2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 眠くなるには理由がある | トップページ | ドイツ旅行記 ~デュッセルドルフのクリスマスマーケット~ »

2015年8月21日 (金)

YongPal 第3話

 
 

 SBSの「ヨンパリ」第3話。

  言葉はほとんど分かりませんので、セリフや会話の詳細な内容は把握できていないのですけれど、物語がどの方向に進んでいるのかは、映像を追って い ると、何となくこうではないのかなぁと類推できるような気がしました。自分用の備忘録です。あくまでも、そんな気がする、というレベルのため、勘違い、思 い違い、思い込みも多々あると思いますが、ご容赦ください。

 
 
 
 

 手首を切って運ばれるヨジン。

 手術中(X線検査とか言っていたけれど、やはり手術しましたか)のテヒョンの手術室の前に運ばれてくるヨジン。ヨジンが自殺しようと首筋に当てた陶器のかけらのようなものをヨジンの手から取るテヒョン。

 第2話でイ課長に引き合わされた白髪の老紳士はハンシン病院の院長でした。言葉が分からないと、そういう状況が出てこないと分からないのが不便です。
 12階のVIPフロアに転属になるテヒョン。
 ヨジンにお化粧を施していたのは、ヨジン専属の看護師さんでした。
 12階のフロアのシンシア室長(何の室長かは聞き取れないので???)に紹介される。

 ドジュンの執務室。秘書?と話すドジュン。
 「2つの家族のコメディはすぐ終わる」とは、どういうことかな。これから何が起こるのか。
 ドジュンの妻チェヨン登場。妻に皮肉を言うドジュンに、軽い妻風なチェヨン。うわべは中良さそうに笑い合っているけれど、全然、仲が良いとは思えないのですけど。
 秘書に妻を監視しろと言うドジュン。
 1人になると表情が一変させて、ドジュンと秘書の会話の様子を実父に報告するチェヨン。チェヨンの父はドジュンの反対勢力の一派なのかな。

 意識はあるが身体を動かせず意思表示のできないヨジン。

 テヒョンは、イ課長の指示でシンシアとVIPの顧客のいるホテルへ。患者ではなく“顧客”らしい。ホテルの一室で若い男性にケガを負わせられた(状況から類推)らしい若い女性を緊急手術。何だか上手く処理して、男女ともにハンシン病院へ入院。

 院長は、シンシアにテヒョンの身だしなみを整えるよう指示。ヘアスタイル、メガネ、福など、テヒョンは着せ替え人形のよう。そこまではいいとして、自動車まで買いますか。

 テヒョンがVIPフロアに眠るヨジンのことを尋ね、テヒョンに説明するという形で3年前の回想シーンへ。
 パーティー会場を見おろすベランダでにいるヨジンとドジュン。勧められた縁談に従うドジュン。ドジュンの許婚に当てつけるようにこれ見よがしにドジュンに抱きつくヨジン。
 ライバル財閥の息子と恋するヨジン。「父には言っていない」と言うドジュン。パーティーからの帰り、ヨジンをドジュンが送ろうとするが、ヨジンは恋人と一緒に自動車に乗って去る。そして、事故。

 制限区域のヨジン担当となり、眠るヨジンに挨拶するテヒョン。




01_2

第3話のハン・ドジュン氏のファッション(jo_hyunjaeさんinstagramより)


02

第3話のハン・ドジュン氏のファッション(「ヨンパリ」公式HPより)



 

 3年前は、仲の良い兄妹だったドジュンとヨジン。それともドジュンは、優しい兄を演じているだけ?しかし、あの年で兄に抱きつく妹っているかな?
 恋人とヨジンが自動車で去って、追手がかかるということは、追手をかけたのはドジュンということになるのかなぁ。
 3年前のパーティーのときは、ドジュンはチェヨンのことをイヤがっている風には見えないのに、どうして、現在では、ああいう表面上は仲良さげに見せて、実は全然、な夫婦になってしまったのか。と、見せかけて、実は愛し合ってるって設定だったら、スゴスギだけど。
 でも、ドジュンが秘書に言うセリフを聞く限り、ドジュンはチェヨンのことを軽い女としか見ていないと思えるのですよね。つまり、妻が反対勢力のスパイの役割を果たす、実は、結構、使える女であることに気付いていない。って、ドジュンも結局お坊ちゃまくんってことか。

 秘書と話しているシーンのドジュンの口調と声のトーンが、何だか聞きなれない感じであれ?っと思ってしまいました。単なる気のせい?役作りで変えてるのかな。

 少しだけ、ちらっと頭を過ってしまったのが、もしかしてドジュンはヨジンを妹としてでなく愛してるとか…。だから、自分を残して恋人と行ってし まったヨジンが許せなくて、眠らせることで自分のものにし続けている…なんて、考え過ぎですね。ぷるぷる。こんな考えは捨てましょう。妄想、妄想。

 

 登場シーンがあると謎も増えるハン・ドジュン氏でした。

 

« 眠くなるには理由がある | トップページ | ドイツ旅行記 ~デュッセルドルフのクリスマスマーケット~ »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠くなるには理由がある | トップページ | ドイツ旅行記 ~デュッセルドルフのクリスマスマーケット~ »