2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 苦戦中 | トップページ | 寒い »

2016年1月28日 (木)

「うずら大名」 読了

 

 畠中恵さん著「うずら大名」を読みました。

 畠中さんの小説でも、若だんなシリーズでも町名主の跡取り息子のシリーズでもないお話です。

 主人公は、江戸時代の大名家の元部屋住み(次男以下の息子)と、江戸近郊の村の名主の家の元3男。他家に養子に入るか、名主の息子の場合は商売をして家を興すかしなければどちらも生涯何者にもなれない2人。それが2人とも兄の死によって正家の後を継ぎ当主となってしまい…。

 道が分かれてしまい、本来なら2度と巡合わないはずの2人が再会して、事件に巻き込まれ…違いますね、事件が起こってしまったからこそ、2人はその運命の渦に巻き込まれて再会することになったのでしょう。そして、2人して力を合わせてその事件を解決していくストーリーです。頭脳面は大名のご隠居…当主になったものの、とある事柄で若隠居…の方ですが。

 タイトルのにある“うずら”は、このご隠居がうずらを飼っていて普段連れ歩いているからだと思われます。

 己の今の状況を何とか変えたい、変えられないものだろうか。

 兄の死で変わってしまったもの。変えたいと足掻くもの。

 ちょっと切ない哀愁漂う物語でした。

« 苦戦中 | トップページ | 寒い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦戦中 | トップページ | 寒い »