2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シルバーウィーク終了 | トップページ | YongPal 第16話 »

2015年9月24日 (木)

YongPal 第15話

 

 SBSの「ヨンパリ」第15話。

 言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追ってい ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしました。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、ご容赦ください。

 
 
 
 

 自室で頑ななヨジンの心を思うテヒョン。
 自室でテヒョンの言葉を思い起こすヨジン。テヒョンにTELするもヨジンよりも先にテヒョンの携帯にはチェヨンから着信、通話中。

 ハンシン病院にかけつけるテヒョン。ドジュンは手術中。「助けて」byチェヨン
 「ヨジンがやった。私が見た」とテヒョンに告げるチェヨン。

 ドジュンは手術後、ICUではなく12階の以前ヨジンが眠らされていた部屋に運ばれる。
 チェヨンが入ろうとするとガードのリーダーが、ドジュンはチェヨンの面会を拒んでいると告げる。倒れるチェヨンを抱きかかえるテヒョン。今はドジュンが眠る部屋からイ課長が出てくる。そこへヨジンが現れ、チェヨンとテヒョンを一瞥しただけで、ドジュンの眠る部屋へ入る。

 眠るドジュンを見おろすヨジン。
 イ課長へ自分の言葉がドジュンに聞こえるように投薬量を半分にするように言うヨジン。
 ドジュンの意識が戻った時間を見計らってドジュンに語りかけるヨジン。
 「3年待って。3年経ったら頸動脈を切ってあげる。私のように」

 部屋を出て行くヨジン。まぶたが微かに動くドジュン。

 ハンシングループの総会が開催され、正式にグループのCEOに推戴されるヨジン。

 会長の部屋(?)で、テヒョンはヨジンにヨジンの自殺未遂のときの手術の模様とイ課長の事情を語る。イ課長はヨジンの手術の前から医療裁判を受けていて、ヨジンの手術が成功したので、ハンシングループの弁護団の弁護を受けて、医師を続けられた模様。
 「(ハンシン病院の)全ての医者が君の手術にいったから、他の患者は死んだ」byテヒョン
 復讐を止めて自分のところに戻ってくれと頼むテヒョン。

 テヒョンが去った後、秘書にヨジンが病院に搬送されたときに死んだ患者のことを調べるように言いつけるヨジン。

 12階のドジュンの眠る部屋で、秘書とガードのリーダーが会話。秘書はドジュンを裏切ったから、ドジュンが目覚めたら自分がアブナイので、何らかの手を打つと語る。

 ヨジンの会長就任披露パーティ。

 テジョングループのチェ会長登場。

 「(息子の)ソンフンが死んだのはドジュンのせいだと聞いたから、ドジュンをくれ。3日以内にドジュンの死を。そうでなければ戦争」と言い捨てて去る。

 
 
 
 
 
 

01_2

第15話のハン・ドジュン氏のファッション(「ヨンパリ」公式HPより)

 

 
 ついに、ドジュンが12階の以前はヨジンの病室だった部屋の住人になってしまいました。はぁ~、ため息です。ここまでは予想していたこととはいえ、頭の中で考えていただけなのと、映像として現実に目にするのとでは、心に対するインパクトが違います。胸が痛みます。
 本当に、いい意味でも悪い意味でも似た者兄妹ですね。ここまで似ていると絶対的な味方になるか、決して相容れない敵対関係になるかどちらかでしょう。で、2人は今は敵対している。
 第1話とは立ち位置が逆転したヨジンとドジュン。まぁ、ヨジンの気持ち的には、自分がやられた分やり返さないと気持ちがおさまらないのでしょう。そうは思うものの目には目をで、実際にそれをやるのを見ると、それ、本当にやりますか?と思ってしまいます。ヨジンの視点でこの「ヨンパリ」を見ている人は、このヨジンの復讐を是としているのでしょうか。

 眠っているドジュンの姿に胸を痛めるのと同時につい、「美しい」と思ってしまったのはここだけの内緒です(ここに書いたら内緒にならずに世界発信されるけど>自分)。
 そういえば、ドジュンはパジャマの上にガウンを着ていますね。てっきるイ課長や手術を受けたときのテヒョンと同じ病院着だと思っていたので、残念!です。あの病院着、可愛い柄なので、何気に好きなので、あの病院着を着たドジュンを見たかったなぁ~。
 ドジュンは眠っているだけでセリフなし。聞こえているはずのヨジンの言葉に対する心の声も描かれませんでした。第1話のヨジンは心の中で「悪魔」と言ったのが描かれたのに…。

 この第15話では、ヨジンの気持ちよりチェヨンの気持ちの方が理解できる気がします。

 ことここに至って、チェヨンが変わりました。

 そして、ラストにソンフン父が登場。ソンフン父としては、息子の死の真相を聞いたら、ドジュンを許せないでしょう。ドジュン四面楚歌。今までの報いが一挙に押し寄せて、周囲にはドジュンを殺したい人多数。
 ソンフン父にリークしたのは、おそらくではなく絶対に秘書でしょう。やはり、この秘書がこの「ヨンパリ」最大の悪人ですよね。そしてこの秘書の背景は全く描かれていないので、彼が裏切りを働き、自身の身の安全のみに汲々としている理由は全くの謎。ただ単に保身を図っているだけなのかな。

 今回、テヒョンのヨンパリ稼業はもとより本業の医師としての活動もほとんどなし。かろうじて倒れたチェヨンに点滴をしたくらい。

 ヨジンとドジュンの立ち位置が逆転して、物語も“転”。これから、あと3話。物語の収束に向けてラストスパート。

 次回予告を見る限り、次回でドジュンは目覚めるはず…。

 

« シルバーウィーク終了 | トップページ | YongPal 第16話 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シルバーウィーク終了 | トップページ | YongPal 第16話 »