2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 愛読書チェック 2015年10月号 | トップページ | 眠くなるので »

2015年8月27日 (木)

YongPal 第6話

 

 SBSの「ヨンパリ」第6話。

 言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追ってい ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしました。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、ご容赦ください。

 
 
 

 労働争議中のハンシングループの工場で社員と思しき女性が投身自殺を図る。テヒョンとシンシアが駆けつけ、応急処置をしてハンシン病院へ搬送。

 コ社長がテヒョンの前に現れ、ドジュンに反対する立場と、ヨジンが必要なことを語る。
「老いて欲しい物はない」byコ社長。それを信じていないテヒョン。

 院長がイ課長にヨジン殺害を指示。

 12階にいかにも怪しげな腕をケガした男性2人。シンシアと知り合いらしい。

 ファン看護師は、ヨジンの病室に個人的に監視カメラを設置。

 チェヨンは、テヒョンにドジュンがヨジンを殺そうとしていると耳打ち。「ヨジンを守るのは自分だけ」byチェヨン。

 眠っている(と思っている)ヨジンの前で、殺害計画を話す院長とイ課長。

 それを盗聴して、怒って院長に切りつけるファン看護師。彼女もまた心が病んでいる。

 ヨジンの病室。明日、殺すと言っていると泣くヨジン。絶対そんなことはさせないとヨジンを抱きしめるテヒョン。

 ドジュンに慌てた様子の秘書が受話器を手渡す。話をするドジュン。そして不敵に微笑む。

 何かをヨジンの点滴に注射するイ課長。グラスを故意に落として割る。目を開けて彼を見つめるヨジンに気付き腰を抜かして驚く。彼に「殺人者」と言うヨジン。
 首筋に傷を負い、ストレッチャーに移されているヨジン。

 12階に大勢の男性たちが踏み込んできて、12階制圧。

 ヨジンの病室から白布がかけられたストレッチャーが運び出される。シンシアの命令で停電。

 ストレッチャー(に乗せられた人)争奪戦。

 1人の男が銃口をストレッチャーに向け、テヒョウンがそれを阻もうと揉みあううちに、テヒョンが撃たれる。
 それを見たシンシアが突然、乱闘に参戦。男たちをあっという間になぎ倒し、最後は銃を天井に向けて発砲し、その場の騒ぎを納める。

 テヒョン、シンシア、腕をケガした怪しげな2人?とその筋の親分がストレッチャーを得る。
 親分とその子分が後ろを守り、テヒョンとシンシア、ストレッチャーを逃がしてくれる。

 イ課長が、ヨジンの病室の納戸?のようなところを開けるとそこには、ストレッチャーに乗せられたヨジン。
 地下に下りたテヒョン、シンシアをコ社長が待っている。ストレッチャーをクルマに乗せようとしたところで、

 「そんなに急いで何をしている(運んでいる?)」と、ドジュン登場。

 手術室にヨジンを運ぶイ課長。そこには看護師長。看護師長は、テヒョンからヨジンの事情と、彼女を救出するための計画も聞いていた。テヒョンはそのばにいなかったが、彼を信じて計画どおりに行動する看護師長。
 手術中、ヨジンの死亡を宣告するイ課長。それを見おろしているドジュンの秘書。

 ドジュンが電話を受ける。「妹は、手術中に死んだ」と告げるドジュン。

 テヒョンがストレッチャーの白布をめくるとそこにはマネキン。

 驚くテヒョン、シンシア、コ社長。次回に続く。

 
 
 

 もう誰が誰と手を組んでいて、誰と誰が見方で、誰が敵か、全く判りません。

 シンシアはコ社長と手を組んでいるふうでもあり、でも、計画とは違う動きをしているふうもあり。

 はっきり分かるのは、テヒョンとヨジンが味方同士で、その敵がドジュンだということだけ。

 ん~、でも、ドジュンは地下で、「キム・テヒョンさん」とテヒョンに向かって言っていて、でも彼らは面識ないはずなのに…。ドジュンが、その場に現れるということは、誰かがドジュンに内通しているか、それなりの情報を知らせていなければ、そこにドジュンは現れ得ないはずなので、う~ん、その情報をドジュンに流したのは誰?

 ファン看護師もヨジンの世話をしていて病んでしまったのかなぁ。しっかし、ファン看護師が個人的に監視カメラを設置するまで、ヨジンの病室には、監視カメラもなかったのか?!と、突っ込みどころ満載。

 チェヨンも何がしたいのか分からないし。

 よく考えれば、あそこまで看護師長がテヒョンに協力的なのも不思議といえば不思議な気もするし。

 ドジュンの微笑みがですね、不敵というか、人を人とも思わぬというか、人をくったというか、そういった類の微笑みです。彼も何を求めているのか。表面的には権力と財産、地位ですけど、本当にそれだけなのか。それだけだとするなら、第6話までだと、普通に普通の典型的な単なる悪役なだけだと思えてしまうのですが…。

 もしやもしやの連想。もしかしてドジュンはチェヨンのことが好きで、でもチェヨンはドジュンのことを何とも思ってなくて、他に好きな人がいたのにドジュンと政略結婚が決まったから泣く泣く別れさせられたのではないかと思ったり。そう考えると、第3話のパーティシーンでのチェヨンの態度が納得できるのですよね。で、その別れさせられた(と勝手に決めつけ(苦笑))男性は、今までの回を見るとチェヨンとコ社長は個人的に親しそうなので、コ社長本人…いや~!これは絶対イヤ!あくまで可能性の問題です。だって、コ社長だったら、年齢的にも容姿的にもドジュンでしょう(個人的趣味爆裂(笑))…か、または、コ社長の弟か息子かなぁと思ったりしています。

 謎が謎を呼んで次回へ続いてしまいました。

« 愛読書チェック 2015年10月号 | トップページ | 眠くなるので »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛読書チェック 2015年10月号 | トップページ | 眠くなるので »