2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« GW明けの平日の夜 | トップページ | 駅伝修行 »

2015年5月19日 (火)

ch銀河「スベクヒャン」放送開始

 

 今日から、CSのチャンネル銀河で「帝王の娘 スベクヒャン」の放送開始です。

 ず~っと放送開始を楽しみにしていたので、今夜の第1話と第2話の放送は、放送前にお茶も用意して、万全の状態でテレビの前にスタンバっていました(笑)

 やはりノーカット版はいいです♪
 どこがカットされちゃうのかなどと心配する必要がないので、精神衛生上、とってもリラックスしながら見られます。

 BS朝日版では、スタッフの名前や第○話のところにぼかしが入っていて、却って不自然で目立っていたのが、チャンネル銀河では、そのままなのが自然でスルーできますし、何といっても!エンディングロールが流れるのがいいですね。エンディングロールの次回の予告部分が何気に好きなので嬉しいですheart04

 今週中は、親世代の哀しい心のすれ違いや子世代に繋がる因縁、ミョンノンとチンムの取り替えなど、子世代へ続く物語の序章が描かれます。

 はい、やはりできる限りリアルタイムで見られるようにがんばります(^^)v いや~、つい、見てしまうとがんばる気になってしまいます。好きなものに対しては、そんなものですよね(爆)

 

« GW明けの平日の夜 | トップページ | 駅伝修行 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、みやさん。

ノーカット版チャンネル銀河放送は、いかがですか?
私は、KNテレビでの録画DVDのみなのですが、
カット有りなのか?どうかは解りませんが、
駆け足最終回でしたが、ミョンノン、ソルランの
明るい未来が有りそうな、微笑ましいラストに
ホッとして、何度も視聴繰り返しています。
私なりの2人の未来像を描き、子供が生まれ
百済の為に尽力するミョンノンとソルラン、
しかし、新羅との戦争に、まだ若い息子が窮地に
それを助ける為に、ミョンノンが新羅に~
これは、史実やソドンヨでも有る聖王のラスト
ですが、このドラマは聖王では無く、ソルラン、
スベクヒャン物語なので、ミョンノン亡き後、
悲しみにくれるソルランが生き残った息子や、
百済の為に、また立ち上がる。
ミョンノンは戦死するが、それは息子の為だと。
そんなラストストーリーを描いていました~

雑誌の監督さんのインタビュー記事には絶句~
銀河テレビのスベクヒャントップベージを
読み返してみると、ソルランはピムンとして
忠誠し亡くなり永遠のスベクヒャンになったと。
それ読んでいなかったから、監督さんの記事に
絶句~でしたよ~

ラストストーリーに向けての、当初設定の
ミョンノンのソルランに言う、厳しいセリフを
知りました~
知りたく無かった~と思わざるにはいられ無い程
なので、あえて、ここには書きませんが。
もうすでに知っているのかな?

私は、悲劇的ラストは観たく無いので、
みやさんと同じに、ミョンノンとソルランの
ハッピーエンドで良かった~と、思っています~

守百香廃人さんは、悲劇的ラストを観たかったの
かしら?そこが、ちょっと気になります。

 Toshibaさん、こんにちは。
 チャンネル銀河のノーカット版を快適に視聴しています。ノーカット版は精神的に楽です。
 私は、「スベクヒャン」のラストは、ソルナン、ソリ、チンムが死に、王位を継ぐミョンノンだけが生き残ると思っていたので。予想に反してハッピーエンドと思えるラストでよかったです。ミョンノンとソルナンは死が2人を分かつまで、きっと幸せに暮らしたのだろうと信じています。
 聖王の最期は、「スベクヒャン」が始まる前から分かっていたことなので(by「薯童謠」)、共白髪の夢は叶わないのだけは確かですね。ソルナンが先に逝く可能性もなくはないですが、私的にはミョンノンの最期のあと、威徳王の即位を見届けて…などと思ったりしています。ミョンノンに自分の墓の前で泣くソルナンの姿を見たくないと言われてますし…。

 「スベクヒャン」のトップページの概要は、あちこち同じ文章が掲載されているので、当初の企画文なのかなぁと勝手に推測しています。
 当初の企画通りのラストを迎えていたら、悲鳴をあげてガックリして当分立ち直れなかったでしょう。当初どおりのラストですと、そのまま「薯童謠」の冒頭シーンで(「薯童謠」ではソルナンは登場していないですけれど)、そこから「薯童謠」に繋がって…私にとっては「薯童謠」はアンハッピーエンドな物語ですので、ツラさの2乗になってしまったことでしょう。ですから、作品として放送された全108話のラストで、私はよかったなぁと…。

 ではでは。

みやさん Toshibaさん、こんにちは。
>守百香廃人さんは、悲劇的ラストを観たかったのかしら?そこが、ちょっと気になります。
悲劇的ラストを見たかったですね。
マニアックで黄昏時が近いものの意見として読んで下さいネ。
黄昏時が近いので死が悲劇的なもの哀しいものとそれほど感じないのが出発点。

人の心は移ろい易いものそして自分の思うとおりに生きられぬもの 王という立場であれば後宮を持たざるを得ない。またそこに権力を得ようとする者の謀が相まって自分の愛が貫けない。ならばロミオとジュリエットの様に死を持って完遂する形を選びました。今、衛子夫を視聴しているのでなおさら強く感じているのかもしれません。
悲劇ではあっても「赤と黒」のラストのような悲惨悲壮は私の中にはありません。「赤と黒」のラストは強烈で映像と音楽が頭の中でくるくると回り続けしばらく立ち直れませんでした。
ミョンノンの最後のセリフも映像化されたとしたら多分もっと愛のある優しい洗練されたものに変化していたと思います。キムンへの潜入も企画とは印象が変わり、愛があるものではなかったかと思います。
私もお気に入りの場面をメインにToshibaさんのように何度も視聴し、名場面集を作ったりコラージュで遊んでいます。
表情やセリフでこれは何を伝えたかったのかどこへつながっていくのかと自分なりに考えながら楽しんで見ています。
この作品で脚本家ファンジニョンさんは私にとっては神かもしれません。
108話は108話なりにまとまって印象に残ったシーもあり好きです。
見る人それぞれが自分なりの想像を膨らませ楽しめる 本当に秀逸な作品だと思います。


※一部、編集させていただきました。m(__)m  byみや

 守百香廃人さん、こんにちは。

 6月中は今年の旅行前後のあれこれのため、コメントの公開と返信を停止させていただいていました。コメントの公開と返信が大変遅くなりまして申し訳ありません。

 「スベクヒャン」への熱い想い、素晴らしいです。
 神と思える脚本家さんに出会えたこと、想像の翼を思う存分広げられる作品に巡り会えたことは、本当に幸せなことだと思います。これからも、そんな作品にたくさん巡り合えることいいですね。


みやさん こんにちは。
旅のお疲れは如何ですか。念願の中欧旅行に行かれたのですね。
私も10年前に行きました。旅行記楽しみにしています。ずいぶん時間が経ちましたどう雰囲気が変わったのかとワクワク。
私のスベクヒャン祭りは続いています。そうテレビ大阪で放送!テレビ東京系のチャンネルで放送されることを待っています。スカパープレミアではないのでチャンネル銀河の映像はSDでちょっと寝ぼけたような感じなのです。8話のテレップがあるのでまだダビングはしていません。BS7かBS11でノーカット版放送してもらえるのが理想なんですが・・・・・
既にご存じかもしれませんが、bntにチョヒョンジさんの写真とインタビュー記事が掲載されているそうです。写真は拝見しました。フィルムノワールのような印象だったり、意外な感じでもあり。新しい役柄に挑戦されるのだろうかと勝手に想像。
こんな天候なのでお疲れが出ませんように。

 守百香廃人さん、こんにちは。
 中欧旅行記は、秋ころから着手の予定です。お時間のあるときにご覧いただけましたら幸いです。
 地上波で「スベクヒャン」を放送していただいて、少しでも多くの方々に見ていただけたらいいですね。チャンネル銀河は…私的にはセルDVDたレンタルDVDと画質的には大差ないかと思っています。私はHD放送のCSでいつか放送されたらいいなぁ、な感じです。
 BSでは、どうでしょうか。BS朝日での15時からの枠がノーカット枠になっていますから、そこでの再放送があるでしょうか。1度、BSのどこかの局で放送されると、他のBS局で放送されるまで1年前後間隔が空くように思います。
 bntの画像とインタビューは見ました。3つの違った面を見せてくれていますが、私的には特に印象が違う!というのはありませんでした。白い衣装の画像が最もミョンノンのイメージに近い気はします。ミョンノンのときからすると10kgほどダイエットしたそうですので、それで印象が違うのかも?
 イメージチェンジの役柄は、8月から放送開始予定。どんな新たな一面を見せてくれるのか不安でもあり楽しみでもあります。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GW明けの平日の夜 | トップページ | 駅伝修行 »