2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 食べる前に撮る | トップページ | 帝王の娘スベクヒャン チャンネル銀河でノーカット字幕版 放送 »

2015年3月 1日 (日)

「帝王の娘 スベクヒャン」 5月からチャンネル銀河で放送

 

 BS朝日で放送中の「帝王の娘 スベクヒャン」が、5月から、CSのチャンネル銀河で放送されるようです。

 チャンネル銀河の番宣番組 「銀河NOW!」の2015年5月号に、「帝王の娘 スベクヒャン」の表記がありました。

 チャンネル銀河の公式サイトでご確認ください。「銀河NOW!」 2015年5月号のページは、こちら

 チャンネル銀河では、昨年から今年にかけて(2014年7月~9月と11月~2015年1月)、「薯童謠(ソドンヨ)」を放送し、今年(2015年)の3月8日から「薯童謠」の再々放送も予定されています。

 そして、5月から「帝王の娘 スベクヒャン」の放送!これはもう、


 good job!!!



 と、大声で叫びたい心境です(爆)。

 「薯童謠」と「スベクヒャン」は、いずれも百済を舞台にした物語で、「薯童謠」が西暦600年ごろ、「帝王の娘 スベクヒャン」が西暦520年から523年前後の物語で、時代的に80年と近い関係にあります。
 しかも「薯童謠」の主人公チャン(百済30代王 武王)は、「薯童謠」の設定だと26代王 聖王の孫となっています。「帝王の娘 スベクヒャン」には、この聖王が登場していますので、この2つの物語がどうしても私の中ではリンクしてしまっています。

 その上、「薯童謠」は自らの出自を知らずに平民として育った27代王 威徳王の第4王子が自らの出生の秘密を知り、身分を取り戻して王になる物語。「スベクヒャン」は自らの出自を知らずに平民として育った25代王 武寧王の娘の物語と、合わせ鏡のような関係にもあります。

 ですから、私的には同じ放送局で、「薯童謠」と「スベクヒャン」の近い間隔での放送は、good job!と思えるのです。

 BS朝日での放送は、オリジナルの全108話の3話(30何分番組×3話)を2話(45分番組×2話)に編集しての放送となっています。
 オリジナルの放送の話数でエピソードを覚えている私には、BS朝日での放送を見ていて、この話数の違いで、結構、あれ~??と混乱してしまうことになっています。チャンネル銀河の放送は、全何話での放送になるのでしょうか。全108話の放送だったら嬉しいなぁ。

 チャンネル銀河での放送、楽しみで仕方がありませんheart01heart02heart04

 

« 食べる前に撮る | トップページ | 帝王の娘スベクヒャン チャンネル銀河でノーカット字幕版 放送 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べる前に撮る | トップページ | 帝王の娘スベクヒャン チャンネル銀河でノーカット字幕版 放送 »