2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ハン・ドジュン 予告スチール | トップページ | 愛読書チェック 2015年9月号 »

2015年7月23日 (木)

ハン・ドジュン スチール&記事

 
 
 

02  

 

'용팔이' 조현재, 단정한 슈트 차림의 젠틀맨? 두 얼굴의 기업 회장으로 '변신'

배우 조현재가 SBS 새 수목드라마 ‘용팔이’(극본 장혁린, 연출 오진석, 제작 HB엔터테인먼트)에서 연기 변신에 나선다.

조현재는 ‘용팔이’에서 그룹을 가로채기 위해 아버지의 유언을 무시하고 이복동생 여진(김태희)을 계속해서 깊은 잠에 빠뜨리는 한도준 역을 맡아 악인 연기를 펼칠 예정. 선한 마스크와 더불어 젠틀한 모습으로 사랑받았던 기존 이미지를 벗고 첫 악역 도전에 나선다.

그런 가운데 지난 17일 진행된 ‘용팔이’ 첫 촬영에서 조현재는 젠틀한 신사의 이미지가 물씬 풍기는 모습으로 카메라 앞에 나서 향후 그의 변신에 대한 기대감을 더욱 고조시켰다. 이날 촬영은 도준이 여진과 함께 상류층 자제들이 모인 파티에 함께 참석한 모습을 담은 것으로, 말쑥한 슈트 차림의 조현재의 모습이 눈길을 끌었다.

귀티 흐르는 외모에서 자상함이 묻어나지만, 조명에 의해 음영이 좌우로 나뉜 얼굴에선 언제 그랬냐는 듯 칼 같은 냉혈함 또한 풍겨 나와 두 얼굴의 기업 회장 한도준의 블랙 카리스마를 예감케 한다. 늦은 밤 시작해 새벽이 돼서야 촬영이 마무리 됐지만 조현재는 최상의 컨디션으로 첫 촬영을 호연으로 장식했다.

촬영관계자는 “한도준 역은 탐욕을 채우기 위해 이복동생을 깊은 잠에 빠뜨리는 것은 물론 생명까지 노리는 ‘용팔이’ 최고의 악역이다. 조현재를 주목할 것은 그가 지닌 선하고 부드러운 이미지를 배신하는 역할 때문이다. 그런 이유 때문에 조현재가 연기하는 한도준 역을 보는 재미가 더 클 것”이라고 설명했다.

한편, ‘용팔이’는 ‘장소불문·환자불문’ 고액의 돈만 준다면 조폭도 마다하지 않는 실력 최고의 돌팔이 외과의사 ‘용팔이’가 병원에 잠들어 있는 재벌 상속녀 ‘잠자는 숲속의 마녀’를 만나며 벌어지는 이야기를 그리는 스펙터클 멜로드라마다. 탄탄한 스토리와 독특한 설정, 스펙터클한 장면들이 방송 관계자들 사이에서 이미 입소문을 탄 하반기 최대 기대작으로 오는 8월 5일 SBS 수목드라마 ‘가면’ 후속으로 시청자를 찾아간다.

 

「ヨンパルイ」チョ·ヒョンジェ、整頓されたスーツ姿の紳士?二つの顔の会社の会長に「変身」

俳優チョ·ヒョンジェがSBS新しい水木ドラマ「ヨンパルイ」(脚本ジャンヒョクリン、演出オジンソク、製作HBエンターテイメント)で演技変身に出る。

チョ·ヒョンジェは「ヨンパルイ」でグループを傍受するための父の遺言を無視して異母弟余震(キム·テヒ)を継続して深い眠りに陥れるハンドジュン役を引き受けて悪人演技を繰り広げる予定。良いマスクと一緒にジェントルな姿で愛された既存のイメージを脱いで最初の悪役挑戦に乗り出す。

そんな中、17日行われた「ヨンパルイ」初撮影でチョ·ヒョンジェはジェントルな紳士のイメージが充満姿でカメラの前にから、今後の彼の変身に対する期待感をより一層高めた。この日の撮影は、図潤余震と上流階級の子弟が集まるパーティーに一緒に参加した様子を収めたもので、粋なスーツ姿のチョ·ヒョンジェの姿が目を引いた。

グィチ流れるルックスで優しさがにじみ出るが、照明の陰影が左右に分かれた顔でいつそうしたようにナイフのような冷血さも漂って記載されて二つの顔の企業会長ハンドジュンのブラックカリスマを予感させる。夜遅く始め夜明けがなってようやく撮影が仕上げされたがチョ·ヒョンジェは偉大な形で初めての撮影を好演で飾った。

撮影関係者は「ハンドジュン役は貪欲を埋めるために異母弟を深い眠りに陥れることはもちろん、生命まで狙う「ヨンパルイ「最高の悪役である。チョ·ヒョンジェを注目すべきは、彼が持っ線で滑らかな画像を裏切る役割である。そのような理由のためにチョ·ヒョンジェが演じるハンドジュン役を見て楽しさがより大きいだろう」と説明した。

一方、「ヨンパルイ」は「場所を問わ·患者問わ「高額のお金だけくれればギャングもいとわない実力最高のにせ外科医」ヨンパルイ」が病院に眠っている財閥相続女」眠れる森の魔女」を会って広がる話を描くスペクタクルメロドラマだ。しっかりしたストーリーとユニークな設定、スペクタクルな場面が放送関係者の間ではもう有名下半期最大の期待作で来る8月5日SBS水木ドラマ「仮面」の後続で視聴者を訪ねて行く。

 

-------------------------------------

 
 

 SBSの「ヨンパリ」の公式サイトで「ヨンパリ」の1次ティーザー、2次ティーザーが公開されています。
 どちらも、主役のお2人のみの映像です。

 

 この予告映像を見て、いろいろ思うことがありました。

 

 そこに、この記事がアップされ、その記事を読んでまた、あれこれ…。 

 

 上記の記事を読んで、私が感じるのは、 

 

 ヒョンジェさんが演じるのは、ドラマの設定を読む限り、ドラマによくあるタイプの悪役に思えるハン・ドジュン氏。

 

 ヒョンジェさんは、これまでのイメージ…優しくて、真面目で、一途で…とは真逆の初めて悪人になりきることを求められていること。

 

 俳優として、この悪役を演じ、演じきることを求められていること。

 

 これからのヒョンジェさんに、このハン・ドジュンを演じきることは、とても大切なものになるのではないか…。

 

 公開された予告映像、写真、記事を見て、そんなことを取り留めもなく考えたりしています。

 

 今はただ、求められ、期待されているハン・ドジュンをそれらに応える以上の演技で演じきっていただければと…。

 

 蓋を開けてみたら、幕が下りたら、いろいろと考えていたことが、まるっきりの杞憂だったと笑い飛ばせる演技を…。

 
 

« ハン・ドジュン 予告スチール | トップページ | 愛読書チェック 2015年9月号 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハン・ドジュン 予告スチール | トップページ | 愛読書チェック 2015年9月号 »