2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« YongPal 第15話 | トップページ | 愛読書チェック 2015年11月号 »

2015年9月25日 (金)

YongPal 第16話

 

 SBSの「ヨンパリ」第16話。

 言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追ってい ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしました。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、ご容赦ください。

 
 

 パーティ後、テヒョンは帰宅。ヨジンはテジョングループとの戦争に備えるために会社へ。

 テヒョンはガードのサンチョルにドジュンを脱出させる手伝いを頼む。

 ハンシンVSテジョンの株取引戦争スタート。

 テヒョンに協力を頼まれたイ課長は悩んだ末、ドジュンの点滴に何かの薬を注入。
 発作を起こしたかのように身を震わすドジュン。
 イ課長、ドジュンを12階の部屋から搬送。廊下で待機していたサンチョルが12階の警備員を殴り倒したところで、テヒョンが現れる。
 監視カメラでそれを見ていたハンシン病院の警備のリーダーは秘書に連絡。秘書は、そのままにするように指示した後、ソンフン父の秘書(多分)に連絡。

 株取引合戦はヨジンの勝利。「ハン・ドジュンの身体は高くついた」と笑うソンフン父。

 チェヨンの待つヘリポートにハンシン病院の救急車で運ばれるドジュンは、もう少しで到着というところで目覚める。チェヨンは海外をドジュンを連れて行くつもりだと説明するテヒョンに、「なぜ海外へ?」と訝しむドジュン。

 ヨジンは、テヒョンがドジュンを脱出させたことも、秘書が敵に内通していたことも知っていた。ヨジンはテヒョンよりも会社を選んだのだった。

 テヒョンは、どれだけ多くの人間がドジュンを脱出させるのに危険を冒したか、テジョングループがドジュンを追っていることをドジュンに説明するも、ドジュンはテジョンが知りたいハンシンの情報を知っていると笑う。
 ドジュンがソンフンを死に至らしめたことをソンフン父が知っているとテヒョンが説明してもドジュンは信じず、落ち着かせようとするテヒョンを殴る。

 テヒョンとサンチョンを殴り倒して救急車から裸足で転がり出るドジュン。そこはもうヘリポートで、ヘリとチェヨンは目前。そこにテジョンからの追っ手のクルマ2台。そのクルマに向かって大きく手を手を振るドジュンにクルマは突っ込んで…ドジュンは跳ね飛ばされる。
 クルマから降りたテジョンの追っ手はTV電話でソンフン父の姿をドジュンに見せながら、ドジュンを刺す。

 逃げ去るクルマ。駆け寄るチェヨン。

 

チェヨンの腕の中で目を閉じるドジュン。

 クルマから降りて、その光景を目にするテヒョン。

 テヒョン帰宅。ヨジン食事中。

 ヨジンが知っていたか尋ねるテヒョンに「知っていた」
 ヨジンはテヒョンの母の死の理由も知っていた。

 一緒に行かないかと誘うテヒョンに、自分の場所に戻るというヨジン。

 「いつでも来い。待っている」

 ヨジンの屋敷を出るテヒョン。

 サンチョルにテヒョンのガードを命じるヨジン。

 葬儀場。ドジュンの棺が荼毘に付される。遺影を抱いて見守るチェヨン。
 思いつめたチェヨンの横顔で、次回へ続く。

 
 
 
 

01

第16話のハン・ドジュン氏のファッション(「ヨンパリ」公式HPより)

 

 

 ここで、あっさりとドジュンは最期を迎えられたのでしょうか。

 テヒョンが助けようとして説得・状況説明をしているのに、それに聞く耳を持たず、今更、テジョンと手を握れると本気で思ったのでしょうか。本気でそう思ったのなら、状況把握が全くできない…甘ちゃんとしか……。
 第14話のラストシーンでチェヨンにすまないと言ったときに、自分の置かれた状況は理解したと思ったのに…。
 悪役です。それは作品が始まる前から分かっていました。ですから、その悪役の辿る道の心構えもしていたつもりです。でも、まさか、全18話のうちの第16話でいきなり死ぬとは思いもよりもせんでした。死ぬとしても最終話だとばかり、勝手に思い込んでいました。それが…。
 しかも、自分を救おうとした人の手を振り切って自分から死に飛び込むに等しいことをするなんて…。
 このまま生きていたら、生きている限りソンフン父に追いかけられる、ヨジンも復讐の炎を消さない(消せない)、だから、死んだことにして、周囲を欺いて逃がしたのだと、つい、いいように考えたくなってしまいます。あの場に、テヒョンがいて救急車があって、それなのに、あっさりドジュンが最期を迎えたなんて思いたくない…ただその一心なだけですが。

 チェヨンはヨジンに復讐する決意を固めたのでしょうか。

 復讐が復讐を呼ぶ、私の最も苦手なパターンに…。

 

 あと2話を残したところで、何だか燃え尽き感が半端ないのです。

 この気持ち、何なのでしょうか。

 この「ヨンパリ」という作品をどう捉えたらいいのか、頭がグルグルで、頭も心も整理がつかないでいます。

 

 あと、2話。

 
 

 

« YongPal 第15話 | トップページ | 愛読書チェック 2015年11月号 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

みやさん こんばんは。
ホント意外な展開でびっくり。ヨジン,ドジュン,ソンフンパパの三つ巴の頭脳戦(黄金の帝国のような)が展開するのかと思っていました。せっかく2話延長したんだし初の悪役挑戦だったしと。残念!!
ヨジンって眠れる美女ではなく眠れる悪女なんでしょうか?
明日からは『密会』がスタート 10月からは成均館スキャンダル(ディレクターカット版),
スベクヒャン,星から来たあなたとはじまりちょっと喜んでます。
フジ2で放送中の『美女の誕生』ちょっとばかばかしくもありますが意外と面白くってついつい毎日見てしまっています。49日は土日の集中放送に変更し録画してゆっくり楽しむ予定です。

 守百香廃人さん、こんばんは。
 ドジュンは悪役ですので、ラストの予想はある程度胸に刻んでいましたが、まさか2話を残してのあの展開になるとは目を疑いました。逮捕され、周囲にチェヨン以外いなくなって自分自身を顧みたと思いたかったのに、助けようとしたテヒョンと乱闘を繰り広げるとは…。
 ヨジンは…元々ああいう性格だったのか、3年も眠らされた結果、ああなってしまったのか。復讐が復讐を呼ぶ展開になりそうで…。
 ただ、モチベーションがイマイチ維持できそうにないのはいかんともしがたいです。
 守百香廃人さんは、BS、CSでいろいろな作品を楽しまれていらっしゃるようですので、このまま秋も心行くまで、様々な作品世界で堪能できるといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YongPal 第15話 | トップページ | 愛読書チェック 2015年11月号 »