2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中欧旅行記 1日目~成田、ウィーン、ブダペスト~ | トップページ | 冷たい雨 »

2015年11月 9日 (月)

「舞え舞え蝸牛」 読了

 

 作者不詳、田辺聖子さん現代語訳「舞え舞え蝸牛 新・落窪物語」を読みました。

 「落窪物語」は、平安時代に成立した作者不詳の古典文学で、それを田辺聖子さんが現代語で小説化したのが「舞え舞え蝸牛(かたつむり)」です。

 簡単に説明するなら、継母に継子いじめされていた美貌で心優しい姫君が、容姿端麗・眉目秀麗、頭もよくて家柄もよく、その上お金持ちな貴公子に、出会って恋をして幸せになりましたとさ、な物語です。
 何だかこう書くと、日本版な「シンデレラ」とか思ってしまいました。まぁ、そんな感じでしょうか。

 「落窪物語」が、現在、山内直実さんの手で「おちくぼ」というタイトルで漫画化され、某誌で連載中で、コミックスも1巻が刊行されています。その「おちくぼ」を読んで、久々に「落窪物語」を…と思ったのですけれど、さすがにオリジナルの古典では、現代の印刷物として字は読めて、現代語の注釈が添えられていても……なので、現代語訳のものを読みました(^_^.)

 久々に、ちょっとだけ気分は平安時代にタイムスリップ…に、なりました。


 

« 中欧旅行記 1日目~成田、ウィーン、ブダペスト~ | トップページ | 冷たい雨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記 1日目~成田、ウィーン、ブダペスト~ | トップページ | 冷たい雨 »