2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

ドイツ旅行記 ~ミュンヘンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行4日目のミュンヘンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。



Day04_24



 2014年12月のクリスマスマーケット巡りの4日目の行程は、午前中がノイシュバンシュタイン城観光でしたので、クリスマスマーケット巡りは宵闇が舞い降り始めた16時から17時までのミュンヘンのクリスマスマーケット1か所だけでした。

 ミュンヘンのクリスマスマーケットは2008年12月にも訪れていたので、そのときは昇っていない新市庁舎の塔へ昇るのを今回の第1ミッションに据えました。塔から眺めるクリスマスマーケットはイルミネーションの灯る時間でもあり、とてもロマンチックで素敵で、大満足です。

 ただ、1時間しかないのに塔に昇ったために、ミュンヘンのクリスマスマーケットでソーセージが食べられなかったのが残念かなぁ。

 そんなミュンヘンのクリスマスマーケットの写真を交えた見学の模様は、こちらからごらんください。

 

2015年5月30日 (土)

ごぼう茶

 土曜日の朝は、ゆっくりめに起床。

 その後、雑用をこなし、昼食後に更に雑用をこなし、雑用が片付いたら、もう、15時30分を過ぎていました。

 それから、最近のマイブームのごぼう茶を飲みながら、まったりと「帝王の娘スベクヒャン」と「私の期限は49日」の編集をしていたら、編集が終わった!と喜んだら、夕食の時間になってしまっていました。
 ほとんど何もできていないような気がするのは、気のせいでしょうか?

 「夜警日誌」も「火の女神ジョンイ」も見られていないのに。明日、見られるかなぁ。


 

 20時24分ごろ、小笠原諸島西方沖を震源とする強い地震が発生しました。
 マグニチュード8.5は、かなり大きな地震です。
 震源が深さ約590kmという、深い場所だったためか、日本全国で揺れたようです。
 余震があるかもしれませんので、しばらくは注意していることにします。
 最近、地震が多かったり、火山が噴火したりで、心配になります。

 

2015年5月29日 (金)

考えて

 

 駅伝修行を続けるか否か、考えに考えた末に、このまま修行を続けることにしました。

 来月6月のことを考えると、このまま続けたほうがいいのではないかと思いまして。

 修行を続けるのは、土日がツライのですけれど、ツライからこその修行なので…。

 

2015年5月28日 (木)

ジョンイ

 

 今日は、これまでの暑さが一段落し、しのぎやすい1日でした。

 今日で、駅伝修行が折り返し点を迎え、続けるか、ここでリタイアするか、いまだに思案中です。続けると完走するしかなく、それはそれで…かもしれませんし。

 昨日からBSフジで始まった「火の女神ジョンイ」(以下、ジョンイ)を見ました。
 第1話なので、まだ親世代がかんばっていて子供たちは子役さんなのでしょうか。チョン・グァンリョルさん(役名は覚えていないですm(__)m)が、もしかしなくても敵役のようです。ふむぅ。時代背景が宣祖(第14代王)の時代ですので、思いっきり「ホジュン 宮廷医官への道」とかぶっていて、恭嬪、仁嬪、光海君、臨海君などなど、「ホジュン」で思いっきり聞いたことのある登場人物がぞろぞろ登場しています。その点、親しみがわきます(笑)
 そう!まだ子供時代なので、ソ・ヒョンジンさん(「帝王の娘スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)のソルナン役)は出ていないのですが、ヒョンジンさんが演じる女性のお父さん役を見てびっくり!何と!「スベクヒャン」のテウン(ピムンの教官)だったのです!! 「ジョンイ」は「スベクヒャン」の放送のすぐ前くらいまで放送していた作品のはずで、そこでソルナンとテウンが父娘役だったとは驚いてしまいました。
 どうでもいいですけど、光海君の緑のはちまきがミョンノンの緑のはちまきと同じに見えて仕方がありません。同じ放送局の制作ですので、もしかして…?

 

2015年5月27日 (水)

5月なのにもう夏?

 

 まだ5月だというのに夏のような暑さが続いています。

 冷たい物を飲む量が急に増えました。

 駅伝修行も絶賛継続中で、もうすぐ折り返し点。折り返し点で折り返すか、ここで駅伝を自己終了するか、ただいま思案中。

 夏のお出かけに向けた準備も始めています。

 さりげなく気温だけではなく夏の準備が始まっています。

 

2015年5月26日 (火)

愛読書チェック 2015年7月号

 

 最近の愛読書である月刊のTVガイド雑誌を購入しました。

 6月のお楽しみは、チャンネル銀河で放送中の「帝王の娘スベクヒャン」と、TOKYO MXで放送中の「私の期限は49日」で変わらず。wowowの「夜警日誌」も見続けていますが…まだ苦手な展開のままで、ずっとこのままなのでしょうか?
 5月下旬から「火の女神ジョンイ」がこれに追加される予定。ただ、現状で手いっぱい感が蔓延しているので、「ジョンイ」が見続けられるかは少々不安だったりします。

 他に、これは!と思ったのが、現在、BSジャパンで月~金の12時57分から14時まで「ホジュン~伝説の心医~」(以下、伝説の心医)が放送中なのですが、6月3日の水曜日からBS日テレで月~金の13時30分から14時30分まで「ホジュン 宮廷医官への道」(以下、宮廷医官への道)が始まることです。
 BSジャパンで放送中の「伝説の心医」は、BS日テレで始まる「宮廷医官への道」のリメイク版ですので、リメイク版の裏にオリジナル版をぶつけますか!で、ちょっとビックリ。思い切った編成しますね~。
 どちらも見る予定はありませんがm(__)m オリジナルを何回か見ているので…。

 そんな感じな6月の番組表でした。

 番組改編期の次号が今から楽しみです♪

 
 
 

2015年5月25日 (月)

週刊ご~やニュース 2015年5月25日

 

 先週張ったネットに早くも半数以上のゴーヤくんの触手(?/笑)が伸び、順調にネットに巻き付きました。ほっ。

 しか~し!残りの若干何本かのゴーヤくんたちは、ネットに巻き付くどころか、横に立てた支柱も嫌い、ネットや支柱から、遠ざかろう、遠ざかろうと、そのツルの先を伸ばしています。

 そちらには、何もないのに~!花の葉にツルを巻き付けてどうする~!と言っても、何度強制的に矯正しようとしても全然聞く耳を持ってくれません(;_;)

 素直な子と天邪鬼な子とゴーヤにも性格があるのでしょうか?

 早く全員揃ってネットにしがみついて欲しいなぁ。

 

2015年5月24日 (日)

ドイツ旅行記 3日目~シュトゥットガルト、エスリンゲン、ビシンゲン、フュッセン~

 

 ドイツ旅行記に3日目のシュトゥットガルト、エスリンゲン、ビシンゲン、フュッセンを追加しました。

 
 
 
 

Day03_12

 
 
 
 

 シュトゥットガルトのホテルを出発し、午前中はクリスマスマーケットがOPENする時間までエスリンゲンの散策、OPENしてからクリスマスマーケットの自由散策、エスリンゲンで昼食と、エスリンゲンですごしました。

 その後、私的に今回のクリスマスマーケット巡りのツアーで最も楽しみにしていたホーエンツォレルン城のクリスマスマーケットに向かいましたが、ホーエンツォレルン城へ向かう道が交通事故のため封鎖され、クリスマスマーケットも中止という不測の事態発生。急遽、近郊のビシンゲンという小さな街(村?)で開催中のクリスマスマーケットに振り替えられました。ちょっと、代替観光する場所としてはどうかと思いましたが、ここが、本当にローカルで地元の人に親しまれているクリスマスマーケットで逆に観光地化されていなくて面白かったという、ある意味、逆転の発想?楽しかったです。

 ビシンゲンのクリスマスマーケットのあとは、ひたすら南下してノイシュバンシュタイン城近郊のフュッセンのホテルへ向かいました。
 フュッセンのホテルチャックイン後、ホテルが主催するノイシュバンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城、フュッセンを巡るナイトツアー40分日本語ガイド付で5EUR(約700円)に参加しました。このナイトツアーが夜景が綺麗でミニバスのドライバーさんの日本語も流暢でわかりやすく、今回のドイツ旅行で最も充実した観光で、とってもお買い得だと思いました。

 そんなドイツ旅行の3日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 

 

2015年5月23日 (土)

しょっくぅ

 
 

 チャンネル銀河で放送中の「帝王の娘スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)は、ブルーレイレコーダーに録画しています。
 録画を順次確認していたら……第7話までは何事もなく録画できていました。…ですが!第8話がぁ!!!
 録画できている、いない、と、いうならば、きちんと録画できていました。問題は中身です。第8話の途中に、地震速報のテロップが入っているではありませんかぁ!!!

 チャンネル銀河で昨年の7月から9月まで「薯童謠」を放送しているとき、録画していたのですが、そのときには、地震速報や気象情報のテロップが一切入らなかったので、チャンネル銀河では、その手の速報のテロップは入らないと、自分で勝手に決めつけてしまっていました。
 それが、「スベクヒャン」の第8話で、勝手な思い込みにすぎなかったと実証されてしまい…「地震速報がぁ!地震速報がぁ!!」とブツブツつぶやいていたら、家族から、「呪いの呪文を唱えている」と言われてしまいました(^_^;)

 気象情報、地震速報の重要性は重々判っています。ただ、録画していて永久保存版にしようと考えている番組にテロップが流れるとショックなのです…。頭で理解しているのと、心が動揺してしまうのは別問題で…。

 テロップが入ってしまった「スベクヒャン」第8話。

 このままBDに収納して永久保存版にしようかどうしようか悩んでいます。

 チャンネル銀河のことですから、このあと「スベクヒャン」の再放送があるかもしれないですし…「薯童謠」は昨年7月から9月の放送のあと、2015年5月現在まででチャンネル銀河で再放送が2回ありました…第8話のみ再放送を改めて録画して、今回の第8話と差し替えて、永久保存版に収納しようかともつい考えてしまいます。今現在、再放送の予定は分からないので、少し待ってみて決めましょうか…。う~ん、どうしましょう。悩ましいです。

 悶々としばらく悩む予定です。

 

2015年5月22日 (金)

アイスコーヒー

 

 予定の時間まで、少し時間があったので、某カフェでアイスコーヒータイム。

 もちろん!ポイントがgetできるカフェです。

 アイスコーヒー1杯で2ポイント=1マイル。

 地道に地道に陸マイル活動は続きます。

 ファイト!

 

2015年5月21日 (木)

大気のぶつかりあい

 

 本州の南方を通過して行った台風の影響で、昨夜半は風雨が強まりました。

 特に、もの凄かったのが雷。
 雷というよりも私的には空気と空気がぶつかりあっている音に聴こえました。夜中にド~ンという音で目が覚めました。このような雷らしからぬ音(私的感覚)を聞くのも、それによって夜中に目が覚めたのも、もしかしたら生まれて初めてかもしれません。

 自分が録画している番組の時間帯ではなくてよかった~♪などと、ノンキなことを考えながら寝ていたのは内緒です(笑)

 

2015年5月20日 (水)

駅伝修行

 

 某コンビニBでのパン修行終了。

 1週間のパン修行の成果は、100ポイント=50マイルGETです。

 今は、某コンビニAでクーポン駅伝修行中です。
 駅伝修行は3週間の長丁場ですので、途中で投げ出さないようにがんばります。

 

2015年5月19日 (火)

ch銀河「スベクヒャン」放送開始

 

 今日から、CSのチャンネル銀河で「帝王の娘 スベクヒャン」の放送開始です。

 ず~っと放送開始を楽しみにしていたので、今夜の第1話と第2話の放送は、放送前にお茶も用意して、万全の状態でテレビの前にスタンバっていました(笑)

 やはりノーカット版はいいです♪
 どこがカットされちゃうのかなどと心配する必要がないので、精神衛生上、とってもリラックスしながら見られます。

 BS朝日版では、スタッフの名前や第○話のところにぼかしが入っていて、却って不自然で目立っていたのが、チャンネル銀河では、そのままなのが自然でスルーできますし、何といっても!エンディングロールが流れるのがいいですね。エンディングロールの次回の予告部分が何気に好きなので嬉しいですheart04

 今週中は、親世代の哀しい心のすれ違いや子世代に繋がる因縁、ミョンノンとチンムの取り替えなど、子世代へ続く物語の序章が描かれます。

 はい、やはりできる限りリアルタイムで見られるようにがんばります(^^)v いや~、つい、見てしまうとがんばる気になってしまいます。好きなものに対しては、そんなものですよね(爆)

 

GW明けの平日の夜

 

 GWが明けてからの平日の夜は、チャンネル銀河で放送中の「朱蒙」を見て過ごしました。

 この「朱蒙」が5月18日の月曜日に最終回で、翌19日の火曜日の同時間から「帝王の娘 スベクヒャン」の放送が始まることもありました。

 「朱蒙」は、高句麗建国の物語でした。
 私的には、ソソノの方がイェソヤよりも高句麗建国に際しての貢献は大きく、王妃として高句麗にいるのはソソノがふさわしいように思えましたが…ソソノが、ソソノの2人の息子のピリュとオンジョを連れて南下しないと、百済が建国されないので、そこは…いたしかたなしかと…。
 そう、「朱蒙」は高句麗建国の物語であると同時に百済建国前史の物語でもありました。

 「朱蒙」は、以前、BSで放送されたときに見たことがあり、そのときはチュモンが軍器博士をソソノに同行させる意味がよく分かりませんでした。その後、「薯童謠」を見て、軍器博士がソソノと共に南下したのは、博士が百済の先進技術発達の礎になったと描くためだったのだとようやく理解しました。外国の歴史は、いろいろ見ないと分からないです。

 そして、ソソノと南下した2人の息子のピリュとオンジョのうちの二男のオンジョくんが、百済の初代国王のようです。つまり、ソソノとオンジョは、ソルランやミョンノンやチャンのご先祖様。←結局、そこか!(笑)>自分

 「朱蒙」でオンジョを演じた俳優さんは、「薯童謠」でもチャンの子供時代を演じているのも面白いなぁと(笑)

 そんなこんなで、今夜から、チャンネル銀河での「帝王の娘 スベクヒャン」の放送開始です。
 朝放送だったBS朝日と違い、夜の放送ですので、できるだけリアルタイムで見たいのですが、ゴールデンタイムということもあり、他の番組との兼ね合いで、月曜日から金曜日まで、毎日、放送時間全部、リアタイで見られるかどうかは微妙…かな。

 

 さぁ、これからまた7月いっぱい、「スベクヒャン」な日々が始まります(^^)v

 

2015年5月18日 (月)

週刊ご~やニュース 2015年5月18日

 

 ゴーヤくんの苗を路地植えにして2週間。

 今年は、暑くなるのが早かったので、昨年よりも半月ほど早いですけれど、ゴーヤくんたち用のネットを張りました。

 プラス、路地植え後2週間ですので、追肥に固形肥料をまきました。

 温帯低気圧通過による雨と、その後の暑さもあり、日々、順調に成長しているようです。

 ゴーヤくん、早くネットに絡みついて上に伸びてねclub

 

2015年5月17日 (日)

ドイツ旅行記 ~ビシンゲンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行3日目のビシンゲンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。



Day03_35

 

 

 ツアーの本来の行程では、フォーレンツォレルン城の城内で開催されているクリスマスマーケットを訪れるはずでした。実際、エスリンゲンを後にしたバスはフォーレンツォレルン城に向かっていました。ところが、交通整理員さん(警官さん?)にまさかのバスSTOP。フォーレンツォレルン城へ向かう道は、交通事故のため封鎖され、フォーレンツォレルン城で開催されているはずのクリスマスマーケットも中止になったそうです。あうぅ!!まさかの展開~!!!
 フォーレンツォレルン城のクリスマスマーケットを今回訪れるクリスマスマーケットの中で最も楽しみにしていたのにぃ!!!

 2014年12月のドイツのクリスマスマーケット巡りの旅は、初日からまさかのシップチェンジで4時間以上の遅延の末の旅立ちで始まり、行程3日目は見学場所へ辿り着けない事態が発生してしまいました。アクシデント続きのこの旅行…weep

 フォーレンツォレルン城のクリスマスマーケットの代替に、バスを止められた近くの街(村?)のビシンゲンのクリスマスマーケットに訪れました。

 ビシンゲンのクリスマスマーケット…地元の方々が楽しむローカルなクリスマスマーケット。おそらく、ビシンゲンのクリスマスマーケットを訪れた最初で最後の日本人ツアーグループになるのではないのかなぁ…などと、思いつつ散策しました。

 散策してみると、ローカルな雰囲気といい、手作りのクリスマスグッズを売る店といい、思いがけず楽しかったりしましたhappy01 意外、意外xmas

 そんなビシンゲンのクリスマスマーケットの写真を交えた模様は、こちらをご覧ください。

 
 

2015年5月16日 (土)

ノドの痛み緩和

 

 昨日のノドの痛みは、今日は大分改善されました。

 一晩、ゆっくり眠ったのがよかったのか、一応、鼻水の薬にも消炎か鎮痛の成分が含まれていたのかは謎です。

 まだ多少の違和感は残っていますが、昨日ほどの痛みではないのでホッとしています。

 

2015年5月15日 (金)

いがいが

 2、3日前から、ノドが痛くて、咳が出て、の症状が出てきたので、一気に暑くなった気温の変化に体温変化が追い付かずに、風邪を引いたのかと思っていました。

 特に薬など服用せずに、ぼ~っとしていたら、いよいよ今日の午後から、鼻水がずびずびになってしまい、ティッシュが手放せない状態になってしまいました。

 これはやばい!と、おやつに修行を兼ねて買ってあった菓子パンを食べて、鼻水を止める薬を飲んだら、副反応で眠いことこのうえなくて…(;_;)

 夜になってから、録画しておいたTOKYO MXで放送中の「私の期限は49日」(以下、49日)を再生して見ている途中で、一瞬、気を失ってしまいました(^_^.) ま、49日は何回も見ているので、何分か見逃しても大勢に全く影響なしなのですが。

 薬のおかげで鼻水はなんとかなってきましたけれど、ノドのいがいがは治らず…飲んだのは鼻水用の薬なので、ノドには当然のごとく聞きません…、総合感冒薬を飲もうかどうしようか思案中です。

 

2015年5月14日 (木)

パン修行

 

 某コンビニAの食パンでなんちゃって陸マイラー修行を展開していました。
 2週間の期間で、目標の食パン5斤をクリア。
 1斤30ポイントですので、5斤で150ポイント、マイルに換算して75マイルを獲得しましたhappy01

 

 そして、某コンビニAでの食パン修行の終了の翌日から、某コンビニBでの菓子パン修行を開始しました。菓子パン1個につき、20ポイントで、こちらの期限は1週間。食パンよりは菓子パンの方がおやつに食べられるので、気楽に修行できるかなぁ~っと(笑)

 

 地道にコツコツと。
 これからも少しずつなんちゃって陸マイラー修行を続けますairplane 

2015年5月13日 (水)

温低一過

 

 昨夜、温帯低気圧が日本の太平洋岸を通過(かすめただけ?)していきました。

 今日は、昨日の風雨から一転、温帯低気圧一過の陽射しのまぶしいむっとするような暑い日になりました。
 まだまだ暑さに身体がついていけていない自分がいます。

 しかも、早朝には地震もありました。少しずつズズズッと前触れが長かったので、遠いのかと思ったら、東北地方の沖の海底が震源だったようです。
 激しく揺れた地方にお住まいの皆さんはご無事だったでしょうか。

 ときどき失念しそうになっていると、思い起こさせられるように自然が牙を剥いてきます。

 本当に自然とともに生活しているのですね。

 この時期にまさかの熱中症などもあるそうですので、体調にはくれぐれも気をつけたいと思います。

 

 

2015年5月12日 (火)

ch銀河「スベクヒャン」 スタンバイOK

hy 

 BS朝日での「帝王の娘 スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)の放送が終わって今日で12日。

 1週間後の5月19日からは、CSのチャンネル銀河での「スベクヒャン」の放送が始まります。

 ブルーレイレコーダーで、放送の1週間前から番組表で番組の録画予約できるので、早速!チャンネル銀河の「スベクヒャン」の録画予約をしましたhappy01
 具体的に録画予約すると、ぐっと現実感が感じられて嬉しくなってしまいますheart04

 気持ちを盛り上げるため…という訳ではありませんが、BS朝日版の「スベクヒャン」を第41話(オリジナルでは第61話)から見ています。ミョンノンがソルランに告白する少し前から、です。ここから、物語が大きく動き出していて、私的に盛り上がって面白くなってくるところなのです。私、何のドラマを見るにしても物語の後半が好きなもので(笑)。

 見ながら、ちょっと、これ(BS朝日版の録画)を次に見るのはいつかなぁ…などと思ってしまったり。チャンネル銀河でこれから放送されるノーカット版を録画したら、ノーカット版ばかり見てしまうような気が……。

 

 あと1週間したら、また平日、月-金は「スベクヒャン」の日々になります。

 

 

 それに先駆けて、CSのチャンネル銀河のYou Tube公式チャンネルで、

 

 5月19日(火) 21時30分から放送開始の「スベクヒャン」の予告映像が公開されています。

 
  1. チャンネル銀河公式サイト へ行き、
  2. 公式サイトの最も下までスクロールすると
  3. “チャンネル銀河をもっと楽しむ”の真ん中に
  4. You Tube 公式チャンネルがありますので、
  5. そこをクリックすると
  6. チャンネル銀河のYou Tube公式チャンネル へ行きますので
  7. そこから、「帝王の娘 スベクヒャン」を探してクリックする

 

 もしくは、

  1. チャンネル銀河公式サイト へ行き、
  2. ヘッダー部分の “おすすめ情報”にカーソルをあわせると出てくる
  3. チャンネル銀河をもっと楽しむ の下のYou Tubeをクリックする
  4. 以下、上記の6.と7.と同じ

 

 

 と、見られます。

 

 現在、チャンネル銀河で流れている番宣CMの30秒バージョンと同じようです。

 

 チャンネル銀河を契約されていなくて、「スベクヒャン」の番宣CMがどんな感じかな~と思われていらっしゃる方は、ご覧になれますので、この機会にぜひご覧くださいhappy01

 

2015年5月11日 (月)

週刊ご~やニュース 2015年5月11日

 
 

 ゴーヤくんの苗を路地植えにして1週間。

 どうやら無事に全てのゴーヤくん苗は根付いたようです。

 よかったよかった。

 早速、ゴーヤくんに支柱を立てました。

 支柱に巻き付いて上に伸びてねclub

 

2015年5月10日 (日)

ドイツ旅行記 ~エスリンゲンのクリスマスマーケット~

 

 クリスマスマーケットに、2014年12月のドイツ旅行3日目のエスリンゲンのクリスマスマーケットの模様をアップしました。

 

Day03_18



 某ガイドブックにも紹介されていない街エスリンゲン。シュトゥットガルトの近郊の街です。

 ツアー3日目の午前中のクリスマスマーケット巡りはエスリンゲンのクリスマスマーケットでした。

 大聖堂付近に2つのクリスマスマーケットが隣接している感じで開催されていました。

 1つは普通のクリスマスマーケット。

 もう1つは、お店の方々が中世の扮装をしているクラシカルなムード漂うクリスマスマーケット。

 どちらのクリスマスマーケットも中世の趣きがそのまま残る街並みにとても栄え、落ち着いた雰囲気のクリスマスマーケットでした。

 エスリンゲンに到着したときは、クリスマスマーケットの開場前の時間でしたので、添乗員さんに案内されて、街の散策を約45分ほどしました。そのときも、旧市街の中を歩いていて、古い街並みにとてもわくわくして楽しかったのを覚えています。

 今回、2014年12月に訪れたクリスマスマーケットでは、ザッツファイ城のクリスマスマーケットに次いで気に入ったクリスマスマーケットでした。

 そんなクリスマスマーケットの写真を交えた模様は、こちらからご覧ください。


 

2015年5月 9日 (土)

Happy Birthday

 

 Happy Birthday

07_01



 幸せな笑顔が溢れる日々を過ごされることをお祈りしています。

 

2015年5月 8日 (金)

7SEEDS29

 

 田村由美さん著「7SEEDS」(セブンシーズ)の29巻を読みました。

 以下、ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。

 

 

------------------------------------------------------

 
 
 

 まずは、簡単なあらすじ。

 巨大なクモに襲われて危機一髪な花は、お掃除ロボットを通じての嵐のアドバイスで危機を脱出。新巻さんの救出に藤子ちゃんとちさちゃんと共に向かう。
 サブ調整室にひばり、何となくコントロールルームみたいなとこに源五郎、とりあえず設備がありそうなところに角又さんとあゆがいて、お掃除ロボットを携帯代りにして全員と相互通信、源五郎がそれぞれの位置を確認。コントロールルームっぽいところにいるせいか、源五郎と角又さんが、何気にリーダーシップをとっている感じ。
 ナツ&蝉丸と花&新巻さん、小瑠璃&ハルとまつりちゃん&涼がそれぞれ邂逅。
 涼は突然姿を現した百舌(要)さんを追い、さらにそれをまつりちゃんが追いかけます。
 地下深くに下りた虹子さんからの連絡から、佐渡島と鍵島が地盤沈下により水没の危機に瀕していることが判明。
 いっせいに脱出が始まるところで29巻終了。

 今回は、何といっても蝉丸!蝉丸がカッコ良かった!男を上げました。普段はチャラくて、本当にチャラいけど、しっかり他人のことを見ていて、相手のことをきちんと自分で見ようとする意思があって、きちんと自分で判断できる人でした。いい男だわ~。

 ナツも花と嵐が通信でだけとはいえ、再会(?)できたのを心から喜んで、いい子だ~。よかったよかった。

 花は嵐と新巻さんとの間で心が揺れるのかなぁ~とか思っていましたけれど、嵐で心が揺れないのかな。

 どこに誰と誰がいるのかは、実際にマンガを読んでみないと…というか、読んでいても、え~っと…と言う感じで、位置関係を全員で擦り合わせたときに、出てきますので、それで見て確認ということで(笑)。

 29巻終了時点で、携帯代りのお掃除ロボットと一緒にいなくて、相互連絡できていないのが、くるみ&流星、安居、百舌の3組4人です。

 次巻、30巻でいよいよ佐渡島・鍵島からの脱出と、全員の集合になるのでしょうか。

 楽しみぃhappy01

 

2015年5月 7日 (木)

KWAVE 2015年4月号

 

 いまさらですが、4月初めに発売されたKWAVE4月号を買いました。

 

07_01_2

 

 

 全くハングルは読めませんので、内容が分からないから、写真を見るだけだな~と思い、どうしようか、ず~っと迷って迷って、結局、買いました。

 手元に届いて、中を見て見たら、読みたい部分の記事…他のページは読んでいないので…は、全てハングルと同内容(だと勝手に思っています)の英文が併記されているので、インタビューの内容も、ざっくりこんな感じ~に読めました。迷う必要なかったです(笑)。

 写真とインタビューの内容を読んでの感想は………写真のメイクが中性的、これは何を狙ったのでしょう?インタビューは当たり障りなく……な感じでしょうか。

 実際に、自分で読んで、自分の目で確かめられたので、満足しています。これで買わなかったら、どんな内容だったのだろう~と、多分、小骨がノドに刺さったようにチクチクとず~っと気になったでしょうから。

 

 多少…大分?…現地で買うのからすると割高になるとはいえ、外国の雑誌でも何気に買えるようになったとは、便利な世の中になったものです。

 

 

2015年5月 6日 (水)

さりげなく

 

 GWもいつも間にか、最終日。

 GW中、毎日ゴロゴロとDVDを見たり、ガーデニングをしたりするだけではなく、何気に5話たまっていたTokyo MXで放送中の「私の期限は49日」の第6話から第10話をBDにダビングしたりもしていました。

 ノーカットだと1話60数分のドラマを約43分30秒に編集して、きちんとストーリーとして成り立つようにしているのですから、いつもながらスゴイなぁ~と思いながら見ています。
 だって、オリジナルの約3分の1をカットしているのですよ!それなのに、物語として成立してストーリーの流れが分かるのですから感動物です。
 これだけカットのシーンが多いと、あのシーンがカットされた!とは、全然目くじらを立てる気にもなりません。それよりもこれだけカットして物語の流れがきちんと分かる編集に感動しています。ノーカット版を持っているから…が、大きいのかもしれませんが…。

 BDにダビング&ダビング確認していたら、続きが気になって、手元にある市販(いわゆる国内正規品)のDVDの音声を日本語吹替えにして、第11話から第14話まで思わずガン見してしまいました。このあたりのお話、好きなのです。それも日本語訳が字幕よりも吹替えの日本語の方が好きだったりしますheart04

 

 Tokyo MXで放送中の番組はカットされていても面白いので、機会がありましたら、ぜひノーカット版でご覧ください。ぜひ~happy01

 

 

2015年5月 5日 (火)

食パン修行

 

 期間限定で某コンビニで、とある食パン1斤につき30ポイントgetできます。

 これは、なんちゃって陸マイラーとしては、ほおってはおけない!とガンバって、買いに行っています。

 しかし、いかんせん対象物は食パン。菓子パンのようにおやつに1個とか、そうそう気軽に食べられるモノではありません。

 期間中に何斤購入できるかなぁ。

 目標は5斤=150ポイントgetです!目標だけは高く掲げておかないと(笑)

 

2015年5月 4日 (月)

合間の番宣CM

  

 チャンネル銀河で放送中(3話連続放送)の「薯童謠(ソドンヨ)」を、この土日に見ていたら、その番組の合間に「帝王の娘 スベクヒャン」の番宣のCMが入りました。

 CMは長短2種類で、短い方のCMが5秒、長い方のCMが1分でした。

 短い方は、ソルナンとソリの第1話冒頭のシーン。ソルナンの「共に地獄に落ちる」のセリフのところでした。
 「薯童謠」の間に入れるなら、ソルナンとミョンノンでしょ~!と思ってしまったりして(苦笑)。

 長い方は、ソルナンとソリを中心に、チェファ、王様、ミョンノン、チンムも登場。
 ミョンノンは、“たいし ミョンノン”とナレーションが入っていて、そうか~、“太子”は“たいし”か~と思わず思ってしまいました。字幕の“太子様”を他の方は何と読んでいるのか、ずっと気にはなっていたのですが、そうですよね、普通は“たいしさま”ですよね。私は何故か耳で聞いた音と合わせて、“テジャさま”と、「薯童謠」のときから、ず~っと読んでいました。ひょんなことから、疑問がひとつ解消しました(笑)。
 CM中のソルナンとミョンノンは、第37話だったでしょうか、ソルナンに青い服をプレゼントして市場に出かけて歩いているシーン(タッコギを前にして、ミョンノンがソルナンに高句麗のスパイから地図を取り返せと命じる前のシーン)でした。

 「薯童謠」で、ず~っとチャンを見ている合間にミョンノンを見ると、何故か顔がほころんでしまいました。なぜに(笑)。

 長い方のCMは第50話と第51話の間に入っていました。「スベクヒャン」を知らずに、単純に「薯童謠」をご覧になられていらっしゃる皆さんは、このCMのミョンノンを見てどう思われるのでしょうか。あれ?と思われる方がいるのか、スルーなのか。その辺も疑問です。何しろ、「薯童謠」の合間に「スベクヒャン」のCMが入っているのではないかと、いつもならスキップするCMを早送りでわざわざ見て探しているので、「スベクヒャン」を知らない方が偶然見たら、どういう反応をなさるのか、興味があったりします。

 このCMは録っておいて、チャンネル銀河版の「帝王の娘 スベクヒャン」のブルーレイディスクの最後に入れることにしますhappy01

 
 

週刊ご~やニュース 2015年5月4日

 
 

 先週、草むしりをした場所に、ゴーヤの苗を植えました。

 今年のゴーヤは全て路地植え。

 お店にゴーヤの苗を買いに言って、お店の人に、「あまり実のならないゴーヤは」と尋ねたところ、「グリーンカーテンを造る方は、これを買って行かれます」と、お勧めされたゴーヤの苗を購入しました。

 元気にグリーンカーテンに育ってくれるといいな。

 これから半年、よろしくお願いします。

 

2015年5月 3日 (日)

ドイツ旅行記 2日目~ケルン、ザッツファイ城、シュトゥットガルト~

 
 

 2014年12月のドイツ旅行の2日目をアップしました。

Day02_02



 2日目の行程は、ケルン大聖堂見学&ケルン大聖堂付近のクリスマスマーケット見学、ケルン近郊の個人所有のザッツファイ城の敷地内で開催されているクリスマスマーケットの見学、シュトゥットガルトのクリスマスマーケットの見学です。

 ケルンのクリスマスマーケットは本来の行程ですと、1日目に日本から到着した夜にナイトマーケットで見学するはずでしたが、成田を出発するときにシップ・チェンジによる4時間以上の遅延の関係で2日目にずれ込んだものです。
 そのため、ケルン以降のザッツファイ城のクリスマスマーケット、シュトゥットガルトのクリスマスマーケットに少しずつ時間的なしわ寄せが発生したももの思われます。
 ザッツファイ城のクリスマスマーケットが中世の古城の庭園で開催されていて、お店の人も中世風の衣装を着ていたり、クリスマスマーケットが開催されている城の敷地内に入るのに入場料が必要な関係か、押すな押すなするほどの人が押し寄せているわけでもないそれなりな人数で快適にクリスマスマーケット巡りができたこともあって、今回のクリスマスマーケット巡りをしたマーケットの中で、最も気に入ったマーケットだったので、時間が短くなってしまったのは非常に残念でした。
 ちなみに、ザッツファイ城は、現在も城主さんがお住まいになっていらっしゃるので、内部は非公開とのことです。

 そんなドイツ旅行の2日目の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

 
 

2015年5月 2日 (土)

GW突入

 
 

 2015年のGWに突入しました。

 あれ?早い方は4月29日からもうGWなのでしょうか?

 混雑が好きではない私は、GWは地味に自宅で過ごしています。

 今日は、ゴロゴロしながら「薯童謠(ソドンヨ)」のDVD三昧。

 相変わらず第27話から見ています(爆)。

 
 

2015年5月 1日 (金)

スベクヒャン 第67話~第72話

 
 

 BS朝日で放送した「帝王の娘 スベクヒャン」(以下、スベクヒャン)の第67話~第72話(オリジナルの第100話~第108話)をBDにダビングしました。私のスベクヒャンのBD全24枚組の23枚目、24枚目になります。無事に、私のBS朝日版の「スベクヒャン」のBDコレクションのコンプリートですhappy01

 ミョンノンは高句麗との戦争に出陣。ミョンノンの無事を祈るソルラン。一所懸命にソルランはお祈りしているのに、ミョンノンは戦場でも相変わらずの潔癖症ぶりで、オイオイ戦場でもそれか?!と突っ込む一方で、戦場でも平常心で潔癖症を発揮しているミョンノンが微笑ましくもありました。

 ソルヒは高句麗のウルミル将軍と内通してミョンノンを戦死させ、チンムを王座につけようと画策。ソルヒが太子の戦死を軽く考えるのはともかく、長年、百済の重臣だったヨン達率がその口車にあっさり乗ってしまって太子の居場所を教えてしまうのは不自然・不思議。太子の戦死って一大事をヨン達率が局地戦の敗退くらいにしか考えていないのが、どうも納得がいきません。

 正気を失ったソルヒは王女の着物で拝殿(?)へ。さすがにチンムは太子が戦死するかも…の重大性を理解していて、ソルヒを王宮から連れ出すために向かいます。王宮から逃げようと手を取るチンムに対して、ソルヒの目は完全にイっちゃってます。ミョンノンが生きて戻らないって、その自信はどこからきているのか…。
 ソルヒが偽者だと最初から知っていたと告白するチンム。揉みあっているうちにチンムを刺してしまうソルヒ。どうしてそこまで王女でいたいのか、王宮にいたいのか理解不能。完全に自己暗示で、自分が王女だと思い込んでいるのでしょうか。

 ここで、ソルランが駆けつけて、1話の冒頭シーンになります。
 ソルヒは完全に正気を失っているようでもあり、ソルランに向かって、どんなに姉が自分のことを愛していたか、チェファの最後の言葉を思い出せ、など、言うことを聞いていると、しっかり正気でいるようにも思え、ソルヒの精神状態がどちらにあるのか考えてしまいます。
 ミョンノンが駆けつけて、ミョンノンに助けを求めるのは、開いた口が塞がらないというか、何という恥知らずというか…自分が殺そうとした人間に助けを求めますか?ソルヒの言動を理解しようとすること自体が無理?

 チンムの剣には毒が塗ってあったようで、解毒のために自分の血をチンムに飲ませる武寧王。それを見て訝しむミョンノンは、これまでのことから一つの結論に達してしまいます。
 それを内官のホン・リムに確かめるミョンノン。「私は何者なのか。チンム公は何者なのか。」
 出生の秘密を知ってしまったミョンノンは号泣。それまでの自分自身の生き方が否定されたようなもなのでしょう。地面が崩れて真っ暗な奈落に落ちて行く…そんなイメージを抱きました。
 酒に酔ってソルランのもとへ行き、朝には黙って戻っていたミョンノン。きっとその間に、自分がどうするのか決心していたと私は思えてなりません。
 リハビリ(?)中のチンムを愛おしそうに見つめる武寧王。それを哀しげに見るミョンノン。自分が気付かなかっただけで、これまでもずっとこんな風に王様はチンムを見つめていたのか、自分が2人の親子の邪魔をしていたのか、王様の笑顔を邪魔していたのは自分なのか…などとミョンノンが考えているのではないかと勝手に想像して、それだけで泣けてきました。そんなミョンノンの表情を伺うホン・リムの表情もよくて、このシーン、この三者三様の表情が生きています。
 王様は、チンムにばかり気を取られて、ミョンノンの視線に全く気付いてないのが哀しいです。

 ミョンノンから2人が武寧王によって入れ替えられていたことを聞いたチンムは王様を殺して自分も死ぬと、剣を王様に向けて大立ちまわり。結局、殺せるわけもなく、本音を吐露。チンム、切ない。それを室外から聞いていて、王様の口から真実を聞くミョンノンも切ない。
 チンムが剣を王様に向けているときはチンムの心情に感情移入していますが、チンムと入れ替わりにミョンノンが部屋に入り、王様が描かせていたチンムの子供の頃からの肖像をミョンノンが黙って拾い集めるときは、完全にミョンノンに感情移入していました。王様は自分ではなくチンムを見ていたのか、王様に喜んでもらいたくて必死で頑張っていたけれど王様が見ていたのは自分ではなかったのか…勝手にミョンノンの想いを想像して涙してしまいます。
 武寧王は良かれと思ってしたことでしょうが、息子たちの心をこんなにも傷つけまくってしまい…。

 自分の座ではないと王宮を出ようとするミョンノン。ソルランと一緒にソルランの故郷で暮らそうとソルランに告げます。全てを捨てても、全てを失くしても、ソルランさえいればいい。そんな心境でしょうか。

 ソルランと市場にお買い物に行くシーンは久しぶりの2人の笑顔。ずいぶん長いこと、こんな穏やかな2人の幸せそうな笑顔は見ていなかったな~と思いながら見ていました。

 武寧王は、ミョンノンに自分の息子だと、自分には息子が2人いると、だが太子は1人だと語りかけます。ミョンノンが最も言って欲しかった言葉。そして、ミョンノンは武寧王の息子のミョンノンとして生き続ける道を選びました。

 ミョンノンがミョンノンとして生きる以上、スベクヒャンになってしまったら兄妹になってしまうソルランは、ソルヒを連れて王宮をさる決意を固めます。
 そんな矢先、王様はソルランこそが本物のスベクヒャンだと知りますが、ソルランのミョンノンへの想いを知って、ソルランが王宮を去るのに同意します。

 武寧王が死に、ミョンノンが新王に即位。チンムが欲しかったのは王位ではなく父の愛だったから、今更、王位云々ではなかったのでしょう。

 ミョンノンがミョンノンとして即位し、チンムはチンムとして歴史の中に消え去りました。

 スベクヒャンの花吹雪の中、正気を取り戻したソルヒはチンムに本当の名を教えました。おそらくこの後、2人でどこかへ去って行ったのでしょう。
 へ佐平とトリムからソルランが本物のスベクヒャンであり、だからこそソルランはミョンノンのもとにはいられずに去らざるをえず、それでも変わらずミョンノンを想っていることを知らされたミョンノンは、ソルランを迎えに行き、「一緒に行こう」と手を差し伸べました。

 ラストシーンで描かれているのは、ここまで。ソルランはミョンノンの手を取ったのか取らなかったのか。
 私としては、ミョンノンの手を取って、2人で幸せになる道を選んだハッピーエンドと思っています。

 ソルラン、ミョンノン、チンム。

 生まれたとき(生まれる前)に親から与えられた名とは別の名で成長し、3人とも本来の名に戻らず、成長した名で生き続けることを選択した結末でした。

 本来の名に戻り、本来の居場所を取り戻すのが、これまでの時代劇のパターンなのに、異色の結論を3人ともに出した…私が見たドラマでは、初めてのパターンでした。

 

 「帝王の娘 スベクヒャン」  完結しました。

 
 
 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »