない、いい人なのだろうと思えました。
 愛人さんの息子のヨンもミヨンに魚の目玉入りのラーメンを作ってもらうと、すっかりミヨンに懐いてしまって(笑)。結局、ヨンは愛人さんの息子ではあるけれども、ゴンの父の息子ではありませんでした。

 セラは、2人が離婚する前は、自分で離婚合意書を偽造してそれをミヨンに見せたり、意地悪を言ったりやったりしていました。でも、それもアメリカから帰国したら恋人を奪われていた(セラの立場では)のですから、意地悪の1つや2つは言ってやりたい気にもなるだろうなぁ…普通、離婚合意書の偽造まではしないけど…と、許容範囲な意地悪でした。
 3年後、再会した後、結局は、離婚合意書は自分の偽造だったと自分からミヨンに告白しましたし、ありがちなドラマのように、訳の分からない論理でミヨンを攻め続けたり、意地悪し続けたりもせず、あっさりとプライド高く去って行ったので、この人もイヤだなとも思いませんでした。

 ダニエルは、ミヨンにフラれても、最後までミヨンの良き理解者、相談相手の立場を崩しませんでした。なかなかできないことです。フラれるにしてもこういう役、演ってほしいなぁ。

 この作品の中で私的に最もポイントが高かったのが、ゴンのおばあさんのワン会長とミヨンのお母さんがとってもいい人なことです。
 あちらのドラマの名門のおばあさんだと、普通な家出身のミヨンのことを、気に入らない!と反対するところ、とにかく跡継ぎが欲しかったこともあり、諸手を挙げての大歓迎で孫の嫁となったミヨンに優しくしました。それは、離婚後も同じくミヨンを大事にしていました。それに、ヨンのことも血の繋がった実の孫ではないと察しているのに、ヨンの結婚相手との顔合わせの席に来て「祖母の私が来なくてどうする」って言って、ゴン父愛人さんを感動させたりして、器の大きい人だなぁと。
 ミヨンの母も、ミヨンと離婚後もミヨン母が営んでいる食堂にゴンが食事に行くと、ブツブツいいながらも、その実、あれやこれや心配したり気遣ったりと、いい人感全開。見ていて気持ちよかったです。

 何気にタク室長、好きです♪特に放送では、触れていなかったけれど、ゴンの学生時代からの親友とか、もしかしたら、もっと子供のころからの幼馴染とか、そういう仲だったのではないかなと推測しています。ゴンとタク室長の信頼関係は好感が持てました。ノーカット版だったら何か説明があったのかなぁ。

 ゴンとミヨンのラブストーリーがメインだったので、脇のドロドロがあっさりストーリーを展開するために使われるために存在するくらいな感じもしないでもありませんでした。
 それもこれも、もしかしたら、ドロドロなこところがカットされているからそう思えたのかも…とは、思いますが。ノーカット版を見ていないので分かりません。

 

 ついつい目が行ってしまった2人の脇役。

 1人はミヨンのお姉さん役。この女優さんは、「帝王の娘スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)で、マックム役を演じていた女優さんでした。マックムは、結構、存在感があったのに、こちらは普通に普通な脇役なお姉さんでした。 
 もう1人は、ミヨンとゴンが通った胎教教室の女性講師。「スベクヒャン」のヨオクおばさん(と、コマクのお母さんの2役)。こちらでも、胎教教室の講師だったのに、ミヨンとゴンがデパートのベビー用品売り場に行ったら瓜2つの店員さんがいて、店員さん曰く「双子」だそうです。このへんもノーカットで見たら、何か説明があるのでしょうか?
 マックムもヨオクおばさんも「スベクヒャン」が2014年3月に終わって、2014年7月から放送された「運命のように君を愛してる」に出演しているなんて、働き者~☆などと、つい感心してしまいました。(^_^;)
 

 そんな感じで、気持ちよく見られた作品でした。

 

  最後まで書いて、ふと思い出した事実。主人公カップルについては、何も語っていませんでしたぁ!(^_^;)

 ゴンで印象的なのが、あの、ブハハハハハ笑い。あのキャラ独特な笑いは、何なのかなと思っていたら、回想シーンでゴン父がああいう笑い方をしていて、幼いゴンに「笑っていたら、側にいつもいる」みたいなことを言っていました。だから、ゴンは父の笑い方を真似してああいう笑い方をするようになったのかな、と。そして、もしかしたらゴン父はゴン祖父の、ゴン祖父はゴン曾祖父の…と、代々のご先祖様共通の笑い方だったのかな~と思いました。
 チャン・ヒョクさんの作品では、「大望」を見ています。「大望」のときと、ほとんど変わってないようにお見受けいたしました。機会があったら、「輝くか、狂うか」も見たいと思っています。

 ミヨンは笑顔が可愛い(*^^*) 離婚前の人の頼みを断れないときのミヨンには、ちょっとイラっとしたりしたので、フランスに留学して画家として1人前になって帰国してから、自分の言いたいことはきっちり主張するミヨンが好きです。フランスというか欧米では、自分の意志はきっちり伝えないと、何事も始まらない社会ですから、鍛えられたということで(笑)

 

2016年3月30日 (水)

梅酒と梅酒の梅

 

 梅酒に漬けた梅…正確には梅酒を作るために焼酎と氷砂糖とともに漬けた梅…が、食べたくて梅酒を漬けたのが2013年6月。その梅をうまうまと食べて新たに梅酒に漬けた梅を漬けのが2014年6月。

 2013年製の梅酒が飲みきらず…ほとんど飲めていない…、ご近所の方に分けてもまだある状態で、食べたくても2014年製の梅は食べられずにそのままになっています。

 この状態を打破すべく、先日のお彼岸で親戚が集まったときに、

 「梅酒、飲みませんか?梅酒に漬けた梅が好きで梅酒作ったのですけど、梅酒が飲みきらなくて…」

 と、親戚に声をかけてみました。

 すると、

 「飲む~!」

 と、手を挙げてくれた親戚が2人も♪

 灯台下暗し。なんだ、もっと早くに聞けばよかった~☆です(笑)。

 

 ペットボトルに梅酒を入れて、2人の親戚のうちの1人の親戚に渡しに行くと、

 「旅行行ったとき、お土産物店で、ちょうど見かけて、『うん!これはいい!!』と思って」

 と、お土産に“梅酒に漬けた梅”のパックをいただきました♪

 いや~!!びっくりです~。こういう商品があること自体、初めて知りましたぁ☆

 ということで、梅酒を渡して、“梅酒に漬けた梅”をいただきました(^^)v

 ハッピー☆

 いただいた“梅酒に漬けた梅”と、自分で2014年に漬けた梅をしばらく食べられます~。ああ、幸せ(*^^*)

 これで、今年は、新たな梅酒に漬けた梅を漬けられます(^^)v

2016年3月29日 (火)

利き梅酒

 

 自家製の梅酒の利き梅酒をしました。

 利き梅酒するのは2つ。

    2013年製 : 梅を漬けた期間1年
    2014年製 : 梅を漬けた期間2年、氷砂糖は2013年製よりも20%程度少なめ


 味の違いが分かりました!

 2013年製の方が、甘目で、雑味がある感じ。良く言うならコクがある。

 2014年製の方が、口当たりがすっきりしている感じ。悪く言うならコクがない。

 梅酒好きな人なら、2013年製の方がおいしいと言うのかなぁと思われます。

 どちらがいいかは、味の好みがはっきりでる違いだと思います。

2016年3月28日 (月)

hyunjaeさんインスタ

 

 ヒョンジェさんが、インスタを更新されました。

 
 
 

01

jo_hyunjaeさんのインスタより

 
 
 

맛있는 저녁식사 하세요~ 🐙
#집밥 #요리#오징어덮밥 #저녁 #토마토 를 넣은#퓨전요리 #👍
#맛있다 #dinner #handmade#cooking

おいしい夕食してください~🐙
#おうちごはん#料理#イカ丼#夕方#トマトを入れた#フュージョン料理#👍
#おいしい#dinner#handmade#cooking




 ↑は、実際は動画です。ブログに動画が貼り付けられるか分からないのでm(__)m
 動画がご覧になられたい方は、インスタをご覧くださいm(__)m

 イカ丼食べたいです♪

パワー

 

 先日、旅行のお買い物に付き合った旅友さんが無事に旅行から帰り、お土産話を聞きました。

 某国のパワースポット巡りをしたということなので、

 私 「パワースポットでは、パワーを感じた?」

 旅友さん 「全然感じなかった。他のツアーメンバーさんも感じないと言ってた」

 だそうです。

 これは一体…。そのパワースポットは、国籍か、性別か、年齢によってパワーの感じ方に相違が出るパワースポットなのでしょうか。  無事に旅行を終えて帰国できたのがパワーに守られた…と思えばいいのでしょうか。

 ちなみに、お買い物に付き合った大量のお菓子や食料品は、大部分はお持ち帰りになったそうです。遠足前の子供と一緒で何を持って行こうか考えたり、選んだり、持って行ったりするのが楽しいのですから~(笑)。お菓子や食料品はスーツケースの中で某国旅行を楽しみ、日本国内で消費されます。(^^)v

 

2016年3月27日 (日)

セガンティーニ美術館

 

 2015年8月のスイス旅行の3日目の昼食後、サン・モリッツのセガンティーニ美術館を訪れました。

 
 
 
 

Day03_42

 
 
 
 

 セガンティーニ美術館の見学は、ツアーの行程には含まれておらず、行きたかったところでもあり、添乗員さんが「ご希望の方をご案内します」とご提案くださったので、喜んで連れて行っていただきました。

 サン・モリッツのドルフ地区の中心にあるバスターミナルからバスに乗車して約3分。歩いても行けるところでしたが、途中の道路は、結構、自動車の交通量もあり、歩き辛そうな道でした。

 セガンティーニ美術館内部は、写真撮影禁止。

 1階がチケット売り場兼ミュージアムショップ、トイレ、展示室が確か2室だったと記憶しています。1階の展示室には、比較的、小さめ(というか、いわゆる普通サイズ)の作品が展示されていました。
 2階が展示室が1室。こちらは、出入り口のある壁を除いた、残りの3面の壁の、それぞれ1面ずつに、「生」、「自然」、「死」が展示されていました。この3点は大作ですので、近寄って見学する人は少なく、たとえ近寄ってもほどなくしてある程度の距離をとって見学する方がほとんどでした。多くは、出入り口のある壁側に寄り添うか、座るか(ベンチ、ソファなどはありませんので、体育座りに近い形です)して見学していました。

 こじんまりとした美術館でしたので、40分くらいの見学時間でゆっくりと見学して、ミュージアムショップで気に入った絵の絵はがきを買えました。絵はがきは、1枚1.75SFR(約200円)でした。

 そんなセガンティーニ美術館の見学記は、こちらからご覧ください。

2016年3月26日 (土)

勉強

 

 本日は、いろいろ、いろいろと見たい放送局を見るためには、どうしたらよいのか、あちこち検索をかけ、う~んう~んとうなりながら勉強しました。

 パターンは各種ありつつ、どうやら結構、大事になりそうなので、無理かなぁが結論になりそうです(^_^;)

2016年3月25日 (金)

開花

 

 数日前に、いくつか花が開いているのを見つけた桜の木は、日に日に花の数が増えてきています。

 明日、明後日は天気が良くないようなので、見ごろになるのは、あと1週間くらいかかるのかなぁ。
 相変わらず花粉情報が真っ赤なので、お花見に出かけられるかどうかは微妙です。

 今日も地道に、イタリア・スイス旅行記の写真選びをしました。少しずつ、少しずつ前進させます。

2016年3月24日 (木)

愛読書チェック 2016年5月号

 

 某月刊テレビガイド雑誌で、2016年4月のテレビ番組の放送予定をチェック。

 番組改編期ということで、BSも例外ではなく、いろいろと変更がありました。

 私的に大きな変動は、BS日テレの13時30分から14時25分の今現在「チャングム」を放送している枠が、14時から15時55分までの2時間サスペンスの放送枠になることです。
 同じように、BSジャパンでも12時56分から14時56分までが「ザ・ミステリー」というタイトルの枠になっています。この枠、タイトルだけで“都合により番組は未定です”なのですけれど、タイトルからして、きっとテレ東で放送されたミステリーが放送されるのだろうなと勝手に思っています。

 BS日テレとBSジャパンに2時間ミステリー枠ができ、BS日テレの方は作品が掲載されているので見てみると、4月の後半から、私の敬愛するミステリーの女王様と帝王様が共演した火サスで放送されていた「小京都シリーズ」が放送予定です。これはちょっと見たいかも…。

 そのほかは、例によってBS-TBSで某氏主演の浅見光彦シリーズが2本放送されるので、それを録画するつもりです。

 それはそうと、BS日テレでの「薯童謠」の再放送はどうなるのでしょうか…。ぜひぜひぜひ、「薯童謠」の再放送をお願いしますm(__)m>BS日テレさま

 

 春休み、GWでCSでは集中放送が企画されています。
 しかしながら、私が見たい!と思う集中放送は、残念ながら今回もなしです。

 と、いうことで、4月も私のコレクションに加わる放送はBS-TBSの浅見光彦シリーズ2本のみになりそうです。

 KBS Worldで放送される「九尾狐外伝」は、見たいですけれど~、スカパー!のプレミアムサービスは視聴環境的に私は見られないのが残念です。

 5月の放送に期待しています!

2016年3月23日 (水)

あれれ?

 BS日テレで月~金の13時30分から14時25分まで放送されている「宮廷女官チャングムの誓い」(以下、チャングム)が、3月29日で最終回を迎えます。
 2月に発売された月刊のTVガイド雑誌では、3月30日からのこの時間帯の番組は、“都合により作品は未定です”。後番組は何かなぁ~。「チャングム」がBS日テレの12時から放送されたときの後番組は「薯童謠」だったから、今度も13時30分からの後番組も「薯童謠」だったらいいなぁと、期待に胸を高鳴らせてドキドキしながら、1週間前の今日、30日の電子番組表を見ました。

 すると、BS日テレの13時30分からは…何と!…「テレビショッピング」…「テレビショッピング」…。

 え?マジですか…?

 

 唖然、呆然、愕然。

 

 期待していただけに、ショックが大きいです。

 折から、番組改編期。このまま、この枠はテレビショッピングになってしまうのか、はたまた、何日かしたら、ドラマ枠が復活するのか…明日発売される月刊のテレビガイド雑誌で、そこのところを重点的にチェックしたいと思っています。

 

2016年3月22日 (火)

シーラカンスになれなくて

 

 「私は、一生、ガラケーを使い続けて、シーラカンスになります!」

 

 常々、そう宣言していた私。

 

 けれども諸般の事情から、ガラケーを使い続けることができなくなり、自ずとシーラカンスになることも断念せざるを得なくなりました(;_;)

 哀しすぎる…weep

 そして、スマホデビューです。

 スマホ、まずメールから。ふぅ。

2016年3月21日 (月)

グレープフルーツジャム

 
 母がお知り合いからグレープフルーツをいただきました。
 
 このいただいたグレープフルーツ、店頭で販売しているいわゆるグレープフルーツの3分の1~半分くらいの大きさで、見た瞬間、思わず、「本当にグレープフルーツ?」と母に尋ねてしまいました(^_^;)
 半信半疑で試しに1個食べてみたら、味は、しっかり、はっきり、きっぱり、グレープフルーツでした。納得。
 
 大量にいただいたので、喜んでグレープフルーツジャムを作らせていただきました。(^^)v
 
 
 手順は下記の通り。
 
 
 
 
  • グレープフルーツの皮(いただきものですので、ワックスかけなしと考えて皮も使用)
  • グレープフルーツの実
  • グラニュー糖(グレープフルーツの実の40%の重量)
 
 
  1. グレープフルーツをよく洗う
  2. 皮を薄く剥く(白いワタは苦いので、できるだけ付けない)
  3. 皮を細く切って水に漬けておく(作業中(皮を切る&実を外す)に2回、水を換える)
  4. 実を外す(薄皮があると味が悪くなるので、できるだけ取る)
  5. 種はお茶のパックに入れて取っておく
  6. 皮をざるに取り、水を切る
  7. ホーロー鍋に、グレープフルーツの皮、実、分量のグラニュー糖、種と一緒に入れてかき混ぜながら加熱する
  8. 煮立ってから30分ほど中火で煮る(様子を見ながら)
  9. トロミがついたら出来上がり(種は取り出す)
  10. 熱いうちにビンに入れる
 
 
 
 以上です。
 

 レモンジャムを作ったときのように、手の甲がツルことはありませんでしたが、やはり、肩が異様に凝りました。皮を細切りにするときに、肩に力が入ってしまっていたのでしょう。ふぅ。やりなれないことをすると~です(^_^;) 疲れました。もう、クタクタです。
 
 
 グレープフルーツ独特の酸っぱみのあるジャムになりました。
 
 水に皮を漬けておいたときに、もう1度余計に水を換えたらよ&砂糖をもう少し入れたらよかったかなぁ~と、出来上がったものを味見して、ちょっと思ったりもしました。
 
 
 明日からは、お手製のグレープフルーツジャムで朝食を楽しみます(^^)v
 

2016年3月20日 (日)

スイス・イタリア旅行記 2日目~チューリッヒ、アローザ、サメーダン~

 

 2015年8月のスイス・イタリア旅行記に、2日目のチューリッヒから、途中、アローザに立ち寄ってから、5連泊するサメーダンへ向かった鉄道の旅の模様をアップしました。

 
 
 
 

Day02_23  

 
 
 

 朝、ホテルからタクシーに分乗してチューリッヒ空港駅へ。そこから鉄道でチューリッヒ中央駅へ行き、チューリッヒ湖の湖岸を走ってクール駅へ。そこでレーティッシュ鉄道アローザ線に乗換えて、“THE 山岳理リゾート地”のアローザへ行き、昼食を食べ、またアローザ線でクール駅へ戻り、そこからレーティッシュ鉄道アルブラ線に乗換えてサメーダンへ向かいました。

 クールからアローザまでのアローザ線は山岳地帯に入り、スイスに来た~な山々の風景が広がりました。
 アローザでは、昼食を食べただけで、クールへとんぼ帰り。少し、散策などをしたかったです。

 クールからサメーダンへ向かうレーティッシュ鉄道アルブラ線は、氷河特急の区間でもあり、氷河特急と言えば写真などでよく使われるランドヴァッサー橋を通過しました。↑がそのランドヴァッサー橋の写真です。

 サメーダンに到着後、ホテルにチェックイン。旧市街の中にある小さめにスーパーに買い物にも行きました。

 そんなこんなで、2日目はチューリッヒからサメーダンへの移動で“鉄活動”をした感じです。

 そんな鉄道で楽しむスイスな2日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

2016年3月19日 (土)

遅く起きた日は

 

 朝寝坊して遅く起きた午前中は、買い物をして過ごし、午後からはスイス・イタリア旅行記の写真を選んだり、BDを見たりして、ゆっくり過ごしました。

 そのうえ、3時のおやつにホットケーキを食べたりしてしまって、思いっきり自分を甘やかしてしまいましたcake

 こ~んなホケホケした1日もいいかなぁ~happy01っと。

2016年3月18日 (金)

「おちくぼ」2巻

 

 山内直実さんのコミックス「おちくぼ」の2巻を読みました。

 平安時代に成立した「落窪物語」を原作にしたマンガです。「落窪物語」は小学生のころに、“よい子の日本の古典文学”みたいな感じな本で読んだことがあるので、この先、どう展開して、どうなるのか分かっているので、ある意味、安心して読んでいられます。

 マンガ化されて、字だけで読む文学と違い可視化されているので、イメージし易い反面、あれ?そうですか?!な点も、あったりしたりもしています。

 読んでいて、ちょっとクドイかも…な点が端折られているのはOKとして、絵でポンと出されると、そのイメージが強くなってしまうなぁと思うシーンもありつつ…最も、そうかぁ?と思って、少々イメージの違いを抱いているのが、ヒーローである右近少将(うこんのしょうしょう)。

 マンガでも“爽やか系イケメン”とセリフで説明されています。でも、私的に、どうも好きモノというか、ちょっと女の人大好き系の男性に見えてしまい~…このへんは個人の感じ方なのでご容赦くださいm(__)m

 あこきは、正装してお化粧するとすっごい美人さんhappy01 しかも、姐さん気質の気風のいい頼りになる女性で、惟成は、いい女性と結婚できて幸せ者だぁheart04

 原作を読んでいたときは、そんなに感じなかったのですけれど、落窪の君は、少し自分を過小評価してイジイジしすぎではないかなぁ。もう少し、はっきりしてもいいのに…と少しじれったくなってしまったりしました。自分を過小評価するクセは、あの継母の北の方に押さえつけられて、自分は取り柄のない人間だと思い込まされて…ある意味、洗脳に近いのかな…しまったからかもしれません。

 完徹2レンチャンでお互いのことをお話しして過ごして、さぁ3日目…は、次回に続く。

2016年3月17日 (木)

練習中

 

 午前中、ふと気づくと

 

 「ほけchick

 

 とか

 

 「けきょchick

 

 とか言う声(?)が、どこからともなく聞こえてきました。

 

 よくよく耳をすますと、鶯の鳴き声のようです。

 

 私が今年初めて聞く鶯の声。初音です。

 まだまだまだ、鶯も練習中のようで、「ほ~ほけきょ」とは、全然、鳴けていません(笑)。

 でも、鶯の声を聞くと、それがどんなにヘタでも、あ~、春が来たのだ。と、思えてしまうから不思議です。
 寒さが続いていたけれど、春は着実にやって来ていたようです。

 鶯くん、いっぱい練習して、早く「ほ~ほけきょ」と、鳴けるようになってください。

 ん~、最近の鶯の鳴き声は、「ほ~ほけけきょ」と聞こえるのが多いので、「ほ~ほけけきょ」がトレンディなのでしょうか(^_^;)

2016年3月16日 (水)

思ったほどは

 

 思っていたほどは暖かくならずに、寒くて肩をすぼめています。肩をすぼめていると、肩に力が入って、肩こりになるから、なんだかなぁなのですが…。

 相変わらず、ボチボチとドラマを見ています。
 夢中になれる作品に巡り合うのは、なかなか難しいようです(^_^;)


2016年3月15日 (火)

激闘?

 

 昨日が雨で花粉が飛ばなかった分、今日の晴天と風で花粉が飛散しているのか、妙に身体がだるく…特に足がだるく…疲れています。これは、花粉と薬が体内で闘っているせいでしょうか。クタクタです。

 

 そんな感じでぼんやりしながら、録画しておいた今日放送の「運命のように君を愛してる」の第8話を見ました。何だか今日の放送分は、編集の仕方がアレなのか、それとも私がぼ~っとしているのか、なにか展開が唐突に飛んでいるようで、アレ?あれれ?と何か所もで感じました。これまでの放送分では、今日ほど不自然な展開に感じたことはないので、今日に限ってこんなふうに感じるのは、どうしてなのか不思議です。疲れのあまり理解力も低下してしまっているのかなぁ。う~む~。

 そのうえ、今日から始まった「伝説の魔女」の録画をすっかり忘れていました。今のところ「運命のように君を愛してる」を見続けているので、「伝説の魔女」は今回はパスすることにします。

2016年3月14日 (月)

hyunjaeさんインスタ

 

 ホワイトデーにヒョンジェさんのインスタが更新されましたhappy01

 
 
 
 

01  

멋진화이트데이 저녁보내세요~^^ 씽이두 건강히 잘있습니다~ #화이트데이

素敵なホワイトデーの夜をお過ごしください~^^シンイは元気です~#ホワイトデー

 
 
 
 
 

02
 

저랑 복이두 잘있어요 걱정마세요~^^ 늘 감사합니다 ~
#여러분 덕분에 항상잘지내요~#감사 #고마워 #행복

私と福は元気です心配しないで~^^いつもありがとうございます~
#皆さんのおかげで、常によく過ごします~#ありがとうございました#ありがとう#幸せ


 
 
 

 ↑自動翻訳ですので、そんな感じ~ということで。

 
 

 バレンタインデーに南のリゾートに癒しの旅をしているインスタがアップされてから1か月。どうしてらっしゃるのかと思っていましたら、ホワイトデーに更新してくださいました。ヒョンジェさんもシンくんもJBちゃんも元気そうでよかったです。

 日本は冬に逆戻りしたような冷たい雨の寒いホワイトデーですが、ヒョンジェさんの服装はすっかり春ですね♪

 ヒョンジェさん、髪の毛、切りましたか?前髪を上げているだけ?
 右(写真向かって左)の眉毛が超気になる~。

 JBちゃんがとっても巨大に見える~(笑)。

 1日も早く、新しい作品で演技しているヒョンジェさんに会いたいです。
 

2016年3月13日 (日)

スイス・イタリア旅行記 1日目~成田、チューリッヒ~

 

 2015年8月のスイス・イタリア旅行記を開始します。まずは、1日目の成田からチューリッヒまで。

 
 
 
 

Day01_05  

 
 
 

 成田に着いて、ツアー会社の受付デスクに行った途端、デスクの人に「飛行機が2時間の遅延です」と言われてしまいました。もう、2014年6月のフライトキャンセルに始まって、2014年12月は5時間の遅延、そしてこの2015年8月の旅行が2時間の遅延と、途中、2014年7月と2015年6月の2回の定時運航を挟んでの、2勝1敗2引き分けなフライトに力が抜けてしまいました。
 まぁ、チェックインをする前に、“遅延”を言われているので、これまでで最もマシとも言うべきなのかもしれませんが…。

 そんな感じで、チェックイン後、朝食、両替をし、出国、時間つぶし、昼食と、成田空港内で2回の食事をしてから搭乗しました。
 機内では、疲れて目を閉じている時間が長かったかなぁ。映画も6月のときとあまり大きくは変わらないラインナップでしたし、疲れていて字幕を読む気にならなくて洋画を見る気力がなかったのが大きかったのもあります。

 機内食については、1回目の機内食のデザートにアイスが出たのが嬉しくてhappy01 6月のときはアイスが出なかったのが、相当、ショックだったようです(^_^;) 
 6月の旅行のとき、2回目の機内食で胃の調子を崩してしまった(と、勝手に決めつけています)ので、今回は、機内食については自重しています。

 チューリッヒに着いてから、スーツケースは2日目以降4連泊するサメーダンへ“ライゼゲペック”(スイス国内の空港からスイス国内のホテルへスーツケースを送るシステム)を利用して先に送りました。事前にツアー会社から言われていましたので、チューリッヒ1泊分は手荷物にして持参しています。まぁ、それがなくても、いつもロスバケ対策で1泊分は手荷物にしているとも言いますが。

 イタリアにはトータルで24時間滞在していないのですけれど、取りあえず立ち寄っていますし、何よりミラノで1泊していますので、タイトルとしては、スイス・イタリア旅行記になります(笑)。

 そんな波乱で幕を開けたスイス・イタリア旅行記の写真を交えた1日目の模様は、こちらからご覧ください。

 

2016年3月12日 (土)

ヨンパリ 4/18~ KNTVで再放送

 KNTVの番組表によると「ヨンパリ」の4回目の放送…3回目の再放送…があるようです。

 

 ヨンパリ KNTV
  2016年4月18日(月)~  月~土 6時30分~7時35分

 
 KNTVをご覧になられる方々には朗報ですね。
 KNTVをご覧になられる皆さん、楽しんでくださ~い♪

 そして、KNTVを視聴できない私は、できるだけ早く私の視聴できる放送局で放送されるのを楽しみに待っています。
 私が視聴可能な放送局さま、1日も早い「ヨンパリ」の放送をなにとぞなにとぞなにとぞよろしく。

 

2016年3月11日 (金)

5年

 

 5年

 あれから5年

 もう5年

 まだ5年

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りしつつ

 被災された方々の復興をお祈りしつつ

 あのときに思いをはせ

 これから発生するであろう地震に対して何を備えるべきか考え

 そして、それは決して今日だけのことではないと心に刻み

 いまを生きる

2016年3月10日 (木)

7SEEDS31

 

 田村由美さん著「7SEEDS」(セブンシーズ)の31巻を読みました。

 

 以下、ネタバレありの感想ですので、未読の方はご注意ください。

 
 
 

-------------------------------------------------------------------

 今回は、簡単なあらすじも書けません(^_^;)

 ですので、簡単な内容のみ。

 

 それぞれが、それぞれの場所で壊れゆく佐渡島と鍵島を守るために懸命に動き出した春夏秋冬のチームの面々。
 そんな中、佐渡島の地底の奥深くで百舌さんと安居、涼、嵐、新巻さんが出逢います。
 佐渡島、それは、夏Aが生まれ育った土地でした。そして、その地底奥深く、安居を助けるために自らロープを切り、地底へと消えて行った茂の眠る場所でもありました。時を経て茂(の遺体)と再会した百舌さん、安居、涼。新巻さんは安居に「もう1度会えてよかった。」と言います。
 安居への評価を(お掃除ロボットの回線を介して)みんなに尋ねる百舌さん。
 みんなはそれぞれの立場でそれぞれの言葉で安居と涼を語ります。そしてそれは鏡の裏表、百舌さんへの思いでもありました。
 英才教育を受けた夏Aも他のチーム、春夏B秋冬、それぞれたくましく成長し、こちらの世界に順応し始めていました。ただ、過去を生きていたのは百舌さんのみ。「(夏Aを)もう卒業させてやれ」 卒業、その言葉を噛み締めて、百舌さんは流星くんとくるみを探しに立ち去ります。
 角又さんは“角又理可子”さんを求めて発電所スペースへ。彼の知る“理可子”さんの名は“真野理可子”…それってつまり角又さんの実のお姉さんやお母さんではないということで…。そして、新巻さんが安居に言った「もう1度会えてよかった」を頭の中でリピートさせていた角又さんが、発電所スペースで何かを見つけたところで次巻へ続く。

 
 
 

 今回は、メンバーそれぞれがそれぞれの立場や考えで、安居や涼について語り、思いのたけを百舌さんへぶつけました。
 本当に、誰もみな、他人がどう語ろうとそれに迎合せずに、自分の考えで自分の思うことを自分の言葉で紡ぎました。これって、すごく難しくて、でもとても重要なことで、実はなかなかできないことで、そんな本音をぶつけあっているのは、読んでいても圧巻でした。どの人が語る言葉もなるほど~とうなずくものばかり。あちらの世界で、みんな何気なく、でももの凄く、自分を他人を見つめて考えていました。
 みんなこちらの世界で成長して、だから、百舌さんの思ったとおりにはならなくて、百舌さんの思ったとおりにさせなくて、それを百舌さんも理解して…。

 安吾も涼も…特に安居は…これで肩の荷を少しは降ろせたのかな。そして、ちゃんと正面からみんなに対峙できるのかな。安居は女性陣を敵に回してるけど。それは自業自得で…。

 今回、私の中で最も男を上げたのが蝉丸♪何も見ていないようでしっかり見ていて、何も考えていないようで鋭いところをズバズバ突いて、いや、それとも野生の勘なだけか?とにかく、急所を押えていて切り込んでいます。私的に蝉丸がここのところ花丸急上昇です。
 その分、男を下げ続けているのが百舌さんで…。ここで下げ止まりか?!

 それから、まつりちゃんに言った何気ない一言で朔也くんを見直しました。彼もきっちり周囲の人を見ていました。

 

 余談ですが、お蘭さんと虹子さんの関係、私、好きだったりします♪それを気にしている刈田くんも可愛い。大きなガタイに反して刈田くんは愛されキャラです(^^)v

 今回、蛍ちゃん、ひばりちゃん、桃太くんの少年少女の主張はなかったです。最後に桃太くんが少しだけ一人ゴチたくらい。まぁ、それは流れ的にそうなのかなっと。

 そして、“理可子”さん、と角又さんの関係は、次巻で語られるのでしょう。次巻のお楽しみ。

2016年3月 9日 (水)

肌寒い雨の日

 

 晴天だった昨日とうって変わって今日は肌寒い雨の1日でした。

 せっかく治りかけていた風邪なのに、また鼻声になってしまい超ショック(^_^;)

 

 今日は、昨年のスイス旅行の写真をHPアップ用に少しだけ選びました。一気に全部選ぼうとすると、気の遠くなるような枚数ですので、比較的時間に余裕のあるときにちょっとずつ選んでいきます。
 この間の日曜日に中欧旅行記が完結し、スイス旅行記に着手するわけで、スイス旅行記が完結するのはいつになることか…。できたら、スイスの旅行シーズン前には完結させたいと思ってはいるのですが…はて~。

 

 見ようかなと思っているドラマに1作品追加。

 BSプレミアム 「イニョプの道」 

 です。ただ、放送枠が日曜日の21時枠ですので、週1の放送なのですよね~。そこがネックです。もう週1の放送に耐えられない身体になっているとかいないとか…(^_^;)

 Dlifeの「運命のように君を愛してる」は、第4話まで視聴して…結婚してから夫と妻が恋愛する物語で…もう少し見てどうするか決める?でも、もう少しと言っても全16話ですし…ね。

2016年3月 8日 (火)

思案中

   

 BS-TBSで放送された浅見光彦シリーズ19「長崎殺人事件」を録画しました。

 これで、沢村一樹さん主演の浅見光彦シリーズ18作(連ドラで放送された「浅見光彦~最終章~」を除く(「浅見光彦~最終章~」は、DVDに全話録画済みですので))中7作を録画できました。3か月で7作ですから、まずまずのペースです。
 この調子で、あと1年くらいで18作全部録画できたらいいなぁ、と思っています。

 

 「朱蒙」が終わり、そのまま「君の声が聞こえる」を見ていたのも終わり、これから何を見ようか思案中です。取りあえずは、またまたそのまま「運命のように君を愛してる」を見ていますが、他の作品で面白そうなのあるかなぁと、いろいろ物色したところ、これから始まる作品では、
 

 BS-TBS 「ピノキオ」

 BSジャパン 「伝説の魔女」

 テレビ東京 「ドクター異邦人」

 

 これに、現在視聴中の
  

 Dlife 「運命のように君を愛してる」

 

 の4作品のうちのどれかかなぁ、と思ったりしながら番組の公式サイトの作品紹介を眺めて、どうしたものかとグルグルと考えあぐねています。

 う~ん、どうしましょう?

 

2016年3月 7日 (月)

一雨ごとに

 

 今日は、日差しの射さない鬱陶しい1日でした。

 日差しがないわりに以前ほどは寒く感じなかったのは、やはり春になったからでしょうか。

 こうして雨が降るごとに、緑が芽吹いていくのかなぁと空を見上げたりしていました。

2016年3月 6日 (日)

中欧旅行記 7日目、8日目~ウィーン、成田~

 

 2015年6月の中欧旅行記の7日目、8日目のウィーンから成田への帰国の模様をアップしました。 

 
 

Day07_03_2  

 
 
 

 7日目のウィーンは朝食をゆっくりホテルで食べてから、空港へ向けて出発できました。帰国便が直行便ですので、朝がゆっくりできるのが助かります。

 初日の成田からウィーンへの便の2回目の機内食で胃がすっかり重くなったのが、結局、帰国日まで治らず…余談ですが、胃の調子が回復するまでに帰国してから2週間かかりました…、帰国日の朝食は、もうパンすら食べる気力がなくなっていました。

 ですので、7日目、8日目の写真はかつてないほど少なくて、自分でも改めて見直して驚いたほどでした。その分、写真を選ぶのは楽でしたが(^_^;)

 帰国便は、成田空港着陸時に、ドスンと衝撃がありました。行きのウィーン着陸時は横にフラれた感があったので、それよりはマシでしたけれど、帰国便のパイロットさんも上手ではない印象を持ってしまいました。ですので、私の中で、今回の中欧旅行で利用した航空機会社のパイロットさんの腕のイメージは“イマイチ”になってしまいました。往復がたまたまそういう方に当たっただけなのでしょうけれど…ね(^_^;)

 そんな帰国日の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

 2015年6月の中欧旅行、2014年6月に中欧旅行に行くはずがフライトキャンセルとなり、当日に旅行中止となったもののリベンジ旅行は、私の旅行にしては、まったりカフェでお茶をする時間もとれた旅行になりました。

 ここまで、お付き合いいただけまして、ありがとうございました。m(__)m

 よろしかったら、感想等、一言でも結構ですので何かお寄せいただけましたら幸いです。

 感想は、こちらからお願いしますm(__)m

 

2016年3月 5日 (土)

買い出し

 

 旅友さんの旅行のお供のお菓子&非常食のお買い物にお付き合いしましたhappy01

 飴、よし!
 チョコレート、よし!
 おせんべい、よし!
 甘納豆、よし!
 塩羊羹、よし!
 パウンドケーキ(個包装)、よし!
 カップ麺(うどん)、よし!
 カップ麺(ラーメン)、よし!
 フリーズドライの雑炊、よし!
 アルファ化米、よし!

 柿ピーの小袋が見当たらずに、それだけは買えませんでした。以前は、あった大きさのものが、最近見当たらないのは、生産を中止したのか、お店が仕入れを中止したのかどちらでしょうか。

 ↑↑これだけでかなりの量。そんなにスーツケースに詰められるのか他人事ながら心配になったりします。スペースもですけれど、重量の問題もありますし、ね。まあ、その辺は、重さを確かめながら、上手く詰めるでしょう。

 私だったら、甘納豆と塩羊羹とカップ麺のラーメンはなしですけれど、それは個人の嗜好なので…。

 深夜便を利用とのことで、空港への集合の日付と、飛行機の離陸airplaneの日付が深夜0時をはさんで違う日付になるそうです。私は、集合と出発の日付が変わってしまうような深夜便は利用したことがないのですけれど、日付感覚がおかしくならないか心配です。

 どんな景色に出会えるのか、はたまた珍道中に遭遇するのか、お土産話が楽しみですhappy01

 

2016年3月 4日 (金)

残るのは

 

 ノドの痛みは峠を越え…まだ、ときおり痛みを感じつときはあります…、風邪の残りはノドのイガイガ感と、咳です。

 咳は、特に就寝前後がひどいような気がします。咳でなかなか寝付けない日々がまだまた続いています。これがいつまで続くのか…。
 日中もそれなりに咳が出るので、ついついミルクティーやコーヒーを手放す暇もないほど飲んでしまい、結果、体重が増えているような気がしないでもなく…(^_^;)
 咳は、1回でだすと、続いてしまう傾向があり、どうしたものかと思案しています。

 咳は体力を奪うので、早く治まればいいなぁと思いつつ、咳止めの薬を服用しています。

 
 
 

 今日は、暖かくて春らしい1日でした。

 こうして少しずつ春になっていくのですねcherryblossom

 

2016年3月 3日 (木)

君声完走

 

 Dlifeで放送された「君の声が聞こえる」が本日最終話でした。

 無事、完走です。

 ものすごい勘違いをしていたのを見ている途中で気づきました。wowowで「君の声が聞こえる」が放送されていたとき、ラストの数話を見たと思っていたのですが、今回、Dlifeで見ていて、私はwowowで第11話から第18話までの8話を見ていたことに気づきました。wowowの放送は、2話連続放送でしたので、2話連続で放送された2話を1話と勘違いして×数日(?日でいいのかな?)分=8話見ていたのを数話と勘違いしていたようです。

 物語はサスペンスとラブと法廷ドラマと家族愛とがほどよくミックスされていて、終わりの着地点も、自然な感じで終わりました。ときどき、「はぁ?」なラストを迎えるドラマもありますが、この作品は私的には、納得なラスでした。あくまで、物語としてト…スハとヘソンがラブラブになるのは納得できない…。ヘソンにはチャ弁のほうが私的にはしっくりくると思います。

 wowowのノーカット版で第11話から第18話を先に見ていたせいか、ことこの第11話から第18話に関しては、やけにあっさりと話が片付いてしまったような気がします。もっと、いろいろあったはずなのに~がきっとカットされたのでしょうね。でも、wowowで1回見ただけですので、どういうシーンがカットされたのかは全く分かりません(^_^;)

 1番印象的なのは、ヘソンの母親が殺される前にヘソンに遺した言葉「恨むな」です。な~んかあちらのドラマは復讐とか言う言葉が頻繁に出てきて、多くのドラマで恨みを晴らすとか復讐するとか言っているのに、このドラマは恨むな、そんなことに時間を無駄にするなでした。いいお母さんです。私には、親だったら最後にこう望むのが自然なのではないかなぁと感じました。

 ファン・ダルチョンさん(役名)は妻の罠にはまり、殺してもいない(実際、生きている)妻殺しの犯人として26年服役して、不治の病で余命わずかになり、刑の執行停止で出所して、病院でそこで働いている生きていた妻に出会ってしまって、そこで妻に「借金取りに追われるより、刑務所にいた方がマシ」という言葉に逆上して、思わず妻を切りつけてしまい裁判に。これ、難しい問題ですよね。26年無実の罪で服役して、刑の執行停止中に死んだはずの妻への傷害(殺人未遂?)で起訴される。う~ん。考えさせられますけど、ドラマなので、そこは今回は置いといて、このファン・ダルチョンさんを演じたのが、「スベクヒャン」のヨン達率を演じていた俳優さんでした。
 「スベクヒャン」でのあのクサイほど大袈裟な演技は史劇だから許容されていると勝手に思っていましたが、現代劇でもこの手の役だと、ところどころに微妙なクサさがありつつも、それもありだと思えました。最初はスハとヘソンを付け狙うミン・ジュングクの同房の服役囚な感じだったのに、ドラマが進むうちにどんどん重要人物になってびっくり。いやぁ、ビックリ。
 あ、そうそうファン・ダルチョンさんをはめて殺人犯にした妻役を演じたのは、「ヨンパリ」の看護師長さん(ヨジンにヨジン父の最期を語ったテヒョンの味方の看護師さん)を演じていた女優さんでした。この女優さん、好きなのですけれど、今回のこの役は役柄的にどうしても好きになれません。旦那と縁を切りたいから、自分を殺したことにして殺人犯として服役させるように仕向けるって…。そこまで追い詰められて切羽詰っていたとも言えますが…。

 そして、このドラマで私の一番のお気に入りはチャ弁。ヘソンのことが大好きで、とってもとってもヘソンに尽くして、ヘソンがスハが好きなのを知っていても2人の力になる本当に良い人な弁護士さんで、あ~、こういう役を演ってくれたらいいのになぁ(誰に、とは言わないけれど…)、こういう役、似合うと思うのだけどなぁ(誰に、とは言わないけれど…)、こういう役だったら笑顔で見ていられるになぁ(誰とは言わないけれど…)と、しみじみ思いました。つい、そう思ってしまう自分が…。

 
 「君の声が聞こえる」の視聴をお勧めくださった皆さん、どうもありがとうございましたm(__)m

 

 

 「君の声が聞こえる」が終わり、これから何を楽しみに毎日を過ごそうかと考え中です。

 

2016年3月 2日 (水)

「金沢 男川女川殺人事件」 読了

 

 梓林太郎さん著「金沢 男川女川殺人事件」を読みました。

 いや~!スゴイ!!感服しました。49年前の事件を追いかけて犯人を突き止めてしまうとは…。

 何がスゴイって、この事件に関わった人に関わった人々が、何十年も前に知り合った人の名前を憶えていたり、書き留めていたり、それを保存していたり、保存してあるものを何分かで探し出せたり!!もう!もう!!私だったら絶対に無理!!名前の名字くらいは覚えていられるかもしれないですけど、書き留めたりしたものを捨てなかったとしてもそれがどこにあるかを覚えていて、それを10分や20分で探し出してくるのは無理!です(断言)。
 イヤ、だから、これは小説ですから~。そうではないと、物語が展開していきませんから、ね。(^_^;)

 途中で、突然、どうしていきなり?!な感じで容疑者が浮上するのに、とまどいました。なぜ急にその人に注目したのか、唐突に名前が出て、その人の行方を知りそうな人をかなりな確信を持って主人公が訪ねていきます。どうして、その容疑者をその人が知っていると、そこまで確信できるのかが、突然の展開で「えっ?!」となってしまいました。私の読み方が斜めだったのでしょうか。

 このシリーズはドラマ化されているので、登場人物はそのときのキャストをイメージして読みました。そうすると、会話などがイメージしやすいので…。

2016年3月 1日 (火)

3月

 

 先々週にひきこんだ風邪はようやく峠を越えたようで、まだ少しノドが痛いながら声が出せるようになりました。声が出せないのは辛かったです(^_^;) 夜も寝ていてノドが痛くてぜいぜいして眠れているのかいないのかも辛かったですし、ノドは重要です。

 そんな風邪の好転を表す最も大きな変化は、薬が5種類から2種類に減った点でしょうか。我ながら、よく胃がおかしくならなかったと感心しています。がんばったね胃。

 お休みの日は、ほとんどベッドで横になって、半分眠りながら、BS日テレ版の「薯童謠(ソドンヨ)」(全66話)の第34話から第60話まで見ました。ノーカット版(市販の国内正規品DVDやチャンネル銀河で放送のノーカット版)を持っているのに、なぜかカットがあるBS日テレ版。カットされたシーンは脳内で補いつつ(笑)見ました。私の視聴環境のチャンネル銀河はスカパー!のベーシックなのでSD放送。BS日テレはHD放送をDRモードで録画していますので、画質的にBS日テレ版が最も綺麗なはずなので…。でも、BS日テレ版は1枚のBDに3話収録で、チャンネル銀河版は1枚のBDに8話収録。風邪で半分眠りながら見ていると、ディスクを替えるのが面倒で、チャンネル銀河版にすればよかったかな~と途中で思ったりしました。
 ちなみに、今、これを書いて(打って)いるBGVは「帝王の娘スベクヒャン」(爆)。

 
 

 今日から3月。

 春本番cherryblossom

 春にいいことがいっぱいあるといいなcherryblossom

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »